ナイツのHIT商品会議室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナイツのHIT商品会議室
ジャンル バラエティ番組
放送時間 毎週金曜 22:30 - 23:00(30分)
放送期間 2011年1月14日 - 放送中(342回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 千葉テレビ放送
出演者 ナイツ(塙宣之・土屋伸之)
小西ゆりな(MC)
マセキ芸能社所属の芸人(マンスリーゲスト)
音声 ステレオ
エンディング 月替わり
外部リンク ナイツのHIT商品会議室

特記事項:
制作:チエノワ
放送回数は2017年9月15日現在。
テンプレートを表示
ナイツのHIT商品プロデュース
ジャンル バラエティ番組
放送時間 毎週水曜 25:00 - 25:30(30分)
放送期間 2013年4月10日 - 8月28日(21回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TVQ九州放送
出演者 ナイツ(塙宣之・土屋伸之)
あずみ(MC)
九州所縁の芸人(マンスリーゲスト)
音声 ステレオ
エンディング 月替わり
外部リンク ナイツのHIT商品プロデュース

特記事項:
制作:MEDIMAXBBDO
テンプレートを表示
ナイツが発掘! HIT商品プロデュース
ジャンル バラエティ番組
放送時間 毎週月曜 26:50 - 27:20(30分)
放送期間 2015年4月13日 - 12月14日(34回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 九州朝日放送
出演者 ナイツ(塙宣之・土屋伸之)
北出恭子(MC)
音声 ステレオ
エンディング fumika「Moment」
外部リンク ナイツが発掘! HIT商品プロデュース

特記事項:
制作:チエノワトラストビジョン
テンプレートを表示

ナイツのHIT商品会議室(ナイツのヒットしょうひんかいぎしつ)は、千葉テレビ放送(チバテレ)制作のバラエティ番組。通称「ナイツHIT」。

ナイツにとっては、テレビでは初の冠番組である(以下、説明の便宜上「チバテレ版」と略する)。

本稿では、当番組と同一フォーマットで九州地方で放送している以下の番組についても説明する。チバテレ版の番組内でも稀に紹介される事があり、その際は「九州版ナイツHIT」と表記される。

  • ナイツのHIT商品プロデュース(ナイツのヒットしょうひんプロデュース)
2013年4月から8月までTVQ九州放送で放送(以下、説明の便宜上「TVQ版」と略する)
  • ナイツが発掘! HIT商品プロデュース(ナイツがはっくつ! ヒットしょうひんプロデュース)
2015年4月から12月まで九州朝日放送(KBCテレビ)で放送(以下、説明の便宜上「KBC版」と略する)

概要[編集]

ナイツにとっては、塙・土屋2人の出身地である千葉県の県域局であるチバテレで、初となる冠番組を持つこととなったのが、『ナイツのHIT商品会議室』である。

内容としては、毎回あらゆる商品に関して、クイズネーミング検討・CMプロデュース・商品開発等を、原則チバテレ本社内の会議室で行うものであるが、

2014年以降はチバテレ本社ではなく、都内の会議室を使用するケースが増えている。また、年に1~2回程度ショッピングセンターやイベント会場などで公開収録を行うことがある。

毎回、その商品やサービスに関係する人(商品を扱う企業・団体関係者から、時にはその商品に関係する芸能人・スポーツ選手)が会議室に入り、ナイツら「会議室メンバー」にキャンペーンや新商品・サービスのネーミング考案などを依頼。

番組の最後に、「本日の議事録」として取り上げた商品を題材にしたナイツの即興漫才が披露される。

毎回4つの商品やサービスが紹介され、1つの商品は4週で完結するようになっている[1]

チバテレ版と九州版(TVQ版・KBC版)の比較[編集]

共通点[編集]

