世界まるごとHOWマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界まるごとHOWマッチ
Shibuya Video Studio.jpg
番組の収録が行われた渋谷ビデオスタジオ
(現在は閉鎖)
ジャンル クイズ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
演出 林叡作
竹野篤
プロデューサー スタッフを参照
出演者 大橋巨泉(司会)
西村知江子(アシスタント)
石坂浩二
ビートたけし
(以上、回答者)
ほか、出演者を参照
オープニング 作曲:前田憲男
放送開始から1984年9月まで
放送時間 木曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1983年4月7日 - 1984年9月27日
1984年10月から放送終了まで
放送時間 木曜日 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1984年10月4日 - 1990年4月5日

特記事項:
ナレーター:小倉智昭
テンプレートを表示

世界まるごとHOWマッチ』(せかいまるごとハウマッチ)は、1983年4月7日から1990年4月5日まで、TBS系列ほかで放送されていたトークショーを兼ねたクイズ番組である。毎日放送(MBS)とイースト[1]の共同制作番組。放送時間は開始当初毎週木曜22:00 - 22:54 (JST)だったが、1984年10月4日より同じ曜日の20:00 - 20:54 (JST)に移動した。

概要[編集]

現代の世界におけるさまざまな珍品、名品、豪華な品物を現地取材によるレポートとスタジオの司会者、解答者とのトークを交え、値段を予想するクイズ形式で紹介する。解答者の答えを出すときには「せーの、HOWマッチ!」という決めゼリフがあった。

同じく世界の話題を扱ったフジテレビなるほど!ザ・ワールド』がリポーターによる世界への取材を行なったのに対し、本番組はリポーターを置かず、またスタジオでのトーク、司会の大橋巨泉と解答者のビートたけしの毒舌合戦が目玉の一つだった。

放送開始当初の視聴率は苦戦したが、たちまち人気番組となった。

番組開始当初はプライムタイムの22:00からのスタートだったが、好評のためゴールデンタイムの20:00に放送時間が移動した。番組が20時になってからは、特別番組(同じ曜日の『ザ・ベストテン』拡大版など)の都合で22時になった回に合わせて、「今日は大人の時間だから」と意図的に女性の裸など性的な内容を取り上げるようにしていた。

番組最高視聴率1984年5月31日に放送した回の33.8%[2]ビデオリサーチ・関東地区調べ)。視聴率は安定していたものの1990年4月5日、巨泉の「セミリタイア」により終了した。なお、最終回は、『さよならスペシャル』として、19時から2時間の拡大版で放送した。

出演者[編集]

司会[編集]

  • 大橋巨泉
    • 当時TBS系列で2つのクイズ番組の司会を担当していたのは巨泉(ほかに『クイズダービー』)と関口宏(『クイズ100人に聞きました』と『わくわく動物ランド』)のみであった。
    • 巨泉はタキシードに蝶ネクタイのいでたち[3]で、セットの奥から華々しく階段を下りて登場し、観客から「巨ちゃ〜ん」と呼ばれると「はい、巨ちゃんでございますよ」と返し笑いを取っていた。オープニングトークでは「世界のジョーク」と称して毎回小話をした(「ワニ」ネタが多かった。なお第1回放送では小話はなかった)。中には「フランス語でタコは?」「アシハッポン」などというのもあり、その直後に「お、石坂さん、『ニアピンハッポン』ですね」と言っていた
    • 番組終了から数年後、巨泉は自分が出版した本やテレビ番組などで、50歳にセミリタイア宣言することを考えていた、と述べている。この番組開始当時は49歳で、巨泉はスタッフに対し「やってもいいが1年しかやらないよ」と言っている。また企画段階では漢字・ひらがな・英語・カタカナが入り乱れ「!!」までついた番組タイトル(本放送時には「!!」はなくなっている)、さらに「1枠・大学教授、2枠・若手女優……」といった『クイズダービー』に酷似した解答者案に難色を示して断ろうとしたが、当番組を自社の看板番組と位置づけて取り組んでいたイーストも不退転の覚悟で迫ったため、巨泉は「(博識で有名な)石坂浩二、(当時大人気ながらその頭脳明晰ぶりまでは注目されていなかった)ビートたけしの二人を1枠2枠でキャスティングしてくれたらやってもいい」「世界の主要都市にイーストの事務所をつくれ」など無理難題を出して、イーストが“社運を賭けて”取り組む意志があるのかどうか試したという。結果的にはMBSとイーストだけでは収拾がつかず、キー局のTBSや電通も説得に駆り出されるほどだったが、巨泉は石坂とたけしのキャスティングが実現できれば他の条件は度外視するつもりだったと明かしている。さらに、直前になって準備稿の内容が気に入らなかった巨泉が突然「やらない」と言い出してしまい、当時社長の東修をはじめとするイーストのスタッフが宿泊なしで巨泉を訪ねるためにハワイを訪れたことがあり、その際ホノルルの入国審査で「宿泊もなくたった一日だけ何しに来たのか」(麻薬の運び屋かなにかと疑われた)と疑われて全員別室に連れ込まれたため「マウイ島に住んでいる、有名なテレビスターの家に行く」と申告したところ、係員が勘違いして「アメリカにもシナトラなどワガママなスターはいるが、日本にもそんなのがいるのか」と許されて通してくれたということもあった。
    • 番組にゴールデンタイム昇格の話が出た際、巨泉は「8時になると(番組に)制約ができる。どうしてもと言うのなら、ボク以外の司会者でやってくれ」と断固反対した。しかし、巨泉と心を許せる関係であった居作昌果(クイズダービーのプロデューサー。当時TBS制作局長)による説得の末、番組の内容に制約をつけないことと自身主催のゴルフトーナメント「大橋巨泉ゴルフトーナメント」のスポンサーにMBSがつくことを条件にして、放送枠移動を受け入れたと後に語っている。
    • TBSで春と秋に放送されていた『クイズまるごと大集合』(TBS制作)では、関口宏(本放送時にはゲスト解答者として1度登場している)と、レギュラー解答者のビートたけしも司会を務めたことがある。

