トム・ブラウン (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トム・ブラウン
TOM BROWN
Tom Brown (Japanese Comedian) 2018-09-01.jpg
左から、布川ひろき、みちお
(2018年9月 なかの芸能小劇場にて)
メンバー 布川ひろき
みちお
結成年 2009年
事務所 ケイダッシュステージ
活動時期 2009年1月12日 -
出身 札幌吉本(布川)
教文13丁目笑学校(みちお)
出会い 同じ高校(北海道札幌東陵高等学校)の柔道部員同士
現在の活動状況 ライブなど
芸種 漫才
ネタ作成者 両者
現在の代表番組 真夜中のおバカ騒ぎ!
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
M-1グランプリ2018 第6位
お願い!ランキング笑ってたまるか 初代笑たま王
テンプレートを表示

トム・ブラウンは、日本お笑いコンビ。所属はケイダッシュステージ

メンバー[編集]

  • 布川 ひろき(ぬのかわ ひろき  (1984-01-28) 1984年1月28日(35歳) - )ツッコミ担当、立ち位置は向かって左
    本名:布川 大起(ぬのかわ ひろき)
    身長:176cm、血液型A型
    肩までかかる長髪が特徴。2017年頃から伸ばし始めたが、それ以前は普通の髪型だった。伸ばし始めたのは、先輩のオードリー若林正恭に「内面が変だから見た目もそれに合わせた方がいい」とアドバイスされ、単独ライブでウィッグをかぶってみたところいつもよりウケたことがきっかけ[1]。自身のInstagramでは長髪の芸人とツーショットを撮る「今日のロン毛」を投稿している。
    北海道札幌市出身。北海道札幌東陵高等学校卒業。
    趣味:ギザ十集め、aikoについて調べること
    特技:足でつっこむ、九九で間違った答えを言う
    資格:講道館柔道初段、落語協会落語通検定3級、プロ野球エキスパート検定5級、日本将棋連盟認定5級。柔道では中学生の時に札幌市の大会で個人戦で優勝、高校生の時に個人ベスト16という成績を収めている[2]。柔道で得意だったのは、体が柔らかいことから寝技だったという[2]
    札幌にいた頃は、福永俊介のアタックヤングSTVラジオ)のリスナーで、この番組宛にハガキも送っていた[3]。また、爆笑オンエアバトルNHK)の札幌大会でタカアンドトシが初オンエアを勝ち取った回にて、客席の審査員としてタカアンドトシに一票を投じていた[4]
    高校1年生の時の進路相談で、既に「お笑いをやりたい」と言っていたことがある[2]
    札幌時代からの付き合いである女性と2015年に結婚[5]2019年5月11日に第1子の女児が誕生したことを発表[6]
  • みちお (1984-12-29) 1984年12月29日(34歳) - )ボケ担当、立ち位置は向かって右
    本名:道音 雄太(みちおと ゆうた)
    身長:170cm、血液型O型
    スキンヘッドと太り気味な体形が特徴。ペンギンの描かれたNAVALのセーターを舞台衣装としている。
    北海道札幌市出身。北海道札幌東陵高等学校卒業、専門学校札幌スクールオブビジネス卒業[7]
    趣味:ロボットアニメ鑑賞・映画鑑賞(特にホラー映画[8]クエンティン・タランティーノ監督映画)歴史学・ゲーム
    特技:スノーボード相撲柔道・怪力を活かした素手の芸(果物を潰してミックスジュースを作る、雑誌をそのまま破く など)Y字バランス・股割り。スノーボードは中学生の頃からやっていた[2]。高校生の時に柔道を始める前は相撲をやっており、相撲で全国大会ベスト32の成績を収めている[2]
    背筋力は300kgあるという[9]
    資格:講道館柔道初段・全日本スキー連盟スノーボード検定1級
    プロスノーボーダーを志していたため、高校時代に布川から誘われていたお笑いの道を断った。しかし、スノーボードのインストラクターの資格を取得することはできたものの、周囲とのあまりのレベルの差を痛感し、お笑いの道に向き直った[8]

