プロダクション・アイジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Production I.Gから転送)
移動先: 案内検索
株式会社プロダクション・アイジー
Production I.G., Inc.
Production I.G Logo.jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
180-0006
東京都武蔵野市中町二丁目1番9号
設立 2007年(平成19年)11月1日
(分割新設による)
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションを主体とした映像作品の企画・制作および版権管理
代表者 代表取締役社長 石川光久
資本金 1,000万円
売上高 40億5,700万円(2014年5月期)
従業員数 120名(2015年4月現在)
決算期 5月
主要株主 株式会社IGポート 100%
外部リンク http://www.production-ig.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社プロダクション・アイジー: Production I.G., Inc.)は、IGポートグループの日本アニメ制作会社日本動画協会正会員。

概要[編集]

東京都武蔵野市に本社・スタジオ、東京都国分寺市内にスタジオ、東京都府中市に実写撮影スタジオ「Studio iG(旧FIX STUDIO)」ならびに3DCGスタジオ「IGFX」、さらに新潟県新潟市西区に作画スタジオを構える。

1987年(昭和62年)に「有限会社アイジータツノコ」を設立。1993年(平成5年)に「有限会社プロダクション・アイジー」に商号変更[1]。設立からしばらくはOVA(オリジナルビデオアニメ)、アニメ映画ビデオゲーム用アニメなどを制作の中心にしてきたが押井守監督の劇場映画作品を制作し、ヒットさせた事で日本国内だけでなく海外での知名度も高まり企業としての規模も拡大した。1998年(平成10年)に増資して「株式会社プロダクション・アイジー」(旧)となる[1]。テレビシリーズは主に子会社のジーベックが制作し、プロダクション・アイジーはアニメ映画の制作を主としていたが、2001年(平成13年)よりテレビシリーズの元請制作にも進出。

2007年(平成19年)11月、持株会社体制への移行に伴い「株式会社IGポート」に商号を変更し、「株式会社プロダクション・アイジー」(新)を分割新設して主力事業を承継した[1]IGポート持株会社として、プロダクション・アイジー、ジーベックマッグガーデンウィットスタジオシグナル・エムディを傘下とし、グループ企業全体の事業展開・経営管理・資産運用管理を行っている。

設立の経緯[編集]

テレビアニメ『赤い光弾ジリオン』を制作した「竜の子制作分室」に揃ったスタッフを分散させるのを惜しんで、制作プロデューサーとして同分室を率いた石川光久が、同じフロアを間借りしていた後藤隆幸率いる「鐘夢」(チャイム)を合併。京都アニメーションの援助を受けて[2]、「有限会社アイジータツノコ」を1987年(昭和62年)12月15日に設立。出資者は、石川、後藤、八田英明(京都アニメーション代表取締役)、タツノコプロなどである。

伊吹眞(西堀ひろみ)、内田哲夫らが設立の中心スタッフである。アニメーターはフリーで参加する形となり、次いでフリーで「銀河帝国」(後に解散。一時期子会社であったビィートレインの代表取締役である真下耕一も所属)で制作を行っていた三本隆二と坂部久明、スタジオ・ムーのアニメーター黄瀬和哉らが追って参加した。

設立当初はシンエイ動画のテレビシリーズを始め、マッドハウスの『銀河英雄伝説』やスタジオディーンのOVA『機動警察パトレイバー』の制作協力を行っていた。しかし、下請け続きの仕事では管理費が取れないと思った石川は、シンエイ動画の下請けを持続させた形で元請制作に乗り出した。

その後は『赤い光弾ジリオン 歌姫夜曲』を皮切りに数多くの劇場映画やOVAを制作した。特に初期は貞光紳也西久保瑞穂、黄瀬和哉らが先陣を切ってアイジー作品をサポートしていた。

社名の由来[編集]

"IG" という社名は、社長の石川と副社長の後藤のイニシャルから命名したものである。

I.Gタツノコ時代、タツノコの名前を入れたのは金融機関の理解を得るためと、分派したことによってタツノコプロと喧嘩したくなかったためだったとされる[3]。石川は「タツノコ」というネーミングにこだわりを感じており、今までお世話になったタツノコプロへの恩返しのつもりで入れたと語っている。タツノコの名前があったことは社会的な信用も得ることにも繋がった。

設立時にタツノコプロから資本金2割の出資を受けていたものの、当時苦境にあったタツノコプロは積極的にI.Gタツノコに仕事を回すだけの余裕がなかった。しかしながらその「タツノコ」と名のついた会社名であるためタツノコプロの関連会社と勘違いする人が増えてきた。そういった勘違いによる不快感が徐々にスタッフ(特に制作進行や制作デスク)に現れ出し、また業績が盛り返したタツノコプロ側からの要請もあり、社名から「タツノコ」の名を外す動きが始まる。石川は名前を変えることにショックを受けていたが、受諾し社名変更に至った。この社名変更と同時に、タツノコプロと京都アニメーションから受けていた資本金も返上している。

