雪崩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雪崩の瞬間

雪崩(なだれ、: Avalanche)とは、山岳部の斜面上に降り積もった重力の影響により「なだれ(傾れ、頽れ)落ちる」自然現象である。

雪崩の種類[編集]

ブロック雪崩・両白山地主稜線にて
全層雪崩は土砂を巻き込みながら斜面を下る・北アルプス扇沢付近にて
雪崩発生箇所・伊吹山東面の急斜面

雪崩の始動の仕方によって点発生/面発生、積雪のどの範囲が雪崩れたかによって表層/全層、積雪の湿り気により乾雪/湿雪、雪崩の形態により煙型/流れ型/複合型、などに分類でき、これらを組み合わせて表現する。これらとは別に懸垂氷河などの崩壊に伴う氷雪崩や雪庇の崩落によるブロック雪崩なども存在する。大量の水を含んだ雪が流動する雪崩をスラッシュ雪崩という[1]

よく登山者スキーヤーが遭遇するものあには点発生表層雪崩(スラフ)、面発生表層雪崩(スラブ)があるが、特に広範囲で一斉に雪崩が発生する面発生表層雪崩は危険度が高い。なお、大規模な煙型乾雪表層雪崩のことを特に泡雪崩といい、富山県(黒部地方)などではホウと呼ばれ恐れられている。

急斜面(傾斜30度くらい)でも起こりやすい。

雪崩の起きやすい条件[編集]

雪崩の発生条件は様々で、単純な一般化は難しいが、降り積もった雪粒同士の結合がなんらかの外的要因(重力、圧力、気温の上昇など)によって壊された際に発生すると言える。

雪崩が発生する危険な状態に対する注意喚起として、日本では気象庁雪崩注意報(なだれ注意報)を発表している。なお、雪崩では注意報は発令されるが警報は存在しない[2]

厳冬期、急激な気温の変化は、積雪内部に大きな温度差を生じさせる。これは「しもざらめ雪」と呼ばれる弱層が形成されることが多い。また、一度に大量の降雪があると、弱層の上に積もる雪に荷重が増す。 急な斜面の場合、弱層は支持力を失いやすくなり、雪崩が発生する危険も非常に高くなる。

砂防堰堤を越える大規模雪崩(南アルプス北沢峠付近平右衛門谷)

このように、気象や気温の変化がきっかけとなる事の他、大きな雪崩の多くは、35から45の急斜面で発生している。また、樹林帯のなかに一部分だけ樹木の生えていない斜面があったら、そこは雪崩が頻繁に起こっていることが多いものである。そのほか、雪庇や障害物のない広大な斜面、沢筋なども発生の確率が高くなる。砂防堰堤治山ダムは、雪崩防止目的で設置されたものでないため、豪雪地帯ではこれらの施設に積もった雪によって逆に大規模な雪崩が発生する場合がある。

雪が積もり、雪崩が起きそうならば、そこへは不用意に入らず、雪崩を1回でも発見したらそこは雪崩多発の危険地帯であり再び雪崩が起きる可能性がある為、進まずにすぐ引き返すか安全な場所に避難するように注意が呼びかけられている。

なお、映画などに出てくるように「大きな声を出したら雪崩に遭う」ということはないが、音の発生源が地表に衝撃を与える物であった場合は雪崩の発生する可能性が高い。

雪崩対策[編集]

雪崩予防(アバランチコントロール)[編集]

アメリカ、カリフォルニア州インヨー郡にあるインヨー国立森林公園マンモス山では、農務省林野局の職員がM40 106mm無反動砲を使ってアバランチコントロールを行っている。

雪崩を予防したり、その破壊力を弱めるための方法はいくつかある。それらは、雪崩が人々に対する深刻な脅威となっている地域(たとえばスキー場や山奥の町・道路鉄道など)で用いられている方法である。雪崩の予防には爆薬がよく用いられる。特に、スキー場では、爆薬以外の方法は非実用的である。「アバランチコントロール」という場合、広く雪崩の予防や雪崩被害を軽減する方法の総称として用いられることもあるが、爆薬を用いて人為的に雪を取り除き雪崩を事前に予防する方法を指して用いられることが多い。大きな雪崩が起きるのに十分な量の雪が積もる前に、爆薬によって小さな雪崩を起こす。

防雪フェンス(スイス)