  • 毎週、複数の企業のプロデュースを行い、1つの企業は原則4週で完結する。(稀にプロデュース終了後、翌週以降の番組オープニングで「5週目」という形で結果報告を行う場合がある。)
  • 原則、収録はテレビスタジオは一切使用せずごく普通の会議室で収録を行う。(飲食店・イベント会場などを会議室として使用する場合もある)
  • TVQ版では、タイトルロゴやテロップのデザインは2013年当時のチバテレ版と共通している。(ただし縁取りやテロップの色で地域が区別されている。)
  • 2015年4月放送分よりチバテレ版のタイトルロゴなどを大幅にリニューアル。ナイツのイラストも一新されMCやマンスリーゲストのイラストも描かれるようになった。一方、同時期にスタートしたKBC版はタイトルに「発掘」とあるため、探検家風のナイツが描かれたタイトルロゴになっているが、テロップはチバテレ版に準じている。
  • ナレーションはチバテレ版・TVQ版・KBC版ともに放送初回から矢野由花が担当している。

相違点[編集]

  • 放送局の地域差があるためか、チバテレ版ではチバテレでCMを多く放送される企業や千葉ローカルの企業がとりあげられることが多く、一方TVQ版・KBC版では九州ローカルの企業がとりあげられることが多い。
  • 「マンスリーゲスト」は、チバテレ版はナイツが所属するマセキ芸能社所属者が務めるが、TVQ版は九州の所縁者(主にワタナベエンターテインメント九州支部所属の若手芸人)が務めている。
  • KBC版では九州の所縁者の他に、チバテレ版に出演しているマンスリーゲストも一部出演している。
  • KBC版ではオリジナル企画としてとして「九州元気会」というトークコーナー(第24回 - 第34回)が設けられていた。番組本編とは別形式のスタイルで進行し、毎回九州の企業家を招きナイツ・北出恭子が九州企業の魅力に迫る。コーナーの最後に、塙がトークを通じて感じた「言葉」を色紙に書いて出演した企業家に贈呈する。

『ナイツのHIT商品会議室』(チバテレ版)[編集]

出演者[編集]

レギュラー出演[編集]

