札幌市営地下鉄東豊線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
札幌市営地下鉄 東豊線
■
東豊線・9000形電車(大通駅)
東豊線・9000形電車(大通駅)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 北海道札幌市
種類 地下鉄案内軌条式鉄道
路線網 札幌市営地下鉄
起点 栄町駅
終点 福住駅
駅数 14駅
路線記号 H
路線色 Subway SapporoToho.svg スカイブルー
開業 1988年12月2日
最終延伸 1994年10月14日
所有者 札幌市交通局
運営者 札幌市交通局
車両基地 西車両基地
使用車両 使用車両の節を参照
路線諸元
路線距離 13.6 km
線路数 複線
電化方式 直流1,500 V 架空電車線方式
閉塞方式 車内信号
保安装置 ATCATO
最高速度 70 km/h
テンプレートを表示

東豊線(とうほうせん)は、北海道札幌市東区栄町駅から同市豊平区福住駅までを結ぶ、札幌市営地下鉄の路線。中央のレールをまたいでゴムタイヤで走行する案内軌条式鉄道である。

車体及び路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「スカイブルー」(水色:■ )。駅ナンバリングにおける路線記号はH

路線データ[編集]

歴史[編集]

停車場・施設・接続路線
utKDSTa
栄町検車線
utBHF
0.0 H01 栄町駅
utBHF
0.9 H02 新道東駅
utBHF
2.1 H03 元町駅
utBHF
3.5 H04 環状通東駅
utBHF
4.5 H05 東区役所前駅
utBHF
5.4 H06 北13条東駅
utSTRlg utWSTR
創成川/←南北線
utSTR utSTR
JR北函館本線
umtKRZh hBHFq umtKRZh
札幌駅
HUB25
6.7 H07 さっぽろ駅
utSTRrg utKRZt utSTRq utABZrf
←連絡線/↑←N06 南北線
utSTRq utABZqr utKRZt
utKRZt
T09 ←東西線
uSTRq
HUB72
7.3 H08 大通駅 ←N07 南北線
uSTR utSTR utSTR
↑←市電西4丁目停留場
HUB33
utSTR
←市電狸小路停留場
utSTR
←N08 南北線すすきの駅
HUB22
HUB23
HUB34
↑←市電すすきの停留場
HUB22 utSTR utBHF HUB24
8.1 H09 豊水すすきの駅
HUB32 HUB21
HUB21
HUB31
鴨々川/←南北線↑
utWSTR
豊平川
utBHF
9.5 H10 学園前駅
utBHF
10.4 H11 豊平公園駅
utBHF
11.4 H12 美園駅
utWSTR
望月寒川
utBHF
12.6 H13 月寒中央駅
utWSTR
月寒川
utKBHFe
13.6 H14 福住駅

札幌市東区は多くの人口を抱えているにもかかわらず、1971年の地下鉄南北線開業後も主たる交通機関は都心部へ直行する路線バスであったが、冬季の車線減少やバスの高頻度運行が主要道路の慢性的な渋滞を引き起こす要因となっていた。また、地下鉄南北線開業後にバス路線を各駅に短絡させたことで乗客が集中し、南北線では通勤・通学時間帯を中心にピーク時の乗車率が200%を超える激しい混雑を引き起こすなど、南北線の輸送力も限界に近づいていた。

このような状態を解消するため、東区選出の札幌市議会議員が中心となって新路線の建設を推し進め、1988年にまず栄町駅 - 豊水すすきの駅間が開業。初期構想の段階では東区内のルート選定について、当時往来の多かった東区役所から東8丁目篠路通経由で栄町へ向かう経路や苗穂丘珠通を経由する経路などいくつかの試案が取り沙汰されていたが、最終的にこれらを折衷して東15丁目屯田通経由の現行ルートとした結果、開業当初の利用者数は当初見込みを大きく下回り、市民から「政治路線」と揶揄されたこともあった。

終点側は当初、市電山鼻線・山鼻西線の置き換えを見込んでいたことから、山鼻地区への延伸も検討されていたが、市電の廃止に沿線地域が難色を示したことに加え、東区と同様に豊平区でもバスの高頻度運行などの要因で国道36号の慢性的な渋滞が深刻化し、緊急の改善が求められたことから、月寒北野方面を目指すルートに決定。1994年に豊水すすきの駅 - 福住駅間が延伸開業した。

年表[編集]

