仙台ベルフィーユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仙台ベルフィーユ
ホームタウン 日本の旗 宮城県仙台市
クラブカラー チアフルピンク
創設年 2011年平成23年)
廃部年 2017年(平成29年)
チーム所在地 宮城県仙台市青葉区中央
体育館所在地 -
代表者 松原一敏
監督 葛和伸元
 表示 

仙台ベルフィーユ(せんだいベルフィーユ)は、かつて宮城県仙台市に拠点を置いていた、女子バレーボールクラブチームである。

概要[編集]

2011年(平成23年)6月に運営資金不足で活動を休止した四国Eighty 8 Queenが、香川県高松市から仙台市への本拠地移転およびチーム名を変更する形で、同年7月に仙台ベルフィーユとして活動を再開した。運営母体は非営利活動法人エイティーエイツバレーボールクラブ、運営会社は株式会社トゥエルヴ[1]。前身から引き継ぐ形で2011-12シーズンよりチャレンジリーグに参加する。

ベルフィーユ(Belle Fille)は英語のbell(鈴)とフランス語のbelle fille(美しい乙女)の造語で、トゥエルヴ社長、当チーム監督(当時)の米田一典がかつて指導していた日立ベルフィーユの名にあやかり[2]、強豪の復活と東日本大震災からの復興の願いをこめた名称である[3]

四国Eighty 8 Queenと同様に地域密着を掲げ、複数のスポンサー企業から資金を募り、選手の雇用を確保してもらう運営形態である。専用体育館はもたず、富谷スポーツセンター(宮城県富谷市)を練習場としている。

2011年12月10日に2011-12シーズンのVチャレンジリーグ開幕戦(対PFUブルーキャッツ)が、宮城県の多賀城市総合体育館で行われた[4]

2012年2月14日、運営協力および地域密着活動の推進を目的に、地元自治体や報道機関、関連団体などにより「仙台ベルフィーユ協議会」が設立された[5][6]

2013年にゼビオアリーナ仙台で初めて試合を行った。

2017年5月24日、地元地方紙がベルフィーユの経営難について報道。それによれば「運営会社が年間1,000万の赤字を計上して経営が行き詰まった」としている[7]。翌月、Vリーグ機構から退社勧告を受けたが、チーム保有団体であるNPO法人仙台ベルフィーユは業務改善関係の資料を機構側に提出[8]、スポンサーを40社に増加、運営会社の負債もスポンサーが補うなど改善策を提出したが、Vリーグ機構が「不明瞭」と認めず6月23日、Vリーグ機構からの脱退が決定し[9]、チームは解散が決定した。

2017年7月31日、ヴィクトリーナ姫路へチーム譲渡がなされると報道され[10]、8月1日Vリーグ機構が正式発表した[11]。しかし8月10日にVリーグ機構は「チーム譲渡の要件を満たしていない」と声明を出し、チーム譲渡は幻に終わった[12]

歴史[編集]

  • 2011年7月25日 - 日本バレーボールリーグ機構理事会において、仙台ベルフィーユ発足が承認[13]
  • 2012年2月14日 - 仙台ベルフィーユサポート協議会が設立
  • 2012年2月26日 - 当チーム部長兼総監督の米田一典が死去[14][15][16]
  • 2012年4月 - 2012-13シーズンより監督に諸隈英人が就任
  • 2014年4月24日 - 諸隈監督に代わって、2014-15シーズン監督に元女子日本代表監督の葛和伸元が就任
  • 2017年6月 - 運営会社の経営難・事業停止等によりVリーグ機構から退社勧告を受けリーグから脱退、チーム解散。
  • 2017年8月1日 - チームをヴィクトリーナ姫路へ譲渡。
  • 2017年8月10日 - チーム譲渡が取り消し。

成績[編集]

主な成績[編集]

チャレンジリーグ、チャレンジリーグI
  • 優勝 なし
  • 準優勝 なし

年度別成績[編集]

大会名 順位 参加チーム数 試合数
V・チャレンジリーグ 2011/12シーズン 9位 12チーム 22 6 16
2012/13シーズン 6位 10チーム 18 8 10
2013/14シーズン 6位 10チーム 18 7 11
2014/15シーズン 6位 10チーム 18 7 11
V・チャレンジリーグI 2015/16シーズン 4位 8チーム 21 10 11
2016/17シーズン 4位 8チーム 21 8 13

選手・スタッフ[編集]

選手[編集]

2017年6月の活動休止時のメンバーは下記の通り[17][18]

