たけしのニッポンのミカタ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけしのニッポンのミカタ!
ジャンル 教養番組 / バラエティ番組
放送時間 金曜日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2009年4月10日 - 現在(220回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
企画 オフィス北野
ジャニーズ事務所(共に企画協力)
演出 安井健(総合演出)ほか
プロデューサー 高砂佳典(テレビ東京)
吉沢雅治(電通)
菊池計理(イースト)
出演者 ビートたけし
国分太一TOKIO
ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング エンディング曲を参照
外部リンク 公式サイト

特記事項:
ナレーター:茂木淳一小山力也
放送回数は2014年11月28日放送分まで。
テンプレートを表示

たけしのニッポンのミカタ!』(たけしのニッポンのミカタ)は、2009年4月10日よりテレビ東京系列で毎週金曜日22:00 - 22:54(JST)に放送されている教養バラエティ番組であり、ビートたけし冠番組テレビ東京イースト・エンタテインメント共同製作。通称は『ニッポンのミカタ!』。ステレオ放送文字多重放送を実施。

初回は放送時間を1時間拡大して、21:00 - 22:48(JST)に放送された。

概要[編集]

2009年4月改編により、ビートたけし自身も出演し、芸術をテーマに12年間放送された『たけしの誰でもピカソ』の後継番組である。

番組タイトル名の『ミカタ』は、「見方」や「味方」の意味合いが込められている。

当初の番組内容は、日本文化について考察しながら、VTRスタジオトークで構成されており、中盤には国分が進行する「太一のミカタ」と題した、当日の扱うテーマに即した番外編コーナー、最後には「たけしのミカタ」と題した、かつてTBS系列にて放送されていた『筑紫哲也 NEWS23』の「多事争論」のような形式で、たけしが締めのコメントを言う流れで、番組が構成されていた。「たけしのミカタ」のコーナーでは、たけしの実兄である北野大が参加したこともある。北野大の出演する回には、北野家の思い出の品が紹介されることもある。

2010年8月13日からは、エンディングの「たけしのミカタ」(たけしがコメントを述べるミニコーナー)のコーナー以外の構成、タイトルロゴやナレーターを変更・リニューアルし、下記の通り「ミカタリスト」がスタジオに登場して、当日扱うテーマでの研究発表やプレゼンテーションのような形式が中心となった。

2015年現在テレビ東京で放送される22時台の1時間番組では唯一休止になることが多い[1]

出演[編集]

司会[編集]

ミカタリスト[編集]

斬新なミカタを語るその道の第一人者(2010年8月13日 - )

他多数

ナレーター[編集]

放送開始から2010年7月まで

2010年8月から2016年12月まで

2017年1月から現在

エンディング曲[編集]

2009年
2010年
  • 1月 - 3月期 東京60WATTS「夕映えのシーン」
  • 4月 - 6月期 PANG「Anytime」
  • 7月 - 9月期 福井舞「やさしい人になりたい」
  • 10月 - 12月期 中川あゆみ「大人を見て思うこと」
2011年
  • 1月 - 3月期 石川マリー「La La La」
  • 4月 - 6月期 LISA「Never Alone」
  • 7月 - 9月期 Dream5「オープンセサミ」
  • 10月 - 12月期 伊勢加奈子「誰かが私を呼んでいる」
2012年
2013年
  • 1月 - 3月期 BoA「Only One」

スタッフ[編集]

  • ナレーター:服部潤
  • 構成:山名宏和、恒川省三、大名祥子、浜栄一、櫻井昭宏、田並孝太、植田靖章、吉田尚子、古賀文恵、ガク・カワサキ(週替り)
  • TP:深谷高史
  • SW:藤本伸一
  • CAM:小池悟志
  • VE:水野博道
  • AUD:石井俊二、森田篤
  • LD:長治憲明
  • VTR編集:高野毅
  • MA:高山元
  • 音効:岩下康洋(サウンドエッグノッグ
  • CG:加藤誠
  • イラスト:中村サトル
  • 美術:和田修吾
  • 電飾:二階堂哲也
  • マルチ:谷川悟
  • 番宣:波多野友梨(テレビ東京、一時離脱→復帰)
  • デスク:門田理沙(テレビ東京)
  • メイク:石坂智子(たけし担当)
  • TK:伊藤裕子
  • リサーチ:佐藤シール(オフィスぼくら)、篠原和也、外舘友樹(フルタイム)、KUA、飯塚洋介
  • 技術協力:ニューテレステレビ東京アートサウンドエッグノッグ、インターナショナルクリエイティブ、天王洲スタジオヌーベルアージュ、東京オフラインセンター
  • 美術協力:ル・オブジェ・アール・スタジオ、パークグラフィックス
  • AP(アシスタントプロデューサー):斉藤嘉久(イースト・エンタテインメント)、本多里子
  • ディレクター:鎗水貴史、齋籐元紀、末永みはる、相川侑輝、小谷直之・丸山剛・高橋真琴・岸本公平(BRAINMAX)、杉浦智、塚原和代、花田憲明、隅田隆之、岡亨、中野貴博、高橋康弘、高橋愛子、川崎貴博、青木忠明、山上寛人、原(浜)一希、山下慎一郎、袴田一成、伊豆原聡、園部嘉之、神戸謙太郎、大山卓也、山本和子、牧野由佳、永井宏幸、間瀬雄亮、相川武史(begin)、石井雅英、下村隼郎、久留嶋雄樹、天野雄太、小野貴之、浅野有紀、小宮泰也、新居わかや、大塚華子、山下哲、龍史晃、山本真之介、神林直人、向坂圭祐
  • 演出:馬渕武良(NON PRO)、善本真也・安藤正俊・花土昌紀・菅原有太・前田真人(イースト・エンタテインメント)、たぐちゆたか(オクタゴン/BRAINMAX)、武本修(オクタゴン)、大岡慎介、秋山秀人
  • 総合演出:安井健(イースト・エンタテインメント)
  • 制作プロデューサー:富安いたる(begin)、黒木明紀(NON PRO)、山木忠従(共に不定期)
  • プロデューサー:高砂佳典(テレビ東京)、吉沢雅治(電通)、菊池計理(イースト・エンタテインメント)
  • 制作協力:オクタゴン、BRAINMAX、クリエイティブ・オリエッジ、beginスペード・ワン
  • 企画協力:オフィス北野ジャニーズ事務所
  • 製作:テレビ東京電通(表記なし)、イースト・エンタテインメント(2010年9月から、2010年8月まではイーストと表記)

