転生したらスライムだった件 (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
転生したらスライムだった件 > 転生したらスライムだった件 (アニメ)
転生したらスライムだった件
TenseiShitaraLogo01.png
ジャンル 異世界ファンタジー
アニメ
原作 川上泰樹、伏瀬、みっつばー
監督 菊地康仁(第1期)
中山敦史(第2期)
シリーズ構成 筆安一幸
脚本 筆安一幸
キャラクターデザイン 江畑諒真
音楽 Elements Garden
アニメーション制作 エイトビット
製作 転スラ製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 第1期:
2018年10月2日 - 2019年3月26日
第2期第1部:
2021年1月12日 - 3月30日
第2期第2部:
2021年7月6日 - 9月21日
話数 第1期:全25話
第2期:全26話
アニメ:転生したらスライムだった件 転スラ日記
原作 柴、伏瀬、みっつばー
監督 生原雄次
シリーズ構成 コタツミカン
キャラクターデザイン 髙井里沙、入江篤
音楽 R・O・N
アニメーション制作 エイトビット
製作 転スラ日記製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2021年4月6日 - 6月22日
話数 全12話
映画:劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編
原作 川上泰樹、伏瀬、みっつばー
脚本 伏瀬(原案)
制作 エイトビット
配給 バンダイナムコアーツ
封切日 2022年11月
上映時間
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

転生したらスライムだった件』(てんせいしたらスライムだったけん)は、エイトビット制作による日本アニメ作品。伏瀬によるライトノベル『転生したらスライムだった件』を原作としており、テレビシリーズおよび劇場(11月公開)アニメが製作されている。

テレビアニメ[編集]

テレビアニメ第1期は、2018年10月から2019年3月まで、TOKYO MXほかにて原作者描き下ろしのオリジナルストーリーや閑話(総集編)を含めた全25話が放送された[1][2]。第9話の放送直前の2018年11月26日には、読売新聞(全国版)の朝刊に全面広告が掲載され、新章の開幕が報じられた[3]

テレビアニメ第2期は分割2クールで、第1部は2021年1月から3月まで、第2部は同年7月から9月まで放送された[4]。2021年4月から6月までは、スピンオフアニメ『転生したらスライムだった件 転スラ日記』と合わせて9か月連続放送された [4][5]

制作[編集]

本編およびスピンオフともに漫画版が原作となっている。

コミックナタリーによる原作者の伏瀬とオープニングアーティストの寺島拓篤へのインタビューによれば、伏瀬がアニメ化の話を関係者内で最後に聞いたうえ、コミカライズの時点ですでに話が動いていたらしく、正式に伝えられた際には嬉しいを通り過ぎて原稿の締め切り1週間前だったこともあって執筆に集中できなくなり、締め切りを10日ほど延ばしてもらったという。寺島はコミカライズ版から原作に入り、バナー広告で知った原作をまったく内容も知らないまま読み始め、早く続きをと思いながら読み返したという。また、コミカライズ版の作画担当の川上泰樹も、伏瀬と最初に会った際に原作のファンであることを言ってくれたという[6]

リムルの前世の三上悟については、原作で最初に挿絵がついた時点で野暮ったさに難色を示した伏瀬から「すごくカッコよくして」との指示があり、コミカライズ版の時点でさらに「『東京BABYLON』 (CLAMP) に出てくる桜塚星史郎みたいな感じのカッコいいサラリーマンで」との指示を経て、アニメ化の際には「ナイスガイを自称するが本当にナイスガイであることへのツッコミ待ちにしたい」という考えからリテイクを繰り返し、決定に至ったという[7]

アニメの出来については、伏瀬は「もうこれ以上は望めないぐらいにいい出来になった」「自分では想像していなかったよさが生まれた」と絶賛しており、第1話のアフレコを見学してヴェルドラ役の前野智昭や悟役の寺島、リムル役の岡咲の演技を見て、「これはもういけるな」「これで大丈夫だ」と思ったという。また、伏瀬は全話を監修した脚本についても「かなり良い出来」と評しており、コミカライズの際に描けずあえて外していたシズのシーンもシリーズ構成の筆安一幸が上手に取り入れてくれたため、シズ役の花守ゆみりの演技で絶対泣いてしまうという[8]

制作開始当初は第2期が決まっておらず、全体の構成もそのようにしていたため、脚本会議では尺の関係で飛ばさざるを得ないシーンは第2期があったらそこで回収しよう、ということで決まった[9]

第1期第4話では、リムルの妄想シーンに『ロードス島戦記』(角川スニーカー文庫)風の極端に耳が長いエルフが登場しているが、これは漫画家・ことぶきつかさが制作の「アラフォーが妄想する90年代風のエルフ」という依頼に応じて描いたものである。同作側の許可を得たことがエンディングでクレジットされており、本放送後にはインターネットで話題になったという[10]

第1期は第23話までが本編であり、第24話は外伝、第25話は総集編となる[1][2][9][11]。第24話「外伝:黒と仮面」は伏瀬が書き下ろしたもので、ディアブロとシズが邂逅した過去を描くアニメオリジナルストーリーが展開する[12][13]。このストーリーは担当が営業をかけた先で必ず「ディアブロは出るんですか?」という質問があり、それを勘案して制作委員会ではディアブロの登場シーンまでを考えていたが、尺を考えると無理があったため、伏瀬が苦し紛れにディアブロの話を書き下ろして出演させる方法を担当に伝えたところ、どのような話にするかの問い合わせもないまま採用され、制作が決定した[9]。第2期が無いことを前提にシナリオを考えていたため、ディアブロの名前が先行して明かされている[9]。当初、第24話までの予定だったところに急遽制作が決定した第25話「閑話:ヴェルドラ日記」はいわゆる総集編として制作され、リムルに取り込まれたヴェルドラとイフリートの視点から、本編映像を振り返る形で進行する[9][14]

