南部忠平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南部 忠平 Portal:陸上競技
Chūhei Nambu 1932.jpg
選手情報
フルネーム 南部 忠平
国籍 日本の旗 日本
種目 走幅跳三段跳
生年月日 1904年5月24日
生誕地 日本の旗 日本北海道札幌区(現:札幌市
没年月日 (1997-07-23) 1997年7月23日(93歳没)
死没地 日本の旗 日本大阪府吹田市[1]
自己ベスト 走幅跳:7m98(1931年、当時世界記録)
編集 テンプレートのヘルプを表示する
オリンピック優勝に喜ぶ南部家

南部 忠平(なんぶ ちゅうへい、1904年(明治37年)5月24日[1] - 1997年平成9年)7月23日[1])は、日本の陸上競技選手走幅跳の元世界記録保持者。ロサンゼルスオリンピック陸上男子三段跳金メダリスト。

来歴[編集]

北海道札幌区(現札幌市)出身。札幌中心部の狸小路商店街1丁目で酒屋「三国屋南部源蔵商店」を営んでいた[2]南部源蔵の3男として生まれ[3]、北海中学(現在の北海高等学校)時代から陸上選手としてならした。札幌の百貨店へ行って階段でトレーニングを行ったりして、従業員にたたき出されたというエピソードが残っている。また冬場も雪の上を走ることで足腰を鍛えたほか、当時冬場は運休も多かった札幌市電の線路をレーンに見立てて練習したり[注 1]札幌駅機関車ロッド札幌競馬場競走馬のスタートなどから走り方を研究していたという[4]

早稲田大学在学中の1928年昭和3年)、アムステルダムオリンピックで陸上男子三段跳で4位に入賞する。その後は千里山へと定住し、当時在住していた織田幹雄と共に関西大学運動場で猛練習を重ね、1932年(昭和7年)8月4日のロサンゼルスオリンピック の同種目では優勝(金メダル)の快挙を成し遂げた。また、走幅跳でも銅メダルを獲得している[注 2]

南部は1931年(昭和6年)10月27日には明治神宮外苑競技場東京)で走幅跳7m98(+0.5)の世界記録を樹立した。なお、この記録は相当にレベルが高く、80年以上を経た現在でもいまだに日本歴代13位に位置している。故に40年近く日本記録として残り、1970年(昭和45年)6月7日小田原市城山陸上競技場山田宏臣東京急行電鉄)が8m01を跳ぶまで破られなかった。現在でもこの記録をマークすれば、ことによれば日本選手権優勝もありえる。当時は土の助走路でスパイクも旧式であり、現在のタータン(全天候型トラック)とスパイクの性能を考えると、いかに南部の記録が突出していたかがわかる。

また、南部は走幅跳だけでなく短距離トラックのレースにも出場していた。日本陸上競技選手権大会男子100メートル競走で2回(1930年、1933年)優勝しており、1931年4月には吉岡隆徳ら3人の記録を破る10秒6の日本新記録(1ヶ月後に吉岡に抜き返される)、1933年9月には吉岡と並ぶ10秒5の日本タイ記録(約2週間後に吉岡が更新)をそれぞれ樹立している。

現役中は美津濃(現在のミズノ)に所属した。

引退後は大阪毎日新聞運動部長・日本陸上競技連盟強化部コーチ・1964年東京オリンピック日本陸上チーム監督などを歴任。

1966年(昭和41年)~1984年(昭和59年)北海道女子短期大学北翔大学)教授、後に名誉教授となった。また、1984年(昭和59年)~1990年(平成2年)鳥取女子短期大学学長も務めた。この他、1960年(昭和35年)~1974年(昭和44年)学校法人北海学園評議員となった。

南部は親友の織田とともに日本の陸上競技の黄金期を築いた先駆者であり[4][5]、織田、西田修平とともに日本の陸上競技を築きあげた"ビッグスリー"ともいわれた[6]

1992年(平成4年)には国際オリンピック委員会からオリンピック功労賞(Olympic Order)を贈られた。

1997年7月23日肺炎のため没した。93歳没。

2018年12月、国際陸上競技連盟(IAAF)は、顕著な実績を残した先人をたたえるため新設した「ヘリテージ(遺産)プラーク(飾り額)」に12人を選出[7][8]パーヴォ・ヌルミフィンランド中距離走長距離走)、ジェシー・オーエンスアメリカ短距離走跳躍競技)、エミール・ザトペックチェコスロバキア、長距離走)、アベベ・ビキラエチオピアマラソン)らとともに、南部も選出された[7][8]。ロサンゼルス五輪の三段跳びで金メダル、走り幅跳びで銅メダルを獲得し、両種目の世界記録保持者でもあった功績が評価された[7][8]。各選手のゆかりの地に記念碑を設置する計画で、南部のものは東京・明治神宮外苑が候補だが、日本陸連関係者によると設置時期や場所などは未定という[7][8]

