豊橋市総合体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
豊橋市総合体育館
Toyohashi City General Gymnasium
Toyohashi City General Gymnasium 1.jpg
施設情報
旧名称 豊橋市体育館(豊橋公園内)
用途 屋内スポーツ、トレーニング、会議
収容人数 3,000席[1]
事業主体 豊橋市
管理運営 財団法人豊橋市体育協会
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造[1]
敷地面積 32,000m²[1]
建築面積 8,738.74m²[1]
延床面積 12,348.03m²[1]
階数 地上2階
竣工 1989年[1]
所在地 441-8077
愛知県豊橋市神野新田町メノ割1-3
位置 北緯34度45分29.19秒 東経137度19分29.77秒 / 北緯34.7581083度 東経137.3249361度 / 34.7581083; 137.3249361座標: 北緯34度45分29.19秒 東経137度19分29.77秒 / 北緯34.7581083度 東経137.3249361度 / 34.7581083; 137.3249361

豊橋市総合体育館(とよはししそうごうたいいくかん)は愛知県豊橋市総合スポーツ公園内にある市立体育館。場所は三河港の神野ふ頭にほど近い。バスケットボールバレーボール等の試合のほか、展示会やコンサート等、各種イベントにも利用される。

施設[編集]

概要[編集]

  • 着工:1987年
  • 竣工:1989年
  • 利用者数:22万3667人(2006年度)

施設内容[編集]

  • 第1競技場 3,450m2(2F客席:2,000席、1F移動式客席:1,000席)
  • 第2競技場 1,178m2
  • 会議室 研修室(202m2、定員:120名)
  • 第1会議室(160m2、定員:100名)
  • 第2会議室(115m2、定員:60名)
  • 卓球室
  • 幼児体育室
  • トレーニング室
  • 体力測定室
  • 健康相談室

歴史[編集]

  • 1961年昭和36年) - 豊橋公園内に豊橋市体育館完成。
  • 1985年(昭和60年) - 総合スポーツ公園構想が決定する。
  • 1989年平成元年) - 豊橋市体育館を移転する形で、豊橋市神野西町に総合体育館完成。

三遠ネオフェニックスのホームアリーナ[編集]

三遠ネオフェニックスがホームアリーナとして使用しており、2016-17シーズンから参入するBリーグではホームゲームの8割を開催する予定。なお、クラブでは総合体育館を「Phoenix Dream Arena(フェニックス・ドリーム・アリーナ)」と称している(命名権を使用している訳ではなく、館内のビジョン広告などにおける呼称となっている)。

リーグ
カテゴリ
シーズン 試合数 動員数 備考
bjリーグ 2008-09 8 12,305人
2009-10 8 10,106人
2010-11 8
(2)
13,424人
(5,162人)
2011-12 6 12,857人
2012-13 6 14,529人
2013-14 6 17,480人
TKbjリーグ 2014-15 6 15,207人
2015-16 6 14,626人
B.LEAGUE B1 2016-17 24 54,898人
B1 2017-18 22 -----人
  • 昇降格クラブが決定した後の日程最終確定の結果、開催試合数が規定の8割(24試合)を下回ることになった[4]
  • ( )内はプレーオフの実績で内数

交通アクセス[編集]

  • JR豊橋駅から豊鉄バス83 84 85豊橋市民病院線「総合スポーツ公園」バス停で下車。(駅から約20分)
    • 三遠ネオフェニックスホームゲーム時、豊橋駅西口発着の臨時バスが運行される場合がある。
  • 自家用車の場合は国道23号豊橋バイパス・豊川橋南ICを降り、南西へ3分。無料駐車場800台。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 包括外部監査結果報告書(公の施設の管理・運営等について) (PDF)”. 豊橋市. 2015年5月6日閲覧。
  2. ^ 日韓チャンピオンシップゲームズ開催決定のお知らせ - プロバスケットボール bjリーグ公式ブログ 2010年7月16日
  3. ^ 三遠ホームの“愛知ダービー”で会場の最多入場者数が更新、鈴木「4498人の声援力になりました!」 - バスケットボールキング 2017年2月26日
  4. ^ B.LEAGUE 2017-18 B1リーグ戦 全試合日程 - 三遠ネオフェニックス 2017年7月7日

外部リンク[編集]