ツインビーPARADISE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ツインビーPARADISE』(ツインビーパラダイス)は1993年10月10日から文化放送にて放送されたラジオ番組。コナミのシューティングゲーム「ツインビー」シリーズを原作とするラジオドラマ

概要[編集]

全3シリーズで第3シリーズは1997年3月30日に終了。3シリーズ通じての番組メインテーマ曲はコナミ矩形波倶楽部による書き下ろし曲「HOPE」、番組前半はナビゲータ國府田マリ子によるお便り・トークコーナー、後半はラジオドラマという番組構成が主である。キャラクターの設定を流用していたため誤解されることが多いが、『出たな!!ツインビー』や『Pop'nツインビー』のゲーム内の音声は、本作品の声優とは関係が無い。

出たな!!ツインビーでデザインされたShuzilow.HAによるキャラクターたちが登場する。本作品より前は登場キャラクターに特に名前は設定されていなかったが、ラジオドラマでは機体名とパイロットの名前を区別する必要があることから、ライト、パステルといった名前が設定され定着, 同時に世界観も形成されていった。後に、本作品の世界観をベースにしたツインビーヤッホー!ツインビーRPG等のゲームも発表されている。

それまでのコナミにはシューティングゲームが中心のアーケードゲームメーカーという印象があったが、ウインビーことパステルをヴァーチャルアイドルとして売り出すウインビー国民的アイドル化計画をはじめとする企画は新たな利益をもたらしたことで、以降の同社の方向性をある意味で決定付け[要出典]、コナミのメディアミックス路線は、その後の作品である『ときめきメモリアル』にも踏襲され、より一層の発展を見せた。

第1シリーズは、後にアニラジ界の中心人物として一時代を築くことになるおたっきぃ佐々木のディレクターデビュー作でもある。

各シリーズの放送期間など[編集]

第2シリーズの第21話から最終話は「大規模な地震が発生する」というエピソードであり、当時発生した阪神・淡路大震災の被災者に配慮したためラジオでは放送されず、ドラマCDでのリリースのみとなった。第20話の内容も若干異なっており、ラジオでは第20話で完結している。

第2シリーズ最終回の翌週、一部放送局で「ツインビーPARADISE2+1」(プラスワン)という特別番組が1回だけ放送された。それまでのシリーズを振り返る内容であった。文化放送では放送されていない。

第3シリーズ終了後、1か月限定で「ワルモンMONMONパラダイス」が放送された。パーソナリティはワルモン博士役の岸野幸正と、ザコビー役の沼田祐介。この番組は後続番組CLUB db stationの前身となる。

主なキャスト[編集]