アシスタント[編集]

解答者[編集]

※番組開始当初は解答者は6人だったが後に5人に変更、解答枠は右側から1枠とする

当初はこれに沢田亜矢子もレギュラーで参加していた。

たけしがフライデー襲撃事件により番組出演を休止していた時期、たけしが番組復帰するまでの2枠は、タレントや文化人などのゲスト枠となっていた(一番出演したのは鶴瓶)。ただし、この番組では巨泉が長期休暇でも出演しないということはなかったので大量に録り溜めしており、フライデー事件の後も何か月もの間「この番組は○月○日に収録されたものです」というテロップつきでたけしが出演していた。録り溜めが切れた後の最初の放送でそのことがネタにされ、石坂が「一体いつまで“何月何日に収録うんぬん”ってやっているんですか」と巨泉に突っ込んでいた。

一般に外国人解答者は日本人解答者より安い値段を答える傾向にあったため、巨泉はケント・ギルバートを「ケント・ネギルバート」(「値切る」と掛けている。名付け親は一視聴者)、チャック・ウィルソンを「ケチャック」(「ケチ」と掛けている)「けち・やくお」(同じく一視聴者からのネーミングに由来)と呼んでいた。

ナレーター[編集]

番組開始当初は小倉智昭(後番組の『世界まるごと2001年』のナレーションも担当)を含めて数名でナレーションを行っていたが、「小倉のナレーションが一番面白い」という制作側の意向で、以後小倉が一人で担当することになった[4]。番組冒頭のタイトルコールも小倉が行っている。

この番組が小倉の出世作であり、「七色の声を持つナレーター」として有名になった[5]。特に、当時石坂浩二がナレーションを務めたNHKドキュメンタリー番組シルクロード』や、久米明がナレーションを務め、日本テレビ系で放送された『すばらしい世界旅行』などのパロディナレーションは定番であった。その一方で、時に「お色気問題」などではハイテンションなナレーションをすることがあり(例としてビーチで寝転んでいるトップレスの女性が映ると「もっと見せろ〜!」と絶叫するなど)、出題VTRが終わった直後に巨泉が「小倉のバカ野郎!!」「何を考えているんだ小倉は!!」と情け容赦なしにダメ出しとツッコミを入れていた。まれに、モノトーン口調でナレーションをすると「今日の小倉は、一体どうしたんでしょうか?」と、巨泉から不思議がられていた。

また、番組の性質上、ナレーターとは別に現地の出題者の吹き替え用に多くの声優が起用されたが、その中でも特に人気を博したのが及川ヒロオ。あまりにも独特な吹き替えを連発したため、特番で及川の吹き替えばかりを集めたコーナーが登場したこともある。一方で吹き替えられた映像を観た本人から「俺はあんな風に大げさに喋っていないぞ」と苦情が来たこともある。

番組の構成[編集]

