エル・カブキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エル・カブキ
EL KABUKI
ELE KABUKI3417.jpg
メンバー デロリアン林
エル上田
結成年 2009年
事務所 フリー→マセキ芸能社
活動時期 2009年 -
出身 NSC東京校8期(エル上田)
影響 爆笑問題ビートたけし
出会い 林の高校時代の同級生の紹介[1]
現在の活動状況 ライブ、テレビ等
芸種 漫才
ネタ作成者 エル上田
現在の代表番組 エル・カブキの高輪GERAウェイ(GERA放送局)
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
第16回決戦!お笑い有楽城2016年)優勝
テンプレートを表示

エル・カブキは、マセキ芸能社に所属する日本のお笑いコンビ。コンビ名はエル・サムライザ・グレート・カブキに由来。

メンバー[編集]

デロリアン林(でろりあん はやし  (1982-10-25) 1982年10月25日(37歳) - )

エル上田(える うえだ  (1984-01-19) 1984年1月19日(36歳) - )

略歴・芸風[編集]

2009年6月結成[7]。フリーで活動後、2011年にマセキ芸能社に所属。

芸能人のマニアックな情報や時事ネタを扱った林のボケに、上田が補足説明を詳しく入れてから「誰が解るんだよ」とツッコむ漫才を行っている。ネタ作りの際は題材にする人物の本を読んだり、関係者に取材したりして参考にしている[8]。一貫してしゃべくり漫才を行い、コント仕立ての漫才には興味がないことを述べている。衣装は革ジャンで揃えている。

2017年からは格闘技知識を生かし、格闘技「RIZIN」ネット中継でのバックステージリポートを務める。中継での通り名は「マセキの浅草キッド」。

コンビ名は互いの好きなものを組み合わせようと上田が「エル・サムライ」、林が漫画・花の慶次から「傾奇者」を提案したことによる。ただし説明が長くなるため、前述のようにプロレスラー2人を組み合わせたとメディア向けには話している。玉袋筋太郎からは「ネタが傾奇者」と評された。なお、もう一つの候補は「カブキ・スイシーダ」だった[9]。正式に決まるまでは林の吸っていた煙草に由来する「アメスピ」として舞台に出たこともある[9]

2017年からその日の時事ネタを配信し続け、2020年2月、JAPAN PODCAST AWARDS実行委員会が選定する日本のポッドキャスト賞、JAPAN PODCAST AWARDS 2019の20作品にノミネート[10]

2020年4月、番組オーディションの帰りにデロリアン林が楽屋で足をぶつけ、アキレス腱を断裂。この時出ていた非常事態宣言とは無関係にzoom漫才の練習を開始[11]

賞レース戦績[編集]

単独ライブ[編集]

  • チャンピオン細(2013年3月20日、新宿シアターミラクル)
  • 上田雪博は、なぜ林寿夫を殺さなかったのか(2014年3月26日、新宿シアターブラッツ)
  • 年刊実話(2016年12月13日、新宿バティオス)[14]
  • 年刊実話2017 ~リアルワン〜(2017年12月19日、新宿シアターモリエール)
  • 年刊実話 ~放送OK演芸2018~ (2018年12月14日、座・高円寺2)
  • 年刊実話~時事ネタ第3世代~(2019年12月13日、座・高円寺2)[15]


現在レギュラー出演中の番組[編集]

ネットラジオ[編集]

エル・カブキの高輪GERAウェイ(GERA放送局、毎週金曜日20時放送)

出演歴[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

Web放送[編集]

  • エル・カブキの活字ヤク中(ニコジョッキー 毎月第3水曜日 20:00~20:55)
  • エル・カブキの聞かなければ負けだよ!(仮)(2017年12月21日 - 、エル・カブキ公式チャンネル[47]) - 動画時事漫談。
  • エル・カブキの今日の10分おろし(2017年12月26日 - 、エル・カブキ公式チャンネル) - 音声のみの時事漫談。2018年以降不定期でゲストを招いたトークライブを開催。
  • SODカウントダウン ありがとうパーティー第二部(2019年1月11日、ダイトリチャンネル[48]) - 総合MC
  • 石橋貴明プレミアム(2019年3月24日、AbemaTV)
  • ダースレイダーとエル・カブキの”#うっかり?”(2019年6月20日 – 、Darthチャンネル)
  • エル・カブキのオールナイトニホン1(2020年3月4日、エル・カブキ公式チャンネル)

