ニコジョッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニコジョッキー
放送形式 インターネット放送
開局 2011年7月5日
国籍 日本の旗 日本
放送エリア 国内外
事業者 コンテンツタワー
ニコジョッキー

ニコジョッキー』は、株式会社コンテンツタワーが製作しているインターネット配信のバラエティ番組で、ニコニコチャンネル(芸能)内の有料コンテンツチャンネル。

同じく同社が提供する動画コンテンツでFC2ライブにて配信しているエフジョッキーFRESH! by AbemaTVにて配信しているアメジョッキーについても記載する。

概要[編集]

2011年7月5日開始。

USENが運営していた無料動画配信サイト「GYAO!」で、「生放送、チャット機能で出演者とリアルタイムコミュニケーション」を売り文句に、2006年11月13日から2009年8月28日まで生配信されていた『GyaOジョッキー』がニコニコチャンネルで復活した形[1]。復活当初は毎週水曜から金曜まで配信時間は20時から23時までの3部構成(部分的に23時以降の配信枠もあり)だった。2011年9月最終週より火曜日枠が加わり、11月中旬からは月曜日の配信も1枠追加、2012年2月からは部分的に19時のレギュラー配信も開始された[* 1]。主に総合プロデューサーの神戸敏行(ズラサン)が出演する形で、配信開始前の時間帯に配信テストも兼ねた宣伝配信が行われる。

例外はあるものの、番組枠の多くは、芸能プロダクション単位に編成されており[* 2]、各プロダクションの出演者中で知名度や力量のある者がMCを務め、あるいは冠番組として名前を出し、他の者がアシスタントやゲストの形でMCを支える形態をとる。また、アイドルユニットや芸人コンビが単独で、あるいはアシスタントを加えて配信する形態、出演者単独の形態、その派生形として出演者とスタッフの対話で進行する形態等がある。

2012年2月18日より過去に配信された番組のアーカイブ動画の配信を開始。

2013年11月より『ニコJOCKEY on GyaO』として、ニコジョッキーのアーカイブの一部を、GyaO!で無料配信開始。

2014年4月より『エフジョッキー』として、FC2ライブでも同時配信されるようになった。

2016年2月より『アメジョッキー』として、FRESH! by AbemaTVでも配信開始した。

スタッフ[編集]

開設までの経緯[編集]

前身となる『GyaOジョッキー』は2009年8月28日に配信終了(詳細はGyaOジョッキーの項目を参照)。2010年4月、復活に向けて、GyaOジョッキーの運営会社であった電子公園のサイト内に「JOCKEY 復活への道 - produce by ズラサン -」というアンケート・ページが設置され、同年5月時点で「3500通の回答があり、そのうち約7割の人が『有料でも観たい』と言ってくれました」[2]。これを受けて配信先を検討したところ、都度課金システムを導入しようとしていたニコニコ動画と利害が一致[2]、「ニコニコジョッキー」のチャネル名で同年7月1日から配信開始を予定し、実際には「ニコジョッキー」のチャンネル名で同年7月5日の開局となった。最初の配信は「チャンネル「ニコジョッキー」開設記念 2時間まるごと『ニコジョッキー始まるよスペシャル!!』」であった[3]。3日後の7月8日にも「チャンネル「ニコジョッキー」開設記念スペシャル!」[4]が配信され(以上の2番組は無料配信)、以降、課金方式による本配信が開始された。

番組一覧[編集]

番組の変遷[編集]

時間枠 番組&内容
月曜日
20時枠 ますあやの朝ズボッ! 2013年10月14日開始 隔週

「ベガネット味岡」から2012年9月10日に独立した「華やしき〜やしき責任とって!〜」(2013年1月21以降「新 ハンディやしきのニコジョッキー」)が、MCハンディやしきの東京離脱に伴い、出演者をリニューアルした番組。しかし初回は、番組名にもなっているますあやをはじめとする出演予定者が咲丘るいを除いて誰も姿を現さず、プロデューサーのズラサンと咲丘、それに別番組に出演予定だった北見綾野の3名で進行するという珍事があった。2回目以降は、メインMCとして前進(上林尊久)が参加。他にレギュラーとして、戸田れいヤポンスキーこばやし画伯等。

