帰化選手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

帰化選手(きかせんしゅ)とは、自身の持つ国籍を別の国籍に変える帰化を行ったスポーツ選手のこと。二重国籍が認められる国家においてそれまで活動してきた国とは別の国籍の下で活動する選手もこれに含まれる場合がある(移住先の国籍を取得してその国の代表選手となる、など)。

日本では大相撲プロ野球サッカーなどの各競技に見られるが、その理由はさまざまである。

大相撲[編集]

大相撲で帰化が行われるケースとして、一般的なのは年寄名跡(いわゆる「親方株」)を取得するためである。この競技が国技と呼ばれている以上、他競技の「チームの監督兼オーナー」といえる立場にある存在になるには日本国籍が必要と考えるからである。このケースでは高見山大五郎が最初といわれ、年寄名跡「東関」を襲名した。高見山(東関親方)の弟子であったと、ハワイ出身の高見山の後輩にあたる 小錦武蔵丸、それにモンゴル出身で元大島親方(元旭國)の養子となった旭天鵬なども帰化しており、2014年にはヨーロッパ出身力士としては初めて琴欧洲も帰化した。しかし実際にはそれ以前に、出自を知られていない在日コリアン等の力士がこっそりと帰化したケースもあると言われる。

昨今では、一部屋に外国人力士は一人までという入門制限のため、新たに外国人の入門枠を広げるために既存の外国人力士が帰化するかのように見えたケースもあった。[1]むろん国籍の選択は力士本人の意思によるものであり、それだけが理由でないことは言うまでもないが、大相撲の国際化の潮流を示す事象の一つであることも事実である。

プロ野球[編集]

プロ野球ではかつては、元中日ドラゴンズの郭源治などのアジア系の外国人選手が帰化することが多かった。当時、外国人枠は「1チーム2名まで保有」であったため、その枠を有効に利用したい球団側と、すでに日本で実績を残し今後も現役を続けたい外国人選手とが合意してのものであったと考えられている。しかしその後は外国人選手の出場枠の拡大や登録数制限の撤廃、さらにフリーエージェント制導入により、この権利を取得した外国人選手(郭泰源タフィ・ローズなど)は「日本人選手扱い」に変わるようになったことなどがあり、このような例はほとんど見られなくなっている。

また、過去から現在に通じて多いのは、在日コリアンのプロ野球選手が日本国籍を取得するケースである。もともと在日選手の大部分は小学生時から高校生時まで日本の普通学校へ通っているので帰化をしなくても日本人選手扱いとなるわけであるが、もはや日本で経済的成功をおさめて朝鮮・韓国への帰属意識も無くなり、自身の子などが国籍によって不利益を受けることが無いようにと帰化することが多い。これに関しては在日コリアン選手が在日であることをカミングアウトしていないケースが多いために、帰化しても一般に報道して知らされる事は極稀である。また、最近ではオリンピックなどの国際試合出場のために在日選手が日本国籍を取得するケースも多い。

ワールド・ベースボール・クラシックの代表チームについては、当該国籍を持たない選手でも条件次第で資格が与えられる場合もあるため、選手の帰化はほとんど見られない。一例として日系ブラジル人として生誕した佐藤二朗は日本に帰化済みであったが、2013年大会ブラジル代表として出場した。詳細は当該項目参照。

サッカー[編集]

国際大会が盛んな競技ゆえ、選手の帰化する例は非常に多い。有名な例としてはワールドカップ・イタリア大会1934年)を有利に勝ち抜くために、他の国籍であった選手を帰化させたイタリア代表、2000年代に多数の他の国籍であった選手を帰化(自国籍を与えて)代表チームの強化を図ったカタール代表の例が挙げられる。これはサッカーにおけるナショナルチームが国籍を基本としているからである。

日本代表でも1993年のワールドカップアメリカ大会予選に出場したラモス瑠偉や、1998年のフランス大会に出場した呂比須ワグナー、2002年の日韓大会に出場した三都主アレサンドロ、2010年の南アフリカ大会に出場した田中マルクス闘莉王が有名である。

