シャインポスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャインポスト
ジャンル アイドル
小説
著者 駱駝
イラスト ブリキ
出版社 KADOKAWA
レーベル 電撃文庫
刊行期間 2021年10月8日 -
巻数 既刊1巻(2021年10月現在)
アニメ
原作 コナミデジタルエンタテインメント
ストレートエッジ
監督 及川啓
シリーズ構成 SPP
脚本 駱駝、樋口達人
キャラクターデザイン 長田好弘
アニメーション制作 スタジオKAI
放送局 未定
放送期間 2022年夏 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベルアニメゲーム漫画
ポータル 文学アニメゲーム漫画

シャインポスト』(英:SHINE POST)は、コナミデジタルエンタテインメントストレートエッジが共同で手掛けるメディアミックス作品。駱駝が執筆したライトノベルを原作とし、アニメ、ライブ、ゲームなど複数の媒体で展開される[1]

三木一馬によると、三木がKADOKAWAを退職した頃の石原明広との食事の際に石原がアイドルオタクという話になって意気投合したことが、企画が生まれるきっかけになったという[2]

駱駝については、本作はアクションやシリアスなストーリーを描くのが得意な作家よりも、現代劇が上手かったりコメディーパートが面白かったりする作家の方が適しているという判断や、速筆であることから起用された[2]

駱駝は、石原明広の監修のもと、どこまで非現実的なことを描いていいのかの塩梅に悩み、御時世的にソロのアイドルが売れることはほぼ不可能だと考えていたが、エンタメを重視して、今の時代に松田聖子のような絶対的なアイドルがいる、ifの世界として設定した[2]

あらすじ[編集]

アイドルユニット『TiNgS』のメンバーである玉城杏夏、青天国春、聖舞理王は、「世界中の人達にアイドルを大好きになってほしい!そのための輝く道標…。それが、シャインポストだよ!」という言葉から大きな夢を抱くが、小さい成果だけしか出すことができなかった。この3人の救いの手として準備されていたのは最強マネージャーだったはずが、「僕、マネージャーはやらないよ」という言葉で現れた、やる気のないような雰囲気が見られた日生直輝だった。しかし、直輝は特別な力を一つ備えていた。アイドルを絶対目指そうとする、光り輝く君と少女たちのストーリーが開幕する[3]

登場人物[編集]

TiNgS[編集]

青天国 春(なばため はる)
声 - 鈴代紗弓[4]
年齢:16歳/誕生日:4月28日/身長:160cm/血液型:A型
芸能事務所「ブライテスト」所属。普段は三つ編み眼鏡の姿であり、どんな時であっても前向きな元気っ娘であり、メンバー想いである[1]
駱駝は春について、『美少女戦士セーラームーン』の月野うさぎのような「ちょっとドジだけど、明るく前向きにみんなを引っ張っていく正統派の主人公像」を目指し、名前は「明るく元気な青春を過ごす」という意味を込め、並べ替えると「青春天国」になるため設定した[2]
玉城 杏夏(たまき きょうか)
声 - 蟹沢萌子[4]
年齢:15歳/誕生日:1月17日/身長:158cm/血液型:A型
安定した歌唱力およびダンス力でユニットを支えている。性格は冷静で、可愛い外見とは似合っていないタイプである。時折メンバー、および直輝に厳しい発言を出すこともある[1]
駱駝は杏夏について、「ちゃんとアイドルとして目立ちたい」という気持ちを持ち、いざ芸能界に飛び込んでみて、世の中の厳しい現実につまずいたりするような、葛藤を抱えた、性格的には比較的リアルに寄せたものとして設定した[2]。名前については、アイドルの知識があれば意味がわかるとコメントしている[2]
聖舞 理王(せいぶ りお)
声 - 夏吉ゆうこ[4]
年齢:14歳/誕生日:9月23日/身長:155cm/血液型:AB型
結構な調子者であり、根拠なき絶対の自信を持っている。また、性格が素直すぎるという観点から、すぐに騙されることがよくある[1]
駱駝は理王について、春や杏夏との対比として、「これぞラノベのヒロイン!」というような、一番オタク受けしそうなキャラクターとして設定した[2]
日生 直輝(ひなせ なおき)
TiNgSの人気向上のために用意されたマネージャー。
駱駝は直輝について、『俺を好きなのはお前だけかよ』の主人公であるジョーロと比較して、丸い人物になるよう、スペックは高い主人公にしつつ前に出過ぎないように、特に恋愛的な描写を入れないように意識して設定した[2]

ゆきもじ[編集]

祇園寺 雪音(ぎおんじ ゆきね)
声 - 長谷川里桃[4]
年齢:16歳/誕生日:8月8日/身長:164cm/血液型:AB型
熱血タイプである少女。両親は共に名のある俳優であり、自身も優れた演技力を持っている[1]
伊藤 紅葉(いとう もみじ)
声 - 中川梨花[4]
年齢:14歳/誕生日:8月15日/身長:146cm/血液型:A型
芸能事務所「ブライテスト」所属。ダンスの実力は光一であるが、理王が言うには「戦慄するバカ」のレベルであるらしいとしている[1]

小説[編集]

2021年10月より『電撃文庫』(KADOKAWA)から刊行。『月刊コミックアライブ』(同社)ではコミカライズ作品が連載予定[1]

駱駝は、本作はメディアミックス作品であるため、最終的にはライトノベルを普段は読まない人が買うことを想定し、ライトノベルを読み慣れていない人でも読みやすいように、王道を意識して執筆している[2]。また本作を執筆するにあたって、昔のアイドルのバラエティ番組や、ライブ映像などを参考にした[2]。駱駝は初稿は「クソつまんなかった」と自評し、『俺を好きなのはお前だけかよ』の担当編集者の三木一馬からもダメ出しを受けたが、直してからは面白いと思えるようになったという[2]。また、映像がないため、ライブシーンを文字で表現することに一番苦労したという[2]

  • 駱駝(著)・ブリキ(イラスト)、KADOKAWA電撃文庫〉、既刊1巻(2021年10月8日現在)
    1. 『シャインポスト ねえ知ってた? 私を絶対アイドルにするための、ごく普通で当たり前な、とびっきりの魔法』、2021年10月8日発売[5]ISBN 978-4-04-914044-6

テレビアニメ[編集]

2022年夏より放送予定[1]。監督やアニメーター陣、制作スタジオは『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』の制作スタッフ陣が担当している[6]

スタッフ[編集]

ゲーム[編集]

コナミデジタルエンタテインメントよりリリース予定。石原明広がプロデューサーを務める[1]

出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]