コンテンツにスキップ

メタルスキンパニック MADOX-01

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

メタルスキンパニック MADOX-01』(メタルスキンパニック マドックスゼロワン)は、1987年にリリースされた日本のOVA。製作はアートミック。1987年12月16日にポニーキャニオンからVHS(V118F1588)/Beta(X118F1588)。1988年1月21日にレーザーディスク(G98F0233)。2003年9月26日に東芝デジタルフロンティアからDVD(PIBA-7208)でそれぞれ発売された。

主役パワードスーツ・MADOX-01が日本企業・自衛隊アメリカ軍の共同開発品という設定であることから、作中に登場する当時の自衛隊の演習風景が映像特典として収録されている。

原案・監督・メカニックデザインを担当した荒牧伸志は、監督デビュー作でもある本作の制作当時を後に「まだ20代で怖いもの知らずでしたね」と述懐している[1]

あらすじ

[編集]

ある日、自動車整備工場で機械工として務める青年・杉本紘二は、秘密裏に輸送されていた対戦車用新型陸上兵器「スレイヴ・トルーパー MADOX-01」へ乗り込んだまま降りられなくなる。紘二は機体の扱い方もわからないまま、海外へ留学する恋人・名倉しおりの待つビルへ向かい、その中で軍に追われる羽目となる。

待ち合わせ場所のビルで紘二は、MADOX-01に私怨を持つアメリカ軍人・キルゴア中尉の戦車に襲撃される。MADOX-01開発者・楠本枝里子のアドバイスを受け、紘二はキルゴアとの戦いに臨み、勝利する。紘二はしおりの元に辿り着き、自身の想いを伝える。

登場人物

[編集]
杉本紘二
声 - 松本保典
本作の主人公である機械工。
楠本枝里子
声 - 麻上洋子
エリーと呼ばれることもある。
キルゴア中尉
声 - 曽我部和恭
名倉しおり
声 - 石田有紀子
エリーの上官
声 - 池水通洋
小野瀬春男
声 - 長谷有洋
将軍
声 - 広瀬正志
司令官
声 - 加藤正之
高官
声 - 岡和男
大河崎重工の重役
声 - 塩屋浩三
司令室オペレーター
声 - 稲垣悟
ストアー店員(女)
声 - 山口浩子
暴走族A
声 - 掛川裕彦
暴走族B
声 - 佐藤浩之

スタッフ

[編集]

備考

[編集]

アメリカ合衆国ではAnimEigo英語版がライセンスを取得した[2]

ウェブサイト「The Best Page in the Universe」の作者であるジョージ・ウズニアン (George Ouzounian) は、本作に登場するMADOX-01の名を取って筆名を「マドックス」とした[3]

サイバーコミックス』4号から6号まで、秋本行治によるコミカライズが掲載された。

登場人物のうち、楠本枝里子は同じく創映新社作品『プロジェクトA子3』にハウスマヌカン役でゲスト出演している(声優も同じく麻上が担当)。なお、当作品には杉本紘二とキルゴアもカメオ出演している。

脚注

[編集]
  1. ^ 荒牧伸志氏(監督/メカニックデザイナー)【3DCGの夜明け 〜日本のフルCGアニメの未来を探る〜 第22回/2014年11月号】|INTERVIEW インタビュー”. EE.jp. 東映アニメーション. 2022年9月7日閲覧。
  2. ^ MADOX-01”. AnimEigo. 2008年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月7日閲覧。
  3. ^ Goodmacher, Chris (2003年8月31日). “Whoever Sucks the Least is King, An Interview with Maddox” (Online Journal). PoinDexter Online. 2007年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年5月26日閲覧。

外部リンク

[編集]