東映エージエンシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 東映エージエンシー
TOEI ADVERTISING,LTD.
種類 株式会社
略称 東映AG
本社所在地 日本の旗 日本
104-0031
東京都中央区京橋2丁目4番12号
設立 1957年3月13日
業種 サービス業
法人番号 5010001051334
事業内容 広告コミュニケーション事業
代表者 代表取締役社長 松田英史
主要株主 東映株式会社
外部リンク http://www.toeiad.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社 東映エージエンシー(とうえいエージエンシー、英称:TOEI ADVERTISING,LTD.)は、東映グループ傘下の広告代理店である。番組のテロップやサイトでは、「東映エージェンシー」(後のエが小文字)と表記されることもある。現在の代表取締役社長は、松田英史。

前身は1957年に設立された「株式会社 旺映社」で、1959年に「東映商事株式会社」に商号変更。1969年より、現在の社名になった。

業務内容[編集]

東映作品の企画製作・広告枠買付けが主な業務である。作品によってはプロデューサーに東映エージエンシーの人物が名を連ねており、制作側とスポンサー側の橋渡しを担っている[1]スーパー戦隊シリーズでは、『超新星フラッシュマン』から『超力戦隊オーレンジャー』までの間、東映エージェンシーのプロデューサーがクレジットされていないが、東映エージェンシープロデューサーの矢田晃一はこの時期に番組担当者が専任ではなくスポンサーへの営業も兼ねるようになったため、常駐して番組制作に携わることができなくなったからであると証言している[1]

百獣戦隊ガオレンジャー』ではスーパー戦隊シリーズ25作記念作品であったことからイベントが多く予定されていたため、オーディションでイベントで求められる仕草を要望するなど営業活動の要素をキャスティングに求めるようになり、以後の作品でも継続している[1]

これまでに携わった作品[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c スーパー戦隊21st 2017, p. 33, 「スーパー戦隊制作の裏舞台 矢田晃一」

参考文献[編集]

関連項目[編集]