ゼビオアリーナ仙台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゼビオアリーナ仙台
Xebio Arena Sendai viewed from above.jpg
施設情報
用途 多目的アリーナ
収容人数 4,002人(スポーツ時)
6,000人(イベント時)
設計者 佐藤工業・アーキボックス設計共同企業体[1]
施工 佐藤工業・仙建工業建設工事共同企業体[1]
六興電気[1]
大成温調[1]
事業主体 ゼビオ[1]
管理運営 ゼビオアリーナ有限責任事業組合[2]
構造形式 RC造、屋根:トラスS造[3]
敷地面積 7,930m²
建築面積 6,115.33m²[1]
延床面積 11,707.7m²[1]
階数 地下1階、地上3階[3]
高さ 24m[3]
着工 2011年7月6日[3]
竣工 2012年9月20日[3]
総工費 約30億円[2]
所在地 982-0007
宮城県仙台市太白区あすと長町1丁目4-10[1]
位置 北緯38度13分49.42秒 東経140度53分13.74秒 / 北緯38.2303944度 東経140.8871500度 / 38.2303944; 140.8871500座標: 北緯38度13分49.42秒 東経140度53分13.74秒 / 北緯38.2303944度 東経140.8871500度 / 38.2303944; 140.8871500

ゼビオアリーナ仙台(ゼビオアリーナせんだい、英語: Xebio Arena Sendai)は、宮城県仙台市太白区あすと長町にある多目的アリーナである。

概要[編集]

「あすと長町1街区13画地プロジェクト」のアリーナ棟として、長町副都心の北部にある「杜の広場」(地図)の西側に建設された。同プロジェクトにより同広場の南側には、ゼビオ棟にスーパースポーツゼビオを初めとするスポーツ用品店や地元のフィットネスクラブなど、ドーム棟には室内テニスコート、屋根付きフットサル場、バスケットボール用ドーム、飲食施設などを含む「SRGタカミヤ スポーツパークあすと長町(2016年10月より「KHB東日本放送ぐりりスポーツパーク」)」もつくられ、スポーツフィットネスウェルネス関連施設が集積した。また、同広場の北側には仙台市立病院地図)、医療モール老人ホームといった医療・福祉施設もつくられ、結果的に当プロジェクトを含め同広場周辺は健康に関する官民施設が集積した。

当館にはVIPルーム併設のVIP席があり、また、興行主の意向次第で施設内での飲食(アルコール飲料含む)を自由にすることが出来る[4]など、一般的な公設体育館とは違った使用法が可能である。また、アリーナ中央の天井から吊り下げられた6面センターマルチディスプレイや、3階席と2階席の間に設置された全長213mのリボンビジョン、また、天井や座席裏に設置されたBOSE社製スピーカー[4]など映像・音響設備も整っており、スポーツ、コンサート、各種イベントに利用されている。

当館は隣接する長町商店街に加盟をしており[注 1][5]、当館でのイベントの際には入場の待機列が及ぶ杜の広場に長町商店街の飲食ブースを出してもらったり、当館での地元チームの試合の観戦チケットを提示することで長町商店街での買い物を割引にしたりなどの連携事業もしている[4]

施設[編集]

TKbjリーグ仙台89ERS vs 横浜ビー・コルセアーズでのアリーナ使用例(2015年3月)
メインアリーナ
  • 面積 - 2,170m2
  • アリーナ部の天井高 - 約20m
  • 観客席数
    • 3階:VIP席 104席(ロイヤルボックス13室[2]
    • 3階:273席
    • 2階:2,393席
    • 1階可動席:1,232席
  • 大型映像装置
    • 6面(=4面+2面)センターマルチディスプレイ[2]
    • 360°LED帯状映像装置(リボンビジョン) - 全長213m[2]
  • スピーカー(天井吊と座席裏)[2]

アリーナを見下ろせる全面ガラスで区切られたロイヤルボックス(VIPルーム)があり、各部屋からおのおのVIP席に出ることが出来る。

使用チーム[編集]

以下のチームがホームアリーナの1つとして使用している。

なお、杜の広場に面した壁面には、東北フリーブレイズベガルタ仙台東北楽天ゴールデンイーグルス、仙台ベルフィーユ、仙台89ERSの各チームのエンブレムが掲出されている。

