南アルプス山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南アルプス山脈 (サザンアルプス山脈)
South Island.jpg
所在地  ニュージーランド
最高峰 クック山 (3,724m)
延長 -km
-km
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

南アルプス山脈(みなみアルプスさんみゃく、サザンアルプス山脈、Southern Alps)は、ニュージーランドにある山脈である[1]インド・オーストラリアプレート太平洋プレートの衝突により形成された。

概説[編集]

ニュージーランドの南島を形作る「背骨」にあたる山脈脊梁山脈)で[1]ヨーロッパアルプス山脈にその姿が似ていることから、名付けられた。最高峰はクック山Mt. Cook、アオラキともいう)で、標高3,724mであり[1]ニュージーランド1位である。2位はタスマン山Mt. Tasman)の3,497m。アオラキ/マウント・クック国立公園ウェストランド国立公園マウント・アスパイアリング国立公園フィヨルドランド国立公園がある。

クック山

脚注[編集]

  1. ^ a b c 竹内ほか 2017, p. 610.

参考文献[編集]

  • 竹内啓一(総編集者)ほか『世界地名大事典1 アジア・オセアニア・極I』朝倉書店、2017年。ISBN 978-4-254-16891-4