福島ファイヤーボンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福島ファイヤーボンズ
Fukushima Firebonds
呼称/略称 福島
所属リーグ 日本の旗 B.LEAGUE
カンファレンス B2 東地区
創設年 2013年
チーム史 福島ファイヤーボンズ
(2013年 - )
本拠地 福島県郡山市
アリーナ 郡山総合体育館.JPG
郡山総合体育館[1]
収容人数 2,556人
チームカラー   フクシャパープル[2]
運営法人 福島スポーツエンタテインメント[2][3]
代表者 西田創[2][3]
ヘッドコーチ 佐野公俊
公式サイト firebonds.jp
Kit body FUKUSHIMA Firebonds 22-23 HOME.png
ホームのジャージ
Kit shorts FUKUSHIMA Firebonds 22-23 HOME.png
チームカラー
ホーム
Kit body FUKUSHIMA Firebonds 22-23 AWAY.png
アウェイのジャージ
Kit shorts FUKUSHIMA Firebonds 22-23 AWAY.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示
福島スポーツエンタテインメント株式会社
Fukushima Sports Entertainment Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
963-8877
福島県郡山市堂前町1-2
石井ビル1F[2][3]
設立 2013年(平成25年)5月16日[2][3]
業種 サービス業
事業内容 プロバスケットボールクラブの運営[2][3]
グッズ・チケット販売[2][3]
地域スポーツ振興普及 ほか[2][3]
代表者 西田創[2][3]
資本金 1億394万円[2][3]
主要株主 株式会社識学
外部リンク firebonds.jp
テンプレートを表示

福島ファイヤーボンズ(ふくしまファイヤーボンズ、: Fukushima Firebonds)は、日本のプロバスケットボールチーム。ホームタウン福島県郡山市B.LEAGUE所属。

概要[編集]

運営会社「福島スポーツエンタテインメント」は、郡山市専門学校を運営する「FSGカレッジリーグ」が中心となって設立された[4]

チーム名「ファイヤーボンズ」は、燃え上がる闘志「ファイヤー」と「絆」、「結束」を意味する英単語"Bonds"「ボンズ」に由来する[2][1]。また、チームカラーのフクシャパープルは、「福島の幸せ」から連想したフクシアの花の色である[5][6]。崇高で高貴な色として、バスケットボールにおいて皇帝のように君臨できるように、という願いを込めている[2]

チームロゴは、熱い闘志と躍動感をバスケットボールで表現し、炎の部分には福島県とファイヤーの頭文字「F」を落とし込んでいる[2]

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォーム[編集]

HOME
Kit body FUKUSHIMA Firebonds 17-18 HOME.png
2017 - 18 のジャージ
Kit shorts FUKUSHIMA Firebonds 17-18 HOME.png
チームカラー
2017 - 18
Kit body FUKUSHIMA Firebonds 18-19 HOME.png
2018 - 19 のジャージ
Kit shorts FUKUSHIMA Firebonds 18-19 HOME.png
チームカラー
2018 - 19
Kit body FUKUSHIMA Firebonds 19-20 HOME.png
2019 - 20 のジャージ
Kit shorts FUKUSHIMA Firebonds 19-20 HOME.png
チームカラー
2019 - 20
Kit body FUKUSHIMA Firebonds 20-21 HOME.png
2020 - 22 のジャージ
Kit shorts FUKUSHIMA Firebonds 20-21 HOME.png
チームカラー
2020 - 22
Kit body FUKUSHIMA Firebonds 22-23 HOME.png
2022 - 23 のジャージ
Kit shorts FUKUSHIMA Firebonds 22-23 HOME.png
チームカラー
2022 - 23
AWAY
Kit body FUKUSHIMA Firebonds 17-18 AWAY.png
2017 - 18 のジャージ
Kit shorts FUKUSHIMA Firebonds 17-18 AWAY.png
チームカラー
2017 - 18
Kit body FUKUSHIMA Firebonds 18-19 AWAY.png
2018 - 19 のジャージ
Kit shorts FUKUSHIMA Firebonds 18-19 AWAY.png
チームカラー
2018 - 19
Kit body FUKUSHIMA Firebonds 19-20 AWAY.png
2019 - 20 のジャージ
Kit shorts FUKUSHIMA Firebonds 19-20 AWAY.png
チームカラー
2019 - 20
Kit body FUKUSHIMA Firebonds 20-21 AWAY.png
2020 - 22 のジャージ
Kit shorts FUKUSHIMA Firebonds 20-21 AWAY.png
チームカラー
2020 - 22
Kit body FUKUSHIMA Firebonds 22-23 AWAY.png
2022 - 23 のジャージ
Kit shorts FUKUSHIMA Firebonds 22-23 AWAY.png
チームカラー
2022 - 23