ライト
声 - 山口勝平
アンナモンの息子でツインビーのパイロット。デザート中学に通う。明るくて熱くなりやすい性格で、かわいい女の子にはすぐ鼻の下をのばす。デザート中学のミスコンが原因でお騒がせな美少女ライラに女装したこともあるが、あまりに可愛すぎてヒロイン二人に嫉妬されたりワルモン博士に惚れられる場面も。ソルティアス人であるアンナモンを父に持つ事から、身体は丈夫であるものの免疫力が全く無い。名前はライトブルーから。
ツインビー
声 - 田中真弓
アンナモンと一緒にソルティアスからやってきた戦闘機。大きくなったり小さくなったりできる。
パステル
声 - 椎名へきる
シナモンの孫でライトの従兄妹。彼を「おにいちゃん」と呼ぶ。ウィンビーのパイロット。ライトが女の子にメロメロになっていると嫉妬してへそをまげたり、怒りだしたりする。特に「大根」は禁句である。第3シリーズでミスコンに出場する事になったライトを女装させる際パッドを用意した事から、偽胸疑惑が浮上している。名前はパステルピンクから。
ウィンビー(ウインビー)
声 - 西原久美子
ツインビーをもとにシナモン博士が作り出した戦闘機。
ミント
声 - 伊藤美紀
パステルの弟。赤ちゃんだが生まれもっての天才。グインビーのパイロット。泣き声は超音波なので武器=ミラクルボイスとして使うことも。名前はミントグリーンから。
グインビー
声 - 伊藤美紀
ウィンビーと同じく、ツインビーをもとに作られた。ミントのお守役。
シナモン博士
声 - 田中和実
ライト達を暖かく見守る科学者でパステルとミントの祖父。第3シリーズ中盤で冷凍睡眠に入るが、結局起き出して来た。
エンジェルコンピューター
声 - 西原久美子
シナモンの研究所にあるスーパーコンピューター。
マドカ
声 - 國府田マリ子
ライト達のクラスメイト。クッキーの神様を信じる乙女チックなかわいらしい女の子。喫茶店『ファンタジアン』を経営しておりコーヒーは絶品である。料理全般得意なのだが、何故かクッキーだけは酢や砂肝やイカを入れたとんでもない味のものを作る為に恐れられている。(本人曰く「お酢が効いてないから自分なりのアレンジ(ドラマCD内で発言))第3シリーズではパステル達クラスメート曰く「首から下の発育が著しくなった」との事。
アップル先生
声 - 西原久美子
デザート中学のセクシーな女性教師。ライト達の担任の先生。
ピーチ先生
声 - 伊藤美紀
デザート中学の養護教諭。美人だが毒舌。
ホワイト
声 - 私市淳
ライト達の通うクラスの学級委員長。パステルに思いを寄せている。当初は名前が設定されていなかったが、「デザート中学幽霊奇譚ぱーと2」から設定され、その事が話のネタにされている。
マスタード
声 - 神谷浩史
デザート中学に通う男子生徒でライト達の悪友。
マリ
声 - やなせなつみ *出演当時は柳瀬なつみ
ライト達が通うデザート中学の生徒でクラスメート。ホワイトに思いを寄せている。
ライム
声 - 青山美帆
デザート中学の生徒でライト達のクラスメート。ショートカットで雀斑が特徴。
ワルモン博士
声 - 岸野幸正
シナモン博士とはライバル。ツインビー達に対抗する為の兵器の開発費用捻出の為にアルバイトに精を出すなど結構苦労人。第1シリーズ最終回でシナモン博士は彼の力を認めている発言をしていた。
ザコビー
声 - 沼田祐介
ワルモン博士が作った自立型ロボ(量産型)。初期に作られた「ダブルオーナンバー(一桁ナンバー)」にはその稼働時間から自我(個性)が生まれており、特に「004」は「ビーちゃん」という名前を持っている(命名:パステル)。ワルモンと一緒に悪さを働いたりするがザコビー自体は常識のある普通の性格である。
マードック博士
声 - 八奈見乗児
マドカの祖父。シナモン博士の友人。飄々とした、とぼけた性格でトラブルを起こす事も。少しエッチ。マドカ曰く「鼻唄を歌っている時は開き直っている証拠」との事。
シーズ
声 - 緒方恵美
ワルモン博士の作り出したアンドロイド。ブラックツインビー1号機のパイロットでサリュートの弟にあたる。ライト達とは敵対していたが、心を通じ合わせて和解した。サリュートと共にレンゲ島で暮らす。パステルの事が気になる模様。本番組のディレクターおたっきぃ佐々木のお気に入り。
サリュート
声 - 山崎和佳奈
ワルモン博士の作り出したアンドロイド。ブラックツインビー2号機のパイロットでシーズの姉にあたる。後にライトに対して好意を抱く。当初はゲスト扱いだったが、第3シリーズでは事実上ヒロインへと昇格する。
アンナモン
声 - 堀秀行
ソルティアス人でライトの父。ツインビーの先代パイロット。ライトが産まれて間もない頃にクイーンズ星へ旅立っていった。2のエピソード「バグってリセット」で中学生になったライトと対面したが、ある事が原因で話がリセットされた為、なかった事になっている。
メローラ姫
声 - 井上喜久子
実体を持たない、良い意識の集合体。