2009年以降の規則では、

  • ユースからA代表までの公式戦のいずれかに「一度でも」出場した選手は他国の国籍を取得しても、他国の代表にはなれない。
  • 二重(複数)国籍保持者に限り、年代別代表の公式戦に出場した選手であっても、既に保持しているもう一方の国籍の代表に一度だけ変更する事ができる。あくまで二重国籍における例外であり、年代別代表の公式戦出場時点で保持していなかった別の国の国籍を、後から取得して新しい国の代表になることは出来ない。
  • ユースからA代表までの公式戦に一度も出場していない選手に限り、他国の国籍を取得し、他国の代表になる事ができる。ただし代表になるためには、その国に5年の居住歴を持たなければならない。

と厳しい制限がなされている。

FIFA前会長のゼップ・ブラッターは、「われわれは選手の帰化にブレーキをかけるための解決策を見つけ出さなければならない。注意しなければ、ヨーロッパだけでなくアジアにもアフリカにも、ブラジル人が押し寄せてしまう」と、W杯出場を目的にした容易な帰化に対策を講じる必要性を主張していた[2]

その他の競技[編集]

オリンピックや他の国際大会の出場に関して、国籍を変えるケースが見られる。背景には競技力の強化を図りたい国側と、母国の激しい代表争いに敗れたり競技環境を重視して新天地を求める選手側の利害関係一致がある。世界的に見れば陸上競技におけるアフリカ出身者や卓球における中国出身者が特に顕著である。また、戦争やテロに巻き込まれたり独裁政権に支配されるなどして治安悪化した母国から亡命するケースもある。原則として国際大会に出場するには、新たな国籍を取得してから一定の期間を経過する必要があるが、元の国の許可がある場合はその限りではない。

また、特に団体競技においては外国籍選手の制限が掛けられているリーグも存在するため、その制限から外れることを目的として国籍を変えるケースもある。ただし、日本男子バスケットボールのB.LEAGUEは帰化選手を1名まで、外国籍と合わせて3名までと定めている。なお、前身たるNBL及びJBLでは外国人(2名)とは別枠で帰化選手の登録を1名までと定めていた。

日本では女子ソフトボール宇津木麗華、女子卓球の小山ちれ、男子バスケットボールエリック・マッカーサー桜木ジェイアール、女子バスケットボールの河恩珠、男子バレーボール杉山マルコス、女子バレーボールの白井貴子、男子アイスホッケークリス・ブライト大城ジョエル・ディック、女子アーチェリーの早川姉妹(姉の・妹の)などがあげられる。

一方、ラグビーのように国籍主義を採用せずに居住する国・地域を代表の基本とする競技では帰化はあまり見られなかったが、最近ではナタニエラ・オトルアタンギ・侍バツベイのように帰化する選手も現れた。もっとも彼らは学生時代に日本代表キャップを獲得しながらも、社会人(トップリーグ)では外国人枠のため出場機会が減少したことから日本国籍を取得している。また、2016年より7人制ラグビーがオリンピックに採用されたため、資格を得るべく帰化するケースも存在する(7人制日本代表として2014年アジア競技大会に出場したリーチマイケルが該当)。

海外の国籍を取得する例[編集]

日本人が海外の国籍を取得しようとする例もある。たとえば、体操の塚原直也は、オーストラリアの国籍を取得に向けて準備を進めており、両国の体操協会の合意を得ていることが報道された[3][4]。また、フィギュアスケートの川口悠子はロシア国籍を取得し、2010年のバンクーバーオリンピックにロシア代表として出場している。一方カンボジア代表としてマラソンで2012年のロンドンオリンピックの出場を目指していた猫ひろしは2011年11月9日にカンボジア国籍を取得し、2012年3月25日に代表に選出されたが、国際陸連から「資格を満たしておらず、特例も認められない」と判断され、オリンピック出場は2016年のリオデジャネイロ大会まで待たなければならなかった(猫ひろし#マラソン選手としてを参照)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 帰化:帰化の申請、帰化が行える条件など