ユニフォームスポンサー(2021-22シーズン)[編集]

マスコット[編集]

2014年6月27日に披露された。福島県の鳥「キビタキ」をモチーフにしている[9][2]

チアダンスチーム[編集]

  • Ray-Glitters(レイ・グリッターズ)

チーム名は、きらめき・輝きを持ち、光を放つ存在として、勝利と未来に輝きをもたらす、という思いが込めている。ホームゲームでのパフォーマンスを始め、県内プロスポーツ、地域イベントなど、活動内容は多岐にわたる[10]

ホームアリーナ[編集]

B.LEAGUE加入時、本拠地となる市町村やホームアリーナを設定する規定が設けられたことから、福島は郡山総合体育館をホームアリーナに設定している。郡山総合体育館は2016-17シーズン時点での収容可能人数が3800人であり、B1基準となる5000人を満たしていないが、郡山市などと共に5000人収容できるよう整備する計画をリーグに示している[11]

歴史[編集]

2013年5月にbjリーグの参入が認可され[12]、同年12月にチーム名「ファイヤーボンズ」とチームカラー「フクシャパープル」を[5]、2014年2月にチームロゴを発表した。

bjリーグ[編集]

2014-15シーズン[編集]

2014年6月、初代ヘッドコーチ(HC)に祖父母が会津若松市出身である藤田弘輝が就任。bjリーグドラフト会議では菅野翔太増子匠の2名を指名した。

9月、岩手ビッグブルズとのプレシーズンゲーム(田村市)に日本人選手7人、外国籍選手4人の計11人で臨んだが67対82で敗れた[13]。その後、外国籍選手2人がリーグの定めるメディカルチェックを通過できず、リーグ規定の選手数10人に1人足りない状態になったため [14]蛯名善仁[15]エドワード・モリスを獲得した。

シーズン開幕後の序盤は8連敗を喫するなど下位に低迷したが徐々に順位をあげ、最終的にイースタン12チーム中7位でプレイオフに進出した。プレイオフ・ファーストラウンドではアウェイで2位の岩手と対戦し、2連敗で敗退した。

2015-16シーズン[編集]

藤田体制の2シーズン目。ジョセフ・テイラー、ルブライアン・ナッシュらが新加入。

横浜との開幕戦(横浜文化体育館)は88-96で敗れたが[16]次戦から5連勝を記録した[17]。2015年内の成績は14勝10敗で東地区12チーム中5位[18]。最終成績は30勝22敗で東地区12チーム中6位でプレイオフに進出した[19]。プレーオフ1回戦は秋田県立体育館で東地区3位の秋田に2連敗して敗退が決定した[20][21]

B.LEAGUE[編集]

2016-17シーズン(B2東地区)[編集]

Bリーグが発足し、B2リーグ東地区所属となった。前福岡HCの森山知広が新HCに就任。ナイジェル・スパイクスらが新加入。シーズン途中にテレンス・シャノンが2シーズンぶりに復帰[22]

開幕はアウェイで岩手に連勝スタート。11月から12月にかけて5連勝と6連勝を記録し、2位に浮上した。4月、B1ライセンスが交付され、成績次第ではB1昇格が可能となったが[23]、シーズン後半に失速して30勝30敗で東地区6チーム中3位でプレイオフ進出を逃した[24]

2017-18シーズン(B2東地区)[編集]

森山体制2シーズン目[25]ソロモン・アラビ[26]、ディオン・ジョーンズ、ジャレッド・ショウ[27]らが新加入。

9月、茨城とのプレシーズンゲーム(日立市池の川さくらアリーナ)は72-76で惜敗[28]。「B.LEAGUE 東北アーリーカップ2017」(山形市総合スポーツセンター)は1回戦で仙台に67-79。5-6位決定戦で青森に83-67[29]

