熊本ヴォルターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
熊本ヴォルターズ
Kumamoto Volters
呼称/略称 熊本
所属リーグ 日本の旗 B.LEAGUE
カンファレンス B2 西地区
創設年 2012年
チーム史 熊本ヴォルターズ
(2012年 - )
本拠地 熊本県熊本市
アリーナ Kumamoto-pref synthesis gymnasium 1.jpg熊本県立総合体育館[1]
チームカラー   レッド
  ホワイト
  ブルー
運営法人 熊本バスケットボール株式会社[2]
代表者 福田拓哉[2]
ヘッドコーチ 遠山向人
ディビジョン優勝 B2 西地区: 1回(2018-19)
永久欠番  7 
公式サイト https://www.volters.jp/
Kit body Kumamoto VOLTERS 22-23 HOME.png
ホームのジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 22-23 HOME.png
チームカラー
ホーム
Kit body Kumamoto VOLTERS 22-23 AWAY.png
アウェイのジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 22-23 AWAY.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示
熊本バスケットボール株式会社
Kumamoto Basketball Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
862-0924
熊本県熊本市中央区帯山4丁目17ー1[2]
設立 2012年平成24年)9月25日
業種 サービス業
法人番号 8330001018802 ウィキデータを編集
事業内容 プロバスケットボールチームの経営[2]
「トリコロールキャラバン」の推進 ほか[2]
代表者 福田拓哉[2]
資本金 8,500万円[2]
従業員数 19名[2]
外部リンク https://www.volters.jp/
テンプレートを表示

熊本ヴォルターズ(くまもとヴォルターズ、: Kumamoto Volters)は、日本プロバスケットボールチーム。ホームタウン熊本県熊本市B.LEAGUE所属。

概要[編集]

ホームタウンは熊本県熊本市で、運営会社は熊本バスケットボール株式会社[2]。熊本県初のプロバスケットボールチームであり、「子どもたちに夢を」、「熊本に元気を」という想いのもと、「日本一誇りある、強いチームを創る」をチームビジョンに掲げながら活動している[3]。チーム名の「ヴォルターズ」は、阿蘇に代表される火山「volcano」、阿蘇を源に湧き出す水「water」を掛け合わせた造語である[4][1]。チームカラーは赤、青、白のトリコロール。チアリーディングチームはVG。

ユニフォームスポンサー[編集]

ユニフォームサプライヤーはアンダーアーマー[5]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
胸(ホーム) 株式会社こうゆう 花まる学習会 2018年 -
胸(アウェイ) 株式会社こうゆう 花まる学習会 2018年 -
胸(セカンダリー) 株式会社再春館製薬所 再春館製薬所 不明
- - - 腹番号を掲出
熊本電力 熊本電力 2014年 -

歴代ユニフォーム[編集]

HOME
Kit body Kumamoto VOLTERS 17-18 HOME.png
2016 - 18 のジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 17-18 HOME.png
チームカラー
2016 - 18
Kit body Kumamoto VOLTERS 18-19 HOME.png
2018 - 19 のジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 18-19 HOME.png
チームカラー
2018 - 19
Kit body Kumamoto VOLTERS 19-20 HOME.png
2019 - 20 のジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 19-20 HOME.png
チームカラー
2019 - 20
Kit body Kumamoto VOLTERS 20-21 HOME.png
2020 - 22 のジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 20-21 HOME.png
チームカラー
2020 - 22
Kit body Kumamoto VOLTERS 22-23 HOME.png
2022 - 23 のジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 22-23 HOME.png
チームカラー
2022 - 23
AWAY
Kit body Kumamoto VOLTERS 17-18 AWAY.png
2016 - 18 のジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 17-18 AWAY.png
チームカラー
2016 - 18
Kit body Kumamoto VOLTERS 18-19 AWAY.png
2018 - 19 のジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 18-19 AWAY.png
チームカラー
2018 - 19
Kit body Kumamoto VOLTERS 19-20 AWAY.png
2019 - 20 のジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 19-20 AWAY.png
チームカラー
2019 - 20
Kit body Kumamoto VOLTERS 20-21 AWAY.png
2020 - 22 のジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 20-21 AWAY.png
チームカラー
2020 - 22
Kit body Kumamoto VOLTERS 22-23 AWAY.png
2022 - 23 のジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 22-23 AWAY.png
チームカラー
2022 - 23
other
Kit body Kumamoto VOLTERS 17-18 3rd.png
2017 - 18 VOLTERS Valentine Series のジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 17-18 3rd.png
チームカラー
2017 - 18
VOLTERS Valentine Series
Kit body Kumamoto VOLTERS 17-18 4th.png
2017 - 18 熊本震災復興マッチ のジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 17-18 4th.png
チームカラー
2017 - 18
熊本震災復興マッチ
Kit body Kumamoto VOLTERS 21-22 3rd.png
2021 - 22 VOLTERS BLUE DAY 2021 - 22 3rd のジャージ
Kit shorts Kumamoto VOLTERS 21-22 3rd.png
チームカラー
2021 - 22
VOLTERS BLUE DAY
2021 - 22 3rd

マスコットキャラクター[編集]

  • ぼるたん[1]

バスケットボール好きの男の子クマで、デザインは一般公募から選出されている[6]。耳はバスケットボールであり、左目と右目にはそれぞれ炎と水のフェイスペインティングをしている[7]

チアリーディングチーム VG[編集]

前身である応援ユニット「ぼるたんガールズ」は2017年に結成され、2019-2020シーズンにVGと改名。2020-21シーズンにダンスユニットへの改組が決まるも、新型コロナウィルス感染症の影響により実現をみることなく活動休止となってしまった。2021-22シーズン、吉田佐知子をディレクターに迎え、チアリーディングチーム「VG」が組織されたことで、Bリーグに所属するすべての球団が公式チアリーディングチームを有することとなった[8][9]

