長谷有洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
はせ ありひろ
長谷 有洋
プロフィール
出生地 日本の旗 日本東京都
死没地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1965-04-22) 1965年4月22日
没年月日 (1996-07-30) 1996年7月30日(31歳没)
所属 シグマクラブ(最終)
著名な家族 はせさん治長谷妙子
活動
活動期間 1982年 - 1996年
デビュー作 一条輝超時空要塞マクロス)※声優として
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

長谷 有洋(はせ ありひろ、1965年4月22日[1] - 1996年7月30日)は、日本声優俳優東京都出身[1]日本大学芸術学部放送学科卒[2]劇団こまどり、プロダクション・エムスリー[1]、シグマクラブに所属していた。

俳優・声優のはせさん治と女優の長谷妙子の長男。

来歴[編集]

父はせさん治の影響で俳優を志し、中学3年生から劇団こまどりに入団し、ホームドラマで子役としてデビュー[2]日本大学鶴ヶ丘高等学校2年生のときに声優オーディションを受け、『キャプテン』のキャッチャー小山役、次いで『超時空要塞マクロス』の主人公、一条輝役に抜擢された(注:放送は『マクロス』の方が先)。自分と同じ17歳という設定の輝役を等身大で演じ、初主演にしてはまり役となった[2]

一時は不振に陥り、ほとんど声優の仕事がない時期もあった。しかし、1990年代に入ってからは実力も向上し、端役ながら声優・俳優として徐々に仕事を増やしていた。1991年から5年間、NHKラジオ第2の『ことばの教室』にレギュラー出演し、亡くなる前には連続ドラマのレギュラー出演も決まっていた[2]

1996年7月30日の午前4時頃、実家のマンションの7階から転落死しているのを弟が発見した[2]。31歳没。事故原因は不明だが、父親のはせさん治は「突然、命を絶ってしまった[2]」と語っている。墓石の横には「一条輝役 長谷有洋」と刻まれている[2]

長谷の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

人物[編集]

  • 特技はタップダンス[1]水泳[1]
  • 幼い頃から手品が好きで、自宅近所の立教大学のマジック研究会に出入りして技を覚えた[2]。カードやコインを使う手品が得意[3]。演技の道に進むまで、家族はマジシャンになりたいのかと思っていた[2]
  • 趣味は映画観賞と映画のパンフレット収集[3]。散歩がてら見知らぬ駅で降り、辺りの古本屋でパンフレットを探す[3]
  • 『超時空要塞マクロス』のオーディションに劇団こまどりから派遣される5人の中に選ばれていなかったが、そのうち1人が前日に都合が悪くなり、代わりにオーディションを受けて一条輝役に合格した[4]。オーディション会場に入る長谷をみて、キャラクターデザイン担当の美樹本晴彦は「あ、輝が来た!」と言ったという[5]。『マクロス』のアフレコスタジオには、高校帰りに学生服姿で通っていた[6]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1982年

1983年

1984年

1989年

1991年

1992年

1994年

OVA[編集]

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1995年

  • マクロス7 アンコール(司会者)

劇場アニメ[編集]

1984年

1995年

2012年

ゲーム[編集]

1997年

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 旅路 村で一番の首吊りの木(1986年)

ラジオ[編集]

CD[編集]

  • 超時空要塞マクロス MISS.D.J. (一条輝
  • 超時空要塞マクロス・インサイドストーリー マクロス・クラシック(一条輝

その他[編集]

CM[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『日本タレント名鑑1993』 VIPタイムズ社、1993年、259頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 小野澄恵:取材・構成「ぼくは神さまに会って話をしたい 役者・長谷有洋の記録」『コミック・フィギュア王』、ワールドフォトプレス、1999年、144-145頁。
  3. ^ a b c 『アニメージュ 1984年4月号』、徳間書店、149頁。
  4. ^ 「VOICE TOPIC」『アニメージュ 1983年4月号』、徳間書店、149頁。
  5. ^ 「りん子&まみのANIME STAR情報局」『アニメディア 1984年1月号』、学習研究社、112頁。
  6. ^ 竹田えり [@Eri_Takeda] (2017-09-17). "河森正治監督と奨くんと3人で。" (ツイート). 2018-閲覧Twitterより. 
  7. ^ 超時空要塞マクロス”. メディア芸術データベース. 2016年8月7日閲覧。