清水良規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清水良規
SHIMIZU Yoshinori
Shimizu yoshinori.jpg
大阪エヴェッサ GM
役職 ゼネラルマネージャー
--
--
基本情報
本名 清水良規
ラテン文字 SHIMIZU Yoshinori
誕生日 (1949-12-21) 1949年12月21日(68歳)
日本の旗 日本
出身地 京都府亀岡市
ドラフト  
松下電器
指導者経歴
1980-1995
1996-2002
2005-2013
2014-2016
松下電器
日立戸塚レパード
パナソニックトライアンズ
熊本ヴォルターズ

清水 良規(しみず よしのり、1949年12月21日 - )は、京都府亀岡市出身のバスケットボール選手・指導者である。O型。元バスケットボール男子日本代表監督。

来歴[編集]

日本体育大学でインカレ優勝を果たし、卒業後に松下電器入社。松下電器ではリーグ優勝2度、オールジャパン優勝1度に貢献。

引退後の1978年、コーチに転じる。1980年には監督(ヘッドコーチ)に就任して、16シーズンでリーグ戦5連覇を含む優勝9度、オールジャパン優勝6度を誇る強豪チームに育てあげた。

1990年に全日本のアシスタントコーチに就任。のちにヘッドコーチを歴任して1994年まで務めた。

1996年にWJBL・日立戸塚レパードのヘッドコーチに就任。休部後は松下電器に復帰して、2003年には技術顧問に就任した。2005年に前任である天日謙作の退社に伴いヘッドコーチに就任。2006-07シーズンは3年ぶりのプレーオフ進出に導いた。2012-13シーズンは16年ぶりのオールジャパン優勝。しかし、同シーズン限りで休部されるためパナソニック最後のヘッドコーチとなった。

2013-14シーズンは三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋コーチに就任[1]。新たに立ち上げられた全国リーグ・NBLのウェスタンカンファレンスにて3位となった。

2014-15シーズンより熊本ヴォルターズのヘッドコーチに就任[2]、2016年退任。

2016年6月、大阪エヴェッサゼネラルマネージャーに就任[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
天日謙作
パナソニックトライアンズヘッドコーチ
2005-2013
次代:
休部