  • オープニングテーマ
    • 小倉智昭による「大橋巨泉の世界まるごとHOWマッチ」のタイトルコール。
  • 巨泉のオープニングトーク、解答者紹介
    • 巨泉とのトークを交えながら解答者を順に紹介。
  • 1問目出題
    • アシスタントが出題先を紹介して問題VTRへ(セットにある世界地図の出題先の箇所のランプが点灯)。
    • 問題VTR(小倉のナレーション、声優による吹き替え。最後に「さて、HOWマッチ?」の字幕が出る)
    • おおよその為替レートの提示、続いてアシスタントは紙幣の現物をカメラに映す。
    • 巨泉が問題を整理して改めて出題、シンキングタイム(特に音楽などはない)。
    • 巨泉とアシスタントの「せーの、HOWマッチ」の掛け声に合わせて解答フリップを出す。巨泉が解答フリップ読み上げ、アシスタントは日本円換算値を付け加える。
    • 正解VTR(吹き替えはなく、字幕通訳)
    • 巨泉が解答者に対してニアピンかロストボール等の判断を行う。
  • 提供クレジット・コマーシャル
  • 2問目出題
  • コマーシャル
  • 今週のプレゼントクイズ
    • 2問目ないし3問目終了後サイレンが鳴りそれを巨泉が止める。その後コマーシャルを経て本題に入る。
    • 出題は通常問題と同じくVTRで行う。通常とは異なる点は、VTRの最後に番組テーマ曲の1フレーズを流すほか、巨泉が解答者へ口頭で正解を予想させて視聴者へのヒントとする。
    • プレゼントされる商品を紹介する。
  • コマーシャル
  • 3問目出題
  • コマーシャル
  • 最終問題
  • エンディング
    • エンディングトーク、本日の成績、スタッフロール
  • プレゼントクイズ
    • 先々週のプレゼントクイズの正解および当選者を発表。
    • 今週のプレゼントクイズのおさらい、応募方法の紹介。
  • コマーシャル
  • 次回予告・提供クレジット・エンドカード

テーマ音楽[編集]

オープニングテーマやBGM関係(出題VTR以外)を手がけたのは前田憲男。テーマ音楽のメロディーはNHKクイズ面白ゼミナール』、TBS『ギミア・ぶれいく』、テレビ朝日ザ・テレビ演芸』(いずれも前田が作曲)によく似ている。巨泉との交友関係が深く、一度ゲスト解答者として出演もしている。オープニングテーマはCD「ブロードキャスト・トラックス 毎日放送編」に収録されている(小倉の「大橋巨泉の世界まるごとHOWマッチ」のタイトルコールつき)。

このオープニングテーマのファンファーレは、ホールインワン賞獲得時(ただし最初期のホールインワン賞の音楽は、ニアピン賞の音楽を、リズミカルにかつ賑やかにしたものだった)、ニアピン賞10本獲得時、ロストボールが10本溜まった場合(最後の一節のみ)にも流れていた。

出題形式・ルール・賞品[編集]

各回問題は4問、近似値クイズで構成されている。

問題はいずれも、世界各地のさまざまなモノ・サービスをVTRで見て、その対価を現地通貨で答える。回答者はフリップに書いて答える。

全員の回答が出そろったところで、巨泉が「それでは○○さん、おいくらでしょうか?」と振って正解VTRを再生。VTRで現地の出題者が正解金額のフリップ(表面は番組ロゴと巨泉の肖像画→その後裏返して金額発表)を出す。その後あらためて、キャッシュレジスターの金額表示に倣ったロール字幕で正解金額を改めて表示する。

換算レート[編集]

出題時には参考として、現地通貨と日本円のおおよその換算レートが紹介されていたが、経済・政治などの情勢の変化に応じた通貨単位やレートの変化から、そうした国際的な経済情勢を感じ取ることができたのも、この番組の特徴であろう。とりわけ放送当時の1980年代、中南米諸国の経済危機によるハイパーインフレへの対応から頻繁に通貨が切り上げられ(ボリビアの通貨の換算レートが10,000ボリビアペソ=0.1円ということがあった)、時にはいくつかの現地通貨の呼び名が頻繁に変わるなど(ブラジルのクルゼイロ→クルザードなど)していたことや[6]、先進国においても1985年プラザ合意による急速な円高ドル安が進行したことなども、そうした視聴者の印象を高めたと考えられる。ちなみに、番組開始の時点での米ドルは1ドル約240円[7]だった。

解答を日本円ではなく現地通貨で当てる方式のためか、珍解答がしばしば出た。中でもアメリカのとある豪邸を当てる出題時(1987年11月5日放送)で、3枠ゲストの井森美幸が「7千兆ドル」(当時のレートで約98京円[8])という余りに巨大過ぎる金額の解答に、たけしは「(次の人は)飛ばしましょう」と呆れ返り、西村知江子も「分かんないですね。天文学的数字です」と苦笑しつつコメント。それでも井森は「訳も有るんです」と理由を説明したが、石坂は立席したまま失笑が止まらず、巨泉も吃驚仰天しながら井森に「あなたの書いた値段というのは、アメリカ全体の国家予算よりまだ高いんだよ」と返していた(後日井森が『クイズダービー』に5枠ゲストで2回目に登場時、巨泉から「恐怖の7千兆ドル、井森美幸ちゃんでーす!」と紹介されている)。ほか同じく井森の「500億マルク」(当時のレートで約4兆円)等のような巨額の値段を書いた場合、本来なら解答者が書いた金額を西村が円計算して発表する処が、「計算出来ません…」と拒絶されることも多々あった。