2010年(平成22年)、プロダクションI.Gがタツノコプロの株を取得し資本関係が復活。石川が同社非常勤取締役に就任した[4]

制作部・制作課[編集]

制作部は10のスタジオ(第1-2は制作課、第3-10はプロデュース課)とシステム管理・開発課で構成されている(2011年時点)。

各スタジオは2007年から○○課(○○課スタジオ)と呼ばれている、これは『攻殻機動隊』における○○課にちなんだものである。また、社屋移転に伴いコスト管理体制の強化から制作部を2部体制に変更。内訳は制作1部(制作課・プロデュース3,4,10課・システム管理・開発課,6課閉鎖)、制作2部(プロデュース5,7,8,9課)となっている。

これまで担当スタジオは各作品のサイトやブログ等で語られる程度であったが、2011年製作のオリジナルテレビアニメ『ギルティクラウン』では6課が初めてスタジオ名を表記した。6課ではその後一部スタッフが独立しウィットスタジオを設立した。また、8課はJe t'aimeにおいて社名クレジットの上に8を模したマークを掲げている。

沿革[編集]

制作作品[編集]

テレビアニメ[編集]

放映年 タイトル 備考
1987年 エスパー魔美 各話制作協力、元請: シンエイ動画、I.Gタツノコ時代
1989年 チンプイ
1991年 21エモン
1992年 クレヨンしんちゃん 各話制作協力、元請: シンエイ動画、 - 2014年
1994年 ブルーシード 共同制作: 葦プロダクション
1995年 新世紀エヴァンゲリオン 各話制作協力、元請: タツノコプロガイナックス
1999年 スージーちゃんとマービー 各話制作協力、元請: ジーベック
週刊ストーリーランド 各話制作協力、元請: シンエイ動画
2000年 メダロット魂 アニメーション制作協力、元請: トランス・アーツ
ラブひな 各話制作協力、元請: ジーベック
2001年 テイルズ オブ エターニア THE ANIMATION 制作協力、元請: ジーベック
地球少女アルジュナ 各話制作協力、元請: サテライト
パラッパラッパー 制作協力、元請: ジェー・シー・スタッフ
テニスの王子様 アニメーション制作協力、元請: トランス・アーツ
バンパイヤン・キッズ
2002年 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
シャーマンキング 各話制作協力、元請: ジーベック
あずまんが大王 各話制作協力、元請: ジェー・シー・スタッフ
カレイドスター 制作協力、元請: GONZO DIGIMATION
2003年 魁!!クロマティ高校
AVENGER 制作協力、元請:ビィートレイン
2004年 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG
風人物語
お伽草子
2005年 BLOOD+
IGPX
韋駄天翔 アニメーション制作協力、元請: トランス・アーツ
2006年 xxxHOLiC
シュヴァリエ 〜Le Chevalier D'Eon〜
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society
2007年 REIDEEN
精霊の守り人
ウエルベールの物語 〜Sisters of Wellber〜
天才? Dr.ハマックス 制作協力、元請: トランス・アーツ
神霊狩/GHOST HOUND
2008年 ウエルベールの物語 第二幕
RD 潜脳調査室
xxxHOLiC◆継
図書館戦争
ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜
無限の住人 制作協力、元請: ビィートレイン
2009年 獣の奏者 エリン 共同制作: トランス・アーツ
WHITE ALBUM 各話制作協力、元請: セブン・アークス
戦国BASARA
東のエデン
君に届け
2010年 書家
戦う司書 The Book of Bantorra 各話制作協力、元請: デイヴィッドプロダクション
戦国BASARA弐
伝説の勇者の伝説 各話制作協力、元請: ゼクシズ
あそびにいくヨ! 各話制作協力、元請: AIC
2011年 君に届け 2ND SEASON
よんでますよ、アザゼルさん。
もしドラ
異国迷路のクロワーゼ The Animation 各話制作協力、元請: サテライト
うさぎドロップ
BLOOD-C
ギルティクラウン
未来日記 各話制作協力、元請: アスリード
侵略!?イカ娘 各話制作協力、元請: ディオメディア
2012年 輪廻のラグランジェ 制作協力、元請: ジーベック
新テニスの王子様 共同制作: エム・エス・シー
Another 各話制作協力、元請: ピーエーワークス
黒子のバスケ(第1期)
シャイニング・ハーツ 〜幸せのパン〜
PSYCHO-PASS サイコパス
ROBOTICS;NOTES
2013年 よんでますよ、アザゼルさん。Z
進撃の巨人 制作協力、元請: ウィットスタジオ
翠星のガルガンティア
げんしけん 二代目
ポケットモンスター THE ORIGIN 共同制作: オー・エル・エム、ジーベック
黒子のバスケ(第2期)
ダイヤのA(第1期) 共同制作: マッドハウス
2014年 ピカイア! 共同制作: オー・エル・エム
ハイキュー!!
攻殻機動隊入門あらいず
アオハライド
2015年 純潔のマリア
黒子のバスケ(第3期)
ダイヤのA-SECOND SEASON- 共同制作: マッドハウス
ハイキュー!! セカンドシーズン
進撃!巨人中学校
2016年 甲鉄城のカバネリ 制作協力、元請: ウィットスタジオ
ジョーカー・ゲーム
攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE
ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校