シーズンは2月と5月に7連勝を記録。38勝22敗で東地区6チーム中2位で終えた。

2018-19シーズン(B2東地区)[編集]

森山体制3シーズン目。27勝33敗で東地区6チーム中4位で終えた。

2019-20シーズン(B2東地区)[編集]

2020年4月1日付でマネジメントコンサルの識学が福島スポーツエンタテインメントの株式56.4%を取得したことにより識学の子会社となった[30]。森山体制4シーズン目[31]。3月に新型コロナウイルス感染拡大の影響によりシーズン打ち切りとなるまでの成績は16勝31敗で、東地区6チーム中5位となった[32][33]

2020-21シーズン(B2東地区)[編集]

コロナ禍の影響で今シーズンより東西2地区制となる。森山体制の5シーズン目[34]菅野翔太友利健哉が3シーズンぶりに復帰した[35][36]。シーズン中盤に7連敗と9連敗を喫した。4月に5連勝して巻き返したが、27勝31敗で東地区8チーム中6位(リーグ全体10位)となり、プレイオフ進出を逃した。

2021-22シーズン(B2東地区)[編集]

森山体制の6シーズン目。今シーズンより森山はゼネラルマネージャー(GM)も兼任する[37]ジェイソン・ウォッシュバーン市岡ショーン長谷川智伸橋本尚明などを補強した。

開幕戦で勝利したのち12月中旬まで1度も連敗せず勝ち星を積み重ね、シーズン中盤に6連勝と9連勝を1度ずつ記録して上位をキープした。レギュラーシーズン成績は4シーズンぶりの勝ち越しとなる34勝18敗で東地区3位(全体6位)となり、初のB2プレーオフ進出が決定した。東地区3位の仙台とのプレーオフ・クォーターファイナルでは第2戦に勝利したが、通算1勝2敗で敗退した。

成績[編集]

B.LEAGUE[編集]

福島ファイヤーボンズ シーズン成績
レギュラーシーズン プレーオフ 天皇杯
# シーズン リーグ 地区 順位 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref. 結果

1 2016-17  B2  3 30 30 (.500) 21(-) 14-14(.500) 16-16(.500) 18-18(.500) 12-12(.500) 4592 4771 -179 8 森山知広
2 2017-18  B2  2 38 22 (.633) 16(3) 20-10(.667) 18-12(.600) 23-7(.767) 15-15(.500) 4862 4697 165 6 森山知広
3 2018-19  B2  4 27 33 (.450) 21(-) 15-15(.500) 12-18(.400) 15-15(.500) 12-18(.400) 4788 4855 -67 10 森山知広
4 2019-20  B2  5 16 31 (.340) 19(5) 10-14(.417) 6-17(.261) 7-14(.333) 9-17(.346) 3647 3868 -221 14 森山知広
5 2020-21  B2  6 27 31 (.466) 25.5(3) 11-17(.393) 16-14(.533) 18-23(.439) 9-8(.529) 4746 4778 -32 10 森山知広
6 2021-22  B2   3  34 18 (.654) 9.0(-) 21-6(.778) 13-12(.520) 22-9(.710) 12-9(.571) 4269 4016 253 6  QF 敗退 森山知広

ゲーム差:1位との差(PO圏との差)  地区1   # :ワイルドカード  QF :準々決勝  3決 :3位決定戦  SF :準決勝   FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし   チャンピオン   B2優勝   昇格   降格   残留  
2022年07月17日更新


過去のリーグ戦[編集]

bjリーグ[編集]

シーズン レギュラーシーズン プレイオフ結果 HC 備考
勝率 ゲーム差 得点 失点 得失点差 順位
2014-15 21 31 .404 20.0 77.9 83.1 -5.2 東7位 1回戦敗退 日本の旗 藤田弘輝 参入初シーズン
2015-16 30 22 .577 9.0 82.8 79.2 +3.6 東6位 1回戦敗退
その他の試合

観客動員記録[編集]

