今千秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こん ちあき
今 千秋
生年月日 9月29日
国籍 日本の旗 日本千葉県
民族 日本人
職業 演出家
監督
ジャンル アニメ
主な作品
ひぐらしのなく頃に
純情ロマンチカ
のだめカンタービレ
うみねこのなく頃に
世界一初恋

今 千秋(こん ちあき、9月29日 - )は、日本アニメーション演出家アニメーション監督千葉県出身。

来歴、人物[編集]

代々木アニメーション学院を卒業[1]後、ぴえろ制作進行演出を務めた後にフリーランスとなる。ぴえろ時代は同じく演出家の神谷純に師事した[2]。神谷が監督を務めた『南海奇皇』において制作進行をこなしつつ、神谷に絵コンテの試作を提出[3]。同じく神谷が監督の『ぐるぐるタウンはなまるくん』の第28話「もしかして」にて演出家デビューを果たす[3]

テレビアニメひぐらしのなく頃に』が初監督作品であり、この作品で知られるようになった。その後、『のだめカンタービレ 巴里編』の監督に抜擢されている。インタビューにおいて自身の持ち味を「やんちゃさ」だと語っている[要出典]

主に古巣のぴえろ、初監督作の『ひぐらしのなく頃に』を制作したスタジオディーンJ.C.STAFFの作品に参加することが多く、演出だけでなく脚本も務めるようになっている。

独特な雰囲気を持った作品や、奥行きのある世界観を持った作品でも、原作に沿って丁寧にアニメ化することには定評がある[4]。また、演出の特徴としてはデフォルメしたキャラクターを筆で描いたようなタッチで表現したり、オープニングアニメーションなどにをモチーフとして挿入することがある。

主な作品[編集]

監督[編集]

絵コンテ・演出他[編集]

制作進行[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]