環状通東駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
環状通東駅
2番出入口
2番出入口
かんじょうどおりひがし
Kanjō dōri higashi
H03 元町 (1.4km)
(1.0km) 東区役所前 H05
所在地 札幌市東区北15条東16丁目
駅番号 H04
所属事業者 札幌市交通局 札幌市交通局
所属路線 札幌市営地下鉄東豊線 札幌市営地下鉄東豊線
キロ程 3.5km(栄町駅起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
9,044人/日(降車客含まず)
-2014年度-
開業年月日 1988年(昭和63年)12月2日[1]
テンプレートを表示

環状通東駅(かんじょうどおりひがしえき)は、北海道札幌市東区北15条東16丁目にある、札幌市営地下鉄東豊線である。駅番号はH04

歴史[編集]

駅構造[編集]

東15丁目屯田通と平行して、環状通との交点の下に位置する。2面2線の相対式ホームである。

出口は4ヶ所。地上へのエレベーターは2番出口にあり、バスターミナルに接続している[3]。3・4番出口は改札内エリアをコンコースで回り込むような位置にあり、改札からかなり遠い。

東区の駅で唯一、定期券売り場がある。

のりば
1 札幌市営地下鉄東豊線 東豊線 さっぽろ大通福住方面
2 栄町方面


利用状況[編集]

札幌市交通局によると、2014年度の一日平均乗車人員は9,044人であった。

近年の1日平均乗車人員の推移は以下のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
出典
2008年 8,539 [4]
2009年 8,169 [4]
2010年 8,207 [5]
2011年 8,245 [5]
2012年 8,456 [5]
2013年 8,739 [5]
2014年 9,044 [5]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

環状通東バスターミナル

2015年12月1日現在。併設された「環状通東バスターミナル」のほか、周辺路上にバス停留所が設置されている[6]。5・6番のりばはバスターミナル内にあり降車専用となっている。すべての路線が北海道中央バス

バスターミナル発着路線[編集]

  • 2番のりば[6]
    • 東64・東65 東営業所行(本町1条2経由)
    • 東66 豊畑行(苗穂中通経由)
    • 東68 豊畑・豊畑東行(北18条東17丁目経由)
    • ビ68 豊畑行(札幌小学校経由 夏季期間はモエレ沼公園まで運行)
  • 3番のりば[6]
    • 東60 地下鉄白石駅行(環状通経由)
    • 東61・ビ61 中沼小学校通行(丘珠鉄工団地経由)

路上停留所発着路線[編集]

その他[編集]

  • 駅スタンプは環状通東駅のイニシャルKの中に本龍寺の妙見堂が描かれている[7]

隣の駅[編集]

札幌市交通局 札幌市営地下鉄
札幌市営地下鉄東豊線 東豊線
元町駅 (H03) - 環状通東駅 (H04) - 東区役所前駅 (H05)

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “地下22メートル 盛大に発車式 札幌・地下鉄東豊線”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1988年12月1日)
  2. ^ 札幌市交通局発行「さっぽろの足」。1983年8月号より。
  3. ^ a b c d e f g h 環状通東駅構内図 (PDF)
  4. ^ a b >地下鉄駅別乗車人員経年変化(1日平均) (PDF)
  5. ^ a b c d e 年度別駅別人員の推移(一日平均) (PDF)
  6. ^ a b c d e f g h 環状通東駅周辺バスのりば
  7. ^ 地下鉄駅情報(東豊線) - 札幌市交通事業振興公社、2016年1月22日閲覧

外部リンク[編集]