シーズン 自治体 アリーナ 座席数 ホームゲーム観客数
試合数 合計 平均 最大 最小
2014-15 郡山市 郡山総合体育館 8 ---人 ---人 ---人 ---人
猪苗代町 猪苗代町総合体育館 6 ---人 ---人 ---人 ---人
須賀川市 須賀川アリーナ 4 ---人 ---人 ---人 ---人
会津若松市 あいづ総合体育館 2 ---人 ---人 ---人 ---人
福島市 福島市国体記念体育館 2 ---人 ---人 ---人 ---人
いわき市 いわき市立総合体育館 2 ---人 ---人 ---人 ---人
白河市 白河中央体育館 2 ---人 ---人 ---人 ---人
レギュラーシーズン合計 26 ---人 ---人 ---人 ---人
2015-16 郡山市 郡山総合体育館 8 15,160人 1,895人 2,562人 996人
猪苗代町 猪苗代町総合体育館 2 1,922人 961人 1,036人 886人
須賀川市 須賀川アリーナ 4 5,650人 1,413人 1,837人 995人
会津若松市 あいづ総合体育館 4 4,620人 1,155人 1,413人 782人
福島市 福島市国体記念体育館 2 3,485人 1,743人 1,812人 1,637人
福島市 福島県営あづま総合体育館 2 2,853人 1,427人 1,827人 1,026人
いわき市 いわき市立総合体育館 2 2,658人 1,329人 1,516人 1,142人
白河市 白河中央体育館 2 2,708人 1,354人 1,431人 1,277人
レギュラーシーズン合計 26 39,056人 1,502人 2,562人 782人

選手とスタッフ[編集]

現行ロースター[編集]

福島ファイヤーボンズ (B2 東地区 2022-23)ロースター
選 手 スタッフ
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
F/C 0 エリック・マーフィー (Erik Murphy) 31 (1990/10/26) 2.08 m (6 ft 10 in) 109 kg (240 lb) フィンランドの旗 フロリダ大学 
PG 4 猪狩渉 26 (1996/4/24) 1.68 m (5 ft 6 in) 72 kg (159 lb) 日本の旗 秋田県立能代工業高等学校 
PG 5 友利健哉 37 (1984/8/12) 1.78 m (5 ft 10 in) 75 kg (165 lb) 日本の旗 専修大学 
SG 6 長谷川智伸 31 (1990/11/9) 1.83 m (6 ft 0 in) 82 kg (181 lb) 日本の旗 拓殖大学 
PG 7 チョン・ギボム (ア) 28 (1994/5/28) 1.88 m (6 ft 2 in) 大韓民国の旗 延世大学 
PG 8 村上慎也 31 (1991/3/5) 1.72 m (5 ft 8 in) 62 kg (137 lb) 日本の旗 九州共立大学 
SG 11 山内翼 24 (1997/10/8) 1.85 m (6 ft 1 in) 85 kg (187 lb) 日本の旗 東海大学 
PG 14 髙橋祐二 31 (1991/5/6) 1.83 m (6 ft 0 in) 78 kg (172 lb) 日本の旗 国士舘大学 
G 16 橋本尚明 29 (1992/9/21) 1.84 m (6 ft 0 in) 75 kg (165 lb) 日本の旗 近畿大学 
SF 21 菅野翔太 30 (1992/1/12) 1.90 m (6 ft 3 in) 88 kg (194 lb) 日本の旗 東北学院大学 
F/C 55 ジョシュ・ハレルソン 33 (1989/2/12) 2.08 m (6 ft 10 in) 125 kg (276 lb) アメリカ合衆国の旗 ケンタッキー大学 
F/C 88 グレゴリー・エチェニケ 31 (1990/11/23) 2.08 m (6 ft 10 in) 120 kg (265 lb) ベネズエラの旗 クレイトン大学 
ヘッドコーチ
佐野公俊

アシスタントコーチ
栗原貴宏

記号説明
キャプテン チームキャプテン (C) オフコートキャプテン
Cruz Roja.svg 故障者   (+) シーズン途中契約
(S) 出場停止   (帰) 帰化選手
(ア) アジア特別枠選手   (申) 帰化申請中選手(B3
(特) 特別指定選手   (留) 留学実績選手(B3)
公式サイト

更新日:2022年07月17日

歴代ヘッドコーチ[編集]