ゴー☆ジャスのアイドル呼びたいけど仕方ないからマリアで 2013年5月16日開始 月1

ゴー☆ジャスマリアにより、木曜21時枠→月曜22時枠→火曜20時枠と変遷後、現在の枠に定着。

アナログゲームセンター〜汝は人狼なりや〜 2013年5月30日開始 月1

ゴールドラッシュ畑中太一がゲストを招いて展開するトークゲーム。木曜21時枠→月曜22時枠→火曜20時枠→金曜20時枠と変遷後、現在の枠に定着。

21時枠 きーぽん&綾野のNews21 2012年9月10日-2015年 月1

きーぽん北見綾野が、時事テーマでトークを行う。きーぽんがやや危険な領域まで踏み込んで語ることを標榜している。番組開始時のアシスタントは手束真知子だったが、11月12日以降北見が参加し現在の番組名に変更。

「りまとさくらこ~気分次第~」 2012年4月23日開始 月1

穂のか西崎莉麻によりスタートしたが、穂のかの休業により瑞生桜子が加入、2013年10月7日より現在の番組名に変更。様々な気に入ったものを紹介する。

松本ハウスのニコジョッキー「ガ!ド!バ!」 2011年12月6日開始 月1

松本ハウスがMC、濱田准がアシスタント。
火曜23時枠から木曜21時を経て、2012年9月より月曜21時枠に移動。

くじらの質問受付ます 2012年11月22日開始 月1

くじらの単独番組。ユーザー名を名乗った上で「コメント炎上」を売物としている。

22時枠 さながあったら入りたいっ! 2012年10月8日開始 月1

さながメインMC。
2011年7月14日「さなのサンズの川でジョッキ飲み」として木曜21時枠毎週でスタート、火曜22時枠隔週を経て2012年4月から月曜22時枠。さなのサンズエンタテインメント退社に伴い、2012年10月よりタイトルを含め全面リニューアル。2013年1月14日以降、畑中太一がレギュラーアシスタントとなる。

悠里と虹鱒のギザ10持ってない!? 2012年10月1日開始 月1

森下悠里虹鱒によるニコジョッキー。

若手ベテラン会 特番2011年10月21日、2012年5月18日開始 月1

くじらスパローズ大輪教授(2014年に芸人引退したので、代わりにエルシャラカーニのセイワが入った)、藤井ペイジをレギュラーとし、「若手ベテラン会」ライブのニコジョッキー版として配信。
これまでに出演したゲストは、紅音ほたる中村愛うえのあかりすとろんぐカラ〜大野剛史さな針生りさ
金曜21時枠から、2012年7月以降月曜22時枠。

小林アナと閃光花火の斬らナイト 2013年8月30日開始 月1

元々小林アナ閃光花火とも金曜日に番組を持っていたため初回は金曜22時枠だったが、現在の枠に移動し定着。

火曜日
20時枠 KICK☆のサイキックチャンネル 2012年1月17日開始 月1

KICK☆をMC、桜花をアシスタントとして、サイキックをテーマに配信。
かいわれマギー直樹などのホリプロコム所属タレントや、秋山眞人などサイキックジャンルのゲストを迎える。当初火曜21時枠、2012年8月21日より20時枠。

ガルウィング・つぼますの『同期の華と泥』 2013年2月26日開始 月1

ガルウィングつぼますによるニコジョッキー。ポジティブなはななとネガティブなどろろの2キャラクターを番組イメージキャラクターとしている。

風雲!幻そら城 2013年10月29日開始 月1

幻奏戦士そらみれどメンバーとお侍ちゃんによるニコジョッキー。生演奏を交えたトーク。

ルキノのルキニーナイト 2013年11月12日開始 月1

藤崎ルキノと灘波愛によるニコジョッキー。映画コーナーや変態コーナーを企画中。

21時枠
中村愛の失礼ですが何か? 2013年4月2日開始 月1

中村愛をMCとする。

カスタマ 2013年4月16日開始 月1

おさるコアラさるべぇーじにより「モロわん」としてスタート。7月16日より現番組名。

響け!ドブから豚キムチ 2013年4月30日開始 月1

どぶろっくANZEN漫才による4人体制の配信。これに先立つ3月29日に、どぶろっく単独でMCを勤める『どぶろっくのニコジョッキー(仮) 』が1回だけ配信された。

22時枠 ケイダッシュステージの殴るなら殴れ!! 2011年7月20日開始 毎週

水曜22時枠から移動。ケイダッシュステージ所属のタレントで構成される番組。
出演者(相沢まき八木麻衣子さがゆりこ原アンナビックスモールンねじどきどきキャンプ古川小百合萩美香大輪教授原口あきまさジャウーらいおんビートセンターうるし矢じるしくぼたみかブリッジマウンテンハマカーンHEY!たくちゃんHi-Hiあゆか高橋工房桜井ちひろ橋本まさを)は毎回異なる。

