大森貴弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大森 貴弘(おおもり たかひろ、1965年 - )は日本男性アニメーターアニメーション演出家監督東京都出身。日本アニメーター・演出協会 (JAniCA) 会員。

経歴[編集]

高校卒業後、スタジオディーンにアニメーターとして入社。退社後はフリーのアニメーター・アニメ演出家として活動したが、20歳代半ば、カラオケビデオや企業VP(ビデオパッケージ)映像などの制作者・ディレクターに転向。実写映像の仕事の傍ら、原画やデザインの仕事を受けるようになり、アニメーション業界に復帰[1][2]1996年の『赤ちゃんと僕』で監督デビュー、『はいぱーぽりす』、『魔法のステージファンシーララ』など、スタジオぴえろのテレビアニメ作品の監督を歴任した。2000年以降は『地獄少女』、『バッカーノ!』、『夏目友人帳』、『デュラララ!!』 などの監督を務めヒット作を送り出している。『バッカーノ!』以降はブレインズ・ベース作品の監督を務めることが多く、また作品によっては音響演出も兼任する事がある。

参加作品[編集]

監督作品[編集]

その他[編集]

受賞[編集]

蛍火の杜へ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「ブラック・ボイチャ」(2008年1月7日)本人インタビュー
  2. ^ NHKラジオ 渋谷アニメランド 2011年6月18日放送

関連項目[編集]

外部リンク[編集]