過去に所属していた選手[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b c 福島ファイヤーボンズ, B.LEAGUE公式サイト, https://www.bleague.jp/club_detail/?TeamID=711 2021年2月9日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 福島ファイヤーボンズ チーム紹介, 公式サイト, https://firebonds.jp/team/about/ 2021年2月9日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i 会社概要, 公式サイト, https://firebonds.jp/company/ 2021年2月9日閲覧。 
  4. ^ “福島県初のプロバスケチーム名を公募 来秋、bjリーグに参戦”. 福島みんなのNEWS (福島県郡山市: 情報ネットワーク・リベラ). http://fukushima-net.com/sites/content/1173 2013年12月6日閲覧。 
  5. ^ a b bjリーグのチーム名決定”. NHK福島放送局 (2013年12月6日). 2013年12月6日閲覧。
  6. ^ 来シーズンよりbjリーグに参入する福島県初のプロバスケットボールチーム、 チーム名は「福島ファイヤーボンズ」に決定”. @Press News (2013年12月10日). 2014年6月6日閲覧。
  7. ^ “ユニフォームサプライヤー決定のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2020年6月30日), https://firebonds.jp/news/detail/id=12514 2020年7月19日閲覧。 
  8. ^ “2022-23シーズン ユニフォームデザインの発表&オリジナルスポーツブランド立ち上げのお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2022年6月30日), https://firebonds.jp/news/detail/id=13865 2022年7月18日閲覧。 
  9. ^ “オフィシャルキャラクター「ボンズくん」発表!” (プレスリリース), 公式サイト, (2014年6月27日), https://firebonds.jp/news/4609/ 2021年2月9日閲覧。 
  10. ^ 【公式】トップチアリーダーチーム Ray-Glitters, 福島ファイヤーボンズスクール, http://firebonds-academy.jp/rayglitters-info/ 2021年2月9日閲覧。 
  11. ^ “「B1」基準クリア 福島ファイヤーボンズ、アリーナ収容増計画提示”. 福島民友. (2017年4月6日). http://www.minyu-net.com/sports/sports/FM20170406-162320.php 2017年4月7日閲覧。 
  12. ^ “2014-2015新規参入チーム決定” (プレスリリース), bjリーグ, (2013年5月27日), http://bjleague.livedoor.biz/archives/51904692.html 2013年12月6日閲覧。 
  13. ^ bjリーグプレシーズンマッチ 福島ファイヤーボンズ、1回戦敗退(14/09/13) - YouTube
  14. ^ bjリーグ参入の福島ファイヤーボンズ、選手数が規定に満たず(福島14/09/19) - YouTube
  15. ^ “ボンズ、選手10人登録へ ガード蛯名と契約合意”. 福島民友. (2014年9月30日). http://www.minyu-net.com/sport/sport/0930/sport2.html 2014年9月30日閲覧。 
  16. ^ “福島ファイヤーボンズ、開幕戦飾れず 延長で力尽きる” (プレスリリース), 福島民友, (2015年10月4日), http://www.minyu-net.com/sports/sports/FM20151004-017832.php 2017年9月8日閲覧。 
  17. ^ “ボンズ、2点及ばず仙台に95-97 連勝ストップ” (プレスリリース), 福島民友, (2015年10月25日), http://www.minyu-net.com/sports/sports/FM20151025-022896.php 2017年9月8日閲覧。 
  18. ^ “ボンズが年内最終戦で白星 大阪と68-65、5位をキープ” (プレスリリース), 福島民友, (2015年12月28日), http://www.minyu-net.com/sports/sports/FM20151228-038632.php 2017年9月8日閲覧。 
  19. ^ “福島ファイヤーボンズ、最終戦飾る 6位でPO秋田戦へ” (プレスリリース), 福島民友, (2016年4月25日), http://www.minyu-net.com/sports/sports/FM20160425-068884.php 2017年9月8日閲覧。 
  20. ^ “福島ファイヤーボンズは初戦で逆転負け 敵地で洗礼、ミス目立つ” (プレスリリース), 福島民友, (2016年5月1日), http://www.minyu-net.com/sports/sports/FM20160501-070459.php 2017年9月8日閲覧。 
