クレバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クレバスの地表面。雪などで覆われていない例。
表面が氷河によって削り出された石に覆われた氷河にできたクレバスの例。
クレバスの中には、このようにツララが見られることもある。
クレバスの底に降りて撮影された写真。

クレバス英語crevasse)とは、氷河雪渓などに形成された深い割れ目のことである。片仮名表記ではクレヴァスとも書かれる。

形状[編集]

クレバスの壁面は垂直に近く、その幅は数センチメートルから数メートル程度と様々である。底部までの距離は主に10メートル前後で、時に数十メートルにも達し、壁面下部は雪が圧縮され固結した氷状となっている。クレバス内には、氷が融解してできた水が流れている場合もある。場所によってはクレバスの地表面が雪に覆い隠されていることもあり、この場合はクレバスの発見が困難になる。このような隠れたクレバスを、特にヒドゥンクレバス(hidden crevasse)と呼ぶ。

事故例[編集]

クレバスに転落して負傷や死亡する事故はしばしば起きている[1]。例えば、1981年6月10日に天山山脈ボゴタ峰の氷河上で、京都山岳会登山隊所属の白水ミツ子隊員が下山中に雪に覆われて隠れたクレバス、つまりヒドゥンクレバスへと落下した。クレバスの上までクレバス内の彼女の声は聞こえても、数十メートル下の狭い隙間へ滑落した彼女に救出の手は届かず、結局、彼女自ら生還を断念せざるを得なかった例もある[2]。彼女の遺体は14年後の1995年に発見された。

安全対策[編集]

通常はクレバスを避けて移動するべきだが、もしもクレバスの上を越えなければならない場合は、安全対策を取った上で越えることが望ましい。例えば梯子を渡してクレバスを越えるなどの方法が知られている。なお、極地方の気象研究などの調査目的や、滑落者の救助の際に必要になった場合など、クレバスの中へと降りることがあるものの、その際は落下対策として雪山の岩壁登山と同等の装備を要する。

季語[編集]

季語としてのクレバスは、の季語(晩夏の季語)[3]。分類は地理[4]。詳しくは、親季語である「雪渓」を参照のこと。

隠語[編集]

日本語隠語では、女性器の「陰裂」を示して「割れ目」などというが、同義で「クレバス」ともいう。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スイス(山岳事故に関する注意事項)
  2. ^ 「クレバスに消えた女性隊員」資料
  3. ^ 雪渓”. 季語と歳時記-きごさい歳時記. 季語と歳時記の会 (2010年3月22日). 2018年2月22日閲覧。
  4. ^ 日外アソシエーツ『季語・季題辞典』

参考文献[編集]

関連項目[編集]