ジェノスタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツインエンジン > ジェノスタジオ
株式会社ジェノスタジオ
GENO STUDIO INC
Geno Studio Logo.png
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
167-0051
東京都杉並区荻窪5丁目30番16号
MTCビル5階
設立 2015年11月19日
業種 情報・通信業
法人番号 8012401030781 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーションの企画・開発・制作
代表者 代表取締役 山本幸治
資本金 3178万3611円[1]
従業員数 17名(2020年12月時点)[1]
主要株主 株式会社ツインエンジン
上海絵界文化伝播有限公司
関係する人物 根本慎太郎(取締役)
外部リンク http://genostudio.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ジェノスタジオ: GENO STUDIO INC)は、日本アニメ制作会社。株式会社ツインエンジンの子会社[2]

上海絵界文化伝播有限公司(上海絵梦)は同社の無議決権株主である[3]

設立までの経緯[編集]

2015年9月29日、アニメ映画『虐殺器官』を制作していたアニメ制作会社「マングローブ」が事業を停止(同年11月4日に破産手続開始)し、作品の公開はおろか完成すら危うくなるという事態が発生した。この映画のチーフプロデューサーだった山本幸治は「混乱と激動を極めた[4]」プロジェクトを完遂させるべく同年11月に「ジェノスタジオ」を設立、自ら代表取締役となった。会社の名前の由来も『虐殺器官』の英題「Genocidal Organ」の「Geno」からとられたものである[注 1]

このように設立経緯こそ異例であるが、当初からアニメーション制作を継続して行う予定であり、2017年10月には3つのテレビアニメーション作品の(元請)制作を発表している[5]

なお、代表である山本はフジテレビの元社員であり、フジテレビの深夜アニメ枠・ノイタミナにも深く関与した[注 2]人物だが、ジェノスタジオは資本的にはフジテレビとの関連は無く、当面はノイタミナ枠でテレビアニメを放送する予定もない[6]

作品履歴[編集]

テレビアニメ[編集]

開始年 放送期間 タイトル 監督
2018年 1月 - 3月 刻刻 大橋誉志光
4月 - 6月 ゴールデンカムイ 難波日登志
10月 - 12月 ゴールデンカムイ(第二期)
2020年 1月 - 3月 pet 大森貴弘
10月 - 12月 ゴールデンカムイ(第三期) 難波日登志
2022年 7月 - ブッチギレ! 平川哲生

劇場アニメ[編集]

公開年 タイトル 監督 備考
2017年 虐殺器官 村瀬修功 マングローブから制作引き継ぎ

Webアニメ[編集]

配信年 タイトル 監督 備考
2021年 スター・ウォーズ: ビジョンズ「のらうさロップと緋桜お蝶」 五十嵐祐貴 Disney+より全世界配信

関連人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ジェノスタジオTwitter公式アカウントのプロフィールより。この他「遺伝子」を意味する英語「gene」や「(意思や技術を)受け継ぐ " gene of ~" 」などからも想を得ている。
  2. ^ 『虐殺器官』もノイタミナの映画ブランド「ノイタミナムービー」を冠して上映された作品。

出典[編集]

外部リンク[編集]