登場人物[編集]

スタッフ[編集]

本編[15][16][4] 転スラ日記[4]
原作 伏瀬、みっつばー
川上泰樹
監督 菊地康仁(第1期)
中山敦史(第2期)
生原雄次
副監督 中山敦史(第1期) 葛西励
シリーズ構成・脚本 筆安一幸 コタツミカン
キャラクターデザイン 江畑諒真 髙井里沙、入江篤
モンスターデザイン 岸田隆宏
色彩設計 斉藤麻記
美術監督 佐藤歩
美術設定 藤瀬智康、佐藤正浩
撮影監督 佐藤洋
グラフィック
デザイナー
生原雄次
編集 神宮司由美
音響監督 明田川仁
音楽 Elements Garden R・O・N
音楽制作 ランティス
音楽プロデューサー 吉江輝成、川野勝広(第2期以降)
プロデューサー 杉本紳朗、伊藤洋平
アニメーション
プロデューサー
小菅秀徳 風間亮
アニメーション制作 エイトビット
製作 転スラ製作委員会[17] 転スラ日記製作委員会[17]

評価[編集]

売上[編集]

本作1期のBlu-ray第1巻の初週売上は5,473枚を記録し、週間・Blu-rayアニメランキング(ORICON調べ)では『ソードアート・オンライン アリシゼーション』第1巻に次ぐ2位を獲得した[18]。続く第2巻の初週売上は第1巻を上回る5,565枚を記録し、週間・Blu-rayアニメランキング(同調べ)では5位を獲得した[19]

本作第1期が放送された2018年における『転生したらスライムだった件』のBD/DVD、音楽CD、原作小説、コミカライズの合計売上は約324億円を記録し、2018年度 年間総合シリーズ別売上ランキング(同調べ)では10位を獲得している[20][注 1]

WEBサイト「ほんのひきだし」によれば2018年10月に第1期が放送されると原作コミック第1巻の売上は放送前月に比べ約4.5倍になったという[21]。また、同サイトは「基本的にアニメ化作品の原作コミックは放送開始とともに売上が大きく跳ね上がる。人気のアニメほどその売上は大きくなるため、原作コミックの売上はアニメ人気のバロメーターの一つであるといっても過言ではない」と述べている[21]

他者評価[編集]

ライターの草野虹と須永兼次は主人公・リムル役を務める岡咲美保の演技について以下のように語る。

草野虹 ― リムルの場合、精神や口調は男性寄りで外見は女性寄り、生物としては中性なためどのように発せられれば良いのかとても掴みづらい。男性とも女性とも感じさせない絶妙なトーンや声色、それでいて温和な性格で天真爛漫としたリムルのイメージを演じるには、当時新人であった岡咲の明るい声色や初々しさはピタリとハマったといえる。リムルを中心に置いたこの作品の性質上、彼女の声が今作が持つ明るいムードを生みだしているといっても過言ではない[22]

須永兼次 ― 第1期では、特にモノローグにおいての飄々さが的確だった。これは大賢者とともにある強キャラならではのものであり、棒読みになりすぎず、かつ感情を乗せすぎず、それでいて視聴者を退屈させない、良い塩梅のものだった。だが、シリアスさを増した第2期では、リムルの感情の揺れ動きを表現する機会も増加し、中でも特に印象的だったのは、第35話でファルムス王国の国王と対峙したシーンである。思わずゾクリとさせられた圧のあるセリフ回しには、国王への怒りに加えて、リムルが魔王になる覚悟をも内包していたようだった[23]

草野は監督が菊地康仁(1期)から中山敦史(2期)に変更され、作画のテイストも若干変わっていることに作風・狙いの変化が見て取れるという[24]。1期については「序盤からバトルシーンが多めということもあり、髪のなびき方や動かし方などに独特のスピード感やケレン味が利いていた。大賢者がリムルと会話するシーンやバトルシーンでのグラフィックデザイン、3D、CGなどのエフェクトにどことなくファンタジーゲームっぽさを持たせたりアイデアと工夫を感じさせてくれた」と評している[24]。2期については「1期の部分を踏襲しつつ、各キャラクターの表情や身振り手振りを、より豊かに細やかに描いたシーンが目立っている。2話序盤で森中を破壊しそうなほどの光弾をコントロールしきれずに焦って涙をみせるシオンや19話序盤で危険な戦場へと参じようとするシュナの活き活きとした瞳や顔立ち、戦うときに見せる各キャラクターの苦悶、日常パートで描かれる国民たちの笑顔など、2期では要所要所で顔の表情や身振りに注力した作画・絵コンテがなされている。それによって、ユーラザニアの三銃士や、ファルムス王国のヨウム、ミュウラン、グルーシスの想いに視聴者は引き寄せられるのである」と評している[24]。また、草野は本作の魅力の1つとして「外交・政治」にも目を向けている点を挙げており、「2期において印象的なのはリムルを筆頭にした幹部や他王国をも含めた話し合いのシーンである。物語の進行上、他のキャラクターたちにもスポットが置かれる場面が多々あることを踏まえ、活き活きとした動きや姿でキャラクターたちの存在感を損なうことなく物語自体の魅力も描くことに成功している」と称賛している[24]

その他[編集]

dアニメストア」が実施した2018年に1番○○だったアニメを決める「あなたが選ぶdアニメストアアワード2018」では「オススメしたいアニメ部門」「展開が気になったアニメ部門」「世界観が良かったアニメ部門」の3部門で1位を獲得した[25]

Crunchyroll」が実施した「第3回(2018年度)Crunchyrollアニメアワード」では最高の主人公 (Best Protagonist) にリムル・テンペストが選出された[26]

