よしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌支社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉本興業 > よしもとクリエイティブ・エージェンシー > よしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌支社
株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌支社
SapporoFactory02.jpg
よしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌支社がある
サッポロファクトリー一条館
種類 株式会社
略称 札幌吉本
本社所在地 日本の旗 日本
060-0031
北海道札幌市中央区北1条東4丁目1
サッポロファクトリー一条館3階
設立 1994年
業種 サービス業
事業内容 タレントの育成及びマネージメント
放送番組及び各種イベントの企画・制作・運営
外部リンク https://www.yoshimoto.co.jp/sapporo/
テンプレートを表示

よしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌支社(よしもとクリエイティブ・エージェンシーさっぽろししゃ)は、日本の芸能プロダクションよしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌市中央区にある事務所。サッポロファクトリー一条館3階に所在している。通称は札幌吉本さっぽろよしもと)。札幌市の劇場などの北海道地区各劇場を中心に活躍している。

歴史[編集]

吉本の札幌進出のきっかけとなったのは、1990年代に家庭の事情により大阪から札幌に拠点を移していた落語家の桂小つぶ(現・2代目桂枝光)であった。1994年に同じく大阪から笑ハンティングを呼び、事務所を設立。第1期オーディションを開催し、タカアンドトシアップダウンらを輩出した。このオーディションは北海道文化放送(UHB)の番組内で行われており、以来UHBとは「笑道」の放映をはじめ所属芸人の出演番組の制作が多く、親密な関係にある。

2007年9月30日までは吉本興業札幌事務所だったが、同年10月1日の吉本興業の持株会社化に伴い、新設子会社の同社に移行した。1999年から2004年まで、マイカル小樽(現・ウイングベイ小樽)にあった「観光名所小樽よしもと」を運営していた。かつては常設劇場「電車通り8丁目スタジオ」を持っていたが2004年頃に閉鎖され、以後はノルベサのイベントスペースや琴似駅のターミナルプラザことにパトス、狸小路のBFHホールなどの貸ホールをライブの拠点としている。

2010年6月よりよしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌支社となった。

ライブ[編集]

定期ライブ[編集]

  • 笑道(毎月1回、主にターミナルプラザことにパトス)
    • 2部制で昇格・降格のあるライブ。「白帯」ステージではアマチュアの出場も受け付けている。北海道文化放送にて地上波放送がある。
  • ネタとコーナーのライブ(毎月1回、主にBFHホール)
    • よしもとライブRAMの後継的ライブ。
  • ramchop(不定期水曜日、サッポロファクトリー

所属タレント[編集]

本項では、芸名がある場合でも一部を除き本名で記載。

芸人[編集]

その他[編集]

過去に在籍していた(オーディション組を含む)芸人[編集]

東京本社所属

他事務所で活動

解散・退社

札幌よしもと関連のタレント中心で構成された番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 以前は芸人枠であったが、現在はアニメ・漫画関連のイベントMCやラジオDJがメインとなっていることからこの肩書に変更された。
  2. ^ 芸名の通り、事務所主催のバスツアーの添乗員兼MCとして所属しており、舞台には立たない。

外部リンク[編集]