沿革[編集]

2010年平成22年)10月12日、仙台市は太白区仙塩広域都市計画事業「仙台市あすと長町土地区画整理事業[6]施行地内に(仮称)ゼビオアリーナが建設されることを発表[7]。同市はアンパンマンこどもミュージアムの新施設の候補地に仙台が選ばれたことを機に、政令指定都市では初めて2008年(平成20年)に広域集客型産業を誘致するための助成制度を設けており、当館はその適用第1号となった。2012年(平成24年)10月5日、日本初の総合エンターテインメント・アリーナスタジアム[2]として開業[8]。年間利用者数25万人を見込む[9]

底地は仙台市の所有であり[2][10][注 2][4]、20年の定期借地権をゼビオとの間で契約[2][注 3][11][12][13]。ゼビオが約30億円をかけて建設し[注 3]、運営はゼビオを初めとする13の企業団体が組成する「ゼビオアリーナ有限責任事業組合」(LLP) が担うという、「民設共営」方式となっている[2]。仙台市の再開発事業地にある市有地にて20年の定期借地権を得て、物販より体験の比重が高い広域集客施設を民間企業(県外資本)が建設し、地元企業を含むLLPが運営するというこのスキームは、仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール(仙塩広域都市計画事業「仙台駅東第二土地区画整理事業」[14]施行地内に所在)と全く同じである。このスキームにより、リーマン・ショック後の世界金融危機下の2010年(平成22年)に、両者(3月に仙台アンパンマン…、10月にゼビオアリーナ)は相次いで事業化された。また、2011年(平成23年)の東北地方太平洋沖地震東日本大震災)による着工延期、労働力不足、余震が続く中での工事などを乗り越えて開業に至った。

年表[編集]

ゼビオアリーナと共に建設されたあすと長町1街区の施設[12]
施設
(仮称)
区画
(面積)
地図 開業予定 開業 現在の使用状況
アリーナ棟
(ゼビオアリーナ)
13画地
07,936.23m2
地図 2012年05月 2012年10月 ゼビオアリーナ仙台
ゼビオ棟
(ゼビオあすと店)
09画地
09,932.17m2
地図 2011年11月 2012年04月 スーパースポーツゼビオ あすと長町店
Victoria Golf あすと長町店
X'tyle スーパースポーツゼビオあすと長町店
Xiasis あすと長町店
X'tyle vision あすと長町店[20]
スポーツクラブ グラン・スポールあすと長町
レゴスクール仙台あすと長町
たびのレシピ
三井のリパーク スーパースポーツゼビオあすと長町
ドーム棟
SRGあすとドーム)
10画地
(12,600.92m2
地図 2011年04月 2011年06月 KHB東日本放送ぐりりスポーツパーク
(HALEOドーム)
(Winning Shot インドアテニススクールあすと長町校)
(FUT MESSE 仙台長町)
(飲食施設 ほか)
タイムズあすと長町)

主な大会・イベント[編集]

開館した月である例年10月付近に、国際的あるいは大規模なイベントを誘致している。

コンサートを開催したアーティスト[編集]

公式サイトに掲載されたアーティストを50音順に記載[35]


アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「長町駅前商店街」「サンカトゥール商店街」「長町一丁目商店街」により長町商店街連合会が形成されており、当館はサンカトゥール商店街に加盟している。
  2. ^ 都市再生機構の保留地との報告もある。
  3. ^ a b 三菱UFJリースが定期借地契約を結んで当館を建設し、同社からゼビオが当館をリースしているとの報道もある。
  4. ^ 2月に「絢香 レインボーロード TOUR 2015-2016 ~道は続くよ~」、9月に「絢香 10th Anniversary SUPER BEST TOUR」を開催。
  5. ^ シリーズを通して東北地方では初となるライブイベント。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 「ゼビオアリーナ仙台」、『月刊体育施設』、体育施設出版、2012年12月
  2. ^ a b c d e f g h i j スポーツを核とした街づくりを担う「スマート・ベニュー」 ~地域の交流空間としての多機能複合施設~ (PDF) (スマートベニュー研究会 日本政策投資銀行地域規格部 2013年8月)
  3. ^ a b c d e f g h i 仙台の新たなスポーツ拠点ゼビオアリーナ (PDF)日本建設業連合会ACe建設業界 - 2012年9月号」)
  4. ^ a b c d 市民・文化観光・消防委員会 行政視察 概要 (PDF) (横浜市)
  5. ^ 趣味・遊ぶ of 長町商店街(長町商店街連合会)
  6. ^ 仙塩広域都市計画事業 仙台市あすと長町土地区画整理事業 (PDF)UR都市機構
  7. ^ 仙台市. “あすと長町に(仮称)ゼビオアリーナが立地することが決まりました”. 2012年4月12日閲覧。
  8. ^ 仙台商工会議所. “今後の仙台圏関連の動向について”. 2012年4月12日閲覧。
  9. ^ 福島中央テレビ. “FCTニュース”. 2012年4月12日閲覧。
  10. ^ スポーツ施設への民間活力導入について (PDF) (日本政策投資銀行 2015年1月16日)
  11. ^ a b c 仙台に多目的アリーナ ゼビオ、最大6000人収容日本経済新聞 2010年10月13日)
  12. ^ a b c d e あすと長町に "ゼビオアリーナ" 建設 89ERS本拠地に河北新報 2010年10月13日) - archive.is
  13. ^ PPPの諸事例と地域における可能性 (PDF) (日本政策投資銀行 2015年2月3日)
  14. ^ 仙台駅東第二土地区画整理事業(仙台市)
  15. ^ あすと長町(仙台市)
  16. ^ あすと長町への本社移転計画推進のため、移転先候補地の売買契約を締結(東日本放送)
  17. ^ <東日本放送>あすと長町へ本社移転(河北新報 2016年3月9日)
  18. ^ KHBがあすと長町スポーツパーク命名権取得 「KHB東日本放送ぐりりスポーツパーク」今年10月誕生!(東日本放送)
  19. ^ <東日本放送>スポーツパーク命名権を取得(河北新報 2016年9月20日)
  20. ^ 「スーパースポーツゼビオあすと長町店」4月20日オープン ~東北最大のスポーツの聖地に~(ゼビオ 2012年4月18日)
  21. ^ ゼビオアリーナ仙台. “~ゼビオアリーナ仙台オープン記念~ ゼビオグループプレゼンツ スポーツ&ミュージックフェスティバル2012”. 2012年10月5日閲覧。
  22. ^ “山中、五十嵐ダブルタイトル戦発表”. 日刊スポーツ. (2012年9月11日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20120911-1015134.html 2012年9月11日閲覧。 
  23. ^ 日本バレーボールリーグ機構. “女子 2012/13 Vチャレンジリーグスケジュール”. 2012年8月6日閲覧。
  24. ^ 東日本大震災復興支援 バスケットボール日本代表国際親善試合2013 POCARI SWEAT Presents宮城大会/東京大会(日本バスケットボール協会)
  25. ^ 2013.10.06 1st Thai Festival in Sendai and Max Muay Thai World Champion 2013 JAPAN(在東京タイ王国大使館 2013年10月11日)
  26. ^ 【MAX MUAYTHAI】世界の強豪が集う4人トーナメントに大和侑也が参戦(イーファイト 2013年9月17日)
  27. ^ 第1回 タイフェスティバル in 仙台 (雨天決行)(タイフェスティバルズ)
  28. ^ ジモドルフェスタ2014 WINTER(ジモドルフェスタ)
  29. ^ フィギュアスケーター 羽生結弦選手、凱旋公演!! MJQウェディング Presents 『Together on Ice ~明日へつなぐ氷上の共演~』
  30. ^ FIBA 3x3 World Tour Final 2014 in Tokyo/Sendai
  31. ^ 2015 ITTF 女子ワールドカップ仙台大会 東日本大震災復興支援
  32. ^ 生中継! エキサイトマッチスペシャル ダブル世界タイトルマッチ (WOWOW)
  33. ^ <bj球宴>東軍、有終の美飾る河北新報 2016年1月25日)
  34. ^ 日本フットサルリーグ. “Fリーグ10周年記念 オールスターゲーム supported by DUARIG スコア結果”. 2016年10月13日閲覧。
  35. ^ ゼビオアリーナ仙台 イベントカレンダー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]