北野演芸館〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北野演芸館
〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
演出 小松伸一(K-ten
プロデューサー 井口岳洋・天鷲裕到(毎日放送)
吉田宏・瀬崎一世(EAST
出演者 ビートたけし
ガダルカナル・タカ
ほか
ナレーター 服部潤
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
第1回
放送時間 水曜日 21:00 - 22:48(108分)
放送期間 2011年9月28日
第2回
放送時間 水曜日 21:00 - 22:48(108分)
放送期間 2012年2月8日
第3回
放送時間 日曜日 19:00 - 20:54(114分)
放送期間 2012年7月8日
第4回
放送時間 日曜日 21:00 - 22:48(108分)
放送期間 2012年10月14日
第5回
放送時間 日曜日 21:00 - 22:48(108分)
放送期間 2012年12月23日
第6回
放送時間 日曜日 22:25 - 23:19(54分)
放送期間 2013年8月25日
第7回
放送時間 日曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2013年9月1日
第8回
放送時間 日曜日 21:00 - 22:54(114分)
放送期間 2014年3月30日
第9回
放送時間 日曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2015年3月8日
第10回(最終回)
放送時間 日曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2015年3月15日
テンプレートを表示

北野演芸館〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜』(きたのえんげいかん〜たけしがほんきでえらんだげいにんだいしゅうけつスペシャル〜)は、毎日放送イースト・エンタテインメントが共同制作し、TBS系列で不定期に放送されていた演芸特番であり、ビートたけし司会番組である。2015年まで10回放送された。

概要[編集]

ビートたけしがとある演芸場支配人ガダルカナル・タカが演芸場の副支配人に扮し、多くのお笑い芸人ネタを披露してもらうという設定の不定期演芸特別番組

当番組の特筆すべき点として、番組名にもあるように出演者をビートたけし自ら選出している点が挙げられる。年齢・東西・ジャンル・所属事務所など一切関係なく、たけしが「今面白いと思う芸人」をリストアップし、たけし自ら招待状に直筆メッセージを記入している。また、これとは別枠で、たけしとタカが所属しているオフィス北野の芸人も毎回何組か出演している。

第3回までと第6回以降は、単発の特別番組としての放送だが、第4回・第5回は、『日10☆演芸パレード』の特別編として放送されていた[1]

第9回と第10回には、番組の後半に「魔のカーテンコーナー」と言うゴングショー形式のコーナーが設けられる。各回4組の芸人(芸歴は不問)が登場したが、つまらない内容と判断された場合、たけしが専用のボタンを押す。すると、ステージの天井から紅白の幕が降下し、そのネタは強制終了させられるルールになっていた[2]。ちなみに第7回と第8回にも同様のコーナーがあり、その時はコーナー名はついてないが、ルールは同じである。

一部報道によると、番組は第三次お笑いブームが終わった、ビートたけしの危機感によって開始されたとあり、また、一部に「昨今の殺人事件(などの心の暗さが原因による事件)に対して(そういう事が起きないように)お笑い界ができる事がある」との高い志、趣旨も合わさり開始されたとの一部報道がある[3]。そのため同番組は、事務所の垣根を越えて、東西地域の垣根を越えて開催されるものであり、(その志に賛同する)博多華丸・大吉などの芸人は、他の仕事よりも、例えギャラが低く弁当がまずくても最優先で参加する事例が見受けられる。

出演者[編集]

司会[編集]

ナレーション[編集]

放送リスト[編集]

第1回[編集]

放送日:2011年9月28日 21:00 - 22:48

第2回[編集]

放送日:2012年2月8日 21:00 - 22:48(『水曜エンタ!』枠)

第3回[編集]

放送日:2012年7月8日 19:00 - 20:54

  • オードリー
  • からくりどーる
  • ケーシー高峰
  • サンドウィッチマン
  • 千鳥[4]
  • ダイノジ
  • テンダラー
  • 東京名物大神本舗五百年
  • 友近
  • ナイツ
  • 中川家

第4回[編集]

放送日:2012年10月14日 21:00 - 22:48(『日10☆演芸パレード』特別編)

第5回[編集]

