雪庇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
崩れかかっている雪庇。(1)の領域には雪にひびが入っているのが見える。この写真を撮影した直後に(3)の領域は崩落し、(2)の場所が新たに雪庇の先端となった。

雪庇(せっぴ)とは、のかぶった尾根山頂などに、が一方方向に吹き、風下方向にできる雪の塊である。放置すると、自重に負けて崩落するまで際限なく大きくなる。 馬の背と呼ばれる細い尾根に見られる雪庇は、時として滑落の原因として恐れられている。登山者が尾根を歩く際、雪庇の真上にいる事に気づかず踏み抜いてしまうなど、真上からの観察では地面と雪庇の区別は不可能とされる。風上と風下の気象条件を熟知していれば、雪庇の方向を読み取る事も可能だが、それでも完全ではない。 大きな雪庇はブロック雪崩の原因になることから、定期的に除去されることがある。

近年では無落雪建築の増加などにより、降雪量が多い地域で住宅の屋根のへりに雪庇が出来ることが多い。 放置すると山の雪庇と同様崩落して、通行人や家財に被害を及ぼすことがある。 そのため屋根に電熱線を仕込んで雪庇が出来ない構造にしたり、を長くしたような形状の専用の器具を用いて雪庇を取り除くといった対策がとられる。

除去の方法[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]