略歴[編集]

高校時代に柔道部の先輩後輩として出会う[8]。みちおが高校を卒業する前に布川がお笑いに誘ったが、みちおはプロのスノーボーダーを目指すためにこれを断り専門学校に進学[8]。布川は別のコンビを結成し、札幌でオーディションを受けて合格。札幌よしもと所属となる。布川は後にピン芸人「ぬのかわひろき」として北海道のローカル番組のテレビ・ラジオのMCとして活動[8]。その一方で、みちおも教文13丁目笑学校[10]を卒業し[11]2007年頃からピン芸人として活動するようになる。

東京でやってみたいという思いが強くなった布川が、みちおがプロスノーボーダーを諦めたと聞いて、お笑いオーディションで再会したのをきっかけに改めて声をかけ、札幌で結成に至る[8][2]。コンビ名の由来は『やまだたいちの奇蹟』の登場人物から[12][13]。公式な結成日は2009年1月12日[14]であるが、これより前の2008年M-1グランプリに出場歴がある[15]。そのときは第一声が「死にたい」で、色々な地獄を巡るというブラックな設定のネタであった。2009年2月に上京[16]。最初フリーで活動の後、2010年7月からケイダッシュステージに所属[16]。二人ともにハマカーン浜谷健司が率いる「浜谷塾」のメンバー[17]

単独ライブ(「がちょん○郎」というタイトルで、○に数字が入る)は、第六回・第七回を除き、いずれも地元・札幌でも行っている。

2018年M-1グランプリ決勝の功績により全国区にて地位が確立。立川志らく松本人志らから評価を得る。

芸風[編集]

ネタは主に漫才。アクションを大きくし、みちおが好きなホラー的ネタ、一発ギャグを繰り出すと言ったことが多い[18]。ネタは、みちおが持って来た設定を二人で話し合いながら完成させている[19]。最初はツッコミとボケのポジションが逆だったが、この時のみちおのツッコミフレーズは「やかましいわ」と「なんじゃ、そりゃ」の二つしかなかったという[5]。ネタの転機となったのは、同じ事務所の先輩のハマカーンの紹介で『アッコにおまかせ!』(TBS)に出演してネタを披露した時に、和田アキ子から「面白い、面白くないじゃなくて、わからん」と言われたことで、この時に「これはダメだ」と思って、それまでの持ちネタを設定から全部考え直したという[19]

なお、結成して間も無かった頃はコントを中心に演じており、この頃は布川が一人でネタを作っていた[19]

ネタは、かつては「デートの練習」[20]、「クイズ」[21]、みちおの怪力を活かして、果物をその場で潰して果汁をボウルに入れる「ミキサー」などのコントを行い[9][22][23]一休さん数人と別の誰かが合体する設定(または有名人同士数人が合体する)の「一休さん」というネタも行っていた[24]。その後、この「一休さん」と同様に、有名人やアニメキャラを合体させるという設定の「合体漫才」を多く演じている。合体は何度も失敗に終わって布川も最初は戸惑うが、徐々にみちおに乗せられて一緒にその気になってしまうという流れで[25]、その中には布川が素っ頓狂な声を出してうろたえるような態度をとったり、「ダメ~!」と言ってみちおの頭を掴むようにツッコむという振りがある。ツッコミ役の布川がツッコミの役割を果たさない「ツッコミ不在」の漫才とも評されている[25]。そのため、2018年のM-1グランプリでのキャッチフレーズは、「無秩序」であった。ネタの冒頭で、みちおが怖いことや有り得ない習性を言った後に、布川が「キャー!」と叫んでみちおの頭を叩くという前振りがある[26]。「合体漫才」の場合、基本的には合体は無事に完成して終了するが、テレビ番組出演時は時間の関係から完成しないまま終了させることがあり、その場合は布川が「ダメ~!」と絶叫して終わる。