23時枠 トゥインクル・コーポレーション枠(2013年4月に21時枠から23時枠へ移動)
ゴールドラッシュの弾幕浴びたい! 2012年8月28日開始 月1

エレキコミックの代役をしばしば務めて好評だったゴールドラッシュをMCとする。

トゥインクルのニコジョッキー 2012年7月4日開始 隔週〜月1

初回はゴールドラッシュをMCとしたが、#2以降は、しろたてるひさ越田裕Yes-man)・ホシカワ地獄フルスロットル等、トゥインクル・コーポレーション所属芸人で分担している。2012年11月13日以降、おくまん(カオポイント)・越田裕(Yes-man)・爆烈Qが『野球ベースボール』のサブタイトルで、また2013年2月19日以降、しろたてるひさ、ホシカワ、越田裕が『越えられないハードルは、ただの壁だぜ!』のサブタイトルで分担しているが、番組サイクルは一定ではない。

タイムボムのビザ申請中 2013年1月30日開始 月1

タイムボムメイプル超合金カネコ(現・カズレーザー)による配信。2015年からカネコに代わり武家の女がアシスタントに就く。

水曜日
20時枠 ジグザクジギーのすやすや寝るすや 2012年11月7日開始 月1

ジグザクジギーをMCとして開始。『クラッシャー・バンバン・ビガロと愉快な仲間たち』を経て、2013年4月より現番組名。

ニッチェのお通しカット 2012年11月21日開始 月1

ニッチェがMC。

与座の名護キャンプ 2012年12月5日開始 月1

与座よしあきがMC。

悪影響 2013年5月8日開始 月1

ルシファー吉岡モグライダーがMC。

21時枠 いぬいこなんのPP Night 2011年7月20日開始 隔週

乾曜子虎南有香がパジャマ姿で配信する番組。PPはパジャマパーティーの略。配信開始以来、毎週配信されていたが、2013年9月から隔週となった。通常はスタジオからの配信だが、月1回は新宿のホテルのベッドの上から生中継を行う。乾と虎南は、番組中で「社長」「副社長」と呼ばれているが、実際に「PPエンタープライズ」という社名で法人登記された会社の役員に就任している。

16代目ミニスカポリスのニコジョッキー(仮) 2013年9月4日開始 隔週

16代目ミニスカポリスによるニコジョッキー。

22時枠 『IKURAのどうなのよ?』 2011年10月4日開始 隔週

2011年10月4日 - 11月1日の5回、火曜21時枠で毎週無料配信。休止の後、2012年5月1日より有料配信として復活。アシスタントは初代が宇佐美あいり、2012年8月より藤沢夢華。10月より更に本山なみが参加。2013年4月よりアシスタントを井上うららとして水曜22時枠。ズラサンも頻繁に参加する。

ジョッキーランキング!!〜ニコジョッキー番組視聴数ランキング発表!!〜 2012年6月19日開始 月1

ニコジョッキー来場者数ランキング発表等を行う。きーぽんをMC、永島さや佳をアシスタントとして、隔週で開始。2012年10月以降は、アシスタントを定めず月1回配信。2013年5月15日以降、大桶純一(パップコーン)がアシスタントとなる。

髭ジョッキー 2011年7月29日開始 月1

髭男爵の2人と椎名歩美(2012年1月まではモデルの泉里香)で金曜22時枠で配信。2013年7月24日より水曜22時枠に移動。

木曜日
19時枠 現役小中高生によるアイドル学園 2012年2月2日開始 毎週

土井よしおアラケンが小中高生アイドルをゲストに迎えて送る番組。

20時枠 フィットワン加藤沙耶香の 後輩イジメはしていません(仮) 2011年7月21日開始 隔週

加藤沙耶香モリジンをメインMCに迎える。番組名にはずっと「(仮)」が付いている。
水華山科優衣未穂悠田井中茉莉亜さいとう光恵Erina羽岩沙優里渋谷沙希子宮永唯小野美紅など、フィットワン所属のタレントで構成。2012年1月26日は加藤沙耶香が欠席し「田井中茉莉亜のニコジョッキー」#1として配信された。

ファイヴ・ドット・オン枠 隔週
及川奈央の自然体にもほどがある2 2011年7月14日開始 隔週/月1

及川奈央絹川麗で送るガールズトーク番組。GyaOジョッキーの番組の復活版。
2011年7月14日ニコジョッキー有料配信開始にあたって、杮落としとして配信された。

絹川麗のええかげんにもほどがある2 2012年9月27日開始 月1

『及川奈央の自然体にもほどがある2』が一時的に月1回ペースになる時期に、絹川麗をMCとし、ニコジョッキー出演者からゲストを迎える。これまでに出演したゲストは、スパローズ矢じるしきーぽんマリア・安藤なつ(メイプル超合金)・くじらゴールドラッシュ閃光花火・ブリッジマウンテン・大輪教授・アリ☆こうた・畑中太一・武家の女・お侍ちゃん・ぽ〜くちょっぷ。