また、ハンガリーからの唐辛子に関する問題(1987年1月8日放送)で、草笛光子は「700万(フォリント)」と表示した際、西村は「11億2000万円です」と発言後にスタジオは思わず爆笑、巨泉も司会席から立ち上がって駆けだしてしまう程だった。草笛はこの日のエンディングで、あまりのバツの悪さにその場から抜け出そうとした為、巨泉から「30年来の友達じゃないの。そんな逃げないでよ」と宥められたが、「もう生きてるのイヤ!恥ずかしくって…」とこぼしていた。

さらに1988年11月3日放送分の3問目、すなわちセネガルからのゴルフのようなものに関する問題で、ゲスト解答者だった松崎しげるが「25CFAフラン」と表示した際、西村は「12円50銭です」と発言した(のちに松崎は「250CFAフラン(約125円)」と書き直すが、正解は「500万CFAフラン(約250万円)」で、ご多分にも漏れず結果はロストボールだった)。

特別番組として放送された『クイズまるごと大集合』では、まれに日本国内の問題が出題されたが、律儀にも換算レートが「1円=1円」と表示されていた。

得点[編集]

近似値クイズのため、解答の金額がズバリ正解出来なくても得点が加算される。得点はゴルフに見立てた「賞」とトロフィーが与えられ、得点は「1本」「2本」と数える。

  • ニアピン賞

巨泉が「正解に近い」と判断した場合に与えられる(その際の字幕スーパーは「ニアピン賞」と出る上、観客からの拍手がある)。解答者席には一回り小さい「ゴールデントロフィー」が並べられる。

  • 仮(かり、別名・仮ピン〈かピン〉)

ニアピン賞ほどではないが、そこそこの答えには「仮」が与えられ、同じ回の最終問題までに再び「仮」に匹敵する答えを出すと、「併せ技で1本」としてニアピン賞が与えられる。

  • ロストボール

解答が正解の金額よりも2桁以上離れていた場合の減点は、「ロストボール」としてニアピン賞1本が没収される(テレビ画面には「ロストボール・(名前)」の字幕スーパーが出る)。スタジオセットにはロストボールを飾る棚があり、そこにはその解答者の名前を「○○様」とリボンをつけて記されていた。

  • デビル

番組開始当初、レギュラー(石坂浩二、ビートたけし)・準レギュラー(主にチャック・ウィルソン、ケント・ギルバート)の各解答者は、ニアピン0本のときに減点対象になっても、没収するニアピントロフィーが無い為0本のままだった。ところが、たけしが取られるニアピンがないのをいい事に適当な答えを乱発したことがきっかけに、番組中期頃からマイナスポイントを適用することとなり、月にデビルが乗った「デビル人形」が置かれるようになった。(テレビ画面には「デビル・(名前)」の字幕スーパーが出る)この「デビル人形」がある状態でニアピン賞を出した場合は、トロフィーが与えられず「デビル人形」がひとつ減る。減ったデビルはロストボールの棚に飾られる(本来ロストボールとして供出すべきニアピンを借りていたと考えられるため。初めてこの場面になったとき、石坂が強く主張した)。また「デビル人形」が10個になった場合は「黄金のデビル人形」に置き換えられるルールだったが、デビル人形10個達成者はついに現れず、そのため黄金のデビル人形が作られることもなかった。「デビル人形」制度ができて第1号のデビル獲得者は、制度導入のきっかけとなった張本人のたけし。のちに石坂、ウィルソン、ギルバートもこの制度が適用された(但し、ゲスト解答者には番組終了までデビル人形制度は設けられなかった)。

  • ホールインワン賞

ピタリ正解の場合は「ホールインワン賞」として(テレビ画面には「ホールインワン賞・世界一周旅行」の字幕スーパーが出る)、解答者には大きな「ゴールデントロフィー」が授与される。また、正解発表時の演出が異なり、正解発表のジングルとドラムロールの段階でスタジオの映像・観客の歓声に切り替わり、正解者にピンスポットがあたる。巨泉が、解答者席へ向かい祝福する。

ホールインワン賞・ニアピン賞のトロフィー贈呈および没収とデビル人形の置き飾りおよび返却はコンパニオンが担当する。最終問題は、正解発表後に出演者が舞台中央に集まる演出があるため、巨泉や解答者自らがトロフィーを没収することもある[9]。また、同じく最終問題でロストボールを出した石坂浩二が、自らトロフィーをロストボール専用の棚に置きに行ったことがあった。

最終回に近づくにつれ、ニアピンを賭け出すという「プッシュ(方式)」も出だし、たけしがこの方式を頻繁に行っていた。

普通のクイズ番組と違いトップ賞は決めず、得点は次回出演時に持ち越される(リバイバル版の「世界バリバリ☆バリュー」は当日分の結果でトップ賞を決めた)。また、近似値クイズの形式はフジテレビズバリ!当てましょう』と似ている(正解のズバリ賞は正解の金額を当てた場合に家電製品一式のセット、近い回答を出した人にはポイントを与え、最多得点者に家電製品から1品を選んで贈呈した)。

賞品[編集]