放送日:2012年12月23日 21:00 - 22:48(『日10☆演芸パレード』特別編)

  • オードリー
  • ケーシー高峰
  • サンドウィッチマン
  • テンダラー
  • 東京03
  • マキタスポーツ
  • U字工事
  • ロッチ
  • ロバート
  • 笑い飯

第6回[編集]

放送日:2013年8月25日 22:25 - 23:19

  • インパルス
  • COWCOW
  • サンドウィッチマン
  • ずん
  • ダイノジ
  • ナイツ
  • バイきんぐ
  • ロバート

第7回[編集]

放送日:2013年9月1日 22:00 - 22:54

  • 千鳥
  • テル
  • テンダラー
  • 東京03

第8回[編集]

放送日:2014年3月30日 21:00 - 22:48

ピン芸人コーナー
モノマネ芸人コーナー

第9回・第10回[編集]

放送日:2015年3月8日3月15日 22:00 - 22:54

3月8日

魔のカーテンコーナー

3月15日

魔のカーテンコーナー

スタッフ[編集]

2015年現在[編集]

  • 構成:都築浩、藤原ちぼり、藤谷弥生、くらなり
  • ナレーター:服部潤
  • TP:深谷高史
  • TD/SW:藤江雅和
  • CAM:秋山勇人
  • VE:高橋正直
  • AUD:小清水健治
  • LD:香川和代(プログレッソ
  • 美術プロデューサー:高松浩則
  • デザイン:中村嘉邦
  • 美術進行:勝藤俊則
  • 装置:鈴木匡人
  • 操作:佐藤学
  • CG:堀内信吾
  • 編集:波江野剛、山本浩三
  • MA:水野貴浩
  • 音響効果:藤代広太
  • TK:伊藤裕子
  • 技術協力:ニューテレスオムニバス・ジャパンレモンスタジオ
  • 美術制作:アックス
  • 制作協力:オフィス北野K-ten
    • 第6・7回では技術&美術&制作協力6社は、まとめて協力扱い
  • 編成:石田敦子(MBS)
  • 宣伝:安藤ひと実(MBS)
  • デスク:井上美早(MBS)
  • AP:柴垣早智子[5]
  • ディレクター:高山賢一、加藤浩明、中野貴博、久保田集、斉田泰伸
  • 演出:小松伸一
  • プロデューサー:天鷲裕到(MBS)、吉田宏、瀬崎一世
  • 制作:毎日放送EAST

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:浜栄一
  • TD/SW:河西純
  • TD:藤本敏行
  • CAM:長瀬正人、矢代祐一
  • VE:水野博道
  • AUD:石井俊二、加瀬悦史、森田篤
  • LD:渡辺啓史
  • 美術プロデューサー:西條実
  • 美術制作:宇賀田暁彦
  • 操作:内田聡子、岩尾匡介、中尾了輔、佐藤学
  • 電飾:澤田稔
  • 編集:室谷光則、宮下圭介
  • MA:轉石裕治、小野敬太郎
  • 編成:合田忠弘(MBS)
  • 宣伝:北野弘(MBS)
  • デスク:瀬田麻衣子、柴崎菜穂(MBS)
  • 制作プロデューサー:斉藤嘉久、小林有衣
  • ディレクター:水野雅之・山田雅之・斉田泰伸、上西浩之、酒井秀樹
  • プロデューサー:横田一、福岡元啓井口岳洋田中良(全員MBS)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日10☆演芸パレード|TBSテレビ
  2. ^ “たけし「ラッスンゴレライ」を強制終了”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2015年3月9日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/03/09/0007802325.shtml 2015年3月31日閲覧。 
  3. ^ [1]
  4. ^ たけしが大会顧問を務めた「THE MANZAI 2011」で大人の事情(TBS系列の『情報7days ニュースキャスター』生出演)により見られなかった為、本人が出演を打診した。
  5. ^ 第1 - 5回は制作プロデューサー名義

外部リンク[編集]

TBS系列 日曜22時台
前番組 番組名 次番組
日10☆演芸パレード
(2012年10月14日 - 2013年8月4日)
【これより毎日放送の単独制作】
北野演芸館
〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜
(2013年8月25日 - 、つなぎ番組