母べえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

母べえ』(かあべえ)は、映画スクリプター野上照代の実話にもとづいたエッセイ作品及び映画化作品。

概要[編集]

元々は、1984年の読売女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞に「父へのレクイエム」という題名で応募され、優秀賞を受賞。山路ふみ子功労賞もあわせて受賞した。2007年12月、翌年の映画公開を前に、中央公論新社から『母べえ』として、単行本として刊行された。父・野上滋は、戦前から新島繁のペンネームで活躍したドイツ文学者、芸術研究者で、作品とは異なり、戦後も存命して、神戸大学教授などを歴任した。単行本収録時に吉永小百合山田洋次のエッセイが添えられた。

あらすじ[編集]

1937年のある日の早朝、父べえ(とうべえ=野上滋)は、特高警察によって検挙され、巣鴨拘置所に収監される。思想犯が国体変革を狙う不届き者として白眼視される時代に、父との往復書簡を挿入して、家族が支え合って明るく暮らす姿が描かれている。

映画[編集]

母べえ
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
平松恵美子
製作 深澤宏
矢島孝
斉藤朋彦
出演者 吉永小百合
浅野忠信
檀れい
志田未来
佐藤未来
坂東三津五郎
音楽 冨田勲
撮影 長沼六男
編集 石井巌
製作会社 「母べえ」製作委員会
配給 松竹
公開 日本の旗 2008年1月26日
上映時間 132分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 21.2億円[1]
テンプレートを表示

2008年1月26日公開の日本映画

ストーリー[編集]

昭和15年(1940年)、野上家では母親のことを「母べえ」父親のことを「父べえ」と呼んでいた。

娘の初子と照美は、そのふたりの大きな愛に包まれて育ち、家庭には平穏があった。

だが日中戦争の激化とともに国情は大いに変化し、文学者だった父は治安維持法の厳罰化に伴い同法違反の思想犯として投獄される。

残された三人はそれでも父を信じ、そして彼女らの家を温かい目で見つめる人々が去来するのだった…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ロケ地[編集]

備考[編集]

  • この映画と日本郵政の共同宣伝により、全国の各世帯に吉永小百合のメッセージ入り年賀が配布された。
  • KABEI ― Our Mother』として、第58回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品、17ヶ国で公開。
  • 第32回香港国際映画祭オープニング上映。
  • 映画館大賞「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」第29位。
  • 野上照代「父へのレクイエム」が原作で、実際の野上家をモデルにしてはいるが、父が獄死するのはフィクションである[3]
  • 山田洋次の監督作としては、VHSの発売は本作が最後となった。

脚注[編集]

  1. ^ 社会法人映画製作者連盟”. 2010年3月1日閲覧。
  2. ^ a b 撮影監督の長沼六男は飯田市上久堅の出身であり、エキストラには飯田市立松尾小学校と同市立山本小学校の教師・児童約250人が起用された。2008年1月14日には試写会が市内の映画館で開かれ、6月28日には撮影の行われた松尾公民館で長沼の講演会と映画試写会が行われている。また、配給会社の松竹からは母べえの撮影風景を写したスチール写真22枚が飯田市に寄贈されている。
  3. ^ 神戸大学の群像

外部リンク[編集]