ゲームトークバラエティ アミポーク 2013年10月31日開始 月1

Ustreamで隔週配信されているゲームトーク『アミポーーク』のニコジョッキー版。大桶純一(パップコーン)、篠木正啓(ぽ〜くちょっぷ)、 阿見201(デコボコ団)。初回は木曜21時枠、2回目は20時枠に移動したが、この枠に定着するかどうかは不明。

21時枠 億万長者への道 2013年2月7日開始 月1

ギャンブルで億万長者を目指す趣旨の番組。ムッチー安藤あいかちずみ、アラケンで開始。安藤あいかの枠は、6月6日より畑(カーネリアン)、11月7日より桜井聖良に交代。

サンズエンタテインメント枠
富田といえば◯◯! 2011年9月8日開始 隔週

富田麻帆がメインMC、ムッチーをアシスタントとして開始。当初の番組名は『富田といえば麻帆でしょ!』で月1だったが、2012年9月から番組名を『富田といえばマホカラス!』として隔週に変更。
アイドル歌手女優声優と「プロレスLOVE」がテーマ。番組内で歌詞を募りISAOが作曲した、富田麻帆とニコジョッキーズ『DokiDokiPunk!』を#10で発表。2013年1月よりアシスタントを安藤なつ(メイプル超合金)として現番組名に変更。富田が休みで渕上彩夏が出た事もある。

小林恵美と南まりかのたまにはホメて! 2012年7月26日開始 月1

『小林恵美のFの誘惑』と『南まりかのちょっとしゃべっといて!』が統合。小林恵美南まりかの他、渕上彩夏石川沙織亜里沙等、サンズエンタテインメントのタレントをゲストに迎える。

サンズのニコジョッキー 2012年9月13日開始 月1

サンズエンタテインメント枠の各番組で常連化していた、綱島恵里香渕上彩夏石川沙織が交互にメインを務める番組として独立。綱島メイン回は『ツナエリのカミカミでごめーんね』、渕上メイン回は『ふっちーの自分が1番』、石川メイン回は『さおでーす』と、毎回番組名が変化する。

22時枠 スパローズのギリギリアウツ!? 2011年7月14日開始 隔週→[5]2013年2月リニューアルから毎週

『スパローズのギリギリセーフ!?』として隔週配信だったが、2013年2月より毎週化すると共に現番組名になった。

ロータスグループ 2011年7月14日開始 月1

スパローズかすみ果穂で配信する番組。エロパラと逆にエロを厳禁とする趣旨で配信。果穂がさぼるとロータスグループの誰かが来る。

プライムエージェンシー枠 2011年7月28日開始

スパローズとプライムエージェンシーのタレントで配信を行う。

金曜日
19時枠 特大番組紹介しょ〜かい 2012年6月22日開始 毎週(無料配信)

『特大テスト放送』として開始。ズラサンが司会し(2013年時点では声のみ)、女性タレントが順に水着姿を披露するのが売り物となった。#3から閃光花火が司会として参加。ののこの3pクッキングなど。石渡の暴言でゲストがすぐ辞めていく。近藤なおみのの子(食ドル、プロレスラー研究生)(-)ボボ・ブラ汁(57)、桐谷はるか本山なみ清水楓白崎優奈(2013年5月卒業)、麻宮知里(-50)、服部花南(2013年5月.#45)、赤木ゆう(#50)、夏海りの(#50、51、54)、多香津郁海(52、53、54ー)(#59、土手高十万石)、逆転満塁ホームラン・ナンパ師(52)、小林アナ(54)、第2PK(59)、牙一族(60)等が出演。

20時枠
山岸伸の今夜も美人に会わナイト 2011年9月30日開始 月1(無料配信)

写真家山岸伸、アシスタント近藤なおみ白川未奈によるニコジョッキー。
2012年2月12日にはバレンタイン特別番組として、グラビア撮影現場を配信した。ゲスト月江いくこ