  • ナイツ - (第1回 2011年1月 - )番組開始当初からナイツの冠番組であるにもかかわらず、番組内で「元々は船橋市出身のペナルティの後釜として始まった番組」と言い続けているが、そのような事実は無い。番組のオープニングトークでは時事ネタを取り上げる事が多い。放送日にちなんだトークを展開する「きょうは何の日」や塙がプロ野球漫才協会の今後を予想する「塙の予想シリーズ」など基本的にフリートークを展開している。一方、番組の最後に行なわれる「本日の議事録」では出演企業にちなんだ即興漫才が披露される。漫才の最後は塙がなぞかけを披露し、ねづっちのパロディーで締めるのが恒例となっているが、稀に土屋がなぞかけを行ない「つちっちです!」と締めるパターンも存在する。また、節目の回には本家ねづっちが加わり出演企業をお題にした「なぞかけ合戦」を実施する場合もある。(後述)
  • 小西ゆりな - 3代目番組MC(第229回 2015年7月 - 書記も兼ねている)通称「コニタン」「めげない人妻」。2015年7月のMC就任当初より会議開始の際、「小西ワード」という特徴的な挨拶(例・パフパフ・わっしょい・シャッキーン!ヒューヒュー・バッキューン)で場を盛り上げようとするがナイツやマンスリーゲストから冷たいツッコミでかわされる。「小西ワード」は当初月替わりだったが、2016年7月(第281回)以降は「シャッキーン!」で固定されている。2016年9月(第296回)〜2017年7月(第334回)まで産休のため番組を一時降板していたが、第335回放送分より復帰している。[2]
  • マセキ芸能社所属芸人 - マンスリーゲスト(通称「MG」)
マセキ芸能者の所属芸人が1組が「マンスリーゲスト」(月替わり)としてレギュラー出演している。
以下の中からいずれかの芸人が、1ヶ月間出演する。前述のとおり、1企業の紹介を4週に分けているため、週によっては2組登場する回もある。カッコ内は番組登場時の肩書き。
  • ツィンテル(マセキ芸能社の秘密兵器)やまもとまさみが番組を卒業するため、初めて登場した月替わりのマンスリーゲストで第110回(2013年3月)に初登場。ツィンテル解散後、2016年3月〜4月のマンスリーゲストとして せとたけお が単独で登場している。
  • カトゥー(羽根をもぎ取られたおネエ系)第114回(2013年4月)に初登場。普段演じている「カトリーヌ」ではなく、普通のスーツ姿で登場しているが、カトゥー自身は「羽根をもぎ取られた気分」と納得していない。
  • 中津川弦(昭和の香り漂う漫談家➡2代目永遠のマンスリーゲスト)第118回(2013年5月3日)に初登場。5回目のマンスリーゲスト登場時(第199回)ナレーションの矢野由花が目録を持って登場。目録の中身は中津川弦を「2代目永遠のマンスリーゲスト」に認定するという内容のものだった。以後、番組内では「2代目永遠のマンスリーゲスト」として紹介されるようになった。また、2015年以降は妻・おカヨ坊と共に出演するケースが増えている。
  • 与座よしあき(南国系アクション芸人)第123回(2013年6月)に初登場。スーツではなく派手なかりゆし姿で登場している。持ちネタ「手を使わずにサングラスをかける人」は出演企業が技を習得して披露した事がある。(第327回 ※当該回のマンスリーゲストはスーパーニュウニュウ)
  • 青春ダーツ(マセキが誇る一発ギャグ芸人)第128回(2013年7月)に初登場。
  • ジグザグジギーマセキ芸能社が誇るコント師)第140回(2013年10月)に初登場。出演企業と絡む即興コントをやらされる事が特に多いコンビ。
  • カントリーズ(若手実力派コンビ)第144回(2013年11月)に初登場。2017年現在、コンビとしては最多の出演回数を誇っている。
  • ルシファー吉岡(笑いの奇跡を起こす堕天使)第148回(2013年11月)に初登場。やまもとまさみ卒業後、初の公開収録でマンスリーゲストに指名された。会議では名案を連発し、実際にルシファー吉岡が発案した商品名・キャッチコピーが採用された例もある。
  • 三四郎(絶対頑張ります!)第186回(2014年8月)に初登場。
  • モグライダー(笑いの破壊兵器)第204回(2015年1月)に初登場。ともしげは舞台と同様、Tシャツに素足で登場。ともしげが暴走した場合は編集者によってCGで消される場合もある。(第207回)一方、芝は何も発案しないまま会議を終えた事があり、MCの中村から攻められ続けた。
  • しゃもじ (お笑いコンビ)(南国系実力派コンビ)第208回(2015年2月)に初登場。その後、たーにーが2016年7月(第284回 - )、しゅうごパークが2017年6月(第331回 - )にニッチェの江上敬子と共に出演している。
  • 浜口浜村(シュールと哀愁の挟み撃ち)第212回(2015年3月)に初登場。その後、同年8月にもマンスリーゲストとして登場したが、同年12月に解散している。
  • エル・カブキ(マセキのボンバー系コンビ)第220回(2015年5月)に初登場。会議ではデロリアン林のボケ回答ぶりに塙が「3年に一度の天才」と評した。
  • スーパーニュウニュウ(笑いと恐怖のハニートラップ)第225回(2015年6月)に初登場。ふるやいなやは番組史上初の女性マンスリーゲストである。すでに数回の出演経験はあるがチバテレ本社の収録に立ち会った事は無く「収録場所がいつも近くてありがたい」と発言している。
  • あきげん(史上最強の大喜利名人)第280回(2016年7月)に初登場。番組開始当初からゲスト候補だったがやまもとまさみの土下座事件(後述)により、出演は幻となった。その後、2016年7月(第280回)にライブ告知のために初出演。翌、第281回より番組開始から5年半の時を経てマンスリーゲストとして初登場した。
  • ニッチェ (お笑いコンビ) コンビとしての出演歴は2014年9月放送のスピンオフ特番『ナイツ&ニッチェのお宝調査隊が行く!』のみ。レギュラー放送では江上敬子がしゃもじのメンバー1人とコンビで出演。一方、近藤くみこは2017年1月(第306回 - )に単独で出演している。
  • わたなべるんるん(マセキが誇る若き超妄想女子♥)第289回(2016年9月)に初登場。ルシファー吉岡同様、初登場が公開収録となった。
  • ゆーびーむ☆(安定のぺろりんちょ~☆)第335回(2017年7月)に初登場。