「ABEMAアニメチャンネル」が集計した2021年冬クールの累計視聴数ランキングでは本作の第2期第1部が『Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season』に次ぐ2位を[27]、2021年夏クールの累計視聴数ランキングでは本作の第2期第2部が『アイドリッシュセブン Third BEAT!』に次ぐ2位をそれぞれ獲得している[28]

主題歌[編集]

第1期主題歌[編集]

「Nameless Story」[29]
寺島拓篤による本編第1期第1クールオープニングテーマ。作詞は寺島、作曲は上松範康、編曲は藤田淳平
「メグルモノ」[30]
寺島拓篤による本編第1期第2クールオープニングテーマ。作詞は寺島、作曲は桑原聖、編曲は酒井拓也
「Another colony」[31]
TRUEによる本編第1期第1クールエンディングテーマ。作詞は唐沢美帆、作曲は中野領太、編曲はBBC。
「リトルソルジャー」[30]
田所あずさによる本編第1期第2クールエンディングテーマ、作詞はきみコ、作曲は新田目駿、編曲は堀江晶太
「僕の中の君へ」
TRUEによる本編第1期第23話挿入歌。作詞は唐沢美帆、作曲・編曲は山下洋介。

第2期主題歌[編集]

「Storyteller」[32]
TRUEによる本編第2期第1部オープニングテーマ。作詞は唐沢美帆、作曲・編曲は津波幸平
「Like Flames」[33]
MindaRynによる本編第2期第2部オープニングテーマ。作詞・作曲はSACHIKO、編曲は小山寿。
「STORYSEEKER」
STEREO DIVE FOUNDATIONによる本編第2期第1部エンディングテーマ。作詞・作曲・編曲はR・O・N
「Reincarnate」[34]
寺島拓篤による本編第2期第2部エンディングテーマ。作詞は寺島、作曲・編曲はR・O・N。
「黎明」[32]
TRUEによる本編第2期前奏曲および第34話挿入歌。作詞は唐沢美帆、作曲・編曲は兼松衆

『転スラ日記』主題歌[編集]

「Brand new diary」[35]
熊田茜音によるオープニングテーマ。作詞は寺島拓篤、作曲・編曲はR・O・N。
「カモナ・テンペスト!」[36]
リムル(岡咲美保)・大賢者(豊口めぐみ)・ヴェルドラ(前野智昭)・シュナ(千本木彩花)・シオン(M・A・O)・ランガ(小林親弘)・ゴブタ(泊明日菜)によるエンディングテーマ。作詞は松井洋平、作曲・編曲は馬渕直純
「おやすみオレンジ」[36]
リムル(岡咲美保)によるエンディングテーマ。作詞はミズノゲンキ、作曲・編曲は設楽哲也
「ヨイハナビ」
リムル(岡咲美保)による第5話挿入歌。作詞はミズノゲンキ、作曲・編曲は馬渕直純。
「Christmas Festa」
エレン(熊田茜音)による第11話挿入歌。作詞はミズノゲンキ、作曲・編曲は設楽哲也。

各話リスト[編集]

第1期[編集]

話数サブタイトル絵コンテ演出作画監督総作画監督初放送日
第1話暴風竜ヴェルドラ 菊地康仁中山敦史米澤優江畑諒真2018年
10月2日
第2話ゴブリンたちとの出会い 小島正士井之川慎太郎
  • 吉田龍一郎
  • 是本晶
10月9日
第3話ゴブリン村での戦い 金崎貴臣登坂晋
  • 和田伸一
  • 二宮奈那子
高岡じゅんいち10月16日
第4話ドワーフの王国にて 吉田泰三谷澤篤金
  • 吉田正幸
  • 塚本歩
  • 柳瀬譲二
桂憲一郎10月23日
第5話英雄王ガゼル・ドワルゴ 高岡じゅんいち森義博高岡じゅんいち10月30日
第6話シズ 小島正士伊藤康裕
  • 吉田龍一郎
  • 小島彰
  • 藤田正幸
  • 石井かおり
桂憲一郎11月6日
第7話爆炎の支配者 中山敦史米澤優11月13日
第8話受け継がれる想い 寺東克己堂山卓見小澤早依子豆塚隆11月20日
第9話大鬼族の襲撃 登坂晋
  • 酒井秀基
  • 吉田正幸
  • 和田伸一
高岡じゅんいち11月27日
第10話オークロード 名村英敏谷澤篤金
  • 塚本歩
  • 柳瀬譲二
  • 二宮奈那子
桂憲一郎12月4日
第11話ガビル参上! 吉田泰三笹原嘉文
  • 松井啓一郎
  • 小澤早依子
豆塚隆12月11日
第12話狂いゆく歯車 名和宗則森義博
  • 梶浦紳一郎
  • 小林利充
  • 糸島雅彦
  • 山内則康
  • 豆塚隆
  • 桂憲一郎
12月18日
第13話大激突 頂真司中山敦史
  • 吉田正幸
  • 吉田龍一郎
  • 塚本歩
桂憲一郎12月25日
第14話全てを喰らう者 小島正士伊藤康裕
  • 柳瀬譲二
  • 和田伸一
  • 小島彰
  • 伊藤康裕
豆塚隆2019年
1月8日
第15話ジュラの森大同盟 寺東克己山田晃
  • 上原史也
  • 原田峰文
高岡じゅんいち1月15日
第16話魔王ミリム来襲
  • 菊地康仁
  • 小島正士
名和宗則
  • 小島彰
  • 南伸一郎
  • 和田伸一
  • 門智昭
  • 酒井秀基
  • 吉田龍一郎
桂憲一郎1月22日
第17話集う者達 小島正士登坂晋
高岡じゅんいち1月29日
第18話忍び寄る悪意
  • 小島正士
  • 菊地康仁
森義博
  • 山内則康
  • 小林利充
  • 糸島雅彦
  • 猿渡聖加
桂憲一郎2月5日
第19話暴風大妖渦カリュブディス
  • 菊地康仁
  • 吉田りさこ
中山敦史
  • 富岡隆司
  • 吉田正幸
  • 塚本歩
  • 大西陽一
  • 清水博幸
  • 和田伸一
  • 中島美子
  • 吉田龍一郎
  • 小島彰
豆塚隆2月12日
第20話ユウキ・カグラザカ 小島正士谷澤篤金
  • 度會竜司
  • 森悦史
  • 今岡大
  • 伊藤智子
  • 八木澤修平
  • 二宮奈那子
高岡じゅんいち2月19日
第21話シズさんの教え子達 寺東克己安川央里
  • 吉田和香子
  • 米澤優
  • 鵜池一馬
  • 松本弘
  • 松井理和子
  • 門智昭
  • 斉藤和也
豆塚隆2月26日
第22話迷宮攻略 頂真司深瀬重
  • 清水拓磨
  • 柿畑文乃
  • 王悦春
  • 瀧澤茉夕
  • 金海淑
酒井秀基3月5日
第23話救われる魂 小島正士登坂晋
  • 小島彰
  • 清水博幸
  • 塚本歩
  • 中島美子
  • 吉田龍一朗
  • 和田伸一
高岡じゅんいち3月12日
第24話外伝:黒と仮面 頂真司名和宗則
  • 江畑諒真
  • 菊地康仁
  • 富岡隆司
  • 吉田正幸
  • 梅田貴嗣
  • 二宮奈那子
  • 鵜池一馬
  • 大西陽一
  • 門智昭
  • 高岡じゅんいち
  • 小島彰
  • 度會竜司
江畑諒真3月19日
第24.5話閑話:ヴェルドラ日記 中山敦史(ディレクター)3月26日

