シキザクラ (テレビアニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シキザクラ
ジャンル アクションSF
アニメ
原作 サブリメイション
総監督 須貝真也
監督 黒﨑豪
シリーズ構成 永川成基
キャラクターデザイン 中武学
音楽 chick tack corea
アニメーション制作 サブリメイション
製作 シキザクラ製作委員会
放送局 中京テレビ放送
発表期間 2021年10月 -
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

シキザクラ』は、サブリメイション制作の日本テレビアニメオリジナルアニメとして、2021年10月[注 1]より中京テレビで放送予定[1]

異界から現れ人を襲う『オニ』と彼らに対抗するため特殊なパワードスーツを着用した少年少女のチームが、世界を救う巫女を守るために戦うSFバトルアクションである。

企画・制作[編集]

2017年に若者向けのポップカルチャー事業に取り組もうとした中京テレビが中心となって企画した『ナゴヤアニメプロジェクト!』の一環として制作を開始[2]。テレビアニメがほとんど東京で制作している現状があるために地元で就職できない学生が多いことを踏まえ、地元発のアニメ制作が定着すれば、他の放送局や制作会社が参入[注 2]し、やがて地域産業となることを考慮して進められており、「ビジネスというより、名古屋発のカルチャーを応援したい会社が集まった。名古屋がアニメ好きの人たちの楽しめるエリアになれば」と中京テレビのテレビビジネス推進局の河原理雄が語っている。後に制作に関わるサブリメイションが2016年に名古屋にスタジオを開設したことも後押しになった[2]

特徴として、東海3県愛知県岐阜県三重県)を舞台にし、作中のキャラクターも方言を使う、キャスト(出演声優)も地元出身など地方が舞台ということにこだわったものになっている。制作当初はロボットアニメとして展開しようとしていた[3]ものの、パワードスーツを着用する案に変更された[4]。また、全編フルCGによる制作でもある。

2018年7月にタイトル発表[5]。当初は2019年度の完成を目指していた[6]が、2020年[7]→2021年と延期に延期を重ねる結果となった。なお、企画制作の過程は『Locipo[注 3]で配信されている。

2020年6月、ZIP-FMで放送されている『GENZ』とのコラボを発表した。この中で、『GENZ』に出演している野田つばさおよび石井七瀬、さらにZIP-FMナビゲーターの中川大輔が声優として本アニメに出演することが発表された[8]。なお、石井七瀬は『シキザクラ』公式Twitterの中の人を担当している[9]

あらすじ[編集]

高校生の三輪翔は、世界を救うことのできる巫女の明神逢花と出会い、異世界から現れたヒトを食らうオニとの戦いに巻き込まれる。また、翔はひょんなことから古代の秘術と最新技術が融合したパワードスーツのヨロイを身にまとい、逢花を守るヒーローになるため、パワードスーツをまとう少年少女のチームと共に戦うことになる。

登場人物[編集]

三輪翔(みわ かける)
声 - 野田雄大[10]
本作の主人公。高校生。愛知県出身。
逢花と出会ったことで、彼女を守るヒーローとなる決意を固める。
明神逢花(みょうじん おうか)
声 - 茉白実歩[10]
本作のヒロイン。愛知県出身。
現世を救うための儀式を執り行える巫女。
永津吉平(ながつ きっぺい)
声 - 中元大介[10]
翔の親友。高校生。愛知県出身。
服部涼(はっとり りょう)
声 - 水上翔斗[10]
逢花のボディーガード。三重県出身。
成瀬楓(なるせ かえで)
声 - 坂崎絵理[10]
岐阜県出身。
山田春子(やまだ はるこ)
声 - 落合菜月[10]
楓の幼馴染み。岐阜県出身。
イバラ
声 - 米山伸伍[10]
古代の秘術と最新技術が融合したパワードスーツ『ヨロイ』。記憶のほとんどを失っている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「BELIEVE MYSELF」[12]
亜咲花が作詞・歌唱するオープニングテーマ。

この他、エンディングテーマにはMay'nの楽曲が使用されることが発表されている[1]

Webラジオ[編集]

シキザクラジオ』は、シキザクラ公式Twitter上で配信されているインターネットラジオ番組。2020年4月24日より配信開始[13]。毎回シキザクラに出演する声優や制作陣を招きトークを展開する。パーソナリティVTuberキミノミヤ[13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ シキザクラ公式ツイッターより
  2. ^ ただし既に在名各局は東京制作ながらテレビアニメ制作に参入している。
  3. ^ 配信当初は『Chuun』。

出典[編集]

  1. ^ a b “東海エリア発アニメ「シキザクラ」ED担当はMay'n「名古屋人として嬉しいです!」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年12月30日). https://natalie.mu/comic/news/410878 2020年12月30日閲覧。 
  2. ^ a b 「春に咲け!名古屋発アニメ」 - 2020年5月23日付 中日新聞朝刊13面(カルチャー欄)より
  3. ^ アニメ制作の裏側全部見せます!#13 監督とプロット案会議 - 2017年7月31日配信『ナゴヤアニメプロジェクト!』(Locipo中京テレビ)より
  4. ^ アニメ制作の裏側全部見せます!#14 プロット&キャラデザ修正 - 2017年8月7日配信『ナゴヤアニメプロジェクト!』(Locipo中京テレビ)より
  5. ^ 2019年7月21日の公式ツイートより
  6. ^ アニメ制作の裏側全部見せます!#1 ナゴヤでアニメを作る!? - 2017年5月11日配信『ナゴヤアニメプロジェクト!』(Locipo中京テレビ)より
  7. ^ 中京テレビが、アニメ「シキザクラ製作委員会」に参加、初めてアニメ製作を行う事を決定!2020年中の放映を目指し、東海エリアで初めてのテレビシリーズ(30分12話)アニメ制作となります。 - 2020年10月1日付 中京テレビ放送プレスリリースより
  8. ^ 2020年6月11日の公式ツイートより
  9. ^ 2020年6月10日の公式ツイートより
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t STAFF/CAST”. 『シキザクラ』公式サイト. 2020年12月30日閲覧。
  11. ^ 2019年7月29日の公式ツイートより
  12. ^ “「シキザクラ」亜咲花のOP主題歌「BELIEVE MYSELF」解禁、戦闘シーン描く新PVで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年7月28日). https://natalie.mu/comic/news/389406 2020年7月28日閲覧。 
  13. ^ a b シキザクラジオ#1”. シキザクラ【公式】 (2020年4月24日). 2020年7月14日閲覧。

関連項目[編集]

  • YO!YO!YOSUKE - 『ナゴヤアニメプロジェクト!』企画に参加。制作過程の配信番組の司会役

外部リンク[編集]