  • 1988年(昭和63年)12月2日栄町駅 - 豊水すすきの駅間 (8.1km) が開業[1]7000形車両(15編成60両。第1編成が1次車、第2編成 - 第15編成は2次車)が営業運転開始。
  • 1994年(平成6年)10月14日:豊水すすきの駅 - 福住駅間 (5.5km) が延伸開業[2]。これに伴い、新7000形車両(7000形第3次車両)5編成20両を増備。
  • 2007年(平成19年)
  • 2009年(平成21年)1月30日:ICカード「SAPICA」を導入。
  • 2012年(平成24年)
  • 2015年(平成27年)5月8日9000形車両運行開始[6]
  • 2016年(平成28年)
    • 1月16日:駅ホームで2代目表示器こと、フルカラー2段表示LED式発車標の運用開始。
    • 3月6日:すべての駅において駅構内の自動放送を更新。福住行は女声、栄町行は男声に変更。アナウンス内容に大きな変更はない。
    • 3月17日:2代目「ファイターズ号」運転開始(9000形第2編成)[7]
    • 6月25日:7000形車両が営業運転を終了。
    • 7月18日ATOによる9000形車両の自動運転を開始。
    • 9月6日:9000形車両の全編成の導入が完了する。

駅の設備[編集]

開業当初から、全駅にエレベーターエスカレーター、身障者(車椅子)用トイレを設置している。また、札幌市営地下鉄では初めてすべての駅ホーム・切符売場・改札口にLED式案内表示器を導入した。

LED式案内表示器については、初代表示器は3色LEDを使用した1段表示で、電車が来ない間は注意喚起やお知らせ、イベントなどの案内が緑色で表示され、電車が前々駅を発車してから前駅発車、到着・発車までの状況をオレンジ色で文字のみで表示させるシステムであり、当時未設置の南北線は後に表示器部分のみが導入され、東西線はホームにのみ設置していたフラップ式案内装置と切り替える形で東豊線のものと同じ形の表示器が導入された。ちなみに大通ホーム以外の東豊線全駅ではドット数が16×16であり、明朝体の再現性にやや癖があった。対して大通ホーム、南北線・東西線は24×24ドット式LEDが採用されており、明朝体を鮮やかに表示させることができる。

2016年1月16日にはフルカラーLEDを使用した2段表示の2代目表示器に切り替わった。これにより従来は始発駅にしかなかった発車時刻の表示のみならず次発の電車の発車時刻表示も行われ、英語での案内の追加、列車の到着状況をわかりやすく表示(前々駅、前駅、当駅の表示に、列車のイラストで現在地を示す)できるようになった。また、遅延表示などの情報も追加されている[8]

豊水すすきの駅 - 福住駅間は建設費削減のため、全駅が島式ホームで統一されたほか、ホーム長も6両分しか整備されていない(将来的に8両編成が停車できるよう準備工事はなされている)。先行開業した栄町駅 - 豊水すすきの駅間は当初から8両編成対応のホーム長となっているが、開業から2016年現在までの東豊線電車はすべて4両編成のため、ホームの約半分が使用されておらず転落防止柵が設置されている。

使用車両[編集]

現用車両[編集]

  • 9000形:20編成80両。後述の7000形の代替を目的として、2014年から2016年にかけて川崎重工業において新形式車両として当該車両を4両編成20本・計80両新製・導入する計画で[9]、2014年10月31日札幌市交通局のホームページにおいて9000形の外観が公開された[10]。第1編成の東車両基地への搬入は2014年12月15日に行われ[11]、以降は試運転を経て2015年4月28日に運行開始される予定であった[12][13][14]が延期され、同年5月8日に決定、栄町駅から運行を開始した[15][6]

過去の車両[編集]

  • 7000形:最大時には20編成80両(4両編成)が在籍した。片側3扉である。開業時から運用された1・2次車(1 - 15編成)と、福住延伸時に増備された3次車(16 - 20編成)では車両形状・形式こそ同じものの、カラーリングや設備、内装等が異なる。車番は7100、7200、7300、7800と付けられ、将来的に最大8両編成までの増結に対応した設計となっていた。2016年6月25日に営業運転を終了した。札幌市営地下鉄で路線開業時の車両が運用されていたのは東豊線が最後となった。

車両基地[編集]

西車両基地(2011年5月)

東豊線沿線には車両基地がないため、東豊線の車両は東西線二十四軒駅 - 西28丁目駅間にある西車両基地に所属している。このため、東西線と東豊線は専用の連絡線で結ばれている。

西車両基地を出庫した車両は東西線内を回送運転し、西11丁目駅から連絡線を通って東豊線さっぽろ駅に出る[16]。東豊線内では、出庫した車両はさっぽろ駅から客扱いをする。そのため1日に数便「さっぽろ駅始発→栄町駅行」という列車がある。