第2期[編集]

話数サブタイトル絵コンテ演出作画監督総作画監督初放送日
第24.9話閑話:ヒナタ・サカグチ 中山敦史
  • 中山敦史(ディレクター)
  • 川部智貴(ディレクター)
  • 米澤優(作画)
桂憲一郎2021年
1月5日
第25話リムルの忙しい日々
  • 中山敦史
  • 江畑諒真
名和宗則
  • 吉田竜一郎
  • 島崎望
伊藤智子1月12日
第26話獣王国との交易 吉田泰三江口大輔
  • 和田伸一
  • 牛ノ濱由惟
中野圭哉1月19日
第27話楽園、再び 清水聡北村将
  • 二宮奈那子
  • 田中亜優
酒井秀基1月26日
第28話謀略のファルムス王国 小島正士加藤顕
  • 徳田拓也
  • 清水拓磨
  • 酒井KEI
  • Zearth Sato
  • 柿畑文乃
  • 何紫薇
  • 余彦祖
田中雄一2月2日
第29話厄災の前奏曲 吉田泰三吉田俊司上原史也伊藤智子2月9日
第30話動き出す麗人
  • 清水聡
  • 小島正士
石川俊介
  • 吉田竜一郎
  • 島崎望
  • 中野圭哉
  • 山崎秀樹
2月16日
第31話絶望 清水聡
  • 名和宗則
  • 加藤大志
  • 田中貴大
  • 和田伸一
  • 関口雅浩
  • 牛ノ濱由惟
  • 田中亜優
  • 中智あすか
  • 大野勉
  • 田中雄一
  • 伊藤智子
  • 中野圭哉
2月23日
第32話希望 頂真司藤原和々
  • 上西麻耶
  • 亀田朋幸
  • 清水勝祐
  • 田中雄一
  • 伊藤智子
  • 酒井秀基
3月2日
第33話全てを賭けて 深瀬重
  • 萩原省智
  • 清水拓磨
  • 酒井KEI
  • Zearth Sato
  • 柿畑文乃
酒井秀基3月9日
第34話神之怒メギド 清水聡江口大輔
  • 菊地康仁
  • 山崎秀樹
  • 二宮奈那子
  • 藤田正幸
  • 吉田竜一郎
  • 大野勉
  • 島崎望
  • 宮沢聖麿
  • 小美野雅彦
  • 中野圭哉
  • 酒井秀基
3月16日
第35話魔王誕生 北村将
  • 牛ノ濱由惟
  • 田中亜優
  • 亀田朋幸
  • 和田伸一
  • 菊地康仁
  • 菅原裕幸
  • 田中雄一
  • 伊藤智子
  • 酒井秀基
3月23日
第36話解き放たれし者 石川俊介
  • 菊地康仁
  • 吉田竜一郎
  • 清水勝祐
  • 菅原裕幸
  • 中島美子
  • 和田伸一
  • 牛ノ濱由惟
  • 小美野雅彦
  • 酒井秀基
  • 中野圭哉
  • 田中雄一
  • 伊藤智子
3月30日
第36.5話閑話:ヴェルドラ日記2 中山敦史
  • 中山敦史(ディレクター)
  • 川部智貴(ディレクター)
  • 米澤優(作画)
-6月29日
第37話訪れる者たち 清水聡中山敦史米澤優(作画)7月6日
第38話人魔会談 頂真司佐沼ケン
  • 池田結姫
  • 今門卓也
  • 村上史明
  • 水竹修治
  • 市川沙央里
伊藤智子7月13日
第39話ラミリスの報せ 小島正士東亮佑
  • 酒井KEI
  • 辻浩樹
  • 清水拓磨
  • 柿畑文乃
  • Zearth Sato
  • 王其琪
  • 徐学武
  • 酒井秀基
  • 中野圭哉
  • 伊藤智子
7月20日
第40話会議は踊る 中村良
  • 小林利充
  • Jeong Yeon soon
  • Park Hoon
  • Joung Eun joung
  • kim Yoon jung
  • 中野圭哉
  • 田中雄一
  • 山崎秀樹
  • 酒井秀基
  • 小美野雅彦
7月27日
第41話会戦前夜 清水聡藤原和々
  • 中村和代
  • 清水勝祐
  • 安達祐輔
  • 杨国福
  • 黄凤
  • 小七
  • 陈洁琼
  • 陈峰
  • 赵小玲
8月3日
第42話魔王たち 佐沼ケン
  • 池田結姫
  • 古徳真美
  • 西森有希
  • 鈴木奈都子
  • 水竹修治
伊藤智子8月10日
第43話開宴の合図 吉田泰三名和宗則
  • 菅原裕幸
  • 牛ノ濱由惟
  • 島崎望
  • 吉田竜一郎
  • 紺野美喜
  • 後藤麻梨子
  • 中野圭哉
  • 酒井秀基
  • 田中雄一
  • 山崎秀樹
  • 小美野雅彦
8月17日
第44話因縁の地で 小島正士北村将
  • 田中亜優
  • 和田伸一
  • 本田創一
  • 亀田朋幸
8月24日
第45話示指のアダルマン 清水聡深瀬重
  • 清水拓磨
  • 柿畑文乃
  • 宇津野奈緒美
  • Zearth Sato
  • 松下順子
  • 齊藤香織
  • 徐学武
  • 酒井秀基
  • 中野圭哉
  • 山崎秀樹
  • 田中雄一
  • 小美野雅彦
  • 菊地康仁
8月31日
第46話魔王達の宴 〜ワルプルギス〜 榎田敬宏
  • 竹田逸子
  • 徳永久美子
  • 沼田広
  • Lee jong kyong
  • 伊藤智子
  • 山崎秀樹
9月7日
第47話起死回生 名和宗則
  • 小菅和久
  • 牛ノ濱由惟
  • 大野勉
  • 吉田竜一郎
  • 菅原裕幸
  • 八木澤修平
  • 上村牧子
  • 関口雅浩
  • 島田英明
  • 髙井里沙
  • 酒井秀基
  • 伊藤智子
  • 中野圭哉
  • 山崎秀樹
  • 田中雄一
  • 菊地康仁
  • 小美野雅彦
9月14日
第48話八星魔王オクタグラム 江口大輔
  • 本田創一
  • 島崎望
  • 和田伸一
  • 亀田朋幸
  • 田中亜優
  • しまだひであき
  • 吉田竜一朗
  • 和島大貴
  • 髙井里沙
  • 関口雅浩
  • 牛ノ濱由惟
  • 酒井秀基
  • 伊藤智子
  • 山﨑秀樹
  • 中野圭哉
  • 田中雄一
  • 小美野雅彦
9月21日