ラブもっこり会議 2011年9月27日開始 月1

ラブシングル中田(逆転満塁ホームラン)とズラサンによる番組。火曜21時枠から移動。咀嚼OKのゲストを募集している。

江戸むらさきの茶碗蒸し 2013年8月9日開始 月1

江戸むらさきによるニコジョッキー。

せなと聖良のニコジョッキー 〜どっちの桜井が好きですか?〜 2013年10月15日開始 月1

桜井せな桜井聖良によるニコジョッキー。

21時枠 亜里沙と一部お見苦しい点が御座います 2012年5月14日開始 隔週

ケイダッシュステージ所属のタレント、NoWay(矢じるし井上)・佐藤満春(どきどきキャンプ)・神田伸一郎(ハマカーン)に加え、サンズエンタテインメントから亜里沙がアシスタントとして参加。『もしドヤ』の番組名で、月曜、火曜を経て、金曜21時枠に移動。2013年3月より、矢じるし 亜里沙 沢田純平(ジャウー)をレギュラーとして現番組名にリニューアル。亜里沙が欠席する場合でも番組名は変わらず、サンズエンタテインメント所属タレント(南まりか綱島恵里香石川沙織渕上彩夏)が交代で代役を務める。

ニコジョッキー杯 大喜利キング2013 2012年4月13日開始 隔週

『響長友の謝りません!絶対に!』としてスタート、2012年11月9日より『熱いものこみあげ学園(表)』。2013年4月より全面リニューアルして現番組名。長友光弘の他、GO(オテンキ)、あずさ(micoooooズ)らにより大喜利大会を開催し、年間最優秀者には賞金を出すという趣旨。

浜口浜村のしにそうでしなない 2014年6月4日開始 月1

初回と#2は与座よしあきの代打放送。#3の単発放送を経て#4から月1レギュラー化。
浜口浜村によるいきるニコジョッキー。

22時枠 サンミュージック
鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ3 2011年7月15日開始 月1 [6]

鳥居みゆき藤井ペイジ飛石連休)で送る。GyaOジョッキーの人気番組の復活版。

ぴーやナイト 2011年7月22日開始 月1

小島よしお&早川亜希で配信。

エルシャラカーニのニコジョッキー(夏) 2012年9月5日開始 月1

エルシャラカーニをMC、夏江紘実をアシスタントとする。水曜22時枠の隔週配信でスタート、2013年7月19日から現在の枠。

VS三拍子 2011年8月12日開始 月1 [7]

三拍子小林アナで配信開始。小林アナの病欠により2013年5月17日以降は、たかまつななが参加。ゲストとして若手コンビが登場し、三拍子と漫才・大喜利・一発芸等で勝負する。

七世一樹の韓国には帰れません 2013年7月12日開始 月1

七世一樹尾崎隆司武田祐一によるニコジョッキー。

土曜日
22時枠 Get's funky2525 2013年開始 毎週(無料配信)

ミュージシャン恵須川ひろしによるトーク番組。

23時枠 真夜中の☆Lady Go☆パジャマでトーク 2012年3月31日開始 毎週(無料配信)

Lady Go!!鈴木日和子望月海羽谷本千尋)による真夜中のトーク番組。

不定期[編集]

  • ズラサンミーティング
    • 初回は2011年7月20日。不定期無料配信。金曜20時枠→火曜21時枠→水曜23時枠と変遷したが、その後配信頻度が低くなる。
    • 番組の改編等について制作代表である神戸敏行(ズラサン)と視聴者が質疑応答などをする番組。初回は夏目ナナが出演した。2013年4月の#19には絹川麗と畑中太一が出演した。#20はスタッフの林ひろみと。#21くじら
  • 関口愛美のHentai番付(2014年6月- 2016年)レギュラー

特番[編集]