入庫時は前記と逆の順路となるが、入庫車両は栄町駅から客扱いを行わず回送車となる。開業当初は営業運転としており「栄町駅始発→さっぽろ駅行」の列車が存在していたが、中間駅のさっぽろ駅で客扱いを終了すると、車内の残留客や遺失物確認等のため本線上で長時間停車を余儀なくされるうえ、さっぽろ駅から連絡線に入る場合も栄町方面への本線と平面交差しなければならないなど、ダイヤが乱れる要因が多いため、数年で消滅した。

また、本線上の事故や車両故障などの要因で西車両基地まで回送できなくなった場合に備え、栄町駅の北側にピット線(栄町検車線)が設けられている。ここは当初東豊線の車両基地とする計画であったが、用地取得の問題などから断念され、規模を縮小したものである。

通常は西車両基地を利用するが、大規模に渡る改修や点検、新車両の搬入や廃車回送などで東西線ひばりが丘駅付近にある東車両基地を利用する場合もある。

利用状況[編集]

数値は2014年度、札幌市交通局調べ。

  • 一日平均乗車人員(乗換人員除く) 144,668人
  • 一日平均輸送人員(乗換人員含む) 171,337人
  • 最混雑区間 北13条東→さっぽろ
    • ピーク1時間混雑率 127.0%
  • 輸送密度 59,424.1人キロ/日キロ

利用客数は増加傾向にあるものの、市営地下鉄3路線で最も少ない。

収支[編集]

当路線の収支は以下の通り。収入には営業外収益、支出には人件費、経費、減価償却費、営業外費用を含む。

年度 収入 支出 損益 出典
2014 155億6000万円 134億1000万円 21億5000万円 [17]
2015
2016

運行形態[編集]

日中7 - 8分間隔、朝ラッシュ時4分間隔、夕ラッシュ時5 - 6分間隔で運転されている。

全線通しの運転がほとんどだが、上述の通り「さっぽろ駅発→栄町駅行」が一日数便存在する。

また、主に札幌ドームなどでプロ野球やコンサートなどの大規模イベントが開催される際は大量の利用が予想されるため、臨時列車を随時運行することがある。運行間隔は平日のラッシュ時とほぼ同様になる。

臨時増発する際は福住駅や栄町駅の留置線を利用し、車両を待機させている(通常のラッシュ時も同様)。

駅一覧[編集]

全駅が北海道札幌市内に所在。全線地下。

駅番号 駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
H01 栄町駅 - 0.0   東区
H02 新道東駅 0.9 0.9  
H03 元町駅 1.2 2.1  
H04 環状通東駅 1.4 3.5  
H05 東区役所前駅 1.0 4.5  
H06 北13条東駅 0.9 5.4  
H07 さっぽろ駅 1.3 6.7 札幌市営地下鉄■南北線 (N06)
北海道旅客鉄道函館本線札幌駅 (01)
中央区
H08 大通駅 0.6 7.3 札幌市営地下鉄:■南北線 (N07)、■東西線 (T09)
札幌市電:一条線 …西4丁目停留場[注 1]
H09 豊水すすきの駅 0.8 8.1 札幌市電:山鼻線 …すすきの停留場[注 1]
H10 学園前駅 1.4 9.5   豊平区
H11 豊平公園駅 0.9 10.4  
H12 美園駅 1.0 11.4  
H13 月寒中央駅 1.2 12.6  
H14 福住駅 1.0 13.6  

※北13条東駅 - さっぽろ駅の間で札幌市北区を通るが、駅はない。

計画区間と延伸構想[編集]

東豊線計画の元になったのは、1974年3月に提出された報告書『最適交通体系の選択と投資順位の研究』で提案された四号線(元町 - 月寒間)である。

札幌市交通局が発案した「地下鉄50キロ計画」では、現在豊平区側の終点である福住付近から同じ豊平区の「共進会場駅」と「月寒東駅」、そして隣接している清田区の「北野駅」(当初は北野通と清田通の交点付近)まで延伸する計画が提示された。福住延伸開業時に設置された東豊線各駅ホームの壁にある路線案内図では、福住駅より先に2駅程度の空白が設けられているものの、未だ実現には至っていない。なお福住駅の設置が、当初の月寒中央駅側よりも清田寄りの位置になってしまったため、駅間距離の近い「共進会場駅」は不可能に近くなった一方、終端側の引込線は北野通に向け北にカーブしかけたところで終わっており、福住駅から国道36号線をそのまま南下するにも大規模な再工事を要するか、あるいは不自然なカーブで国道の真下に戻ることになる。国道36号線の南進による「札幌ドーム駅」(後述)・「東月寒駅」・「北野駅」(上記予定地とは異なる)を経て「清田駅」(北野通と厚別滝野公園通の交点、清田区役所付近)まで延伸する案も2001年に答申された[19]ものの、実際の延長路線のルートや計画は未定であり、開業の見通しはまったく立っていない。なお札幌市は、現在11万人程度である清田区の人口が将来、増加し20万人を超えた場合の開業を検討している。また、公共交通機関の利用者が低迷している中で、新たに膨大な投資を必要とする地下鉄についてはなかなか厳しい判断をせざるを得ないとの考え方が示されている[20]

