大神いずみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおがみ いずみ
大神 いずみ
プロフィール
本名 元木 いずみ
出身地 日本の旗 日本 福岡県福岡市
生年月日 1969年6月10日(46歳)
血液型 B型
最終学歴 フェリス女学院大学文学部英米文学科卒業
所属事務所 ケイダッシュ
職歴 NTVアナウンサー
活動期間 1992年
配偶者 元木大介(夫)
公式サイト 公式プロフィール
出演番組・活動
現在 ドライブ A GO!GO!
過去 ウンナン世界征服宣言

大神 いずみ(おおがみ いずみ、本名:元木 いずみ(旧姓・大神)、1969年6月10日 - )は、日本の女性フリーアナウンサータレント声優。所属事務所ケイダッシュ。血液型はB型。

来歴・人物[編集]

福岡県福岡市博多区出身、福岡女学院高等学校卒業。フェリス女学院大学文学部英米文学科卒業。

1992年にアナウンサーとして日本テレビ放送網に入社。同期入社アナウンサー野口敦史(現・政治部記者)、平川健太郎松本志のぶ

当初からバラエティ番組を中心に担当し、『ウンナン世界征服宣言』では番組内でのウンナンCD対決にて内村光良プロデュース『今でも・・・今なら・・・』でCDデビュー(オリコン最高44位)。また、1994年に『頑張る!TV!!』で共に司会を務めていた田代まさしと「マーシー&いずみ」名義でデュエット曲『熱帯夜』をリリースしている。

スーパージョッキー』の熱湯コマーシャルでは入浴を拒否した事から騒動に発展し、そのまま本人不在のまま同番組を降板となった。

1999年に退社し、フリーに転向。キャスターや司会などのフリーアナウンサー業だけでなく、アニメ『犬夜叉』や特撮の『燃えろ!!ロボコン』に声優として参加した。声優デビューは日テレ時代に出演した金曜ロードショーの『リトル★ダイナマイツ ベイビー・トークTOO』で、日テレ時代の先輩である福澤朗と共演した。

2000年に、当時読売ジャイアンツに所属していた元木大介と結婚した。2006年1月に第一子となる男児を出産。2010年8月には41歳で第二子となる男児を出産した。

一時期よく動物の声を吹き替えするナレーターで『THE・サンデー』(日テレ)などに登場した。

薬物疑惑事件によりテレビ出演がなかった清原和博がメディア出演することが多くなったのは、大神のバックアップが大きいと言われている[1]

エピソード[編集]

  • 局アナ新人時代の1992年頃に「どっきりカメラ」でアナウンサーがひっかかるという企画があり、俳優の仕掛け人原田大二郎と新人の大神がある邸宅にロケに行くという企画で、邸宅に到着すると何者かの3人ほどのゲリラ風のマスク、サングラスの人間に突然誘拐される。恐怖におののく大神と原田の体をしばり監禁状態にする。その人間の問いかけに沈黙を続けるが、アナウンサーである事をあかし、それならとその人間はある巻紙を大神に渡し、それを呼んでみろと命令する。難読文字、四字熟語の沢山書かれた犯行声明の様な文章で、動揺を隠せない大神は全くその漢字を読む事ができず、隣でしばられている原田に教えてもらいながら読み「そんなんじゃアナウンサー失格だな」という掛け声と共に人間がサングラスを外すと、その人間は先輩の福澤朗であった。その他、脇を固めた人間も日テレの同僚でその事実がわかった大神は号泣した。
  • 新人スポーツアナとして「全日本プロレス中継」に配属され、同番組内の「プロレスニュース」でお披露目された際は、まだ化粧も上手ではなく、緊張で顔がこわばり険しい表情をしていたため、福澤朗から「こちら、妖怪人間ベラではありませんよ? 新人アナウンサーの大神いずみです」と紹介された。
  • 大神は「月刊茶の間」(宇治田原製茶場)に掲載された福岡県知事との対談の中で、(大神の)実兄を始めとした親族は福岡ソフトバンクホークスのファンが多く、加えて夫(元木)が前身のダイエー入りを辞退している事から、「夫婦で実家に帰省したときは肩身が狭い」と語っていた。

出演[編集]

日本テレビ時代
フリー後

テレビアニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

書籍[編集]

  • 大神いずみ 『すごいよバナナ』 主婦と生活社、2003年、ISBN 978-4391128222

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]