Beeメイツ[編集]

この番組のリスナーはBeeメイツと呼ばれた。「合言葉は?」の質問に「Bee」と返答すればその人はBeeメイツである。リスナーであることを示す目印として所持品にベルを付けることも推奨され、ドラマのサブタイトルから「13日の日曜日」に近所の公園に集まり13時に合言葉を唱和するというミニイベントも提唱されていた。この際5人以上が集まれば番組に申し込むことで「支部」として認められる制度も存在していた[要出典] 。この「合言葉はBee!」は駅の掲示板に書き込まれるなど、一大センセーションを起こした[1]。ボイスアニメージュのライターによれば、「どこの駅の掲示板を見ても書かれていた」という[1]

一方、ワルモン博士等の(一応の)敵キャラクターのファンに対してはワルワルメイツの呼称が岸野らから提唱された。こちらの合言葉は「ワルワル」であり、目印は福助足袋もしくは何らかの福助マスコットとされていた。

アニメ[編集]

ツインビー ウィンビーの1/8パニック[編集]

1993年末から1994年年始かけて発売したSFC用ソフトの購入特典の当選者限定ビデオとして発売。その後1998年12月28日にOVA発売の際に改めて『Vol.0』として一般販売された。

ストーリー[編集]

マードック博士の作った薬の入ったクッキーを食べて小さい身体になってしまったパステル。ミスどんぶりコンテストまでは時間が無く、しかも元に戻す為に必要なエネルギーとなるベルのベル雲は伝説の幽霊島に奪われていた。本番開始に間に合うようツインビーチームが出撃する。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Twin memories
作詞 - WINBEE / 補作詞・編曲 - 光田健一 / 歌 - 國府田マリ子
エンディングテーマ「ラッキー・ラッパー・パーティー
作詞・作曲・編曲・演奏 - 葉山宏治 / 歌 - 葉山宏治&國府田マリ子

チューリップ海岸物語[編集]

WINDOWS用ソフト『ツインビーPARADISE in どんぶり島』に収録されている短編アニメ。1995年制作。後に『Vol.0』発売の際の特典映像として収録。

ストーリー[編集]

チューリップ海岸に海水浴に来たパステル達の日焼けオイルを巡るハプニング。

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本・絵コンテ - 井出安軌
  • キャラクターデザイン - SHUZILOW.HA
  • アニメーショキャラクターデザイン・作画監督 - 数井浩子
  • 美術監督 - 森川裕美
  • 色彩設定 - 渋谷圭子
  • 撮影監督 - 藤田正明
  • 音響監督 - 岩浪美和
  • 音楽 - コナミ矩形波倶楽部
  • イラストレーション - 合田浩章
  • プロデューサー - 安西武
  • プロダクションマネージャー - 中山晴夫
  • 製作担当 - 星川孝文
  • 制作事務 - 渡部圭
  • アニメーション制作 - 童夢
  • 制作・著作 - コナミ株式会社

主題歌[編集]

エンディングテーマ「あいことばはBe!!」(OVA『Vol.0』)
作詞 - 國府田マリ子 / 作曲 - 松原みき / 編曲 - 亀田誠治 / 歌 - 國府田マリ子

ツインビーPARADISE(OVA)[編集]

OVA全3巻。1999年2月25日よりVHSおよびLDでの発売の後、1999年8月25日にはDVD(単品)発売。2007年10月26日には『ツインビーPARADISE DVD/BOX~ハイ・エンコードリマスターバージョン~』としてVol.0も含めた5作品のセットDVDも発売された。

スタッフ[編集]