OAD[編集]

巻数サブタイトル絵コンテ演出作画監督総作画監督
第12巻外伝:Mの悲劇? 小島正士井之川慎太郎
  • 小島彰
  • 吉田龍一郎
  • 藤田正幸
  • 和田伸一
  • 鵜池一馬
  • 門智昭
  • 清水博幸
豆塚隆
第13巻外伝:HEY!尻! 吉田泰三中田誠
  • 上原史也
  • 一芝剛志
第14巻外伝:リムルの華麗な教師生活 その1 中山敦史
  • 吉田和香子
  • 吉田龍一郎
  • 島崎望
酒井秀基
第15巻外伝:リムルの華麗な教師生活 その2     
第16巻外伝:リムルの華麗な教師生活 その3     

転生したらスライムだった件 転スラ日記[編集]

話数サブタイトル絵コンテ演出作画監督総作画監督初放送日
1日記魔物の町の住人たち
  • 生原雄次
  • 井之川慎太郎
井之川慎太郎
  • 髙井里沙
  • 森田和明
  • 高橋裕一
  • 中山みゆき
  • 紺野美喜
  • 黒川あゆみ
  • 入江篤
  • 森田和明
2021年
4月6日
2日記春の空気と
  • 井之川慎太郎
  • ロネクレア
  • 伊能章博
尋田耕輔
  • 佐藤弘明
  • シノミン
  • 古林杏子
  • 黒川あゆみ
  • しまだひであき
  • 橋本明日美
4月13日
3日記ジュラの夏
  • 井之川慎太郎
  • 登坂晋
  • 登坂晋
  • 玉田博
  • 飯塚正則
  • 関口雅浩
4月20日
4日記水着で一日 山本裕介
  • 古林杏子
  • 中山みゆき
  • 黒川あゆみ
4月27日
5日記再現ナツマツリ
  • 登坂晋
  • 清水聡
登坂晋
  • 入江篤
  • 森田和明
  • 山崎秀樹
  • 髙井里沙
5月4日
6日記うつろいかわる 小島正士深瀬重
  • 入江篤
  • 鎌田均
  • 萩原省智
  • 齊藤香織
  • 松下純子
  • 酒井啓史
  • 松村康功
  • 佐々木洋也
  • Zearth Sato
中山みゆき5月11日
7日記魔王が来た! 望月智充井之川慎太郎
  • 古林杏子
  • シノミン
  • 黒川あゆみ
  • 橋本明日美
  • 小美野雅彦
  • 酒井秀基
  • 八木澤修平
  • 菅原裕幸
  • 大平剛生
5月18日
8日記みのりの秋
  • 登坂晋
  • 松尾陽子
  • 田中タカユキ
三宅和男
  • 高岡じゅんいち
  • 菊地康仁
  • 山﨑秀樹
  • 小菅和久
  • 牛ノ濱由惟
  • 小美野雅彦
  • 島崎望
  • 橋本明日美
  • しまだひであき
  • 萩原愛紗
  • 古林杏子
  • 奈良岡光
  • 黒川あゆみ
  • 入江篤
  • 森田和明
  • 髙井里沙
5月25日
9日記冬のおとずれ 小島正士中村良
  • 小美戸幸代
  • 入江篤
6月1日
10日記魔物の町の雪化粧
  • 清水聡
  • 小島正士
佐々木勅嘉
  • 古林杏子
  • シノミン
  • しまだひであき
  • 黒川あゆみ
  • 橋本明日美
  • 菊地康仁
  • 小美野雅彦
  • 小菅和久
  • 関口雅浩
  • 大平剛生
  • 奈良岡光
  • 入江篤
  • 森田和明
  • 髙井里沙
6月8日
11日記サンタクロースはどこにいる
  • 小島正士
  • 登坂晋
  • 菊地康仁
  • 瀧原晶子
  • 本田陸
  • 関口雅浩
  • 久保光寿
  • 大平剛生
  • 西川実希
  • 橋本明日美
  • 上村牧子
  • 佐藤弘明
  • 古林杏子
  • 黒川あゆみ
  • 野田猛
  • 入江篤
  • 森田和明
6月15日
12日記正月を満喫
  • 望月智充
  • 井之川慎太郎
深瀬重
  • 菊地康仁
  • 中山みゆき
  • 関口雅浩
  • 森悦史
  • 橋本明日美
  • 佐藤弘明
  • シノミン
  • 古林杏子
  • 黒川あゆみ
  • 西川実希
  • 紺野美喜
  • 上村牧子
  • 入江篤
  • 髙井里沙
  • 森田和明
6月22日