かつては札幌商工会議所札幌競馬場札幌ドームの南側に移転させ、「札幌ドーム・競馬場駅」を設ける構想を打ち出したこともあったが、日本中央競馬会 (JRA) は競馬場の移転を否定し、現在地で引き続き開催・場外発売を行っている[注 2]

その後、将来予定されている北海道新幹線の札幌駅延伸を見据え、札幌商工会議所が2012年に「札幌広域圏の総合交通体系のグランドデザイン〜北海道新幹線開業時期の前倒しへ〜」をとりまとめ、札幌市に提言した。この中には、丘珠空港の滑走路をジェット旅客機も発着できるように延長したうえで東豊線を丘珠空港まで延伸させ、空港アクセス線として機能させる構想も盛り込まれている。 

今後の予定[編集]

  • 他の路線で使用されているホームドア(可動式ホーム柵)は、2016年度から順次設置が開始される予定[10]

備考[編集]

  • 公式文書での呼び名は札幌市高速電車東豊線である。
  • 南北線・東西線で導入されている「女性と子どもの安心車両」は、編成長が短いなどの理由で導入されておらず、導入予定もない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 大通駅豊水すすきの駅における札幌市電との乗継割引は、2015年12月20日(札幌市電のループ化開業)以降においては、札幌市電の西4丁目停留場狸小路停留場すすきの停留場のいずれの停留場と乗り継ぐ場合にも適用される[18]
  2. ^ 札幌競馬場は2013年にリニューアル工事が行われた。

出典[編集]

  1. ^ “札幌の地下鉄東豊線が開通”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1988年12月1日)
  2. ^ “都心直結 期待を乗せて 東豊線延長 福住駅で発車式”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1994年10月13日)
  3. ^ 東豊線ラッピング車両「ファイターズ号」を運行します。”. 札幌市交通局 (2012年9月25日). 2012年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月19日閲覧。
  4. ^ 「ファイターズ号」東豊線で運行 - 日刊スポーツ、2012年3月19日
  5. ^ docomo Wi-Fiが札幌市営地下鉄東豊線、横浜市営地下鉄グリーンラインなどでサービス開始 - ITmedia Mobile、2012年5月1日
  6. ^ a b 札幌市地下鉄17年ぶりの新車「9000形」が東豊線にデビュー - レスポンス、2015年5月8日
  7. ^ 地下鉄東豊線ラッピング車両「ファイターズ号」のリニューアル&運行開始について”. 札幌市交通局 (2016年3月15日). 2016年5月19日閲覧。
  8. ^ 新表示器表示イメージ (PDF)”. 札幌市交通局 (2015年12月11日). 2015年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月28日閲覧。
  9. ^ 札幌市交通局向け地下鉄電車を受注 - 川崎重工業(2013年5月22日配信) 2013年5月25日閲覧
  10. ^ a b 東豊線新型車両について - 札幌市交通局(2014年10月31日配信)
  11. ^ 地下鉄東豊線、新型車両が完成 ホーム柵対応、来年4月運転開始 - 北海道新聞(2014年12月16日配信)
  12. ^ 札幌市東豊線の新型車両、来年4月から運転開始 - Response(2014年11月4日配信)
  13. ^ 地下鉄東豊線に新型車両「9000形」 来年4月下旬から営業運転 - 北海道新聞(2014年11月7日配信)
  14. ^ 札幌市営地下鉄東豊線用9000形公開。 - 鉄道ホビダス 編集長敬白(2015年3月19日配信)
  15. ^ 東豊線新型車両「9000形」の営業開始について (PDF) - 札幌市交通局(2015年5月1日配信)
  16. ^ さっぽろハコモノ探検 - NHK札幌放送局 つながる@きたカフェ(2012年1月24日放送分)
  17. ^ 平成26年度決算の概要(高速電車) - 札幌市交通局、2016年10月11日閲覧
  18. ^ 市電のループ化開業に関するお知らせ”. 札幌市. 2015年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月21日閲覧。
  19. ^ 札幌市の地下鉄清田延長計画はどうなったのか - マ・アル清田、2014年11月19日
  20. ^ 平成21年第一部予算特別委員会-03月16日-07号における札幌市長答弁

関連項目[編集]