防雪フェンスや軽い壁を立てて、雪の積もる場所を変える方法もある。雪は壁の周り、中でも卓越風の風上側に溜まっていく一方、フェンスの風下には雪が溜まりにくくなる。これは、本来積もるはずであった雪がフェンスの所で積もってしまう事と、フェンスの所で雪を失った風によって元々あった雪が飛ばされる事による。十分な密度の森林があれば、それによって雪崩の強度は著しく弱められる。森林に降った雪は森林に留まるし、雪崩が起こった際には木々に当たって雪崩が減速される。スキー場建設の際に行われているように、植林したり森林を保存しておく事により、雪崩の強度を弱める事が出来る。スキー場以外でも、鉄道沿線に植林する事で雪崩被害を予防する方法がとられている例がある。たとえば北海道の函館本線目名駅から倶知安駅を経て銀山駅あたりに至るまで、雪崩対策のための鉄道防雪林が造成されており、雪崩防止のみならず、吹雪の防止、吹き溜まりの防止の効果があるとされている[3]


雪崩テスト[編集]

雪崩に関する情報交流を行っている非営利団体カナダ雪崩協会英語版(CAA)では、日本など様々な国に雪崩に対するトレーニングや情報交流を行うほか、『OBSERVATION GUIDELINES. AND RECORDING STANDARDS. FOR WEATHER, SNOWPACK. AND AVALANCHES』という無料の雪崩対策PDFを公開してる。その中で、さまざまな雪崩が起こる積雪のチェック方法が掲載されている[4][5]

  • 積雪断面観測
  • 雪質チェック
  • ハンドテスト - 雪の層にグローブを付けた拳を押してへこむ(F、硬度脆弱)、指4本(4F 硬度低い)、指1本(1F 硬度中)、鉛筆の尖ってない方、ナイフ
  • 弱層テスト
    • コンプレッションテスト - 上面30x30㎝の広さの雪の柱に掘り出す。柱が作成中に壊れたら脆弱、シャベルを上に置き上から手の先端、肘まで、腕全体でそれぞれ5-10回叩き壊れるか判断する。
    • シャベルシアーテスト - 25㎝x35㎝の雪の柱を掘り出し、柱の側面にシャベルを押し当て積雪層に対して平行に力を加え崩れる強度と崩れ方を見る。

警報システム[編集]

ツェルマットにある雪崩監視用レーダー局[6]

現代のレーダー技術によって、いかなる天候の下でも、昼夜の別なく、広範囲を監視して雪崩の発生場所を検知することが可能となった。危険にさらされた地域を通行止めにする(例:鉄道や道路)、あるいは、その地域から避難させる(例:工事現場)ために、短時間のうちに雪崩を検知できる複雑な警報システムも存在する。そのようなシステムの例として挙げられるのが、スイスのツェルマットへの唯一のアクセス道路に設置されているものである[6]。この道路から上の山岳斜面を二つのレーダーで監視している。システムが雪崩を検知したら、人的被害を防止するために、数秒以内で進入禁止柵や交通信号を起動して、道路を通行止めにする。

雪崩災害の歴史[編集]

雪崩の発生は数多いが、現場に建築物か人の通行がなければ被害は出ない。例えば、日本における雪崩被害発生数は通常、年間10件以下である。2003年は件数5、家屋被害3、死者1、負傷者4だった[7]

日本[編集]

日本における、人的な被害を生じさせた大規模な雪崩の被害は以下の例が挙げられる。

アメリカ合衆国[編集]

フランス[編集]

アフガニスタン[編集]

トルコ[編集]

  • 2020年2月4日、5日 - トルコ東部のヴァン県で雪崩が発生。直下の道路を走行していた小型バスなどが巻き込まれた。翌5日にかけて救出活動が行われたが再び雪崩が発生、救助隊員が巻き込まれる二次災害となった。死者38人以上、負傷者53人以上[16]

雪崩と戦争[編集]

古くは紀元前218年カルタゴの勇将ハンニバル率いるカルタゴ軍が、アルプス越えの際に雪崩の襲来で多数の死者を出したことが知られている[17]

第一次世界大戦当時、イタリア陸軍は冬のアルプス山脈を超えて進軍してくるオーストリア軍を迎え撃つにあたり、オーストリア軍が尾根を越えて下りに入ったところで背後を狙って砲撃し、着弾時の衝撃で雪崩を起こしこれに巻き込んで敵を生き埋めにする作戦をとった[17]。また軍事作戦の都合が全てにおいて優先された結果、雪崩の頻発地帯においても部隊が配備され、行軍や陣地の設営などが行われたため、第一次大戦中、雪崩による死者は両軍で4万~5万人、一説には8万人にのぼるともいわれる[17][18]