ホームアリーナ[編集]

メインとなるホームアリーナは熊本県立総合体育館である。

NBL[編集]

ホームアリーナ
会場 収容人数 13-14 14-15 15-16
熊本市内 熊本県立総合体育館 4,110人 2 0 7
県央 益城町総合体育館 建替中 20 23 12
宇土市民体育館 - 2 0 4
県南 人吉スポーツパレス 1,578人 2 0 0
八代市総合体育館 4,328人 2 4 4
レギュラーシーズン・ホーム試合数計 28 27 27

B.LEAGUE[編集]

ホームアリーナ
会場 収容人数 16-17 17-18 18-19 19-20 20-21 21-22
熊本市内 熊本県立総合体育館 4,110人 22 24 18 21(25) 26 21(26)
熊本市総合体育館 2,402人 0 0 4 0 0 0
県北 菊池市総合体育館 988人 2 2 2 0 0 0
合志市総合体育館(合志市総合センターヴィーブル) - 0 0 2 1 0 0
玉名市総合体育館 1,085人 2 0 2 0 0 0
県央 益城町総合体育館 建替中 0 0 0 0 0 0
宇土市民体育館(ecowin宇土アリーナ) - 0 0 0 2 2 2
県南 人吉スポーツパレス 1,578人 2 0 0 0 0 0
水俣市総合体育館 753人 2 2 2 0(2) 0 0
八代市総合体育館(八代トヨオカ地建アリーナ) 4,328人 0 2 0 0 2 2
レギュラーシーズン・ホーム試合数計 30 30 30 24(30) 30 25(30)

括弧内は開催予定だった試合数

歴史[編集]

2008年、プロチームとして日本バスケットボールリーグ(JBL)参入を目標に掲げ、アメリカ留学帰りの中学教師の湯之上聡が中心となり「NPO法人熊本にプロバスケットボールチームをみんなで創ろう会」を設立。翌2009年には認定NPO法人として認められる。以降3on3大会開催などの活動をしつつ、JBLの2部に当たる日本バスケットボールリーグ2部機構(JBL2)への参入申請を行った[10]

JBL2への参入はならなかったが、2013年秋に発足する新リーグ・ナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)への参入が2012年9月に決定[4]。9月12日に一般公募で決定したチーム名「熊本ヴォルターズ」を発表。9月25日にチーム運営に当たる会社「熊本バスケットボール株式会社」を登記した[4]

NBL[編集]

2013-14シーズン[編集]

ノーマン・デ・シルバ

NBLウエスタンカンファレンス所属となる。初代HCには前佛山ドラライオンズHCのノーマン・デ・シルバが就任。ACには前千葉ジェッツHCの冨山晋司ら。

2013年9月28日に初の公式戦となる開幕戦を熊本県立総合体育館で開催し、和歌山トライアンズに60-87で敗れる[11]。そのまま開幕7連敗を喫した後、10月20日のつくばロボッツ戦(益城町総合体育館)にて70-62で初勝利をあげた。しかしその後は連勝は一度もできず、逆に1月から3月にかけて20連敗を喫するなど苦しい戦いが続き、3月28日にはノーマン・デ・シルバHCとの契約を解除。HC代行として指揮を執った冨山ACも4月4日に契約解除となり、湯之上聡代表取締役がHCを兼任した。通算成績は6勝48敗でウエスタン・カンファレンス6チーム中6位。

2014年8月に事務所を熊本市東区健軍本町8番19号から東区若葉1丁目13-5へ移転。

2014-15シーズン[編集]

元日本代表HCの経験が有り、昨シーズン三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋のコーチを務めていた清水良規がHCに就任した。ACには和歌山トライアンズの元AC保田尭之が就いた。シーズンでは、11試合目にして兵庫ストークス(現西宮ストークス)からようやく初勝利を挙げるなど当初から低迷し、わずか6勝48敗に終わりウェスタン・カンファレンス最下位となった[12]

2015-16シーズン[編集]

東西カンファレンス制が廃止され、リーグ全チーム5回戦総当たりとなる。引き続き、清水良規がHCを務める。2016年4月、遠征中に熊本地震が発生した際、遠征中であったチームは急遽試合を中止して熊本へ戻り、復興ボランティアに従事した。当時のホームアリーナはもとより、熊本県内各地は深刻な被害を受けており、試合を開催できる状況ではなかったことから、シーズン途中ながら6試合を残してリーグ参加を辞退、終了となった。通算成績は13勝36敗(全12チーム中10位)。

B.LEAGUE[編集]

2016-17シーズン(B2 西地区)[編集]

bjリーグとNBLが統合してB.LEAGUEが発足。西地区所属となる。9月24日にB2リーグ開幕戦をホーム熊本市総合体育館で香川ファイブアローズと行い、87-70で勝利して初戦を飾った。その後10月9日の島根スサノオマジック戦に勝つと、12月3日広島ドラゴンフライズに敗れるまで、13連勝を記録する。終盤失速して西地区3位となり、プレーオフ進出を逃した。通算成績は44勝16敗。

決算情報では、売上高は約2億2,100万円(221,832,163円)で前年比171.2%。前年度約,600万円(36,845,627円)の損失に対し、約160万円(1,593,406円)の営業利益を記録した。その他、経常利益が約1,000万円(10,075,220円)、当期純利益が約970万円(9,746,720円)となり、2012年9月の設立から4年目で初めての黒字を達成した。クラブ代表を務める湯之上聡は、公式Facebookをとおして「昨年は、熊本地震でチームの存続も危ぶまれ、先行きの見えない中でスタートしたシーズンでしたが、最終的には、過去最高の売り上げを達成し、僅かではありますが、黒字を出すこともできました」と報告。「この結果は、熊本は立ち上がるんだ、復興するんだ、熊本はまだまだ元気なんだ、という熊本県民の皆様と、その熊本を支えていただいた、全国の皆様のお力添えが無ければ、果たせなかった結果だと強く感じています」と感謝の言葉を述べた[13]