  • 2時間まるごと『ニコジョッキー始まるよスペシャル!!
    • 2011年7月5日:開設記念として無料配信。
    • 第1部:ズラサンミーティング:ズラサン、乾曜子、及川奈央、絹川麗、かすみ果穂、復活!ミニスカポリス、流れ星、くじら
    • 第2部:サンミュージックのニコジョッキー:鳥居みゆき&藤井ペイジ、小島よしお&早川亜希、髭男爵&小林アナ、三拍子
    • 第3部:ケイダッシュステージのニコジョッキー:原口あきまさ、はなわ、前田健、中野腐女シスターズ、ビックスモールン
  • チャンネル「ニコジョッキー」開設記念スペシャル!
    • 2011年7月8日:開設記念として無料配信。
    • 第1部:ズラサンミーティング:ズラサン、乾曜子、及川奈央、絹川麗、かすみ果穂、復活!ミニスカポリス、流れ星、くじら
    • 第2部:サンミュージックのニコジョッキー:鳥居みゆき&藤井ペイジ、小島よしお&早川亜希、髭男爵&小林アナ、三拍子
    • 第3部:ケイダッシュステージのニコジョッキー:相沢真紀、くぼたみか、八木麻衣子、原杏奈
  • 【年末特番】三十路会
    • 2011年12月26日:相沢真紀、及川奈央、青木直子、早川亜希、ハンディやしき、神水
  • 【ニコジョッキー感謝祭】公開生放送だよ!2時間特別番組「告っちゃスペシャル!!
    • 2011年12月30日
    • MC:原口あきまさ アシスタント:ビックスモールン
    • ゲスト:及川奈央、絹川麗、虎南有香、加藤沙耶香、モリジン、スパローズ、流れ星、ダブルネーム、くじら、小林恵美、石川沙織、富田麻帆、ムッチー、早川亜希、くぼたみか、八木麻衣子、原杏奈、大輪教授、Hi-Hi、あゆか、さがゆりこ、高橋工房、森崎まみ、青木直子、今井成美、横山晴奈、野崎夏帆、amie、ハンディやしき、レディゴー、松本ハウス、藤井ペイジ、三拍子、ぷち観音、マリア、ラブシングル中田、銀河と牛
  • 〜新春初笑いネタ合戦で見事優勝記念〜「矢じるしのニコジョッキー!
    • 2012年1月23日:ドキドキキャンプ(佐藤光春)
  • 【バレンタイン特別番組】〜山岸伸先生によるアイドル撮影を生中継!〜
    • 2012年2月12日:山岸伸、乾曜子、RICO、寺岡綾香、近藤なおみ、高橋莉江
  • ニコジョッキー1周年記念スペシャル特別番組
    • 2012年7月6日
    • まもなく!!ニコジョッキー1周年記念スペシャル特別番組!!「このあとすぐ!!」:ズラサン、DJ ENZEL☆ KICK☆
    • 第1部:原口あきまさ、ビッグ&スモールン、ズラサン、ラブシングル中田、宇佐美あいり、ベガス味岡、Lady go!!、怪傑トロピカル丸、西崎莉麻、魔女っこ、きーぽん
    • 第2部:原口あきまさ、原杏奈、滝ありさ、ちずみ、たかさきゆこ、寺岡綾香、ポイント、加藤沙耶香、モリジン、土井よしお、絹川麗、小林アナ、マリア、ORIE、マジコーラル
    • 第3部:原口あきまさ、大輪教授、神田伸一郎、井上和則、小林恵美、渕上彩夏、スパローズ、くじら、藤井ペイジ、長友光弘、森下剛士、オテンキGO、かるら大木
    • 第4部:原口あきまさ、鳥居みゆき、藤井ペイジ、髭男爵、三拍子、松本ハウス
  • K-1Rising 2012 K-1 World GP Final 16
    • 2012年10月14日
  • ニコジョッキー感謝祭!〜公開生放送だよ!!『告っちゃスペシャル!!Vol.2』〜
    • 2012年12月30日
    • MC:原口あきまさ
    • 第1部 アシスタント:及川奈央 出演:絹川麗、どきどきキャンプ、三拍子、Lady Go!!
    • 第2部 アシスタント:森下悠里 出演:小林恵美、ハマカーン、かもめんたる、小林アナ、流れ星、富田麻帆
    • 第3部 アシスタント:加藤沙耶香 出演:飛石連休、松本ハウス、エルシャラカーニ、どぶろっく、スパローズ、Hi-Hi、モリジン、佐藤あずさ、ハンディやしき、ますあや、ヤポンスキーこばやし画伯、鈴々舎八ゑ馬、HEY!たくちゃん、南まりか、ゴールドラッシュ、虹鱒、ミニスカポリス
  • ニコジョッキー2周年記念「若手ベテラン会&三十路会お見合いパーティ」
    • 2013年08月18日
    • くじら、スパローズ、大輪教授、藤井ペイジ、土井よしお、瀧上伸一郎(流れ星)、相沢まき、早川亜希、小林恵美、安藤なつ
  • ニコジョッキー3周年記念特別番組
    • 「イジラレ放題120分](2014年7月28日)
      • くじら、お侍ちゃん、ゴン他いじられ芸人の皆さん
    • 三十路会
      • 小林恵美、及川奈央、相沢まき、早川亜希
    • 藤崎ルキノのルキニーナイトSP
    • フィットワン加藤沙耶香の後輩イジメはしていませんSP
      • モリジン他

過去の番組[編集]

