豊平公園駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
豊平公園駅
1番出入口
1番出入口
とよひらこうえん - Toyohira kōen
H10 学園前 (0.9km)
(1.0km) 美園 H12
所在地 札幌市豊平区豊平5条13丁目
駅番号 H11
所属事業者 札幌市交通局 札幌市交通局
所属路線 札幌市営地下鉄東豊線 札幌市営地下鉄東豊線
キロ程 10.4km(栄町駅起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
5,148人/日(降車客含まず)
-2014年度-
開業年月日 1994年(平成6年)10月14日 [1]
テンプレートを表示

豊平公園駅(とよひらこうえんえき)は、札幌市豊平区豊平5条13丁目にある、札幌市営地下鉄東豊線である。駅番号はH11

歴史[ソースを編集]

駅名の由来[ソースを編集]

すぐそばにある豊平公園から。開業前は「豊平駅」として計画されていた。開業にあたって「豊平公園駅」となったのは、かつて定山渓鉄道線豊平駅が存在した場所、あるいは現在の豊平区役所(平岸6条10丁目)からも離れているため[要出典]

駅構造[ソースを編集]

豊園通の下を北西から南東に走る路線に沿ってホームがある。1面2線の島式ホームである。出口は3ヶ所に加え、きたえーるに連絡している通路がある。地上へのエレベーターは1番出口に設置されている[2]。3番出口は22時に、きたえーる連絡通路は23時30分に閉鎖される。

のりば
1 札幌市営地下鉄東豊線 東豊線 美園福住方面
2 大通さっぽろ栄町方面


利用状況[ソースを編集]

札幌市交通局によると、2014年度の一日平均乗車人員は5,148人であった。

乗車人員は開業当初は東豊線で最少であったが、近年は北海道立総合体育センター(きたえーる)の開館に伴って増加傾向にある。同センター開館時には、新たに直結出入口が増設された。

近年の1日平均乗車人員の推移は以下のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
出典
2008年 4,349 [3]
2009年 4,351 [3]
2010年 4,462 [3]
2011年 4,564 [3]
2012年 4,810 [3]
2013年 4,914 [3]
2014年 5,148 [4]

駅周辺[ソースを編集]

駅の北東が豊平公園である。公園内には北海道立総合体育センター「きたえーる」があり、様々な競技会が催される。東に、公園の一角を欠く形で豊平警察署がある。南に八条中学校があり、西に勤労青少年ホームがある。その他周辺は住宅地で商店街はない。かつては駅の近くに雪印種苗の本社が置かれていたこともある。

その他[ソースを編集]

  • 駅スタンプは豊平公園駅のイニシャルTの中にきたえーるが描かれている[5]

隣の駅[ソースを編集]

札幌市交通局 札幌市営地下鉄
札幌市営地下鉄東豊線 東豊線
学園前駅 (H10) - 豊平公園駅 (H11) - 美園駅 (H12)

出典[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “都心直結 期待を乗せて 東豊線延長 福住駅で発車式”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1994年10月13日)
  2. ^ a b c d e f 豊平公園駅構内図 (PDF)
  3. ^ a b c d e f >地下鉄駅別乗車人員経年変化(1日平均) (PDF)
  4. ^ >年度別駅別人員の推移(一日平均) (PDF)
  5. ^ 地下鉄駅情報(東豊線) - 札幌市交通事業振興公社、2016年1月22日閲覧

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]