番組開始当初はナイツの他に番組MCとして富沢恵莉、そして当時マセキ芸能社に所属していたやまもとまさみがマンスリーゲストとして登場していた。

番組フォーマットが固まっていない時期だったこともあり、MCである富沢は舞台等の仕事のため、会議を欠席することがあり、この場合は代役MCが出演していた。

2012年3月以降は殆どの回で代役が出演するようになりスケジュールの都合上、第70回(2012年5月)で「番組卒業」という形で降板。すでに代役MCを担当していた今野美里がそのまま2代目MCに就任した。

なお、富沢は降板後、再びナイツと共に『ナイツの治療家魂』(2012年10月の4回限定放送)MCを担当。また、2013年5月4日に放送された当番組のスピンオフ企画『ナイツ×ねづっち なぞかけ真剣勝負HIT商品ととのいました』では矢野由花に代わってにナレーションを担当している。

その後、2014年12月5日放送の放送200回記念ではスペシャルゲストとして2年半ぶりにレギュラー放送に登場、当該回のエンディングでは初代MCの富沢、2代目MCの今野美里、そして、TVQ版MCのあずみによる3ショットが放送された。

一方、「永遠のマンスリーゲスト」だったやまもとまさみは当初は「ゲスト」名目で出演。後にマンスリーゲストとして登場するあきげんと交互に登場する予定だったが、どうしても「レギュラー番組」が欲しかったやまもとは収録の際、番組スタッフに土下座して懇願する「土下座事件」により実質的なレギュラーとなった。

第1回より第112回まですべての放送回に出演してる。2013年1月のマセキ芸能社退職→フリー転向(その後佐藤企画に所属)に伴い、2013年3月放送分をもって「卒業」となった。

※番組卒業直後の2013年5月4日に放送された当番組のスピンオフ企画『ナイツ×ねづっち なぞかけ真剣勝負HIT商品ととのいました』に出演している。

  • 富沢恵莉 - 初代番組MC(第1回 2011年1月 - 第70回 2012年5月)通称「えりちゃん」。書記を担当するものの、ボワイトボードに書き込む文字のバランスがガタガタでナイツややまもとから突っ込まれるのが恒例だった。
    • 蟹沢可名 - 富沢の代役MC(第16回 -第19回 2011年5月 ※一部放送回では富沢とダブルMCで進行。)通称「カニちゃん」MC出演から5年以上経過しているにも関わらず、登場時の天然ボケぶりが強烈な印象だった事もあり、度々番組内で話題にあがる。
    • 木下愛未 - 富沢の代役MC(第58回 2012年3月 - 第65回 2012年4月)通称「まなみん」歴代MCの中でダントツの字の上手さを誇る代役MC。初登場時は、塙の元カノという設定のアドリブコントを披露した。
    • 今野美里 - 富沢の代役MC(第68回 - 第70回 2012年5月、後に2代目MCに昇格)
  • 今野美里 - 2代目番組MC(第71回 2012年5月 - 第231回 2015年7月)通称「ミータス」「姫」。特技はネイチャーバイブレーションで、投げられた言葉を動きで表現する事ができる。MC在籍中、全ての放送回に出演。個性的過ぎるイラストや工作技術で他の会議室メンバーや依頼者を混乱させる事も多々ある。長期海外留学のため、第231回(2015年7月)の放送をもって番組を卒業。2017年現在、歴代MCの中では最も長期(3年2ヶ月)に渡りMCを務めた。
  • 中村愛 - 小西の代役MC(第250回 2015年11月- 第257回 2016年1月・第293回 2016年9月 - 第337回 2017年7月) 通称「愛ちゃん」「女王様」当初はこれまでの代打MCと同様に臨時登板だったが、3代目MC小西ゆりなの産休に伴い、2016年秋より約1年間MCを担当、番組内では「4代目MC」として扱われている。2017年3月には中村がDJを務めるbayfm MOZAIKU NIGHTに本番組のスタッフがゲストとして登場した。初代MC富沢のものまねで番組進行をした事もある。
  • やまもとまさみ - (第1回 2011年1月 - 第112回 2013年3月)通称「永遠のマンスリーゲスト」当初は「ゲスト」名目だったが、土下座事件を契機に「もはやレギュラー」「ゲスト?レギュラー?」という肩書きを経て、2代目MCに今野美里が就任したタイミングで「永遠のマンスリーゲスト」という肩書きが与えられた。