web配信[編集]

ショートストーリー「救われるラミリス」がYouTube「BANDAI SPIRITS / バンダイスピリッツ」チャンネルより配信されている。

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 本編第1期 放送期間および放送時間[37]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [38] 備考
2018年10月2日 - 2019年3月26日 火曜 0:00 - 0:30(月曜深夜) TOKYO MX 東京都
BS11 日本全域 製作参加 / BS放送 / 『ANIME+』枠
火曜 1:00 - 1:30(月曜深夜) テレビ神奈川 神奈川県
2018年10月3日 - 2019年3月27日 水曜 3:30 - 4:00(火曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 アニメ特区』第3部
日本国内 インターネット / 本編第1期 放送期間および放送時間[37]
配信開始日 配信時間 配信サイト
2018年10月3日 水曜 12:00 更新
水曜 23:00 - 23:30 ニコニコ生放送
2018年10月10日 水曜 12:00 更新
日本国内 テレビ / 本編第2期・「転スラ日記」 放送期間および放送時間[5]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [38] 備考
2021年1月12日 - 9月21日 火曜 23:00 - 23:30 TOKYO MX 東京都
火曜 23:30 - 水曜 0:00 BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2021年1月13日 - 9月22日 水曜 3:30 - 4:00(火曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 『アニメ特区』第3部
水曜 2:05 - 2:35(火曜深夜) テレビ愛知 愛知県
水曜 1:35 - 2:05(火曜深夜) テレビ北海道 北海道
水曜 3:05 - 3:35(火曜深夜) TVQ九州放送 福岡県
水曜 0:00 - 0:30(火曜深夜) とちぎテレビ 栃木県
水曜 0:30 - 1:00(火曜深夜) 群馬テレビ 群馬県
水曜 21:30 - 22:00 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり[39]
2021年1月16日 - 9月25日 土曜 1:55 - 2:25(金曜深夜) テレビユー福島 福島県 [39]
土曜 21:00 - 21:30 アニマックス 日本全域 BS/CS放送[39]
第2期第1部(1月 - 3月)、「転スラ日記」(4月 - 6月)、第2期第2部(7月 - 9月)の順に9か月連続放送。

BD / DVD[編集]

BD[編集]

発売日 収録話 規格品番
第1期[40]
1 2019年1月29日 第1話 - 第6話 BCXA-1411
2 2019年3月26日 第7話 - 第12話 BCXA-1412
3 2019年5月24日 第13話 - 第18話 BCXA-1413
4 2019年7月26日 第19話 - 第24話
閑話:ヴェルドラ日記
BCXA-1414
第2期[41]
1 2021年3月26日 第25話 - 第30話
閑話:ヒナタ・サカグチ
BCXA-1609
2 2021年5月26日 第31話 - 第36話 BCXA-1610
3 2021年9月28日 第37話 - 第42話 BCXA-1611
4 2021年11月26日予定 第43話 - 第48話 BCXA-1612
転スラ日記[41]
1 2021年6月25日 第1話 - 第6話 BCXA-1613
2 2021年8月27日 第7話 - 第12話 BCXA-1614

DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
第1期[40]
1 2019年1月29日 第1話 - 第3話 BCBA-4931
2 2019年2月26日 第4話 - 第6話 BCBA-4932
3 2019年3月26日 第7話 - 第9話 BCBA-4933
4 2019年4月26日 第10話 - 第12話 BCBA-4934
5 2019年5月24日 第13話 - 第15話 BCBA-4935
6 2019年6月25日 第16話 - 第18話 BCBA-4936
7 2019年7月26日 第19話 - 第21話 BCBA-4937
8 2019年8月27日 第22話 - 第24話
閑話:ヴェルドラ日記
BCBA-4938
第2期[41]
1 2021年3月26日 第25話 - 第27話
閑話:ヒナタ・サカグチ
BCBA-5037
2 2021年4月27日 第28話 - 第30話 BCBA-5038
3 2021年5月26日 第31話 - 第33話 BCBA-5039
4 2021年6月25日 第34話 - 第36話 BCBA-5040
5 2021年9月28日 第37話 - 第39話 BCBA-5041
6 2021年10月27日 第40話 - 第42話 BCBA-5042
7 2021年11月26日 第43話 - 第45話 BCBA-5043
8 2021年12月24日 第46話 - 第48話 BCBA-5044
転スラ日記[41]
1 2021年6月25日 第1話 - 第3話 BCBA-5045
2 2021年7月28日 第4話 - 第6話 BCBA-5046
3 2021年8月27日 第7話 - 第9話 BCBA-5047
5 2021年9月28日 第10話 - 第12話 BCBA-5048