脚注[編集]

  1. ^ a b 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(258)】少し毒のある漫才でブレークを狙うコンビ、エル・カブキ(1/3)
  2. ^ Inc, Natasha (2017年1月14日). “エル・カブキ「冗談手帖」登場、デロリアン林のきれいな瞳に鈴木おさむ驚愕” (日本語). お笑いナタリー. 2020年9月13日閲覧。
  3. ^ a b c d 公式プロフィール(pdfファイル)参照
  4. ^ a b ルーフトップ刊「Rooftop」2018年6月号17頁
  5. ^ 冷蔵庫からキュウリを2本とった際にギックリ腰になったとも。
  6. ^ エル・カブキ、冠「オールナイトニッポンR」でメジャーになる方法募集”. お笑いナタリー (2017年12月29日). 2017年2月24日閲覧。
  7. ^ a b M-1グランプリ エル・カブキ
  8. ^ 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(258)】少し毒のある漫才でブレークを狙うコンビ、エル・カブキ(2/3)
  9. ^ a b Inc, Natasha (2020年9月22日). “エル・カブキ、スーパーニュウニュウ、ガクヅケ、春組織、銀兵衛 | あのコンビ名の由来を知りたい Vol.1” (日本語). お笑いナタリー. 2020年9月27日閲覧。
  10. ^ 日本のポッドキャスト大賞を決めるJAPAN PODCAST AWARDS 2019、ノミネート20作品を発表” (日本語). ITmedia NEWS (2020年2月19日). 2020年2月22日閲覧。
  11. ^ エル上田(エル・カブキ) (2020年4月10日). “【この時期にアキレス腱断裂】4/10まるで戦時中!? 巣鴨の現在『100日後に死ぬワニ』発売 ふなっしーは今!? TKO木下vsプロレス界など JAPAN PODCAST AWARDS ノミネート番組! エル・カブキの今日の10分おろし#778#エルラジhttps://youtu.be/DQneosk4y2g pic.twitter.com/fOmafRgjdK” (日本語). @el_ueda. 2020年4月22日閲覧。
  12. ^ M-1グランプリ2010
  13. ^ 2月25日はエル・カブキのオールナイトニッポンR!【生放送!】”. ニッポン放送 (2017年12月29日). 2017年2月20日閲覧。
  14. ^ Inc., Natasha,. ““時代に逆行する者”エル・カブキ、2年9カ月ぶりに単独ライブ開催 - お笑いナタリー” (日本語). お笑いナタリー. 2018年4月21日閲覧。
  15. ^ Inc, Natasha (2019年10月25日). “エル・カブキが今年も単独「年刊実話」開催、宝石のような笑顔に出会うため(コメントあり)” (日本語). お笑いナタリー. 2019年12月13日閲覧。
  16. ^ Inc, Natasha. “囲碁将棋、馬鹿よ貴方は、エル・カブキら13組「ANN初笑いSP」に” (日本語). お笑いナタリー. 2020年3月6日閲覧。
  17. ^ 2015年6月20日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  18. ^ 2015年7月18日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  19. ^ 2015年09月19日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  20. ^ 2015年11月07日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  21. ^ 2015年12月19日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  22. ^ 2016年02月06日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  23. ^ 2016年03月05日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  24. ^ 2016年04月23日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  25. ^ 2016年05月21日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  26. ^ 2016年6月4日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  27. ^ 2016年09月03日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  28. ^ 2016年12月03日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  29. ^ 2017年01月07日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  30. ^ 2017年03月04日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  31. ^ 2017年04月07日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  32. ^ 2017年05月19日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  33. ^ 2017年06月02日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  34. ^ 2017年12月1日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  35. ^ 2018年02月02日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  36. ^ 2018年04月06日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  37. ^ 2018年05月04日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  38. ^ 2018年07月06日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  39. ^ 2018年09月07日放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  40. ^ 2018年11月2日(金)放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  41. ^ 2019年01月04日(金)放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  42. ^ 2019年03月01日(金)放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  43. ^ 2019年05月03日(金)放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  44. ^ 2019年09月13日(金)放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  45. ^ 2019年10月04日(金)放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  46. ^ 2020年03月06日(金)放送”. TBSラジオ. 2020年6月2日閲覧。
  47. ^ 開設当初は放送作家の名を冠した「深町哉チャンネル」。改題する形で移行している。
  48. ^ 収録は2018年12月31日。

外部リンク[編集]