2017-18シーズン(B2 西地区)[編集]

通算成績41勝19敗(西地区2位)という好結果を残し、「B2 PLAYOFFS FINAL 2017-18」に進出。2018年5月27日、横浜アリーナで臨んだ富山グラウジーズとの入替戦において3点差で敗れ、B1昇格を逃した。シーズンオフには、保田HCとの契約継続を発表した[14]

決算情報では、売上高が前年同期比37%増の3億402万円で、2期連続の黒字化を達成。当期純損益は同95%減の51万円。熊本地震に伴う支援金などがあったため、前年度に比べて減益となった。増収の要因となる主要収入を分類別にみると、スポンサー広告などの事業収入が前年同期比49.7%増の1億4,824万円、入場料収入が同19.6%増の8,623万円、グッズなどの物販収入が21.7%増の1,931万円であった [15]

2018-19シーズン(B2 西地区)[編集]

悲願のB1昇格を果たすため、主力を残しつつB2得点王のチェハーレス・タプスコット俊野佳彦などの大型補強を行う。キャプテン小林慎太郎チリジ・ネパウェなどの負傷者が出るなどのアクシデントもあったが、通算成績45勝15敗で初の西地区優勝を果たし、2年連続のプレーオフに進出した。プレーオフ1回戦は東地区1位の群馬クレインサンダーズと対戦。第3戦までもつれ込むが、1点差で敗北した。3位決定戦は同地区2位ワイルドカード枠でプレーオフに進出した島根スサノオマジックと対戦。第1戦は延長戦の末に敗北。第2戦も敗北し悲願のB1昇格まであと1歩届かなかった。

2019-20シーズン(B2 西地区)[編集]

長年の課題であったディフェンスを強化すべく、ネナド・ヴチニッチ英語版をHCとして迎え、前季B2最優秀選手の石川海斗をはじめ、木田貴明佐藤正成らが加入した一方、古野拓巳俊野佳彦福田真生らが移籍するなど、主力選手を大幅に入れ替えて新たなスタートを迎えた。シーズン開始前の西日本アーリーカップでは島根スサノオマジックに勝利し二連覇を果たした。

開幕節は、B3リーグより昇格してきた越谷アルファーズ熊本県立総合体育館にて対戦し、Game1に敗れるもGame2では勝利し1敗1勝とした。両日ともに3000人を超える観客を動員し(Game2の3697人はシーズン最多)、期待の大きさを窺わせたが、広島サンプラザホールで行われた第2節広島ドラゴンフライズとの対戦では、PG柿内輝心の負傷もあり大差をつけられて連敗を喫した(ここまで1勝3敗)。柿内は手術を要するほどの重症で、以後シーズンに復帰することができなかった[16]

第3節は豊通ファイティングイーグルス名古屋と対戦し1勝1敗、第4節はバンビシャス奈良と対戦して1敗1勝、第5節は香川ファイブアローズと対戦して敗れた(ここまで3勝6敗)。第6節は茨城ロボッツと対戦して1勝1敗、第7節は青森ワッツと対戦して連勝するが、第8節で福島ファイヤーボンズと対戦し1敗1勝、第9節でアースフレンズ東京Zと対戦して1勝1敗となり、勝ち星をなかなか積み上げられなかった。第10節は群馬クレインサンダーズと対戦して1敗1勝、第11節は信州ブレイズウォリアーズと対戦し、Game1では石川海斗が放ったハーフコートライン越えのブザービーターで劇的な逆転勝利を見せたが、Game2では大敗し1勝1敗となった(ここまで10勝11敗)。

2019年11月29日、ボビー=ジョーンズとの契約解除が発表される[17]

第12節はパスラボ山形ワイヴァンズと対戦し1勝1敗(ここまで11勝12敗)。

同年12月10日、ジャマール=ソープと1か月(~2020年1月6日)の短期契約を締結[18]

第13節は香川との2度目の対戦に敗れ、第14節は愛媛オレンジバイキングスと対戦し連敗した(ここまで11勝15敗)。

同年12月19日、奥田雄伍と特別指定選手契約を締結[19]し、野口龍太郎を練習生とした[20]

第15節は信州との2度目の対戦に連敗し、11勝17敗となる。

同年12月27日、濱田貴流馬と選手契約(アマチュア)を締結[21]

第16節は東京Zとの2度目の対戦に臨み、Game1では敗れるもGame2は1点差で逃げ切り勝利、B.LEAGUE開幕以後ワーストとなる7連敗を止めて12勝18敗とした。

後半戦直前の2020年1月14日、マーカス=ブレイクリーとの新規選手契約・ウィタカケンタとの特別指定選手契約を発表[22][23]

第17節は群馬との2度目の対戦で1敗1勝、第18節は広島との2度目の対戦に1敗1勝、第19節は西宮ストークスと対戦し連敗、第20節はライジングゼファーフクオカと対戦し勝利した。第21節は仙台89ersと対戦し連敗するも、第22節はフクオカとの2度目の対戦に連勝した(ここまで17勝24敗)。

同年2月14日、佐々木隆成と新規選手契約(アマチュア)を締結[24]

第23節はB3リーグから昇格してきた東京エクセレンスと対戦し1敗1勝とするが、第24節は、県内における新型コロナウィルス感染症発生がGame1前日に確認され、観客がシーズン唯一1000人を割るなど(918人、シーズン最少)コロナ禍の少なくない影響の中実施され、奈良との2度目の対戦に連勝し20勝25敗とした。しかし続く第25~27節は実施が見送られ、第28節は無観客試合という形式でようやく実施されるも、広島との3度目の対戦は両ゲーム100失点以上の大差をつけられ連敗した。第29節以降はふたたび実施が見送られ、同年3月27日には残り全試合の中止が発表されそのままシーズン終了となった。通算成績は20勝27敗(西地区4位)。プレーオフは開催されず、レギュラーシーズンの成績上位2チームが自動昇格となり、条件に該当していた信州と広島がB1へ昇格した。ヴォルターズは昇格を果たせなかったが、4月27日、2020-21シーズンにおけるB1ライセンスを取得[25]し、B1昇格に希望をつないだ。第2節の連敗以後は1試合2500人に届かなくなるなど観客動員数は低迷したが(2019年12月29日の2426人が最多)、それでもリーグ4位の総動員数を数え意地を見せた。

