積雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海氷の上に積もった雪。積雪の表面は雪質や風などにより様々な表情を見せる。
雪に覆われた東京・新宿の街。
融解しつつあるシャーベット状の積雪。
新雪には足跡・脚跡がくっきりと残りやすい。

積雪(せきせつ)とは、地面に積もったのこと。気象用語としては、雪または(あられ)が地面の半分以上を覆った状態をいう。

概要[編集]

基本的に積雪は雪がとけるまで減ることはないが、昇華に吹き飛ばされることによって減ることがある。発表値はあくまでも積雪計設置地点での値であるため、同じ地域でもところによっては吹き溜まりなどで、発表されている積雪量以上に積もっている場合がある。

「積雪0cm」と「積雪なし」では状態が異なる。気象庁の定義によれば、「積雪0cm」は観測点周囲の地面を半分以上雪や霰が覆った状態のこと。「積雪なし」は雪や霰が全くないか、観測点周囲の地面の半分までは雪や霰が覆っていない状態のことを指す。

積雪の深さを積雪量あるいは積雪深といい、ニュース天気予報で流れる「積雪〜cm」というのは積雪計設置地点の積雪記録である。ある期間内における積雪の最大値を最深積雪(さいしんせきせつ)という。これらは降雪量とは異なるものであるので注意を要する。単位面積当たりの積雪量や積雪深の重量は積雪重量積雪荷重と呼び「kg/m2」や「kN/m2」で表され、積雪重量計などで計測される。建築基準法施行令86条ほかには積雪荷重に関する定めがある。

なお、気象庁の定義では、固形の降水が積もったものが積雪であるが、夏季においてが積もった場合は積雪とは呼ばない。

積雪地でもより寒冷な地域では、積雪の融解が遅かったりほとんど解けなかったりして、積雪の蓄積が進む。日本では気象庁が「積雪が30日間以上継続した状態」を長期積雪あるいは根雪と定義している。更に寒冷な地域では、根雪の期間が長くなって夏を超え、1年以上継続することがある。特に極地や高山ではこの状態が長年継続し、万年雪やそれが圧縮されてできる氷河を形成する。

積雪とはあくまでも積もった雪(名詞であり動詞ではない)のことであり、一部で使用されている「積雪する」という表現は誤用である。

積雪の分類[編集]

日本雪氷学会では、雪質によって積雪を次の9種類に分類している[1]

  • 新雪 - 降雪時の結晶の形がほぼ完全に残っているもの。
  • こしまり雪 - 樹枝形などの結晶が若干残る程度で、ほとんど丸みを帯びた氷の粒。小締まり雪。
  • しまり雪 - 圧縮や焼結により丸みを帯びた氷の粒。粒子同士が網目状の組織で緩やかにつながっている。締まり雪。
  • ざらめ雪 - 水の作用により粗大化した氷の粒。内部・表面に水を含むものと再凍結したものがある。粗目雪。
  • こしもざらめ雪 - 新雪が融解・霜の付着などによって、平らな形状となった小さな氷の粒。小霜粗目雪。
  • しもざらめ雪 - 新雪を核として成長した霜が肥大化し、骸晶状の氷の粒と化したもの。霜粗目雪。
  • 氷板 - 板状・層状の氷。
  • 表面霜 - 積雪層の表面に発達する霜。
  • クラスト - 積雪層表面にできる再凍結によってできた固い層。

積雪の記録[編集]

世界[編集]

日本[編集]

統計のある主要都市(北海道・東北・東京)における積雪の平年値[5][6][7]
(1981 - 2010年、気象庁、観測地点は2012年時点)
都市 (初雪) 積雪初日 根雪初日 根雪終日 積雪終日 (終雪) 備考
積雪/根雪の初日から終日までの期間
▷11/1
4/30◁
積雪の深さ年間最大値
稚内 10月22日 11月3日 11月26日 4月4日 4月21日 5月2日 観測が行われている地点では最も初雪が早い。
170日/130日
81cm
旭川 10月23日 11月3日 11月22日 4月8日 4月16日 4月28日 観測が行われている地点では最も根雪初日が早く、根雪終日が遅い。
165日/138日
94cm
網走 10月31日 11月10日 12月3日 4月3日 4月23日 5月9日 観測が行われている地点では最も積雪終日・終雪が遅い。
165日/122日
57cm
札幌 10月28日 11月8日 12月4日 4月4日 4月10日 4月19日 -
154日/122日
100cm
青森 11月6日 11月15日 12月10日 3月25日 4月4日 4月14日 都道府県庁所在地では最も年最深積雪が多い
141日/106日
111cm
山形 肘折 無人のため観測していない。 日本海側山間部。観測が行われている地点では最も年最深積雪が多い。
321cm
仙台 11月24日 12月8日 なし なし 3月23日 4月7日 -
106日
 