  • 原作 - コナミ株式会社
  • 製作総指揮 - 永田昭彦
  • 企画 - 寺沢久紀
  • プロデューサー - 池田孝冶、河西潔、松浦公基
  • 監督 - 高本宣弘
  • 脚本 - 井出安軌
  • キャラクターデザイン - 浅沼昭弘
  • メカデザイン - 大倉雅彦
  • 美術監督 - 脇威志
  • 色彩設計 - 田中直人、西田佳奈子(1)、早川奈生美(2、3)
  • 撮影監督 - 嶋川竜太郎
  • デジタル編集 - 森田清次
  • 音楽 - コナミ矩形波倶楽部
  • 音響監督 - 岩浪美和
  • 音響プロデューサー - 中野徹
  • 制作協力 - オフィス蒼
  • 制作 - 株式会社パブリックアンドベーシック
  • 協力 - 株式会社コナミミュージックエンタテインメント
  • 製作 - TDKコア株式会社

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Twin memories
作詞 - WINBEE / 補作詞・編曲 - 光田健一 / 歌 - 國府田マリ子
エンディングテーマ「太陽でいこう
作詞 - 國府田マリ子 / 作曲・編曲 - 奥居香 / 歌 - 國府田マリ子

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 発売日
Vol.1 ヴィーナスの微笑み 高本宣弘 浅沼昭弘 1999年2月25日
UFOの残骸から宇宙人の赤ちゃんが見つかった。赤ちゃんの親を捜すため金星に向かう。
Vol.2 真夏の蜃気楼(そのままじゃん) 小村敏明 高本宣弘 進藤満尾
浅沼昭弘(総作画監督)
1999年3月25日
軍資金を稼ぐ為バイトをするワルモン博士とザコビーだがバレてしまう。次の日に起きてみるとザコビーがパステルの部屋に?
Vol.3 悪よ復活せよ! 高本宣弘 浅沼昭弘 1999年4月25日
株で大損したワルモン博士。予算がない中で作ったソウルチェンジャーミニで、パステルと猫が入れ替わってしまう。

他作品へのゲスト出演[編集]

OVA「がんばれゴエモン 次元城の悪夢」ではウインビーちゃんがゲスト出演している。

ツインビーパラダイス関連商品[編集]

  • ラジオドラマCD
    • ツインビーPARADISE(Vol.1~6)
    • ツインビーPARADISE2(Vol.1~6)
    • ツインビーPARADISE3(Vol.1~12)
    • ツインビーPARADISE ドラマコレクション(1~4)
    • ツインビーPARADISE'99(赤・青)
  • ソングアルバム
    • ツインビーカラオケパラダイス
    • ツインビーPARADISE 熱唱!ボーカルバトル編
    • ツインビーPARADISE2 熱唱!激唱!爆唱!編
    • ツインビーPARADISE3 ボーカル祭りだ!ワッショイ編
    • ツインビーPARADISE3 ボーカルボム!
    • ツインビーPARADISE 5th. Anniversary
    • Twinbee Vocal Paradise featuring Mariko Kouda
  • サウンドアルバム
    • ツインビーPARADISE MUSIC BOX
    • ツインビーPARADISE3 サントラセレクション
  • スピンアウトCD
    • ワルモンMONMONパラダイス(いち・に・さん)
    • ウィンビーのネオシネマ倶楽部(1~3)
    • ツインビーPARADISE サウンドファンタジア
    • パステルカラー
    • アイドル伝説ウィンビー
    • しあわせの楽園ウィンビー
  • その他関連CD
    • 國府田マリ子のRadio Canvas(Vol.1~3、スペシャル)
    • CDドラマ ツインビーヤッホー!
  • パソコンソフト
    • ツインビーPARADISE in どんぶり島
  • パチスロ

出典[編集]

  1. ^ a b アニメージュ12月号増刊 ボイスアニメージュ』VOL.5、徳間書店1995年、 26頁。

関連項目[編集]

文化放送 土曜24:00枠
前番組 番組名 次番組
ツインビーPARADISE3
ワルモンMONMONパラダイス

外部リンク[編集]