2020-21シーズン(B2 西地区)[編集]

2020年9月の株主総会において、クラブ創設時より代表取締役社長を務めた湯之上聡が体調不良のため退任すると、後任として代表取締役会長に住永栄一郎、取締役社長に西井辰朗(GM兼任)が就任した。チーム体制ではヴチニッチとHC契約を継続。契約を継続した石川海斗木田貴明小林慎太郎らに加え、佐々木隆成ウィタカケンタマーベル=ハリスイバン=ラベネル、ベテランのデイビット=ドブラス・帰化選手のファイサンバらを獲得した一方、6季にわたり在籍した中西良太が移籍した。チームキャプテンにはファイが就任するなど準備を進めていくが、新型コロナウィルス感染症の流行により新規外国籍選手、および一時帰国中だったヴチニッチの入国が遅れ、開幕戦に間に合わない事態となった。混乱を避けるため、新ACの岡田修がHCに、ACには橋爪純西谷亮一(選手兼任)がそれぞれ就任、ヴチニッチはアドバイザリーコーチとしてオンラインで指導することとなり[26]、外国籍選手はダニエル=オルトンクリストファー=オリビエを急遽招聘してシーズンに備えたが、開幕直前になって新型コロナウィルス感染症によりチーム活動停止を余儀なくされるなど準備不足の感は否めなかった。

開幕節はB3リーグから昇格してきた佐賀バルーナーズに1勝1敗、第2節は愛媛オレンジバイキングスに連勝し、第3節では仙台89ersと対戦、Game1を落として仙台に開幕5連勝を許すが、Game2では勝利して連勝を止めた。第4節はライジングゼファーフクオカと対戦し、1勝1敗(ここまで5勝3敗)。

同年10月27日、ハリス・ラベネルの合流によりオルトン・オリビエが退団する。

第5節は香川ファイブアローズと対戦し勝利、第6節はバンビシャス奈良と対戦して1勝1敗となる(ここまで7勝4敗)。

11月13日、濱田貴流馬の故障者リスト入りおよび野口龍太郎との新規契約が発表される。

第7節は佐賀と2回目の対戦を行い1勝1敗、第8節は中西の移籍先である西宮ストークスと対戦し連敗、第9節は愛媛と2回目の対戦だったがコロナ禍により延期(2021年1月16・17日に代替戦が行われ連勝)、第10節はアースフレンズ東京Zと対戦し1勝1敗となり、Game1の試合中に木田貴明が負傷した(ここまで9勝8敗、代替戦を含めれば11勝8敗)。

第11節は香川と2度目の対戦に勝利するが、第12節は佐賀と3度目の対戦で連敗、第13節は福岡と2度目の対戦で1勝1敗(ここまで11勝11敗、含代替13勝11敗)。

12月25日、柿内輝心の故障者リスト入りおよび濱田のリスト離脱が発表される。

第14節は豊通ファイティングイーグルス名古屋と対戦して1勝1敗、第15節は越谷アルファーズと対戦して1勝1敗(ここまで13勝13敗、含代替15勝13敗)。

2021年1月6日、藤澤尚之が特別指定選手として加入した。

第16節はパスラボ山形ワイヴァンズと対戦して1勝1敗となり、Game2の試合中にラベネルが負傷した(ここまで16勝14敗)。

同年1月16日、ハリスがシーズン途中で帰国[27]、同21日に契約解除[28]となった。

同22日、シャヒード=デイビスが加入。

第17節は福島ファイヤーボンズと対戦し1勝1敗、第18節は奈良との2度目の対戦に敗れた。第19節は青森ワッツと対戦し連勝する(ここまで19勝16敗)。

2月4日、柿内の故障者リスト離脱および西谷亮一の故障者リスト入りが発表される。

第20節は愛媛と3度目の対戦で1勝1敗、第21節は香川との3度目の対戦に連敗し、Game1の試合中に小林慎太郎、Game2の試合中に木田貴明が負傷した(ここまで20勝19敗)。

第22節はFE名古屋との2度目の対戦に連敗し、20勝21敗となる。

2月26日、濱田が鹿児島レブナイズへ期限付き移籍、および磯野寛晃が練習生から新規加入。

第23節は西宮との2度目の対戦に連敗、20勝23敗となる。

3月5日、岡田HCが体調不良により欠場し、以後は橋爪純がHCを代行した。橋爪HC代行指揮下で臨んだ第24節は越谷との2度目の対戦だったが連敗し、20勝25敗となる。

3月12日、デイビスとの契約延長が発表されるが、翌13日にはドブラスが練習中に負傷した(16日故障者リスト入り)。

第25節は群馬クレインサンダーズに連敗、20勝27敗となる。

3月16日、西谷が故障者リストから復帰。

第26節は茨城ロボッツと対戦しGame1は敗北し20勝28敗、Game2はコロナ禍で延期となる(4月7日に代替戦が実施され敗北)。次の第27節、奈良との3度目の対戦に勝利するまで、昨シーズンを超えB.LEAGUE開幕以後ワーストとなる11連敗(代替試合を含めると12連敗)を喫した。第28節は西宮と3度目の対戦に1勝1敗し、22勝29敗(含代替22勝30敗)となった。