ピタリ正解のホールインワン賞とニアピン賞10本獲得者は賞品として世界一周旅行を獲得できた。

ニアピン賞は3本獲得で東南アジア旅行(香港シンガポール)、5本獲得でハワイ旅行やグアム島旅行、7本獲得でアメリカ西海岸旅行などの海外旅行と引き換えられる。番組後期は10本獲得での世界一周旅行がほとんどだったが、レギュラー回答者以外でニアピン10本獲得により世界一周旅行を獲得したのは、神津カンナと、ゲスト最多出場の稲川淳二の2名のみである。

世界一周旅行は、成田空港を出発してから自由な経路が選べ、再び成田に帰ってくるまで有効[10]。ただし、獲得してから1年間という有効期限があり、それまでに旅立たないと権利を失った[11]。獲得第1号はゲストだった沢田亜矢子(1983年5月5日放送。フランスの小型飛行機の価格42,000フラン。サブタイトルは「ついに出た!ホールインワン第一号!」)で、レギュラー陣ではビートたけしだった(1983年5月26日放送回。アメリカ・ニューヨークの駐車移動料金30ドル)。

視聴者プレゼント[編集]

通常問題とは別に視聴者プレゼントクイズが1問あった。2問目ないし3問目終了後必ずサイレンが鳴って「今週のプレゼントクイズ」と字幕スーパーが回転しながら表示され、いったんCMを挟んでからこのコーナーに入る。このときはフリップを使わず、巨泉が解答者に1人ずつ問いかける形で答えを聞き出し、巨泉から正解に近い解答者の答えを応募の目安にしていたが、時にはホールインワン賞に相当する答えを出したこともしばしばあった。稀に巨泉が1989年11月2日放送分に出題された「ハンガリーのチェーンブリッジ 1時間分の照明料金」のように「何千何百と書いてください」と視聴者にアドバイスしていたこともあった(翌々週の正解発表における答えは4,700フォリント(約9,400円)だった)。

視聴者プレゼントにも解答者の解答状況が影響した。番組グッズとして、10桁を計算できる電卓世界時計(番組タイトルとMBSのロゴ入り)、あるいはプレゼントクイズのお題になった商品そのもの、ないしは番組スタッフが現地から持ち帰った土産品がプレゼントされていた。しかし、ホールインワンが発生した場合、またはニアピン・ロストボール(ロストボール棚のデビルも含む)が10個となった場合[12]には、プレゼントクイズ正解者から1組2名のカップルにハワイ旅行(末期は、プレゼントクイズの出題地の海外旅行)が贈呈された。また、デビル人形が10個たまった場合、ためてしまった解答者が自費で視聴者に世界一周旅行をプレゼントするルールもあった。

なお、世界時計のプレゼントがあった場合は、賞品紹介の際に巨泉じきじき「ご好評いただいております(または単に"ご好評の")、世界時計を…」と言うお約束事があった。プレゼントを世界時計のみにした理由としては、例として1988年11月3日放送分の「アメリカのゴルフクラブ 1本のお値段は?」のように巨泉が「皆様に古いクラブを差し上げても仕方がございませんので…」や、1989年3月2日放送分の「ベトナムの髪の毛 1束のお値段は?」のように同じく巨泉が「髪の束を差し上げるわけにもいきませんので…」のセリフなどが挙げられる。

プレゼントクイズのあて先はMBSであるが、大阪ではなく、東京あて[13]となっていた。これは、正式にはMBS東京支社制作の番組として扱われていたためである。(他のMBS東京支社の番組の一部もあて先がこれに該当するものがあったが、同じMBS制作TBS系列で放送されていた『世界ウルルン滞在記』についてはスタジオ観覧は東京、プレゼントは大阪あてだった)

正解発表はその問題を出した2週間後に発表されるのが慣例。最終回のプレゼントクイズについては、後番組『世界まるごと2001年』の第2回目に正解と当選者発表があった。この慣例は『2001年』でも同様に続いた。これは後述のネット局一覧に注釈したとおり、一部の遅れネット局でもプレゼントに応募できるように配慮したためだった。なお、このパターンは、「新・チューボーですよ!」でも見られる。

HOWマッチスペシャル大橋巨泉のクイズまるごと20世紀~その時カメラは回っていた~[編集]