記念行事[編集]

顕彰事業[編集]

南部忠平顕彰碑
  • 札幌市の円山総合グラウンドに建つ「南部忠平顕彰碑」は、北海中学の旧友・本郷新によるもので、完成した際、本郷は南部に「忠、実物よりいい男にしたからな」と、冗談交じりに話したというエピソードが残っている。
  • 本郷新によって1980年に製作された胸像が母校に隣接する北海学園大学4号館に設置されている。
  • 北海道立総合体育センターのスポーツ情報資料室内に、ロサンゼルス五輪時の金メダルやユニフォーム等を展示する「南部忠平コーナー」が設置されている。
  • 札幌市営地下鉄豊平公園駅に近い地下連絡通路の壁には、ロサンゼルス五輪当時の南部のシルエットが描かれている[9]

エピソード[編集]

  • 妻は南部久子(2018年、106歳で死去)で、マスターズの砲丸投で活躍した[10]。娘の敦子も五種競技で活躍したが、若くして事故死した。
  • プロ野球監督藤本定義は早稲田大学時代からの友人で、藤本が監督を務めていた阪神タイガースで、臨時ランニングコーチを務めたことがある。
  • 作家で陸上競技の経験者であった坂口安吾は、1949年のエッセイ『スポーツ談議』で、走幅跳選手としての南部とジェシー・オーエンス(オーエンスは1935年に南部の世界記録を更新した)の違いについて、以下のように言及している。「オーエンスはスピードに負けて前に倒れている。フォームの点から云えば南部忠平のほうがフォームがきれいだ。然しそれだけにオーエンスのはうが尖鋭だね。南部はフォームが完成していて、女性的だ」[11]
  • 南部の記録は1970年山田宏臣に破られるまで実に39年間日本記録であり続けた。のちにある地方の講演で山田のことを取り上げ、「私は金メダルは取ったが、8メートルは跳んでいないんです。跳べば私が日本の、そして世界でも初めて8メートルを跳んだジャンパーになれたかもしれません。それが悔やまれます。その夢を叶えたのが山田宏臣という選手です。皆さんわかりますか。金メダルを取ることよりも8メートルを跳ぶことがいかに難しく、そしてすごいことか」と手に巻尺を持ちながら熱く語っている。
  • 札幌焼を生産していた中井陶器工場の現存する写真は、南部のアルバムから発見された[12]

著作[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 南部に「冬はハンディでしたね」と尋ねた笠谷幸生に対して「冬はね、札幌市がね、最高の走路を用意してくれたのさ」と語ったとのこと
  2. ^ ちなみに、この時の三段跳の優勝記録15m72cmは札幌円山競技場のセンターポールの高さの由来となっており、このポールは「南部ポール」と呼ばれている(『先人を訪ねて』南部忠平(札幌市)読売新聞、2014年3月10日、32面)

出典[編集]

  1. ^ a b c 南部忠平』 - コトバンク
  2. ^ 君 2005, p. 51.
  3. ^ 君 2005, p. 86.
  4. ^ a b 『先人を訪ねて』南部忠平(札幌市)読売新聞、2014年3月10日、32面
  5. ^ 沖田芳夫・ 織田幹雄・ 南部忠平・ 西田修平 - 早稲田大学「世界への跳躍、限界への挑戦 ——早稲田スポーツの先駆者たちとその時代」展に寄せて
  6. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会『日本陸上競技連盟七十年史』ベースボール・マガジン社、1995年、390頁
  7. ^ a b c d 国際陸連、故南部忠平氏らを顕彰 記念碑設置を計画 サンケイスポーツ、2018年12月5日
  8. ^ a b c d Coe launches IAAF World Athletics Heritage Plaque award IAAF、2018年12月2日
  9. ^ 列島五輪伝 1932年ロス五輪・三段跳び「金」 南部忠平(1904~97) 毎日新聞、2019年5月30日
  10. ^ 「訃報 南部久子さん 106歳=五輪金・南部忠平さんの妻」 毎日新聞、2019年5月30日
  11. ^ 『坂口安吾評論全集:社会風俗篇』冬樹社、1971年。95頁
  12. ^ 君 2005, p. 50.

参考文献[編集]

  • 君尹彦『目で見る札幌の100年』郷土出版社、2005年8月15日。ISBN 4-87663-772-5

外部リンク[編集]


先代:
ハイチの旗 シルヴィオ・カトール
男子走幅跳世界記録保持者
1931/10/27-1935/5/25
次代:
アメリカ合衆国の旗 ジェシー・オーエンス