Webラジオ[編集]

  • 転生したらスライムだった件 ジュラの森放送局
2018年9月27日から2019年4月4日まで毎週木曜日にHiBiKi Radio StationとFRESH LIVE響チャンネルより配信されていた。パーソナリティーはリムル役の岡咲美保とリグルド役の山本兼平[42]
  • 転生したらスライムだった件 ~転スラジオ~
2022年3月31日より超!A&G+にて毎週木曜21:00-21:30に配信される。パーソナリティはリムル役の岡咲美保。アシスタントはエレン役の熊田茜音。BS11公式YouTubeチャンネルにもアーカイブ配信される[43]

Web動画[編集]

「ヴェルドラのスライム観察日記 番外編」

スーモとのコラボ企画「転居するならスーモだった件」として配信のコラボ動画。大賢者のコメントで進むため音声や動きはほぼない。

話数 サブタイトル 配信日
第1回 ヴェルドラの悩み 2020年
2月18日
第2回 イフリートの悩み 2月21日
第3回 ルームシェアする人の話し合い 2月26日

劇場アニメ[編集]

劇場アニメ『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』が2022年11月に公開予定[44]

テレビアニメ第2期第2部放送後の2021年9月21日に制作が発表され、同時にティザービジュアルと特報動画が公開された[45]。物語は原作の伏瀬による完全新作ストーリーとなる[44]

スタッフ(劇場アニメ)[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、本ランキングではゲームや映画のチケット、デジタル版の売上は反映されていない[20]

出典[編集]