1987年ごろから数回期首・期末改編(年末年始を含む)の特別番組(タイトルも「春/秋/年末or新春のHOWマッチスペシャル」と冠がつけられていた)として放送されていたもので、通常の『HOWマッチ』同様巨泉が司会、西村がアシスタントを、レギュラー解答者を務めていた石坂とたけしが石坂チームとたけしチームそれぞれのキャプテンを務めていた。番組は、チームそれぞれ5人ずつのチーム対抗戦形式で進行。番組タイトルロゴは20世紀フォックスのロゴを模したもので、「FOX」のロゴを「KYO」に置き換えただけのものだった。 なお、1987年1月に放送の第1回では、たけしがフライデー襲撃事件のために謹慎中であったため、東西出身地別での対抗戦形式を取っていたが、同年秋の第2回放送時には「本来はたけしチーム対石坂チームで開催するものだったが、ある出演者の事情(前述のたけしの謹慎)のためにやむを得ず東西対抗にした」と巨泉は述懐している。 同特番も同様に20世紀の出来事を特集し、コーナーごとにテーマを定めてクイズを出題。その合計得点でチーム賞と個人賞を決めていた。チーム賞の優勝賞金は得点×1000円で、毎日新聞社社会事業団のチャリティーに充てられた。そして最も得点を獲得した回答者にはMVP・最優秀殊勲選手賞として通常の『HOWマッチ』でホールインワン賞を達成した時に贈られる世界一周旅行や出題された都市への往復航空券、獲得得点第2位の解答者には敢闘賞としてテレビやビデオカメラが贈られた。

放送回数 放送日時 放送時間 石坂浩二チーム ビートたけしチーム
第1回 1987年 ? ? ?
第2回 1987年 ? ? ?
第3回 1988年 ? ? ?
第4回 1988年10月6日 ? 横山やすし、檀ふみ、山田邦子、前田武彦 山城新伍、森光子、浅野ゆう子、景山民夫
第5回 1989年3月30日 ? 和田アキ子、大島渚、里中満智子、稲川淳二 森光子、山城新伍、高橋洋子、景山民夫
第6回 1989年 ? 武田鉄矢、野際陽子、浅野ゆう子、大島渚 山城新伍、うつみ宮土理、飯星景子、景山民夫

本放送終了後の関連事項[編集]

後継番組[編集]

後継番組として、本番組のスペシャル[14]『クイズまるごと20世紀』をレギュラー化した『世界まるごと2001年』が1990年4月12日から1991年3月28日まで放送された。巨泉はスーパーバイザーとして番組に携わり、顧問(後に御意見番的なジジィという意味を込めて“今週の彦左衛門”と紹介されていた)として数回出演した。

特別企画[編集]

  • 番組終了から半年後の1990年10月、『帰って来た・世界まるごとHOWマッチ』を放送。この際、石坂が「旧東ドイツの新型トラバント」の値段を当てる問題で12,000ドイツマルク(当時108万円)と解答し、ホールインワン賞を獲得した。もともと当番組の最終回エンディングにて、巨泉が「イーストの連中がまた世界中から面白い問題を集めてくるだろうから、半年に1回ぐらいはスペシャルでやろうかと思っている」と語っていた[15]ものの、実際にはこの1回で終わっている。
  • 1990年放送の『ギミア・ぶれいく』では、1度だけの特別企画として日本国内取材の出題VTR構成で日本円で答える「日本まるごとHOWマッチ」として制作された。司会は巨泉、解答者はすべて外国人だった(話のやり取りもすべて英語だった)。出題VTRのナレーションは英語版は小林克也が、日本語版は小倉智昭がそれぞれ務めた。
  • 1994年放送の『テレビの王様』では「テレビまるごとHOWマッチ」として本家のパロディ版ではあるが1度限り(当初は数回行うことになっていたが、結局は1回だけに終わった)の復活となった。ナレーションは当時と同じく小倉が担当。司会役は松村邦洋、アシスタント役は三宅裕司だった。
  • 2009年3月まで同じ時間帯で放送されていた『うたばん』(TBS制作)にてパロディが行われたことがある。司会の巨泉役にはコージー冨田が起用された。アシスタントはTBSアナウンサーの山内あゆが担当した。
  • 2010年3月からTBSと一部系列局で放送されている『有吉AKB共和国』では本家のパロディ版である「世界まるごとHOWロング」と題したコーナーが存在し、その長さの数を答えるというものがある。BGMは完全にオリジナルだが、タイトルロゴは本家と同じである。
  • 2015年3月22日[16]の22:00 - 22:54[17]にMBS制作・TBS系全国ネットにより当番組の復活版の位置づけで『日本まるごとHOWマッチ』(にほん - )を放送[18]。司会とナレーターは小倉、アシスタントは八木亜希子が務め、天野篤室井佑月久本雅美ウエンツ瑛士劇団ひとり船越英一郎が解答者として出演する。番組タイトルロゴは「世界」の部分を「日本」に差し替えた物(ロゴのバックに日本地図)を使用し、オープニングテーマやクイズのルールの一部などのフォーマットは「世界 - 」と同じ物を踏襲した[19]。また、最初の問題のみ解答の通貨単位がポンドだったため、解答者はフリップの隅に日本円に換算した金額を表記した。ホールインワン賞はH.I.S.の「イタリア大型客船で行く日本一周クルーズの旅」が用意され(獲得者無し)、ニアピン賞を多く獲得した解答者には問題で登場した金箔張りの炊飯器が贈られた。[20]

他系列局でのパロディ[編集]