  21. ^ “福島ファイヤーボンズが連敗、PO敗退 我慢の守備も最終Qで乱れ” (プレスリリース), 福島民友, (2016年5月2日), http://www.minyu-net.com/sports/sports/FM20160502-070664.php 2017年9月8日閲覧。 
  22. ^ “シャノン、今季限りで引退 福島ファイヤーボンズ発表” (プレスリリース), 福島民友, (2017年5月6日), http://www.minyu-net.com/sports/sports/FM20170506-169865.php 2017年9月7日閲覧。 
  23. ^ "ボンズ、昇格条件満たす B1クラブライセンス 宮田社長「課題改善図る」" 福島民報. (2017年4月6日) 2017年4月6日閲覧
  24. ^ “福島ファイヤーボンズ、最終戦飾れず 菅野「真のエースに」” (プレスリリース), 福島民友, (2017年5月9日), http://www.minyu-net.com/sports/sports/FM20170509-170482.php 2017年9月7日閲覧。 
  25. ^ “福島ファイヤーボンズ「新体制」本格始動 軽快な動きを披露” (プレスリリース), 福島民友, (2017年7月16日), http://www.minyu-net.com/sports/sports/FM20170716-188661.php 2017年9月7日閲覧。 
  26. ^ “福島ファイヤーボンズ、アラビと契約合意 リーグ1試合最多得点記録” (プレスリリース), 福島民友, (2017年8月9日), http://www.minyu-net.com/sports/sports/FM20170809-194922.php 2017年9月7日閲覧。 
  27. ^ “アメリカ出身・ショウと契約合意 福島ファイヤーボンズ” (プレスリリース), 福島民友, (2017年9月7日), http://www.minyu-net.com/sports/sports/FM20170907-202083.php 2017年9月9日閲覧。 
  28. ^ “【試合結果】プレシーズンゲーム2017in日立vs茨城ロボッツ” (プレスリリース), 公式サイト, (2017年9月4日), https://firebonds.jp/news/31749.html 2017年9月7日閲覧。 
  29. ^ “ジョーンズが27得点の福島、青森を下し5位に決定/東北アーリーカップ” (プレスリリース), バスケットボールキング, (2017年9月9日), https://basketballking.jp/news/japan/20170909/27403.html?cx_top=topix 2017年9月9日閲覧。 
  30. ^ 識学<7049>、プロバスケットB2「福島ファイヤーボンズ」の経営権を取得 M&A速報 2020年3月12日
  31. ^ “福島ファイヤーボンズ、森山HCが続投…昨季は27勝33敗で東地区4位” (プレスリリース), バスケットボールキング, (2019年6月20日), https://basketballking.jp/news/japan/20190620/170057.html?cx_tag=page3 2021年2月27日閲覧。 
  32. ^ “B.LEAGUE 2019-20シーズン B1・B2リーグ戦開催について” (プレスリリース), B.LEAGUE公式サイト, (2020年3月17日), https://www.bleague.jp/news_detail/id=81902 2021年2月27日閲覧。 
  33. ^ “B.LEAGUE 2019-20シーズン リーグ戦試合中止のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2020年3月17日), https://firebonds.jp/news/detail/id=12419 2021年2月27日閲覧。 
  34. ^ “B.LEAGUE 2020-21シーズン チームスタッフ契約締結(継続)のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2020年5月18日), https://firebonds.jp/news/detail/id=12474 2021年2月27日閲覧。 
  35. ^ “菅野翔太、3シーズン振りに福島ファイヤーボンズへ復帰” (プレスリリース), バスケットボールキング, (2020年6月13日), https://basketballking.jp/news/japan/20200613/234995.html?cx_tag=page2 2021年2月27日閲覧。 
  36. ^ “友利健哉、福島ファイヤーボンズに3シーズンぶりの復帰「福島の皆様、ただいま!!」” (プレスリリース), バスケットボールキング, (2020年6月24日), https://basketballking.jp/news/japan/20200624/236729.html?cx_tag=page2 2021年2月27日閲覧。 
  37. ^ [2021.05.24 B.LEAGUE 2021-22シーズン GM兼ヘッドコーチ契約締結(森山 知広氏)のお知らせ]福島ファイヤーボンズ2021年5月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]