北海道立総合体育センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北海道立総合体育センター
HOKKAIDO PREFECTURAL SPORTS CENTER
KITAYELL(1).jpg
施設情報
愛称 北海きたえーる
用途 各種スポーツイベントコンサート
収容人数 10,000人
設計者 久米・アトリエブンク・中原共同企業体
事業主体 北海道
管理運営 北海道体育協会(指定管理者[1]
構造形式 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積 40,000m²
建築面積 18,919m²
延床面積 30,000m²
階数 地下1階、地上2階
高さ 26.05m
着工 1996年10月
竣工 1999年9月
所在地 062-8572
札幌市豊平区豊平5条11丁目1番1号
位置 北緯43度02分39秒 東経141度22分36秒 / 北緯43.04417度 東経141.37667度 / 43.04417; 141.37667座標: 北緯43度02分39秒 東経141度22分36秒 / 北緯43.04417度 東経141.37667度 / 43.04417; 141.37667

北海道立総合体育センター(ほっかいどうりつそうごうたいいくセンター)は、札幌市豊平区にある体育館アリーナ)。愛称は北海きたえーる。北海道体育協会をはじめ各種競技団体の所在地になっている[2]

概要[編集]

豊平公園に隣接しており、中島公園にあった「道立中島体育センター別館」の老朽化に伴って建設した。コンセプトは「森と一体となった周辺環境にやさしいスポーツの殿堂」(ARENA IN THE FOREST)。愛称「きたえーる」の「きた」は北海道を、「えーる」は声援を送るという意味を持ち、「きたえーる」は心身を鍛えることも表しており、施設を通じてたくさんの人々が交歓の場として活動することを愛称に込めている。学校法人北海学園がネーミングライツ(命名権)を取得している。

全国規模や国際規模の競技大会やイベント開催などに対応できる総合的な施設であり、ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)に所属しているレバンガ北海道日本フットサルリーグ(Fリーグ)に所属しているエスポラーダ北海道のホームアリーナになっている。また、新日本プロレスプロレスリング・ノア(NOAH)の興行、『北海道戦没者追悼式』[3]、『札幌コレクション』[4]コンサート会場などにも使用している。

沿革[編集]

  • 2000年平成12年):北海道立総合体育センター(愛称:きたえーる)オープン。
  • 2006年(平成18年):指定管理者制度導入。
  • 2010年(平成22年):ネーミングライツ(命名権)を導入し、愛称を「北海きたえーる」と改称[5][6]
  • 2012年(平成24年):ネーミングライツ契約更新[7]
  • 2014年(平成26年):ネーミングライツ契約更新[8]
  • 2016年(平成28年):ネーミングライツ契約更新。

施設[編集]

メインアリーナ

メインアリーナ

サブアリーナ

  • 床面積:1,647 m²(バレーボール2面、バスケットボール2面、テニスコート2面、バドミントン8面、卓球10面)
  • 天井高:最高22 m
  • フリークライミングウォール(高さ15 m、幅6 m、人工岩壁)

武道場

  • 柔道室450 m²(240畳)
  • 剣道室451 m²
  • 師範席、シャワー室、ロッカー

弓道場

  • 射場等302 m²
  • 近的競技28 m、12人立(射位間隔1.5 m)
  • 師範席、シャワー室、ロッカー

トレーニング室・測定室

  • トレーニング室412 m²(定員60名)
  • 健康体力測定室265 m²
  • 更衣室、シャワー室、ロッカー

その他

  • 講堂・視聴覚室240 m²(定員150名)
  • 大研修室183 m²(定員100名)
  • 中研修室96 m²(定員60名)
  • 小研修室40 m²(定員20名)
  • きたえーる鍼灸整骨院
  • レストラン「YELL CAFE」

野外彫刻

大会実績[編集]

アクセス・駐車場[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 指定管理者公募(きたえーる)”. 北海道. 2016年11月13日閲覧。
  2. ^ 加盟団体(加盟競技団体)”. 北海道体育協会. 2016年11月16日閲覧。
  3. ^ 千人が参列 札幌で北海道戦没者追悼式”. どうしんウェブ. 北海道新聞社 (2010年7月25日). 2016年11月14日閲覧。
  4. ^ SAPPORO COLLECTION”. 2016年11月14日閲覧。
  5. ^ 道立3施設においてネーミングライツ契約を締結しました。”. 北海道. 2016年11月13日閲覧。
  6. ^ 北海道立総合体育センター(きたえーる)の施設命名権(ネーミングライツ)取得についてのお知らせ”. 学校法人北海学園. 2016年11月13日閲覧。
  7. ^ 北海道FM導入基本方針に基づく取組みについて (PDF)”. 北海道. 2016年11月13日閲覧。
  8. ^ 道立総合体育センターにおけるネーミングライツ契約を再更新しました。”. 北海道. 2016年11月13日閲覧。
  9. ^ a b c その他の野外スポット”. 札幌散策. 2016年11月14日閲覧。
  10. ^ 2006年FIBAバスケットボール世界選手権”. 北海道ファンマガジン (2006年8月12日). 2016年11月13日閲覧。
  11. ^ FIVBワールドグランプリ2013”. 日本バレーボール協会. 2016年11月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]