2012年9月29日放送のテレビ大阪テレビ東京系列)『たかじんNOマネー〜人生は金時なり〜』で「世界悪(ワル)ごとHOWマッチ」と題した企画があり、パネリスト出演者全員が解答者としてクイズに臨んだ。BGMは完全にオリジナルだが、タイトルロゴは本家とほぼ同じである。パロディ企画ではあるものの、クイズの進行部分はほぼ本家に近い形で再現されている。ちなみにホールインワン賞では賞金10万円、ニアピン賞では番組特製のQUOカードがプレゼントされた。

スタジオセット[編集]

番組は大阪のMBS制作であるが(MBS側の担当は営業、CM出し、スポンサークレジット出し)、東京支社での制作のため番組収録は東京のTBS・旧Hスタジオ(番組初期)と渋谷ビデオスタジオ(同後期)で行われていた。セットは1989年4月の1度、リニューアルがなされている。

初代セット(1983年4月7日 - 1989年3月30日
地球に見立てた球状のオブジェがあり、スタジオカメラから見て左に解答者席、右に司会者席がある。解答者の背景セットに世界地図が描かれたものを使用。出題先がニューヨークであればニューヨークの位置にランプがあり、出題先紹介のときにそこにズームアップされる。よって、南半球が出題先となると、解答者の後ろに隠れている場合がある(たいていは解答者がランプが見えるように避ける)。
各解答者の席はそれぞれ独立している。
司会者席は右側に司会者、左側にアシスタントが座る(それぞれ席は独立)。
2代目セット(1989年4月6日 - 1990年4月5日
球状オブジェが地球儀に変更され、出題先紹介のランプもこの地球儀上に設けられるようになった。
これにともない、解答者の背景セットも変更され、解答者席も初代を踏襲しつつ丸みのある形状となった。

この球状オブジェおよび地球儀はオープニング・提供バックの映像にも使われていた。

スタッフ[編集]

ネット局[編集]

※系列は放送当時のもの。

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
近畿広域圏 毎日放送 TBS系列 制作局
関東広域圏 東京放送 同時ネット 現:TBSテレビ
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ
岩手県 岩手放送 現:IBC岩手放送
宮城県 東北放送
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 遅れネット [21][22]
山形県 山形テレビ フジテレビ系列 遅れネット
→同時ネット
→遅れネット
1989年9月まで[23]
テレビユー山形 TBS系列 同時ネット 1989年10月開局から
福島県 テレビユー福島 TBS系列 開局後の1983年12月8日から[24][25]
山梨県 テレビ山梨
新潟県 新潟放送
長野県 信越放送
静岡県 静岡放送
富山県 北日本放送[26] 日本テレビ系列 遅れネット [27][22]
石川県 北陸放送 TBS系列 同時ネット
福井県 福井テレビ フジテレビ系列 遅れネット [28]
中京広域圏 中部日本放送 TBS系列 同時ネット 現:CBCテレビ
鳥取県・島根県 山陰放送
岡山県・香川県 山陽放送
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口 1987年9月まではフジテレビ系列とのクロスネット局
愛媛県 南海放送[29] 日本テレビ系列 遅れネット [30][22]
高知県 テレビ高知 TBS系列 同時ネット
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送 同時ネット
→遅れネット
→同時ネット
[31]

関連書籍[編集]