  • 岡田斗司夫のひとり夜話
    • 2011年8月26日に第1回が配信されたが、その後配信されていない。
  • Ve.ナースのニコジョッキー
    • 2011年8月24日 - 11月29日の5回、火曜20時枠で無料配信。華彩ななの単独有料番組に移行。
  • ニコジョッキー〜特報!しまスポ〜
    • 2011年7月22日 - 12月23日の8回、金曜23時枠で配信[7]
  • 小明の口裂け女より口裂けたい!
    • 2011年7月15日 - 2012年2月3日の6回、金曜20時枠で配信された後、『ヒロシと小明のムーンライトニッポン』に合流した。
  • ヒロシのムーンライトニッポン
    • 2012年1月10日 - 2012年2月14日の2回、火曜21時枠で配信された後、『ヒロシと小明のムーンライトニッポン』に衣替した。
  • はきゅまみのニコジョッキー
    • 2011年9月9日 - 2012年1月24日の7回、金曜20時枠/火曜20時枠で配信。
  • ディスカバリー女子会♪
  • 永島さや佳のニコ動さまさま! 永島ごときが!!
    • 2012年1月20日 - 3月30日の11回、「ニコジョッキーのアーカイブ促進番組」と銘打って、金曜23時枠で無料配信された後、月1の有料配信『永島ごときが!!』に衣替し、4月3日 - 9月11日の7回配信。
  • トップ・カラーのニコジョッキー
    • 2011年7月22日 - 2012年3月30日の17回、金曜21時枠で配信。2012年5月に1回だけ『コージー冨田のニコジョッキー』として復活。
  • 東京ペールワンの大喜利
    • 2011年10月13日 - 2012年3月8日の6回、木曜21時枠で配信。
  • (仮)初音くじらのニコジョッキー
    • 2011年12月20日 - 2012年5月31日の6回、火曜または木曜21時枠で配信。
  • ニコジョ学園2年B組
  • AeLL.のニコジョッキー
  • 〜カレントのニコジョッキー〜「秘密基地ライブ!!」
    • 2012年2月21日 - 9月25日の10回、火曜20時枠で配信。魔女っこをMCとし、カレント所属の若手タレントを手作り弁当持参でゲストに迎えた。
  • 小林恵美のFの誘惑
    • 2011年9月29日 - 2012年5月17日の9回、木曜21時枠で配信された後、『小林恵美と南まりかのたまにはホメて!』に統合。
  • 南まりかのちょっとしゃべっといて!
    • 2011年10月27日 - 2012年6月28日の8回、木曜21時枠で配信された後、『小林恵美と南まりかのたまにはホメて!』に統合。
  • 松澤由美の○○とニコジョッキー!〜私を武道館へ連れてって〜
    • 2011年7月15日開始 - 2012年4月6日の10回、金曜21時枠で配信。
  • 「DJ ENZEL☆のニコジョッキー!」〜今週のニコジョッキー教えます!〜
    • 2011年7月20日 - 2012年10月10日の31回、SPYAIRのENZEL☆とデビゼル(声:村島リョウ)により、水曜20時枠で無料配信[9][10]
  • ハギーのカプコンゲームをとこトンやってみよう!
    • 2012年4月9日 - 10月29日の11回、月曜21時枠で月1〜2回無料配信。カプコンパブリシティ企画推進室室長萩原良輔をMCとしてUstreamで配信されていたWeb生配信番組のニコジョッキー版。
  • 復活!ミニスカポリスのニコニコパトロール
    • 2011年7月27日 - 2012年12月26日の35回、隔週水曜20時枠で無料配信。復活!ミニスカポリスの活動停止により終了。
  • エレキコミックの俺☆珍
    • 2011年7月22日『エレキコミックのしぶしぶ送りバント』として開始。隔週金曜20時枠から木曜23時枠に移動し毎週化。2012年4月から水曜22時枠。8月14日以降、火曜21時枠に移動し、タイトルを『エレキコミックの俺☆珍』と変更すると共に、エレキコミックが毎週は出演できないと宣言、トゥインクル・コーポレーション所属芸人による複数の番組に分散した。当番組は、通算43回を配信し、2013年3月12日で終了。
  • 怪傑!トロピカル丸のニコジョッキー
    • 2012年3月13日 - 2013年4月24日の29回、火曜→月曜→水曜と移動しつつ隔週19時枠で配信。シャイニングウィルのニコジョッキー撤退により終了。
  • 京本有加のズッコケ文明開化
    • 2011年10月25日 - 2013年4月22日の18回、火曜→月曜と移動しつつ月1回22時枠で配信。粘土アート・水墨イラスト等、トークより実技をメインとした異色番組。シャイニングウィルのニコジョッキー撤退により終了。
  • シャイニングウィルのニコジョッキー
    • 2012年7月17日 - 2013年4月24日の20回、隔週水曜22時枠で配信。開始時はいとうあこメインだったが、程なく佐藤あずさ太田千晶の2名体制が定着。シャイニングウィルのニコジョッキー撤退により終了。
  • フィフィの何でもきいて!(2013/03/25)
  • ダブルネームのニコジョッキー(2013/05/31ー)麻宮知里、咲丘るい。ゲスト、JOYバーモント秀樹
  • 華彩ななのニコジョッキー〜お母さんのから揚げ10個600円〜
    • 2011年12月13日 - 2013年5月6日の15回、月1回月曜19時枠で配信。
  • ベガネット味岡
    • 2011年11月14日 - 2013年9月23日の65回配信。ベガス味岡をMCに多彩な出演者を擁し、ハンディやしき、Lady Go!!等の番組を派生させつつ変遷を重ねた。2013年4月以降は、トリビア金子をアシスタントとして少人数配信に転換。
  • なでしこサンミュージック
  • 鼠先輩&ローバー美々の人間放談
    • 2012年10月9日 - 2013年9月17日の17回配信。隔週で、鼠先輩ローバー美々をMCとし、さまざまな分野のゲストを招いて人間の本質に迫る。
  • 流れ星のスターになりたい!2011年7月21日開始 2014年。[11]流れ星が配信する番組。体を張ったスタイルが特徴。隔週木曜22時枠でスタートし、2013年4月より火曜21時枠へ移動。
  • ヒロシと小明のムーンライトニッポン。各々単独番組を持っていたヒロシ小明がコンビを組んで配信。火曜21時枠でスタート、2012年6月から金曜20時枠。2012年3月13日開始ー2014年。 月1。