  1. ^ a b “転生したらスライムだった件:テレビアニメで櫻井孝宏がディアブロに 「外伝:黒と仮面」と閑話「ヴェルドラ日記」が3月放送”. MANTANWEB. (2019年1月14日). https://mantan-web.jp/article/20190113dog00m200030000c.html 2019年1月14日閲覧。 
  2. ^ a b アニメ『転生したらスライムだった件』10月放送決定 追加キャストに柳田淳一&小林親弘”. ORICON NEWS (2018年7月26日). 2018年7月26日閲覧。
  3. ^ 『転生したらスライムだった件』読売新聞に登場!ヨウム役は細谷佳正に決定”. コミックナタリー (2018年11月26日). 2018年11月26日閲覧。
  4. ^ a b c d アニメ『転生したらスライムだった件』第2期および「転スラ日記」放送延期”. コミックナタリー (2020年5月28日). 2020年5月28日閲覧。
  5. ^ a b TVアニメ第2期&TVアニメ転スラ日記 放送情報を発表!”. 『転生したらスライムだった件』 (2020年9月26日). 2020年9月28日閲覧。
  6. ^ アニメ『転生したらスライムだった件』特集 伏瀬(原作者)×寺島拓篤(OPアーティスト)対談”. コミックナタリー (2018年11月19日). 2018年11月21日閲覧。
  7. ^ アニメ『転生したらスライムだった件』特集 伏瀬(原作者)×寺島拓篤(OPアーティスト)対談 (2/3)”. コミックナタリー (2018年11月19日). 2018年11月21日閲覧。
  8. ^ アニメ『転生したらスライムだった件』特集 伏瀬(原作者)×寺島拓篤(OPアーティスト)対談 (3/3)”. コミックナタリー (2018年11月19日). 2018年11月21日閲覧。
  9. ^ a b c d e 伏瀬 (2019年3月20日). “裏話”. 小説家になろう. 2019年3月22日閲覧。
  10. ^ 『転生したらスライムだった件』に「ロードス島戦記」風エルフが登場!? 思わずアラフォーオタクが反応!”. おたぽる (2018年10月23日). 2018年10月28日閲覧。
  11. ^ 櫻井孝宏が「転スラ」新キャラで出演&第24話外伝ストーリーの先行上映会が決定!!最終話後の展開も発表に”. ザテレビジョン (2019年1月14日). 2019年3月21日閲覧。
  12. ^ 『転生したらスライムだった件』原作・伏瀬書き下ろし!シズ&ディアブロの邂逅描く 第24話先行カット”. アニメ!アニメ! (2019年3月18日). 2019年3月21日閲覧。
  13. ^ 『転生したらスライムだった件』第24話は原作者書き下ろしストーリー 続編への期待高まる”. ABEMA (2019年3月20日). 2019年3月21日閲覧。
  14. ^ 閑話: ヴェルドラ日記|アニメ”. TOKYO MX (2020年3月21日). 2022年1月8日閲覧。
  15. ^ 『転生したらスライムだった件』今秋TVアニメ化!スライムが冒険するティザーPVも(動画あり)”. コミックナタリー (2018年3月9日). 2018年3月9日閲覧。
  16. ^ STAFF & CAST”. TVアニメ『転生したらスライムだった件』公式サイト. 2019年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月22日閲覧。
  17. ^ a b バンダイナムコアーツ講談社マイクロマガジン社BANDAI SPIRITS日本BS放送ADKマーケティング・ソリューションズソニー・ミュージックソリューションズエイトビット
  18. ^ “Japan's Animation Blu-ray Disc Ranking, January 28-February 3”. Anime News Network. (2019年2月5日). https://www.animenewsnetwork.com/news/2019-02-05/japan-animation-blu-ray-disc-ranking-january-28-february-3/.143018 2021年12月31日閲覧。 
  19. ^ “Japan's Animation Blu-ray Disc Ranking, March 25-31”. Anime News Network. (2019年4月2日). https://www.animenewsnetwork.com/news/2019-04-02/japan-animation-blu-ray-disc-ranking-march-25-31/.145304 2021年12月31日閲覧。 
  20. ^ a b “Top-Selling Media Franchises in Japan: 2018”. Anime News Network. (2018年11月23日). https://www.animenewsnetwork.com/news/2018-12-19/top-selling-media-franchises-in-japan-2018/.141064 2021年12月31日閲覧。 
  21. ^ a b “アニメ化効果は最大5.9倍!2018年秋アニメの原作コミック売上ランキングベスト5”. ほんのひきだし. (2021年4月15日). https://hon-hikidashi.jp/enjoy/67378/ 2021年12月31日閲覧。 
  22. ^ “『転生したらスライムだった件』第2期も好調 異色な主人公・リムルの魅力に迫る”. Real Sound. (2021年7月10日). https://realsound.jp/movie/2021/07/post-810218_2.html 2021年12月30日閲覧。 
  23. ^ “声優 岡咲美保、『転スラ』『シャニマス』などでの多彩な演技力と歌声 今後の活躍を占う”. Real Sound. (2021年4月7日). https://realsound.jp/2021/04/post-736703.html 2021年12月30日閲覧。 
  24. ^ a b c d “『転スラ』なぜ人気シリーズに? キャラの深部を描く物語の魅力”. Real Sound. (2021年8月29日). https://realsound.jp/movie/2021/08/post-847204_2.html 2021年12月30日閲覧。 
  25. ^ “「転スラ」が驚異の3冠!“2018年に1番○○だったアニメ”決める「dアニメストアアワード」発表”. アニメ!アニメ!. (2019年2月1日). https://animeanime.jp/article/2019/02/01/43135.html 2021年12月31日閲覧。 
  26. ^ “海外のアニメファンが選ぶ2018年のベストアニメが発表!第3回Crunchyrollアニメアワード結果”. IGN Japan. (2019年2月18日). https://jp.ign.com/devilman-crybaby/33255/news/20183crunchyroll 2021年12月31日閲覧。 
  27. ^ “Re:ゼロ、転スラ、ゆるキャン……ABEMAおすすめアニメ、視聴&コメント数ランキング発表!”. Real Sound. (2021年4月15日). https://realsound.jp/tech/2021/04/post-742503.html 2021年12月31日閲覧。 
  28. ^ “2021年夏アニメ、累計視聴数部門トップは『東京リベンジャーズ』コメント数は『アイドリッシュセブン Third BEAT!』が最多!「ABEMA」が中間ランキングを発表”. 超!アニメディア. (2021年4月15日). https://cho-animedia.jp/article/2021/08/29/27212.html 2021年12月31日閲覧。 
  29. ^ アニメ『転生したらスライムだった件』OPは寺島拓篤の新曲”. コミックナタリー (2018年6月26日). 2018年6月26日閲覧。
  30. ^ a b オープニング・エンディング主題歌第二弾決定!”. TVアニメ『転生したらスライムだった件』公式サイト (2018年11月14日). 2018年11月14日閲覧。
  31. ^ アニメ『転生したらスライムだった件』ED曲はTRUEが担当、先行上映会にも出演”. コミックナタリー (2018年7月29日). 2018年7月29日閲覧。
  32. ^ a b 2021年1月13日(水) Release「転生したらスライムだった件 第2期」オープニング主題歌「Storyteller」アーティスト写真・JK写真・ティザー映像公開!!”. TRUE Official Website. 2020年11月9日閲覧。
  33. ^ 夏アニメ『転スラ 第2期』MindaRynが第2弾OP主題歌を担当、コメ到着!”. アニメイトタイムズ (2021年5月16日). 2021年5月16日閲覧。
  34. ^ TVアニメ『転生したらスライムだった件 第2期』第2弾エンディング主題歌が決定! エンディング主題歌は寺島拓篤が担当!”. 「転生したらスライムだった件」 (2021年5月16日). 2021年5月16日閲覧。
  35. ^ 熊田茜音|4月クールのTVアニメ2作品のオープニング主題歌を担当!両A面シングル発売決定!”. ランティス (2021年2月10日). 2021年2月10日閲覧。
  36. ^ a b TVアニメ『転生したらスライムだった件 転スラ日記』エンディング主題歌 カモナ・テンペスト! / おやすみオレンジ”. 「転生したらスライムだった件」 (2021年4月9日). 2021年4月13日閲覧。
  37. ^ a b ON AIR”. TVアニメ『転生したらスライムだった件』公式サイト. 2018年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月22日閲覧。
  38. ^ a b テレビ放送対象地域の出典:
  39. ^ a b c 放送情報追加”. 「転生したらスライムだった件」 (2020年12月4日). 2020年12月4日閲覧。
  40. ^ a b BD&DVD”. TVアニメ『転生したらスライムだった件』公式サイト. 2020年3月22日閲覧。
  41. ^ a b c d 転生したらスライムだった件 Blu-ray&DVD”. A-on STORE. バンダイナムコアーツ. 2020年12月25日閲覧。
  42. ^ 『転生したらスライムだった件』10月1日放送開始、追加キャストに田中理恵ら”. コミックナタリー (2018年8月25日). 2018年8月25日閲覧。
  43. ^ 岡咲美保さん、熊田茜音さん出演「転スラ」のラジオ番組がスタート!メール募集中です”. 文化放送 (2022年3月25日). 2022年3月25日閲覧。
  44. ^ a b 「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」11月全国ロードショー決定!”. 【公式】「劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編」 (2022年3月3日). 2022年3月3日閲覧。
  45. ^ 劇場版『転生したらスライムだった件』制作決定!2022年秋公開!! リムルたちが集結したティザービジュアル&特報解禁”. アニメイトタイムズ (2021年9月21日). 2021年12月31日閲覧。
  46. ^ a b c d 『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』2022年11月公開決定、予告編&キービジュアル第1弾解禁! 劇場版オリジナルキャラのビジュアルも公開”. アニメイトタイムズ (2022年3月3日). 2022年3月3日閲覧。

外部リンク[編集]