これ以降、オーストリアスイスでは、雪崩を軍事技術として重視した。特にスイスは空軍に「雪崩部隊」を創設し、冬になると雪崩起こしの猛訓練に励んだという。このため、第二次大戦中、ヒトラーもスイス侵攻を諦めたという[17]

現在ではこうした経験が生かされ、この縮小版として、携帯式の小型火器を雪崩の起き易い場所に定期的に撃ち込んで人為的に小さな雪崩を発生させ、大きな雪崩を防いでいる[19]

雪崩と地形[編集]

雪崩多発地帯では、アバランチシュートといわれるU字谷に似た凹地を形成する。

雪崩と植生[編集]

雪崩の頻度によって撹乱の度合いが変わることで、植生自体が変わることがある。亜高山帯では、年に数十回雪崩が起こると裸地、年に数回だと草原、数年に一回だとダケカンバやナナカマドなどの低木、数十年に一回だと低木とオオシラビソとの混交林で、殆ど起こらない所ではオオシラビソの純林の植生となる。土壌などを考慮する必要もあるが、植生によって雪崩多発地帯をある程度判別することが可能である[20]

雪崩を利用した表現[編集]

  • なだれ込む
  • なだれ落ちる
  • なだれを打つ

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中川達也, 荒木孝宏, 三輪賢志, 石井靖雄, 小川紀一朗, 千葉達朗, 佐野寿聰「富士山周辺で発生するスラッシュ雪崩の発生条件の検討」『砂防学会誌』第2号、砂防学会、2009年、 56-59頁、 doi:10.11475/sabo.62.2_562020年8月3日閲覧。
  2. ^ 警報・注意報の種類”. 気象庁. 2012年12月5日閲覧。
  3. ^ 若濱五郎 (1995)、46頁
  4. ^ 池田慎二 「ガラガラ沢雪崩事故調査報告」日本雪氷学会誌『雪氷』64巻 (2002) 1号 p.33-37
  5. ^ 『OBSERVATION GUIDELINES. AND RECORDING STANDARDS. FOR WEATHER, SNOWPACK. AND AVALANCHES』(カナダ雪崩協会)
  6. ^ a b Avalanche Radar Zermatt”. 2017年10月23日閲覧。
  7. ^ 『河川便覧』(平成16年度版)による
  8. ^ 山形県防災カレンダー”. 山形県 (2020年). 2021年8月27日閲覧。
  9. ^ 香田徹也「昭和15年(1940年)林政・民有林」『日本近代林政年表 1867-2009』p420 日本林業調査会 2011年 全国書誌番号:22018608
  10. ^ a b 和泉薫, 納口恭明「日本の雪崩災害DBからわかった那須雪崩災害の特質」『雪氷研究大会講演要旨集』雪氷研究大会(2017・十日町)、日本雪氷学会/日本雪工学会、2017年、 76頁、 doi:10.14851/jcsir.2017.0_76ISSN 1883-0870NAID 130006252754
  11. ^ 『勝山市史 第一巻 風土と歴史』 勝山市、1969年、p53、p749。
  12. ^ スキー客48人が死ぬ 朝食中に大ナダレ『朝日新聞』1970年(昭和45年)2月11日朝刊 12版 15面
  13. ^ アフガニスタンで雪崩、少なくとも45人死亡”. ロイター通信 (2012年3月12日). 2018年3月22日閲覧。
  14. ^ 生々しい雪崩の爪あと、死者280人超のアフガン被災地”. AFP (2015年3月5日). 2018年3月22日閲覧。
  15. ^ 大雪に見舞われたアフガン、雪崩などによる死者191人に”. AFP (2017年2月11日). 2018年3月22日閲覧。
  16. ^ トルコ東部で2度の雪崩 38人死亡 救助隊員も犠牲”. AFP (2020年2月6日). 2020年2月5日閲覧。
  17. ^ a b c d 若濱五郎 (1995)、45頁
  18. ^ 新田隆三(1986):雪崩の世界,古今書院.
  19. ^ 若濱五郎 (1995)、45-46頁
  20. ^ 小笠原和夫、「北アルプス黒部峡谷の雪崩」 『雪氷』 1965年 27巻 6号 p 143-153, doi:10.5331/seppyo.27.143, 日本雪氷学会

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]