3月31日、渡邉拓馬がチームの強化・編成アドバイザーに就任する。

4月1日、奥田雄伍が練習生として加入。

第29節はFE名古屋との3度目の対戦に連敗するが(ここまで22勝31敗、含代替22勝32敗)、第30節は福岡と3度目の対戦に連勝、24勝32敗とした。

4月16日、ドブラスが故障者リストから復帰するも、負傷の悪化した柿内との契約を解除した。

第31節は4度目となる香川との対戦・第32節は奈良と4度目の対戦にそれぞれ1勝1敗し、通算成績26勝34敗(西地区6位)でシーズンを終了した。リーグ開始後は新型コロナウィルス感染者を1人も出すこともなく、西地区で唯一全60試合を完遂した(東地区ではパスラボ山形ワイヴァンズが全60試合を完遂している)。

4月28日、2021-22シーズンにおけるB1ライセンスを取得し、B1への昇格に希望を残した。

2021-22シーズン(B2 西地区)[編集]

取締役社長に専念するとして西井辰朗がGMを辞すると、GMは空位とされ、新HCに就任したドナルド=ベックがAGMに就任した徳永隆聖と共に職務を代行することとなった。広島ドラゴンフライズから古野拓巳が3季ぶりに復帰したほか、LJ=ピークジョーダン=ハミルトンらB1選手を中心に起用した一方、選手兼ACだった西谷亮一・2期連続B2アシスト王に輝いた石川海斗・チーム創設以来ヴォルターズに在籍していた小林慎太郎らが退団した。小林は現役を引退[29]し、彼の背番号「7」は球団初の永久欠番となる。チームキャプテンには古野とハミルトンの両名が就任し、チーム初のWキャプテン体制となった。

開幕節は西宮市立中央体育館西宮ストークスと対戦し連勝、第2節は熊本県立総合体育館越谷アルファーズと対戦し、Game1では勝利するもハミルトンが負傷し、その影響もあってGame2では敗れて1勝1敗となった(ここまで3勝1敗)。

2021年10月13日、ハミルトンのインジュアリーリスト登録が発表され、同15日、代役としてカイル=バローンの加入が発表される。

第3節は佐賀バルーナーズと対戦して1勝1敗となり、Game2において新規加入のベンジャミン=ローソンが負傷した(ここまで4勝2敗)。

第4節はバンビシャス奈良と対戦して1勝1敗、第5節は西宮との2度目の対戦に連敗するも、第6節のライジングゼファーフクオカ戦には102-84で勝利した。試合中、ピークが52得点を挙げチームの個人最多得点記録を更新する。第7節は佐賀との二度目の対戦で、Game1は107-73で勝利するもGame2では敗れて1勝1敗となり、7勝6敗とした。

同年11月19日、ハミルトンの復帰に伴いバローンが退団する。

第8節は福島ファイヤーボンズと対戦し1敗1勝とするが、Game2において本村亮輔が負傷する。第9節はフクオカとの2度目の対戦に1敗1勝、第10節は仙台89ERSと対戦し連敗、第11節はアースフレンズ東京Zと対戦し、Game1は109-78で、Game2は118-52で連勝した。第12節は福島との2度目の対戦に連勝するが、第13節ではパスラボ山形ワイヴァンズと対戦し1敗1勝となり連勝を4で止められた(ここまで14勝11敗)。第14節はフクオカと3度目の対戦に102-80で勝利し、第15節は愛媛オレンジバイキングスと対戦し1敗1勝となるが、第16節の青森ワッツとの対戦ではGame1に106-67、Game2は110-57で連勝し18勝12敗とした。

2022年1月5日、練習生であった奥田雄伍金沢武士団へ移籍し、11日に加藤嵩都と特別指定選手契約を締結する。

シーズン後半戦の第17節は山形との二度目の対戦に連勝するが、続く第18節は東京Zとの2度目の対戦であったがコロナ禍により延期となり(Game1は2度の延期の後消滅、Game2は4月27日に実施され勝利)、第19節では愛媛との二度目の対戦に延長の末敗れ20勝13敗となった(含代替21勝13敗1消滅)。第20節は香川ファイブアローズと対戦し、Game1ではハミルトンが53得点を挙げ、チーム最多得点記録を更新する活躍を見せて107-77で勝利するが、Game2はコロナ禍により延期となる(3月9日に実施され敗れた)。ここまで21勝13敗(含代替22勝14敗1消滅)。

第21節は佐賀との三度目の対戦であったが、コロナ禍により延期となる(4月30日・5月1日に実施され1敗1勝し、含代替23勝15敗1消滅となる)。第22節は越谷との二度目の対戦であったがGame1はコロナ禍により消滅となり、Game2に敗れ21勝14敗1消滅とした(含代替23勝16敗2消滅)。第23節は愛媛との三度目の対戦に1勝1敗し、22勝15敗1消滅となる(含代替24勝16敗2消滅)。

同年3月5日、古野が練習中に負傷し、以後シーズンから離脱した。

第24節は香川との二度目の対戦を迎え、Game1は100-87で勝利、Game2も勝利して24勝15敗1消滅(含代替26勝16敗2消滅)とした。

同年3月11日、練習生だった柿内輝心と新規選手契約。

第25節は青森との二度目の対戦に連勝、第26節は奈良との二度目の対戦となり、Game1は112-63、Game2は113-53で連勝、第27節は愛媛との四度目の対戦に勝利した。第28節はフクオカとの四度目の対戦に臨みGame1に勝利、Game2では114-83で勝利して31勝17敗2消滅とした(含代替33勝17敗2消滅)。続く第29節・第30節はコロナ禍により消滅となるが、第31節は西宮との三度目の対戦に連勝しシーズン最多の9連勝(含代替11連勝)を挙げ33勝16敗6消滅(含代替35勝17敗6消滅)となる。レギュラーシーズン最終節となる第32節は豊通ファイティングイーグルス名古屋と対戦し1敗1勝となり、36勝18敗6消滅で西地区2位(全体4位)となり、3シーズンぶりのプレーオフ進出を決めた。

