二十四軒駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
二十四軒駅
4番出入口
4番出入口
にじゅうよんけん
Nijūyonken
T03 琴似 (0.9km)
(1.2km) 西28丁目 T05
所在地 札幌市西区二十四軒1条4丁目
駅番号 T04
所属事業者 札幌市交通局
所属路線 札幌市営地下鉄東西線
キロ程 3.7km(宮の沢駅起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
6,317人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1976年昭和51年)6月10日
テンプレートを表示

二十四軒駅(にじゅうよんけんえき)は、北海道札幌市西区二十四軒にある、札幌市営地下鉄東西線である。駅番号はT04

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

地名・駅名である「二十四軒」は1871年(明治4年)、辛未村(南4条通以南・西7丁目通以東)から24戸がこの地に移り住んだことに由来する[4]

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームで、行き先別に改札が異なるが、ホーム下のホーム間連絡通路を経由し両ホームの行き来が可能。改札とホームを結ぶエレベーターもそれぞれ設置されている。かつてはエスカレーターが車椅子に対応しており、ホームにある遮断機はその名残である。

出入口は6ヶ所。3番出入口がバス乗り場と連絡しており、4番出入口に地上へのエレベーターがある。6番出入口は二十四軒駐車場に隣接するほか、西車両基地への通路(関係者以外立ち入り禁止)がある。

のりば
1 Subway SapporoTozai.svg 東西線 大通新さっぽろ方面
2 琴似宮の沢方面

利用状況[編集]

札幌市交通局によると、2017年度の一日平均乗車人員は6,317人であった。東西線ではひばりが丘駅に次いで利用者数が少ない。

近年の1日平均乗車人員の推移は以下のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
出典
2009 5,007 [5]
2010 5,011 [5]
2011 4,934 [6]
2012 5,147 [6]
2013 5,324 [6]
2014 5,664 [6]
2015 5,933 [6]
2016 6,213 [7]
2017 6,317 [7]

駅周辺[編集]

古くから民家公務員宿舎・公営住宅など住宅地の他、工場倉庫商店などが混在する地域である。 近年はマンションブームに乗り、工場・倉庫などを閉鎖・売却しマンション建設が目立つ。

バス路線[編集]

1976年(昭和51年)6月10日に供用開始した「二十四軒バス発着場」に発着。2018年(平成30年)12月現在平日1日あたり35便発着する[8]

2019年(平成31年)4月1日現在[9]

札幌競馬場で競馬開催時や中央競馬重賞レース開催時は、札幌競馬場までの無料送迎バスが運行されている[10]

このほか、北5条手稲通沿いに「琴似営業所前」停留所があり、札樽線の札幌都心方面、手稲区方面などが発着する[11]

その他[編集]

  • 駅スタンプは二十四軒駅のイニシャルNの中に札幌競馬場が描かれている[4]

隣の駅[編集]

札幌市交通局 札幌市営地下鉄
Subway SapporoTozai.svg 東西線
琴似駅 (T03) - 二十四軒駅 (T04) - 西28丁目駅 (T05)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『北海道新聞』(夕刊) 1985年(昭和60年)6月1日(土曜日) 11頁
  2. ^ 『北海道新聞』 1986年(昭和61年)3月23日(日曜日) 19頁
  3. ^ ホームドアの設置状況>札幌市東西線国土交通省 2016年2月3日閲覧
  4. ^ a b 地下鉄駅情報(東西線) - 札幌市交通事業振興公社、2016年2月8日閲覧
  5. ^ a b 地下鉄駅別乗車人員経年変化(1日平均) (PDF)
  6. ^ a b c d e 年度別駅別人員の推移(一日平均) (PDF)
  7. ^ a b 年度別駅別人員の推移(一日平均) (PDF)
  8. ^ 札幌の都市交通データブック2018 (PDF)”. 札幌市. pp. 66 - 71. 2019年6月18日閲覧。
  9. ^ 二十四軒バスターミナル詳細”. ジェイ・アール北海道バス. 2019年5月23日閲覧。
  10. ^ 札幌競馬場 アクセス・営業時間案内”. JRA. 2019年6月18日閲覧。
  11. ^ 一般路線バス | 札幌市内”. ジェイ・アール北海道バス. 2019年6月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]