高島一貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高島一貴
KAZUTAKA Takashima
横浜ビー・コルセアーズ
ポジション G/F
身長 190cm (6 ft 3 in)
体重 85kg (187 lb)
血液型 B型
足のサイズ 30.0
基本情報
本名 高島一貴
愛称 カズ、しまお、たかっしー
ラテン文字 KAZUTAKA Takashima
日本語 高島一貴
誕生日 (1984-02-25) 1984年2月25日(35歳)
日本の旗 日本
出身地 日本の旗 日本 茨城県
ドラフト  
選手経歴
2006-2014
2014
2015
2015-2016
2016-
アイシンシーホース
つくばロボッツ
和歌山トライアンズ
熊本ヴォルターズ
横浜ビー・コルセアーズ

高島 一貴(たかしま かずたか、1984年2月25日 - )は、日本の男子バスケットボール選手である。ポジションはG(ガード)およびF(フォーワード)茨城県出身。

来歴[編集]

土浦日本大学高早稲田大学を経て、2006年にアイシンシーホースへ。2014年、つくばロボッツに移籍。11月30日に退団。2015年1月に和歌山トライアンズへ入団する[1]も、シーズン終了後に自由契約となる[2]

2015年6月29日、熊本ヴォルターズへ移籍した[3]。2016年、横浜ビー・コルセアーズに移籍[4]

2016-17, 2017-18シーズンは、チームは毎年残留争いに巻き込まれる厳しい状況で、HCの入れ替わりも激しかったが、いずれのコーチにも守備能力が高く評価され、レギュラーとして活躍した。

2018-19シーズンは開幕こそスターターとして出場したが、まもなく竹田謙にレギュラーを譲り渡した。シーズン中盤以降はプレー時間がガーベージタイムに留まり、終盤に入ってからは不出場の試合も多くなっている。

経歴[編集]

土浦日本大学高 - 早稲田大学 - アイシンシーホース(2006-2014) - つくばロボッツ(2014) - 和歌山トライアンズ(2015) - 熊本ヴォルターズ(2015-2016) - 横浜ビー・コルセアーズ(2016 - )

人物[編集]

バスケットボールプレイヤーとしての特徴[編集]

  • 高島は自身の特長として、「自分はディフェンスで生きてきた選手であり、ディフェンスには自信があり誰にも負けたくない」と語っている。またディフェンスだけでなくシュートを打つこと、点数を取っていくことにもこだわっているとも述べている[5]
  • 横浜のヘッドコーチを務めた青木勇人からは、「ディフェンスマンとしてプライドを持って自分の仕事を全うし、エースを抑えてくれる選手」と守備力に高い信頼を寄せられていた[6]

その他[編集]

  • シューズを履くときは左から靴紐を結ぶ事をルーティンとしている[7]
  • 大学3年次に一般就職かバスケの道に進むかを悩んでいたが、大学コーチの倉石平の指導を受け【頭を使いながらバスケットをするということ】を教わり、改めてバスケの面白さに気づくことができたことで、プロバスケ選手にチャレンジしたいという決意に至った[7]

横浜ビー・コルセアーズ オフィシャルブーストソングにおける選手紹介[編集]

  • 2016-17 「おしゃれで気の利くプレイが光る 味の決め手のスパイス高島」[8]
  • 2017-18 「ゲームを締めるプレイの数々 おディフェンス! No.2 タカシマ カズタカ」[9]
  • 2018-19 「止めて奪って好きにはさせない 攻めの起点はオディフェンス No.2 高島一貴」'[10]

記録[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
JBLスーパーリーグ 2006-07 アイシン
JBL 2007-08 16 5.8 .323 .286 .000 0.2 0.2 0.1 0.0 0.1 1.5
JBL 2008-09 24 6.6 .431 ..417 .750 0.4 0.1 0.3 0.0 0.5 2.3
JBL 2009-10 33 6.6 .389 .310 .750 0.4 0.2 0.2 0.0 0.2 2.1
JBL 2010-11 17 3.5 .188 .143 .000 0.2 0.1 0.1 0.0 0.2 0.4
JBL 2011-12 41 13.9 .393 .700 .786 1.2 0.3 0.3 0.0 0.4 2.6
JBL 2012-13 35 8.5 .457 .500 .625 0.7 0.3 0.3 0.0 0.3 1.4
NBL 2013-14 アイシン三河 41 1 7.7 .405 .200 .765 1.0 0.3 0.2 0.0 0.2 1.8
NBL 2014-15 つくば 16 3
和歌山 33 33
NBL 2015-16 熊本 48 48
B1 2016-17 横浜 52 44
B1 2017-18 60 41
B1 2018-19 48 7

脚注[編集]

  1. ^ トライアンズ存続 ファンらの支援実る - わかやま新報 2015年1月15日
  2. ^ 全11選手が自由契約に トライアンズ - わかやま新報 2015年5月15日
  3. ^ 高島一貴選手との2015-2016シーズン選手契約締結のお知らせ。 - 熊本ヴォルターズオフィシャルFacebook 2015年6月29日
  4. ^ “高島一貴選手 契約基本合意のお知らせ”. http://b-corsairs.com/news/team_20160715-3.html 2016年7月15日閲覧。 
  5. ^ 横浜期待の新戦力、高島一貴「参考にしているのはカワイ・レナード」”. WordPress Theme (2016年10月4日). 2019年4月16日閲覧。
  6. ^ [CLOSE UP]高島一貴(横浜ビー・コルセアーズ)プライドを持って役割を全うする『守備のスペシャリスト』」”. バスケットカウント (2016年11月23日). 2019年4月16日閲覧。
  7. ^ a b [https://wakayama.mypl.net/mp/trians_wakayama/?sid=33085 選手インタビュー:#0 高島 一貴(たかしま かずたか)選手
  8. ^ We are B-CORSAIRS 2016-17 / Eyes'
  9. ^ We are B-CORSAIRS 2017-18 / Eyes'
  10. ^ 横浜ビー・コルセアーズ ゲームデーインフォメーション 月刊海賊 2018/10

関連項目[編集]

外部リンク[編集]