予告されたが実現していない番組[編集]

  • カンニング竹山のニコジョッキー

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ これらの結果、2012年2月時点では、木曜日には19時から24時までの5枠のレギュラー番組が連なることとなった。
  2. ^ 浅井企画サンミュージックプロダクションワタナベエンターテインメントNASAエンターテインメントキャストコーポレーションケイダッシュステージマセキ芸能社ホリプロコムトゥインクル・コーポレーションサンズエンタテインメントフィットワンファイヴドットオンロータスグループプライムエージェンシー
  3. ^ 2012年2月20日『及川奈央の自然体にもほどがある2』にゲスト出演した村島は「ニコジョッキー編成局長」の肩書を名乗っている。

出典[編集]

  1. ^ ニコニコインフォ”. タレント・芸人勢ぞろいでお送りする「ニコジョッキー」. niwango, Inc. (2011年7月4日). 2012年3月12日閲覧。
  2. ^ a b Excite Bit コネタ”. 名物P・ズラサン、「ニコ動で復活」の道のり. Excite Japan Co., Ltd. (2011年11月1日). 2012年3月12日閲覧。
  3. ^ ニコニコ生放送”. 〜チャンネル「ニコジョッキー」開設記念〜 2時間まるごと『ニコジョッキー始まるよスペシャル!!』 (番組ID:lv55450896). niwango, Inc. (2011年7月5日). 2012年3月12日閲覧。
  4. ^ ニコニコインフォ”. チャンネル「ニコジョッキー」開設記念スペシャル! (番組ID:lv55581219). niwango, Inc. (2011年7月8日). 2012年3月12日閲覧。
  5. ^ お笑いナタリー”. 「冷めちゃダメだ!」スパローズがかすみ果穂とギリギリ番組配信. Natasha, Inc (2011年8月26日). 2012年3月12日閲覧。
  6. ^ お笑いナタリー”. 鳥居と藤井の「ハイタッチ」がニコジョッキー歴代視聴者数No.1獲得. Natasha, Inc (2011年9月10日). 2012年3月12日閲覧。
  7. ^ a b お笑いナタリー”. 3時間連続お笑い番組、ニコジョッキー金曜日は芸人てんこ盛り. Natasha, Inc (2011年9月3日). 2012年3月12日閲覧。
  8. ^ http://live.nicovideo.jp/gate/lv273670015
  9. ^ ORICON STYLE”. SPYAIR・ENZEL☆、「ヘキサゴン」出演と初の冠番組が決定. Oricon Inc. (2011年7月6日). 2012年3月12日閲覧。
  10. ^ MAN TAN WEB 毎日新聞デジタル”. SPYAIR : DJ・ENZEL☆が「ヘキサゴン2」に出演決定 バラエティー初挑戦. Mainichi Shimbun Digital Co.Ltd (2011年7月6日). 2012年3月12日閲覧。
  11. ^ お笑いナタリー”. ニコジョッキーで流れ星ちゅうえいの新キャラ「ボブ・ガーリー」誕生. Natasha, Inc (2011年9月2日). 2012年3月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]