合体ネタは、アメリカ映画の『ザ・フライ』からも影響を受けたという[13]

この合体ネタを初めてライブにかけた時には、いつもとは空気が違うくらいにウケて、これはイケるとすごい手応えを感じたと言い、2017年のM-1グランプリで準々決勝で敗退した後もこれから1年間このネタで突き詰めてみることにしたという[27]。みちおはこのネタを「勢いでやってるだけですけど」と話していたことがある[27]

賞レース成績[編集]

  • 2008年 Ⅿ-1グランプリ 2回戦進出
  • 2009年 Ⅿ-1グランプリ 1回戦出場
  • 2010年 Ⅿ-1グランプリ 2回戦進出
  • 2011年 THE MANZAI 1回戦出場
  • 2013年 THE MANZAI 2回戦進出
  • 2014年 THE MANZAI 2回戦進出
  • 2015年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2016年 M-1グランプリ 2回戦進出
  • 2017年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2018年 M-1グランプリ 決勝進出(第6位)
  • 2019年 お願い!ランキング笑ってたまるか 初代笑たま王

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

ネットテレビ[編集]

単独ライブ[編集]

  • がちょん太郎(2009年2月、札幌・小劇場BLOCH)
  • 全国二大都市漫才単独ライブ がちょん二郎(東京・しもきた空間リバティ、札幌・BLOCH 2012年4月)
  • がちょん三郎 〜全国二大都市ツアー〜(東京・新宿vatios(2013年8月5日)、札幌・BLOCH(2013年8月11日))
  • がちょん四郎 〜全国二大都市ツアー〜(東京・新宿vatios(2014年8月3日)、札幌・BLOCH(2014年8月4日))
  • がちょん五郎 〜全国三大都市ツアー〜(東京・新宿vatios(2016年7月27日)、札幌・BLOCH(2016年8月7日)、長崎ブリックホール(2016年8月25日))
    • 長崎でのライブは、唯一自分たちにとって縁もゆかりも無い所での公演だった。この回の客は6人ほどだったという[5]
  • がちょん六郎 〜感謝!追加公演決定!!〜(東京・新宿vatios(2017年7月22日))
  • がちょん七郎 〜大感謝!昼夜2公演追加決定〜(東京・新宿vatios(2018年7月31日)
  • がちょん八郎 〜がちょんソレソレライブ2 パート2 そして伝説へ...パート2 NEXT HORIZON 広島死闘編VSウエストランド パート2 Heven´s Drive in渋谷無限大ホール 振り込め詐欺集団大暴露スペシャルin東京ドーム 千秋楽 大晦日だよ!全員集合!ありがとう平成〜(東京・新宿シアターモリエール(2019年4月5日・5月1日)、札幌・時計台ホール(2019年5月9・10日)、長崎・ブリックホール(2019年6月1日))
    • M-1グランプリ決勝進出を記念した3年ぶりの全国三大都市ツアー。サブタイトルにパート2と付いているが1は存在しない。また、実際に公演は開かれない会場名や出演しない芸人のコンビ名が使われている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【ぴいぷる】なんでも“合体”ダメ~!? トム・ブラウン布川、ロン毛はオードリー若林からのアドバイス (1/3ページ)”. 夕刊フジ (2019年3月28日). 2019年5月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 【ぴいぷる】なんでも“合体”ダメ~!? トム・ブラウン布川、ロン毛はオードリー若林からのアドバイス (2/3ページ)”. 夕刊フジ (2019年3月28日). 2019年5月13日閲覧。
  3. ^ 聴いてくれなきゃダメー!トム・ブラウンの「オールナイトニッポン0」放送決定”. お笑いナタリー (2019年4月8日). 2019年4月9日閲覧。