17cm
東京 1月3日 なし なし なし なし 3月11日 -
積雪を記録しない年もある(2007年・2009年)
 
6cm

最深積雪の平年値と極値[編集]

気象台における最深積雪の平年値と極値
(平年値は1981 - 2010年、気象庁)
気象台 平年値 極値(記録日)
稚内 81cm 199cm(1970年2月9日)
旭川 94cm 138cm(1987年3月4日)
札幌 100cm 169cm(1939年2月13日)
網走 57cm 143cm(2004年2月23日)
釧路 38cm 123cm(1939年3月9日)
室蘭 26cm 68cm(1958年2月13日)
函館 45cm 91cm(2012年2月27日)
青森 111cm 209cm(1945年2月21日)
秋田 38cm 117cm(1974年2月10日)
盛岡 39cm 81cm(1938年2月19日)
仙台 17cm 41cm(1936年2月9日)
山形 50cm 113cm(1981年1月8日)
福島 25cm 80cm(1936年2月9日)
水戸 9cm 32cm(1945年2月26日)
宇都宮 10cm 32cm(2014年2月15日)
前橋 10cm 73cm(2014年2月15日)
熊谷 9cm 62cm(2014年2月15日)
東京 6cm 46cm(1883年2月8日)
銚子 0cm 17cm(1936年3月2日)
横浜 8cm 45cm(1945年2月26日)
長野 31cm 80cm(1946年12月11日)
甲府 14cm 114cm(2014年2月15日)
静岡 0cm 10cm(1945年2月25日)
名古屋 8cm 49cm(1945年12月19日)
岐阜 17cm 58cm(1936年2月1日)
4cm 26cm(1951年2月14日)
新潟 36cm 120cm(1961年1月18日)
富山 62cm 208cm(1940年1月30日)
金沢 44cm 181cm(1963年1月27日)
福井 55cm 213cm(1963年1月31日)
彦根 26cm 93cm(1918年1月9日)
京都 6cm 41cm(1954年1月26日)
大阪 2cm 18cm(1907年2月11日)
神戸 1cm 17cm(1945年2月25日)
奈良 4cm 21cm(1990年2月1日)
和歌山 1cm 40cm(1883年2月8日)
岡山 2cm 26cm(1945年2月25日)
広島 6cm 31cm(1893年1月5日)
松江 20cm 100cm(1971年2月4日)
鳥取 46cm 129cm(1947年2月22日)
徳島 2cm 42cm(1907年2月11日)
高松 2cm 19cm(1984年1月31日)
松山 2cm 34cm(1907年2月11日)
高知 1cm 10cm(1987年1月13日)
下関 3cm 39cm(1900年1月26日)
福岡 3cm 30cm(1917年12月30日)
大分 1cm 15cm(1997年1月22日)
長崎 2cm 17cm(2016年1月24日)
佐賀 4cm 21cm(1959年1月17日)
熊本 2cm 13cm(1945年2月7日)
宮崎 0cm 3cm(1945年1月24日)
鹿児島 3cm 29cm(1959年1月17日)
沖縄県は積雪を未観測

アルジェリア[編集]

2016年12月19日サハラ砂漠に位置するアルジェリアの町・アインセフラの砂丘で積雪が観測された[8]。サハラ砂漠での降雪は1979年2月18日にも観測されているが、その時の雪は30分で溶けており、1日近く残った積雪は2016年12月の降雪が観測史上初となる[8]。なお、2016年12月のアルジェリアとモロッコ国境付近での積雪はランドサット7号の画像解析でも確認されている[8]

積雪の効果[編集]

積雪は、生物の分野では、生物の分布に大きな影響を与えることが知られている。ある程度以上、温度が下がる時期がある地域においては、寒冷期の最低気温とその生物の耐寒性がその分布要因として大きな意味を持つ。ところが、積雪は多くの空気を含むため、雪の中は外気ほどは温度が下がらない場合があるのである。たとえば日本海側は冬季の積雪が多いため、低木以下の高さにおいては、より温暖な地域の生物が意外なほどに北まで分布する。ユキツバキはその例によく挙げられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 積雪分類の用語集”. 日本雪氷学会北海道支部. 2014年2月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e 気象庁監修『気象年鑑』 2007年以前の版における日本の気象要素別順位表、及び世界と日本の気象記録
  3. ^ 気象庁 観測史上1~10の値(年間を通じての値)月最深積雪(cm)
  4. ^ a b 18時間で積雪256センチ、新記録か イタリア CNN、2015年3月11日
  5. ^ 過去の気象データ検索」気象庁、(随時更新)、2013年4月10日閲覧
  6. ^ 寒候期現象の平年値」札幌管区気象台、2013年4月10日閲覧
  7. ^ 積雪・長期積雪の初終日の平年値」仙台管区気象台、2013年4月10日閲覧
  8. ^ a b c サハラ砂漠に雪が降る! ウェザーニューズ、2017年2月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]