プレーオフ・クォーターファイナルは西地区3位(全体5位)の西宮とホームで戦い、Game1は最大17点差を逆転して勝利、Game2は2度の延長戦を制して突破した。しかし、セミファイナルにおいて東地区1位(全体1位)のFE名古屋に連敗を喫し、B1昇格を果たすことは叶わなかった。追い打ちをかけるように、西地区1位(全体3位)の香川と対戦予定だった3位決定戦は、チーム内で発生した新型コロナウィルス感染症の影響で試合参加要件を満たせずいずれも不戦敗となり、総合4位でシーズンを終えた。

2022年4月、2020-21シーズン中においてインジュアリーリスト制度の不正運用、および当時の所属選手に対するパワーハラスメント行為があったとして、クラブおよび取締役社長西井辰朗(事案発生当時は取締役社長兼GM)の双方に対しリーグから制裁が科せられると[30]、西井は取締役社長を辞任、住永栄一郎はシーズン末での代表取締役会長職辞任を発表し[31]、球団設立時から運営の中心を担ってきた2人がクラブを去ることとなった。クラブはその後、シーズン中ながら次季へ向けた編成スタッフの体制を決定し、ベックのHC継続およびGM兼任・遠山向人のアソシエイトHCおよびAGM就任・徳永のAGM継続を発表した[32]

2021年12月1日に事務所を東区若葉1丁目13-5から中央区帯山4丁目17-1へ移転。[33]

2022-23シーズン(B2 西地区)[編集]

2022年6月20日、経営陣の刷新が発表され[34]、7月1日には福田拓哉が取締役社長に就任した[35]。チームにおいてはドナルド・ベックのHC継続・GM就任が決まり、5シーズンぶりに復帰した前季B2最優秀選手のテレンス=ウッドベリーを筆頭に、田渡凌菅澤紀行などB1経験者、前季インカレ得点王の山本翔太など多くの選手が加入した一方、ジョーダン=ハミルトンLJ=ピーク古野拓巳木田貴明佐々木隆成ら前季の主力選手、および多数のスタッフが移籍するという大幅な再編成となった。同年8月16日、ベックのHC兼GM退任および指導者育成コーチ就任が発表され、GMには徳永隆聖AGMが、HCには遠山向人アソシエイトHC兼AGMがそれぞれ就任するというさらなる体制変更が実施された[36]

新体制で臨んだプレシーズンマッチでは、鹿児島レブナイズライジングゼファーフクオカと対戦し、いずれも勝利を収めた。

開幕戦は、前季B3リーグを圧倒的な成績で制し昇格してきた長崎ヴェルカ熊本県立総合体育館にて対戦し、Game1は11点差で敗れるもGame2では3点差で勝利した。第2節はB2東地区へ移動した西宮ストークスと対戦し1勝1敗、第3節は前季B2西地区優勝の香川ファイブアローズに連勝するが、第4節の佐賀バルーナーズ戦ではジャメール・マクリーンが負傷[37]・欠場[38]したこともあり連敗を喫してしまう(ここまで4勝4敗)。

第5節はライジングゼファーフクオカに勝利し(5勝4敗)、同年11月2日、マクリーンの代役としてケビン=コッツァーが加入する[39]

第6節は当時8連勝中の愛媛オレンジバイキングスと対戦し、Game1は二度にわたる延長戦を制して勝利するがGame2では敗れた。第7節はバンビシャス奈良に連勝するが、Game1の試合中に本村亮輔が負傷、一時離脱を余儀なくされた[40](ここまで8勝5敗)。

続く第8節は福島ファイヤーボンズと対戦し1勝1敗となるが、試合中に負傷したベンジャミン・ローソンが同年11月26日に一時離脱してしまう[41][42]。第9節、福岡との2度目の対戦には連勝するが、第10節香川との2度目の対戦、および第11節パスラボ山形ワイヴァンズ戦ではそれぞれ1勝1敗となる(ここまで13勝8敗)。

同年12月12日、中京大学中野友都が特別指定選手として加入する[43]

2016年以来6シーズンぶりに益城町総合体育館で開催された第12節越谷アルファーズ戦、および第13節2度目の佐賀戦にいずれも連敗し、今季最多の5連敗を喫するも、第14節は福岡との3度目の対戦に勝利して連敗を止め、第15節は愛媛との2度目の対戦に連勝した(ここまで16勝12敗)。

2023年1月4日、マクリーンの復帰[44]に伴いコッツァーが退団[45]

第16節は奈良との2度目の対戦でGame2を落とし、連勝を4で止められ17勝13敗となる(ここまで西地区3位、全体5位)。

シーズン後半戦最初の第17節は長崎との二度目の対戦に敗れ、第18節は福島との二度目の対戦に連勝するも、第19節はアースフレンズ東京Zと対戦して1勝1敗し、連勝を3で止められ20勝15敗となった。

成績[編集]

B.LEAGUE[編集]

熊本ヴォルターズ シーズン成績
レギュラーシーズン プレーオフ 天皇杯
# シーズン リーグ 地区 順位 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref. 結果

1 2016-17  B2  西 3 44 16 (.733) 7(2) 22-8(.733) 22-8(.733) 27-9(.750) 17-7(.708) 4623 4231 392 3 保田尭之
2 2017-18  B2  西  2  41 19 (.683) 13(-) 23-7(.767) 18-12(.600) 19-11(.633) 22-8(.733) 4863 4487 376 3  3決 敗退 保田尭之
3 2018-19  B2  西  地区1  45 15 (.750) 3(-) 21-9(.700) 24-6(.800) 26-4(.867) 19-11(.633) 5237 4767 470 2  3決 敗退 保田尭之
4 2019-20  B2  西 4 20 27 (.426) 20(5) 13-11(.542) 7-16(.304) 7-10(.412) 13-17(.433) 3678 3931 -253 12 ネナド・ヴチニッチ英語版
5 2020-21  B2  西 6 26 34 (.433) 15(5) 14-16(.467) 12-18(.400) 19-23(.452) 7-11(.389) 5018 5207 -189 12 ネナド・ヴチニッチ→岡田修→(橋爪純)
6 2021-22  B2  西  2  36 18 (.667) 1(-) 15-10(.600) 21-8(.724) 21-11(.656) 15-7(.682) 4898 4167 731 4  3決 4位 [46] ドナルド・ベック