アニメ映画[編集]

公開年 タイトル 備考
1989年 機動警察パトレイバー the Movie 制作協力、元請: スタジオディーン
1990年 「エイジ」
1991年 アルスラーン戦記 制作協力、元請: アニメイトフィルム
1992年 風の大陸
1993年 機動警察パトレイバー 2 the Movie
1995年 GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊
1997年 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生 共同制作: ガイナックス
新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に
1998年 ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック
1999年 アキハバラ電脳組 2011年の夏休み
2000年 人狼 JIN-ROH
BLOOD THE LAST VAMPIRE
2001年 サクラ大戦 活動写真
2002年 ミニパト
2004年 イノセンス
DEAD LEAVES
2005年 劇場版 テニスの王子様 二人のサムライ The First Game
劇場版ツバサ・クロニクル 鳥カゴの国の姫君
劇場版xxxHOLiC 真夏ノ夜ノ夢
2006年 立喰師列伝
2008年 スカイ・クロラ The Sky Crawlers
2009年 宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-
チョコレート・アンダーグラウンド
テイルズ オブ ヴェスペリア 〜The First Strike〜
ホッタラケの島 〜遥と魔法の鏡〜
2009年 東のエデン 劇場版I The King of Eden
2010年 東のエデン 劇場版II Paradise Lost
劇場版“文学少女”
ブレイク ブレイド 共同制作: ジーベック
ルー=ガルー 共同制作: トランス・アーツ
ひよ恋
2011年 たんすわらし。
Xi AVANT
劇場版 戦国BASARA -The Last Party-
劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム・白き英雄 レシラム 共同制作: オー・エル・エム&ジーベック
劇場版 テニスの王子様 英国式庭球城決戦! 共同制作: エム・エス・シー
2012年 わすれなぐも
ももへの手紙
劇場版 BLOOD-C The Last Dark
図書館戦争 革命のつばさ
009 RE:CYBORG 共同制作: サンジゲン
2014年 ジョバンニの島
宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 制作協力、元請: ジーベック
2015年 劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス
花とアリス殺人事件 制作協力、元請: ロックウェルアイズスティーブンスティーブン
攻殻機動隊 新劇場版
百日紅 〜Miss HOKUSAI〜
2016年 黒子のバスケ ウインターカップ総集編

OVA[編集]

発売年 タイトル 備考
1988年 機動警察パトレイバー 各話制作協力、元請: スタジオディーン
赤い光弾ジリオン 歌姫夜曲
銀河英雄伝説 各話制作協力、元請: キティ・フィルム、 - 1989年
1990年 八神くんの家庭の事情 制作協力、元請: キティ・フィルム
敵は海賊〜猫たちの饗宴〜 各話制作協力、元請: キティ・フィルム
しあわせのかたち
1992年 電影少女 -VIDEO GIRL AI-
HUMANE SOCIETY 〜人類愛に満ちた社会〜 制作協力、元請: アニメイトフィルム
1993年 流星機ガクセイバー
ふぁんたじあ
ぼくの地球を守って
1994年 B.B.フィッシュ
爆炎CAMPUSガードレス
1996年 特務戦隊シャインズマン
ブルーシード2
パンツァードラグーン
BRONZE ZETSUAI since 1989
2000年 フリクリ 共同制作:ガイナックス
2001年 怪童丸
グッドモーニング・コール 制作協力、元請: トランス・アーツ
時空異邦人KYOKO ちょこらにおまかせ!
2002年 HUNTER×HUNTER ORIGINAL VIDEO ANIMATION 各話制作協力、元請: 日本アニメーション
2006年 テニスの王子様 制作協力、元請: エム・エス・シー
2007年 ツバサ TOKYO REVELATIONS
東京マーブルチョコレート
2008年 バットマン ゴッサムナイト
2009年 ABUNAI SISTERS
ツバサ 春雷記
xxxHOLiC 春夢記
少女ファイト
“文学少女”今日のおやつ 〜はつ恋〜
2010年 Halo Legends エピソード5【Homecoming】 / エピソード6【Duel】
よんでますよ、アザゼルさん。
xxxHOLiC・籠 〜XXXホリック・ロウ〜
“文学少女”メモワール
2011年 xxxHOLiC・籠 あだゆめ
テニスの王子様 OVA ANOTHER STORYII〜アノトキノボクラ
2012年 輪廻のラグランジェ 鴨星待つひと川デイズ 制作協力、元請: ジーベック
マスエフェクト〜失われたパラゴン
2013年 Vassalord.
2014年 翠星のガルガンティア 〜めぐる航路、遥か〜