  • 「保存版世界まるごとHOWマッチ 7年間の思い出を込めて」イースト海外取材班編(ワニの本・KKベストセラーズ

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 2010年9月、イースト・エンタテインメントに社名変更。
  2. ^ http://www.videor.co.jp/data/ratedata/junre/06quiz.htm
  3. ^ 稀に、巨泉が私服姿で登場していたことがあった。
  4. ^ これは小倉がゲスト出演したトーク番組『メレンゲの気持ち』(日本テレビ)で語っていたことである。
  5. ^ “フジ「とくダネ!」キャスター小倉智昭氏 膀胱がん手術、休養へ”. スポニチアネックス. (2016年5月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/13/kiji/K20160513012577340.html?feature=related 2016年5月16日閲覧。 
  6. ^ 極稀なケースとして、ハイパーインフレが加速し過ぎると、現地通貨を使用せずに米ドルで換算させることもあった
  7. ^ 因みに、1983年4月7日の東京外国為替市場の円相場終値は、1ドル=237円65銭である。
  8. ^ 同日の番組内で使用された換算レート1ドル=140円による計算。この日の東京外国為替市場の円相場終値1ドル=135円95銭で換算すると95京1650兆円。ちなみに、1987年のアメリカ合衆国の歳出は約1兆40億ドルのため、単純比較で国家予算6730年分に相当する(参照:HISTORICAL TABLE BUDGET OF THE UNITED STATES GOVERNMENT (PDF) )。なおこの問題で、石坂・たけしは共に2800万ドル(番組内レートで39億2000万円・先述の東京外為市場終値で38億660万円)、ギルバートが1200万ドル(番組内レートで16億8000万円・東京外為市場終値で16億3140万円)と解答しており、井森の解答金額は他解答者よりも2億5000万倍以上高い。
  9. ^ ホールインワン賞が出たときにデビル返却があったときは巨泉自ら取ってアシスタントに渡すこともあった
  10. ^ 旅行対象はニアピン賞の旅行も含め基本的に一人であるが、稲川淳二がホールインワン賞獲得後の出演で「オーストラリア旅行で家族サービスできた」とコメントしたことがあり、旅行ルートによってはある程度の人数の融通が効いたことが推測される。
  11. ^ 神津はづきがこのルールによって世界一周旅行の権利を失ったことがあり、以降の出演時にも巨泉にこれをネタにされからかわれていた。
  12. ^ ロストボールが10本達成時にが字幕スーパーに「ロストボール・ついに10本達成!」が出る。
  13. ^ 当番組の視聴者プレゼントのあて先は芝郵便局あてとなっていた。
  14. ^ サブタイトルに「春/秋/年末or新春のHOWマッチスペシャル」がついていた。
  15. ^ ただし巨泉はこの時「私が生きていたら…」と付け加えており、実際にはリップサービスだったとも思われる。
  16. ^ 巨泉の81歳の誕生日である。
  17. ^ 偶然にも、レギュラー版解答者であった石坂が出演していた『世界ウルルン滞在記』と同じ時間帯である。
  18. ^ タイトルコールは「小倉智昭の日本まるごとHOWマッチ」
  19. ^ 日本まるごとHOWマッチ【伝説のクイズ番組、25年ぶり一夜限りの復活!】 MBS、2015年3月17日閲覧
  20. ^ レギュラー版解答者であったたけしは裏番組の『ビートたけしのスポーツ大将2015〜ナインティナインも参戦SP〜』(テレビ朝日、以下『スポーツ大将』と表記)に出演、司会を務めた巨泉は『スポーツ大将』レギュラー放送当時の秘蔵VTRを紹介するコーナーで登場していたため出演しなかった。ちなみに『スポーツ大将』も当番組よりほぼ1ヶ月前の1990年2月27日に終了しており、「25年振りの復活」とされていた。
  21. ^ 2日遅れの土曜日17時からスポンサー(地元スポンサー)も差し替えられた上で放送されていた。そのため、オープニングの提供クレジット及びエンディングは差し替えられ、次週の解答者(予告)も放送されなかった。
  22. ^ a b c 24時間テレビ』放送日には放送時間変更があった。
  23. ^ 放送時間は数週遅れの日曜日14時→同時→2時間遅れの木曜日22時、『木曜座』以前からこの枠を放送していた。また、本番組の放映権がテレビユー山形へ移行後は『木曜劇場』のネットを開始したものの、本番組と異なり7日遅れでかつローカルスポンサーに差し替えての放送だった(1993年3月まで)。ちなみに、山形テレビは、1993年4月にテレビ朝日系列ネットチェンジした。
  24. ^ 厳密には、サービス放送期間中の1983年12月1日から。
  25. ^ 1983年9月までTBS系とフジテレビ系番組を交互ネットしていた福島テレビは、フジテレビ系フルネット化に向けての番組編成の都合上から非ネット。ちなみに、『木曜座』までは同時ネット。
  26. ^ 2015年3月22日放送の『日本まるごとHOWマッチ』はチューリップテレビで放送。
  27. ^ 3日遅れの日曜日10時から放送。秋田放送とは異なり、提供クレジットのみ地元スポンサーと差し替え(エンディング部分はそのまま)。
  28. ^ 4日遅れの月曜日22時から放送。本番組終了後も『SMAP×SMAP』同時ネットまで『オレたちのオーレ!』時代からはネットせず、毎日放送制作枠として継続。こちらも提供クレジットはローカル差し替えで、初回から最終回まで必ず白鶴酒造オッペン化粧品の2社がスポンサーに入っていた。
  29. ^ 2015年3月22日放送の『日本まるごとHOWマッチ』はあいテレビで放送。
  30. ^ 2日遅れの土曜日22時から放送。秋田放送、北日本放送同様、スポンサーの差し替えが行われていた。遅れ放送のため、視聴者プレゼントの締め切りを翌週月曜日の消印有効にするといった、南海放送独自の計らいもあった。
  31. ^ 1984年10月から1986年9月の2年間は2日遅れの土曜日17時から時差ネット。TBS系列単独加盟ながら日本テレビの『木曜スペシャル』を同時ネットしていたため。なおスポンサーは差し替えずにそのままネットしていた。
MBS制作・TBS系列 木曜22時台
前番組 番組名 次番組
世界まるごとHOWマッチ
(1983.4-1984.9)
TBS系列 木曜20時台
ビートたけしの学問ノススメ
【ここまでTBS制作・ドラマ枠】
世界まるごとHOWマッチ
(1984.10-1990.3)
【ここからMBS制作・バラエティ枠】