放送局と放送時間[編集]

当番組は基本的にはチバテレのみでの放送である。ただし、1,2ヶ月程度の期間限定の形で、チバテレ以外の局で放送されることがある。

現在の放送局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
千葉県 千葉テレビ放送(CTC、チバテレ)
制作局
独立局 金曜 22時30分 - 23時00分 高校野球中継期間は、別の時間帯に移動(中止にはしない)[3]

期間限定放送[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
岡山県
香川県
岡山放送(OHK) フジテレビ系列 土曜 25時35分 - 26時05分 2011年9 - 10月の期間限定放送
岐阜県 岐阜放送(GBC、ぎふチャン) 独立局 土曜 11時30分 - 12時00分 2011年10 - 12月の期間限定放送
岩手県 IBC岩手放送(IBC) TBS系列 木曜 10時20分 - 10時50分 2012年5月の期間限定放送
神奈川県 テレビ神奈川(tvk) 独立局
首都圏トライアングル
土曜 8時30分 - 9時00分
土曜 16時00分 - 16時30分
2012年6月の期間限定放送
2012年9月の期間限定放送
埼玉県 テレビ埼玉(TVS、テレ玉) 土曜 12時30分 - 13時00分 2013年1 - 2月の期間限定放送

『ナイツのHIT商品プロデュース』(TVQ版)[編集]

出演者[編集]

レギュラー出演[編集]

  • ナイツ
  • あずみ - 番組MC(書記も兼ねている)地元福岡の芸能事務所「ネオ・インパクト」に所属するタレントで本番組がMC初挑戦。稀にグダグダな進行となりナイツやマンスリーゲストを戸惑わせる事も…。
  • 九州所縁のお笑い芸人 - 永遠のマンスリーゲスト

過去の出演者[編集]

放送局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
福岡県 TVQ九州放送
制作局
テレビ東京系列 水曜 25時00分 - 25時30分

『ナイツが発掘! HIT商品プロデュース』(KBC版)[編集]

出演者[編集]

レギュラー出演[編集]

  • ナイツ
  • 北出恭子 - 番組MC(書記も兼ねている) 温泉ソムリエの資格を持っており、温泉絡みの話題になると暴走する傾向を持つ。
  • ゲスト調査員
    • 中津川弦(2015年4月、チバテレ版にも出演)
    • カトゥー(2015年5月、チバテレ版にも出演)
    • ルシファー吉岡(2015年6月、チバテレ版にも出演)
    • とんこっちゃん・ふじ子(2015年7 - 8月、ワタナベエンターテインメント九州支部所属)
    • かごしま太郎(2015年8 - 9月、ワタナベエンターテインメント九州支部所属)
    • おりがみ(入江真潮・山下正行)(2015年9 - 10月、入江はTVQ版にも出演、ワタナベエンターテインメント九州支部所属)
    • ムーベ(2015年10 - 11月、ワタナベエンターテインメント九州支部所属)
    • 土居上野(2015年11 - 12月、ワタナベエンターテインメント九州支部所属)

放送局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
福岡県 九州朝日放送
制作局
テレビ朝日系列 月曜 26時50分 - 27時20分

脚注[編集]

  1. ^ 初登場時は番組の最初で紹介され、2週目は2番目、3週目は3番目、4週目は番組の最後に取り上げられる。
  2. ^ 2016年11月の放送300回記念にはビデオメッセージで、第321回(2017年4月21日)には出産した我が子と共にオープニングに登場している。
  3. ^ 2011年は土曜 20:30 - 21:00に、2012年以降は木曜 21:00 - 21:30に移動

外部リンク[編集]

千葉テレビ放送 金曜 22:30 - 23:00枠
前番組 番組名 次番組
ブギウギ専務
※2011年以降、日曜 20:00 - 20:30に移動
ナイツのHIT商品会議室
(2011.1.14 - )
-
TVQ九州放送 水曜 25:00 - 25:30枠
ナイツのHIT商品プロデュース
(2013.4.10 - 2013.8.28)
九州朝日放送 月曜 26:50 - 27:20枠
ナイツが発掘! HIT商品プロデュース
(2015.4.13 - 2015.12.14)
放送休止時間に変更