Webアニメ[編集]

配信年 タイトル 備考
2005年 The King of Fighters: Another Day
2011年 アップルシードXIII 制作協力、元請: ジーニーズアニメーションスタジオ
2012年 新・光神話 パルテナの鏡
2016年 Noblesse: Awakening

ゲーム内アニメーション[編集]

発売年 タイトル 備考
1997年 テイルズ オブ デスティニー
1998年 ゼノギアス
サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜
ダブルキャスト
季節を抱きしめて
サンパギータ
雪割りの花
1999年 テイルズ オブ ファンタジア(PlayStation版)
エースコンバット3 エレクトロスフィア 挿入部アニメパート制作と佐藤大のシナリオを採用
ワイルドアームズ セカンドイグニッション
LOVE&DESTROY
ヴァルキリープロファイル
2000年 ポポロクロイス物語II
スキャンダル
テイルズ オブ エターニア
BLOOD THE LAST VAMPIRE
2001年 サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜
サモンナイト2
2002年 サクラ大戦4 〜恋せよ乙女〜
サーヴィランス 監視者
テイルズ オブ デスティニー2
2003年 テイルズ オブ シンフォニア
OVER THE MONOCHROME RAINBOW featuring SHOGO HAMADA
2004年 テイルズ オブ リバース
2005年 NAMCO x CAPCOM
実況パワフルプロ野球12
テイルズ オブ レジェンディア
テイルズ オブ ジ アビス
2006年 ソニックライダーズ
聖剣伝説DS CHILDREN of MANA
テイルズ オブ ザ テンペスト
サモンナイト4
テイルズ オブ デスティニー(PlayStation 2版)
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー
2007年 テイルズ オブ イノセンス
スターオーシャン1 First Departure
2008年 スターオーシャン2 Second Evolution
テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-
ワリオランドシェイク
テイルズ オブ ヴェスペリア
テイルズ オブ ハーツ
2009年 テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2
無限航路
テイルズ オブ バーサス
テイルズ オブ ヴェスペリア(PlayStation 3版)
テイルズ オブ グレイセス
2010年 テイルズ オブ ファンタジア なりきりダンジョンX
2011年 戦場のヴァルキュリア3
テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3
My sweet ウマドンナ 〜僕は君のウマ〜
2012年 テイルズ オブ イノセンス R
2016年 ペルソナ5

実写映画[編集]

公開年 タイトル 備考
1992年 トーキング・ヘッド アニメパート制作
2003年 キル・ビル Vol.1 アニメパート制作
2010年 君に届け 製作委員会参加
2013年 プラチナデータ ディスプレイアニメーション
麦子さんと 劇中アニメ「今ドキッ同級生」制作
2015年 幕が上がる プロダクション協力、制作元請:ROBOT
2016年 ガルム・ウォーズ

その他[編集]

関連企業[編集]

かつての関連企業[編集]

  • 株式会社キキ(2004年清算、音響制作部門を有限会社フォニシアとして新設)
  • ビィートレイン株式会社(2004年、保有株式をビィートレインに譲渡)
  • 有限責任組合amimo

関連人物[編集]

演出家[編集]


アニメーター[編集]


脚本家[編集]


制作[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現・IGポートの母体会社。
  2. ^ アニメーターを辞めるはずだった小村方宏治が石川の助言を受け、新潟県新潟市に帰郷し設置。
  3. ^ 2007年独立。
  4. ^ 2004年に持分法適用会社から除外。
  5. ^ 過去において当社に出資。
  6. ^ 製作委員会への出資額がIGポート資本金の10パーセント以上に達したため

出典[編集]

  1. ^ a b c IG Port. “IG Port | 会社沿革”. igport.co.jp. 2013年8月20日閲覧。
  2. ^ 「この人に話を聞きたい 第六十九回 石川光久」『アニメージュ』徳間書店、2004年1月号
  3. ^ 「軌跡 Production I.G 1988-2002」p.18 石川光久の発言。
  4. ^ 株式会社竜の子プロダクションの株式取得に関するお知らせ IG Port ニュースリリース 2010年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]