温位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

温位(おんい、英語: potential temperature)とは、気圧、温度の空気塊を圧力 hPaに断熱変化させたときの温度のことである[1]

温位をとすると、

気体定数定圧比熱

として表される[2]

大気の静的安定度[編集]

温位の高度方向(方向)の変化は大気の安定度を考察する上で有用である[1]

気温変化が乾燥断熱減率に基づく状況を考える。このとき、温位は一定であり、「大気は中立である」という[1]。温位について、

が成立する。

もし、高度が上昇するときに温位が増加する場合、大気は安定であり、温位について

が成立する。一方、高度上昇時に温位が減少するときは、大気は不安定であり、

となる[1]

事情[編集]

温位の概念はあらゆる成層流体に適用される。特に大気科学海洋学で使用される[3]

参考文献[編集]

  • 小倉義光『一般気象学』東京大学出版会、2016年、第2版補訂版。ISBN 978-4-13-062725-2
  • 田中博『地球大気の科学』共立出版〈現代地球科学シリーズ〉、2017年。ISBN 978-4-320-04711-2

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 田中 2017, p. 114.
  2. ^ 小倉 2016, p. 53.
  3. ^ TAMU[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]