ゲーム差:1位との差(PO圏との差)  地区1   # :ワイルドカード  QF :準々決勝  3決 :3位決定戦  SF :準決勝   FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし   チャンピオン   B2優勝   昇格   降格   残留  
2023年01月30日更新


過去のリーグ戦[編集]

NBL[編集]

年度 レギュラーシーズン 最終結果 HC 備考
勝率 ゲーム差 得点 失点 得失点差 順位
2013-14 6 48 .111 35.0(23.0) 74.6 90.8 -16.2 西6位 12位 ノーマン・デ・シルバ
→冨山晋司(代行)
→湯之上聡
2014-15 6 48 .111 37.0(28.0) 3709 4560 -951 西6位 12位 清水良規
2015-16 13 36 .265 30.0 3452 3828 -373 10位 - 清水良規 2016年4月14日に発生した熊本地震の影響でヴォルターズ活動休止のため、残り6試合が中止となった。

ゲーム差は()外は1位、()内はプレイオフ圏との差をそれぞれ表している。

天皇杯全日本選手権[編集]

選手とスタッフ[編集]

現行ロースター[編集]

熊本ヴォルターズ (B2 西地区 2022-23)ロースター
選 手 スタッフ
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
SG 1 山本翔太 23 (1999/10/19) 1.88 m (6 ft 2 in) 85 kg (187 lb) 日本の旗 専修大学 
PG 2 山本柊輔 29 (1993/11/4) 1.76 m (5 ft 9 in) 80 kg (176 lb) 日本の旗 筑波大学 
F/C 3 ジャメール・マクリーン 34 (1988/4/18) 2.03 m (6 ft 8 in) 103 kg (227 lb) アメリカ合衆国の旗 ザビエル大学 
SG/SF 5 磯野寛晃 24 (1998/3/11) 1.86 m (6 ft 1 in) 81 kg (179 lb) 日本の旗 日本体育大学 
PF 10 菅澤紀行 36 (1987/2/3) 1.92 m (6 ft 4 in) 87 kg (192 lb) 日本の旗 鹿屋体育大学 
PG 13 長島蓮 25 (1997/3/3) 1.77 m (5 ft 10 in) 75 kg (165 lb) 日本の旗 白鷗大学 
SG 14 本村亮輔 26 (1996/12/26) 1.85 m (6 ft 1 in) 83 kg (183 lb) 日本の旗 日本大学 
SG/SF 15 谷口光貴 30 (1992/12/18) 1.87 m (6 ft 2 in) 85 kg (187 lb) 日本の旗 中央大学 
F 16 ソウシェリフ (帰) 30 (1992/12/15) 2.01 m (6 ft 7 in) 85 kg (187 lb) 日本の旗 近畿大学 
SG 17 中野友都 (特) 20 (2002/8/4) 1.84 m (6 ft 0 in) 74 kg (163 lb) 日本の旗 中京大学(在学中) 
PG 21 田渡凌 29 (1993/6/29) 1.80 m (5 ft 11 in) 80 kg (176 lb) 日本の旗 ドミニカン大学カリフォルニア校 
G/F 30 テレンス・ウッドベリー 35 (1987/6/16) 2.03 m (6 ft 8 in) 100 kg (220 lb) アメリカ合衆国の旗 ジョージア大学 
F/C 34 ベンジャミン・ローソン (Ben Lawson) 27 (1995/6/12) 2.16 m (7 ft 1 in) 104 kg (229 lb) イギリスの旗 ウェスタンケンタッキー大学 
F/C 42 ケビン・コッツァー (+) 33 (1989/11/3) 2.02 m (6 ft 8 in) 117 kg (258 lb) アメリカ合衆国の旗 セントメアリー大学 
PG 75 神里和 27 (1995/5/2) 1.71 m (5 ft 7 in) 65 kg (143 lb) 日本の旗 白鷗大学 
ヘッドコーチ
遠山向人

ゼネラルマネージャー
徳永隆聖
指導者育成コーチ
ドナルド・ベック
スキルコーチ
山本柊輔(兼選手)
ビデオコーディネーター兼アシスタントコーチ
水野玄
ストレングスコーチ
内藤康

記号説明
キャプテン チームキャプテン (C) オフコートキャプテン
Cruz Roja.svg 故障者   (+) シーズン途中契約
(S) 出場停止   (帰) 帰化選手
(ア) アジア特別枠選手   (申) 帰化申請中選手(B3
(特) 特別指定選手   (留) 留学実績選手(B3)
公式サイト

更新日:2023年01月30日


スタッフ[編集]

過去に在籍した選手[編集]

メディア[編集]

番組[編集]