背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考 進路・移籍先
1 井上実咲 MISAKI 日本の旗 日本 MB JAぎふリオレーナ
2 雨堤みなみ MINAMI 日本の旗 日本 WS 引退
3 高橋咲妃恵 SAKIE 日本の旗 日本 WS ヴィクトリーナ姫路
4 堀崎智恵美 HORISAKI 日本の旗 日本 WS 引退
5 馬場ゆりか YURIKA 日本の旗 日本 L KUROBEアクアフェアリーズ
6 荻野雅子 MASAKO 日本の旗 日本 WS 引退
7 渡邉和香里 AKARI 日本の旗 日本 S 引退
8 中野清香 SAYA 日本の旗 日本 WS 引退
9 笹山みなみ S.MINAMI 日本の旗 日本 S 引退
10 梅津結子 YUKO 日本の旗 日本 MB 引退
11 渡邊彩 AYA 日本の旗 日本 MB キャプテン トヨタ車体クインシーズ
12 中田唯香 YUIKA 日本の旗 日本 WS 大野石油広島オイラーズ
14 宮田奈美 NAMI 日本の旗 日本 MB 引退
15 舛田紗淑 SAYO 日本の旗 日本 WS KUROBEアクアフェアリーズ
16 松尾奈津子 NATSUKO 日本の旗 日本 S
17 津賀菜緒 NAO 日本の旗 日本 WS PFUブルーキャッツ
18 堀井有蘭 URAN 日本の旗 日本 MB 日立リヴァーレ
19 濱邊優愛 YUA 日本の旗 日本 MB ヴィクトリーナ姫路
20 川尻彩香 AYAKA 日本の旗 日本 WS 引退

スタッフ[編集]

2017年6月の活動休止時のメンバーは下記の通り[17][18]

役職 名前 国籍 備考 進路・移籍先
部長 松原一敏 日本の旗 日本
副部長 荒谷敏 日本の旗 日本
監督 葛和伸元 日本の旗 日本
コーチ 渡辺将嵩 日本の旗 日本
事務局長 高橋宗和 日本の旗 日本
事務局 松原一敏 日本の旗 日本
事務局 田崎愛果 日本の旗 日本
トレーナー 星芳美 日本の旗 日本
トレーナー 富岡由紀子 日本の旗 日本
アナリスト 藤原拓司 日本の旗 日本
マネージャー 逆瀬川由衣 日本の旗 日本 ヴィクトリーナ姫路

在籍していた主な選手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Team Outline”. 仙台ベルフィーユ. 2013年10月20日閲覧。
  2. ^ 日立ベルフィーユのラテン表記は、belles fillesである。
  3. ^ “エイティ8、仙台に移転/「仙台ベルフィーユ」に”. 四国新聞(SHIKOKU NEWS) (四国新聞社). (2011年7月29日). オリジナル2011年7月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110729054219/http://news.shikoku-np.co.jp/sports/eighty8/201107/20110729000133.htm 2013年10月20日閲覧。 
  4. ^ 試合会場レポート”. Vリーグ機構 (2011年12月10日). 2013年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月10日閲覧。
  5. ^ 「仙台ベルフィーユサポート協議会」が設立されました”. 仙台ベルフィーユサポート協議会事務局. 仙台市 (2012年2月17日). 2012年2月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月17日閲覧。
  6. ^ 仙台ベルフィーユサポート協議会”. 仙台市. 2012年4月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月17日閲覧。
  7. ^ “<ベルフィーユ>経営悪化、リーグ資格審査へ”. 河北新報ONLINE NEWS (河北新報社). (2017年5月24日). オリジナル2017年5月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170524011745/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170524_14045.html 2017年5月25日閲覧。 
  8. ^ 仙台ベルフィーユ存続危機…財務状況悪化でVリーグ機構から「退社」勧告”. yahoo News. 2017年6月15日閲覧。
  9. ^ 仙台ベルフィーユへの退社勧告について”. Vリーグ機構. 2017年6月23日閲覧。
  10. ^ Vリーグ2部の仙台 姫路に譲渡 再スタートへ”. NHK. 2017年8月1日閲覧。
  11. ^ 仙台ベルフィーユ チーム譲渡のお知らせ”. Vリーグ機構. 2017年8月1日閲覧。
  12. ^ 仙台ベルフィーユからヴィクトリーナ姫路へのチーム譲渡 無効のお知らせ”. Vリーグ機構. 2017年8月10日閲覧。
  13. ^ 仙台ベルフィーユとして本拠地移転を承認”. Vリーグ機構 (2011年7月28日). 2013年10月20日閲覧。
  14. ^ 【訃報】元全日本女子チーム監督 米田一典さん(62歳)逝去”. 日本バレーボール協会 (2012年2月27日). 2012年2月27日閲覧。
  15. ^ バレー米田氏 61歳肺がんで死去”. 日刊スポーツ (2012年2月26日). 2012年2月26日閲覧。
  16. ^ お知らせしなければならないことがあります。”. 仙台ベルフィーユ公式ブログ「ベルトピ」 (2012年2月26日). 2012年2月26日閲覧。
  17. ^ a b Member / Staff”. 仙台ベルフィーユ. 2016年10月16日閲覧。
  18. ^ a b チーム所属選手”. Vリーグ機構. 2016年10月16日閲覧。

外部リンク[編集]