  4. ^ タカトシ語る漫才への思い、トムブラ布川がボール入れた「オンバト」初オンエア回想
  5. ^ a b c 「M-1」ファイナリストの「トム・ブラウン」、所持金は「300円」”. Yahoo!ニュース (2019年1月16日). 2019年1月17日閲覧。
  6. ^ トム・ブラウン布川に第1子女児誕生「娘かわいすぎてダメぇー」”. スポーツ報知 (2019年5月13日). 2019年5月13日閲覧。
  7. ^ 道音 雄太Facebook「道音 雄太さんの自己紹介」(2017年5月16日閲覧)
  8. ^ a b c d e f 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(305)】柔道初段の2人がタッグを組む体育会系コンビ、トム・ブラウン(2/2)”. サンケイスポーツ (2016年5月26日). 2017年5月15日閲覧。
  9. ^ a b ニノさん 2016年7月3日(日)”. gooテレビdate=2016-07-03. 2017年5月15日閲覧。
  10. ^ 札幌市教育文化会館で開催されていたお笑いのワークショップ
  11. ^ マッシュネット日記. “マッシュネット日記 » 笑学生「道音雄太」” (日本語). www.mash-net.co.jp. 2018年11月10日閲覧。
  12. ^ “『ガチャ芸人図鑑368 「トム・ブラウン」』” (日本語). 芸人図鑑. https://ameblo.jp/gachablog3/entry-10382688883.html 2018年11月7日閲覧。 
  13. ^ a b 【ぴいぷる】なんでも“合体”ダメ~!? トム・ブラウン布川、ロン毛はオードリー若林からのアドバイス (3/3ページ)”. 夕刊フジ (2019年3月28日). 2019年5月13日閲覧。
  14. ^ コンビ情報 トム・ブラウン”. M-1グランプリ オフィシャルサイト. 2017年5月15日閲覧。
  15. ^ 9/28(日) 1回戦 札幌 ターミナルプラザことにPATOS”. M-1グランプリ オフィシャルサイト (2008年9月28日). 2017年5月15日閲覧。
  16. ^ a b 芸人名鑑 トム・ブラウン
  17. ^ 魁!浜谷塾!”. トム・ブラウンのがちょんブログ (2014年10月15日). 2019年5月13日閲覧。
  18. ^ 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(305)】柔道初段の2人がタッグを組む体育会系コンビ、トム・ブラウン(1/2)”. サンケイスポーツ (2016年5月26日). 2017年5月15日閲覧。
  19. ^ a b c 日経エンタテインメント! 2019年8月号 p.93「ばらえてぃびと」
  20. ^ Youtube パセワラ【旧登猿門】「トム・ブラウン【ケイダッシュステージ】パセワラVol.1~YAYOI~」
  21. ^ Youtube 登猿門「トム・ブラウン【ケイダッシュステージ】登猿門EPISODE- Ⅲ~卯月の章~」
  22. ^ Youtubeケイダッシュ公式チャンネル 【トム・ブラウン】コント「ミキサー」
  23. ^ Youtube パセワラ「トム・ブラウン【ケイダッシュステージ】パセワラVol.1~KISARAGI~」
  24. ^ Youtubeケイダッシュ公式チャンネル 【トム・ブラウン】コント「一休さん」
  25. ^ a b 2019 新春「笑」芸人解体新書 「トム・ブラウン」お笑い界屈指の“ツッコミ不在”の漫才(2/3)”. 日刊ゲンダイ (2019年1月9日). 2019年1月10日閲覧。
  26. ^ オードリーのオールナイトニッポン 2016.02.06”. ニッポン放送 (2016年2月6日). 2019年7月19日閲覧。
  27. ^ a b 東京新聞 2019年3月6日 16面「笑う神拾う神」
  28. ^ Inc, Natasha. “有吉MC「オールスター後夜祭'19春」あかつ、コウメ、ジョイマン、ザコシ集結” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月10日閲覧。