今週の熊本ヴォルターズと題しリーグ統合後の熊本ヴォルターズを元サッカー選手でB.LEAGUE特命広報部長の前園真聖が密着するドキュメントコーナー。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 熊本ヴォルターズ, B.LEAGUE公式サイト, https://www.bleague.jp/club_detail/?TeamID=724 2021年2月15日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i 熊本ヴォルターズ 企業概要, 公式サイト, https://www.volters.jp/about/company 2022年7月16日閲覧。 
  3. ^ 熊本ヴォルターズ スタッフ募集, 公式サイト, https://www.volters.jp/team/recruit/ 2021年2月15日閲覧。 
  4. ^ a b c “名称「熊本ヴォルターズ」 新プロバスケチーム”. 熊本日日新聞. (2012年9月12日). http://kumanichi.com/news/local/main/20120912006.shtml 2012年9月18日閲覧。 
  5. ^ “ユニホームサプライヤー決定のお知らせ”. 公式Facebook. (2016年9月22日). https://www.facebook.com/volters.jp/photos/pcb.1138375109563064/1138375019563073/?type=3 2016年12月25日閲覧。 
  6. ^ “マスコット「バスケ好き男の子」ヴォルターズ”. 熊本日日新聞. (2013年8月30日). http://kumanichi.com/news/local/main/20130830008.shtml 2013年9月1日閲覧。 
  7. ^ 2013年9月28日、NBL開幕戦で配布されたマッチデープログラムで名前が発表された。
  8. ^ チア, 公式サイト, https://www.volters.jp/team/cheers/ 2021年2月15日閲覧。 
  9. ^ ただし、香川ファイブアローズが2021-2022シーズンをもってSunny Arcsとの専属契約を解除しており、公式チアリーディングチームは存在していない(2023年1月現在)。
  10. ^ 熊本にプロバスケットボールチーム スポーツナビ2013年9月26日
  11. ^ “【バスケットボール】NBL開幕 ヴォルターズ、初陣飾れず 2013年09月29日”. 熊本日日新聞. (2013年9月19日). http://kumanichi.com/lsports/kiji/20130929001.shtml 2013年10月2日閲覧。 
  12. ^ なお、和歌山トライアンズも同じ6勝であったが、当該チーム間の勝率で和歌山が上回ったため、最下位となっている
  13. ^ “熊本ヴォルターズが決算情報を公表、設立後4年目で初の黒字を達成” (プレスリリース), バスケットボールキング公式サイト, (2017年9月23日), https://basketballking.jp/news/japan/20170923/29248.html 2018年1月6日閲覧。 
  14. ^ “熊本ヴォルターズ、保田HCが契約継続で3季目へ「『B1昇格』の責務を果たす最後の挑戦」” (プレスリリース), バスケットボールキング公式サイト, (2018年6月5日), https://basketballking.jp/news/japan/20180605/71530.html 2019年1月6日閲覧。 
  15. ^ “売上高37%増の3億402万円で2期連続黒字・・・熊本バスケットボール” (プレスリリース), くまもと経済公式サイト, (2018年9月22日), http://www.kumamoto-keizai.co.jp/content/asp/dejikame/dejikame_detail.asp?PageID=20&Knum=19602&PageType=top1 2019年1月6日閲覧。 
  16. ^ https://twitter.com/K_VOLTERS/status/1178670924440199168” (日本語). Twitter. 2023年1月25日閲覧。
  17. ^ [player info]ボビー・ジョーンズ選手との契約解除のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月25日閲覧。
  18. ^ [player info Jahmar Thorpe 選手 選手契約合意のお知らせ]” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月25日閲覧。
  19. ^ 奥田 雄伍 選手 特別指定選手契約締結のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月25日閲覧。
  20. ^ 野口 龍太郎 選手 練習生加入のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月25日閲覧。
  21. ^ 濱田 貴流馬 選手 選手契約締結のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月25日閲覧。
  22. ^ マーカス・ブレイクリー選手 選手契約締結のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月25日閲覧。
  23. ^ ウィタカ・ケンタ 選手 特別指定選手契約締結のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月25日閲覧。
  24. ^ 佐々木 隆成 選手 選手契約締結のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月25日閲覧。
  25. ^ 2020-21シーズン B1ライセンス取得のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月25日閲覧。
  26. ^ コーチングスタッフ体制変更のお知らせ”. 熊本ヴォルターズ (2020年9月28日). 2020年10月2日閲覧。
  27. ^ #23マーベル・ハリス選手 一時帰国のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月25日閲覧。
  28. ^ #23 マーベル・ハリス選手 契約解除のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月25日閲覧。
  29. ^ https://twitter.com/K_VOLTERS/status/1427199429992398852” (日本語). Twitter. 2023年1月25日閲覧。
  30. ^ 規約違反による制裁決定について” (日本語). B.LEAGUE(Bリーグ)公式サイト. 2022年5月16日閲覧。
  31. ^ コンプライアンス違反に関する処分と今後の対応について” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2022年5月16日閲覧。
  32. ^ B2プレーオフへ向けてと来季チームスタッフ編成についての記者会見” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2022年5月16日閲覧。
  33. ^ オフィス移転のご案内, 公式サイト, https://www.volters.jp/news/detail/id=14064 2022年5月18日閲覧。 
  34. ^ 新代表就任ならびに新役員体制のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月25日閲覧。
  35. ^ 新代表 就任のご挨拶” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月25日閲覧。
  36. ^ 2022-23シーズン ヘッドコーチ および ゼネラルマネージャー に関するのお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月25日閲覧。
  37. ^ #3 ジャメール・マクリーン選手 負傷のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月30日閲覧。
  38. ^ #3 ジャメール・マクリーン選手 インジュアリーリスト登録のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月30日閲覧。
  39. ^ ケビン・コッツァー選手 2022-23シーズン選手契約(合意)のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月30日閲覧。
  40. ^ #14 本村亮輔選手 負傷のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月30日閲覧。
  41. ^ #34 ベンジャミン・ローソン選手 負傷のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月30日閲覧。
  42. ^ #34 ベンジャミン・ローソン選手 負傷のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月30日閲覧。
  43. ^ 中野友都選手 特別指定選手にて加入のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月30日閲覧。
  44. ^ ニュース” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月30日閲覧。
  45. ^ #42 ケビン・コッツァー選手 1月2日に契約満了予定のお知らせ” (日本語). 熊本ヴォルターズ. 2023年1月30日閲覧。
  46. ^ B2PO3位決定戦は熊本側で新型コロナに感染した選手が1人出て、濃厚接触者も3人、さらに怪我で出場出来ない選手もいて試合エントリー要件を充足出来ず、試合が中止となり熊本の不戦敗で4位となった。

外部リンク[編集]