過去のスタッフ[編集]

  • ナレーター:広中雅志岩井証夫茂木淳一小山力也
  • プロデューサー:永田浩一(テレビ東京)、武藤大司・井澤秀治・池上司・青木真樹(電通)、瀬崎一世・上西浩之(イースト)
  • 制作プロデューサー:松本定子
  • アシスタントプロデューサー:水野紀子(イースト・エンタテインメント)
  • ディレクター:山森正志、田中祐也、石川北二、ウエダダイスケ
  • 演出:上西浩之・河合希絵・酒井秀樹・坂田政度(イースト・エンタテインメント)
  • 編成:高田健太郎・三沢大助(テレビ東京)
  • 番宣:大石淳子・西山麻衣子・遠藤誠也(遠藤→一時離脱→復帰)(テレビ東京)
  • 構成:冨樫佳織、石坂伸太郎、今井一隆
  • TP:森野憲俊(ニューテレス)
  • LD:西部民子(FLT → fmt)
  • VTR編集:門馬英行(マックレイ)、関原忍(ヌーベルアージュ)
  • MA:岩崎勇也(マックレイ)
  • 音効:田村智之・宮川拓(クジラノイズ)
  • 電飾:小池宏史、柏木淳
  • 技術協力:FLTfmt、マックレイ、テクノマックス、スパイラルビジョン、ABYSS、クジラノイズ
  • 美術協力:Be Concept、NAGANO INTERIOR
  • リサーチ:ノマド、フォーミュレーション
  • 制作協力:NON PRO

ネット局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 備考
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 金曜 22:00 - 22:54 制作局
北海道 テレビ北海道 同時ネット
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
岐阜県 岐阜放送 独立局
和歌山県 テレビ和歌山
奈良県 奈良テレビ[2] 同時刻放送ではあるが、遅れネット
岩手県 IBC岩手放送 TBS系列 火曜 14:55 - 15:50 遅れネット
宮城県 東北放送 日曜 16:00 - 17:00
山形県 山形放送[3] 日本テレビ系列 土曜 13:30 - 14:25[4]
福島県 福島中央テレビ 日曜 15:55 - 16:55
静岡県 静岡朝日テレビ テレビ朝日系列 金曜 0:55 - 1:55(木曜深夜)[5]
富山県 富山テレビ フジテレビ系列 日曜 1:50 - 2:50(土曜深夜)[6]
三重県 三重テレビ 独立局 木曜 19:55 - 20:50[7]
滋賀県 びわ湖放送 金曜 21:00 - 21:54[8]
鳥取県島根県 山陰放送[9] TBS系列 土曜 16:00 - 16:54
山口県 山口朝日放送 テレビ朝日系列 土曜 6:00 - 7:00
高知県 高知さんさんテレビ フジテレビ系列 土曜 16:30 - 17:25
長崎県 長崎放送[10] TBS系列 土曜 12:00 - 13:00[11]
大分県 テレビ大分 日本テレビ系列/フジテレビ系列 金曜 9:50 - 10:50
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列 木曜 1:30 - 2:25(水曜深夜)
宮崎県 宮崎放送[12] TBS系列 水曜 13:55 - 14:50
鹿児島県 南日本放送 土曜 14:00 - 14:55[13]
沖縄県 琉球放送[14] 月曜 13:55 - 14:50[15]
  • 三重テレビ・奈良テレビを除く独立局では通常時同時ネットではあるが、あくまで番販ネットであるため、自主編成(県議会ダイジェスト、高校野球ハイライトなど)のために臨時非ネットまたは遅れネットとすることがある。

過去にネットしていた局[編集]

ネット開始時は木曜深夜。上記時間移動後1ヶ月あまりで打ち切りとなった。
「マウ印特選バラエティ」枠廃止に伴い打ち切り。上記の通り、山口朝日放送にて放送再開。
2010年7月頃にネットを開始したが、10月から『日曜ビッグバラエティ』などの放送で休止になる事が多く、事実上打ち切りとなった。後番組には『料理の怪人』を放送。上記の通り、長崎放送にて放送再開。
2011年3月20日に打ち切り。
2011年10月27日に打ち切り。上記の通り、南日本放送にて放送再開。
2010年11月にネットを開始するものの、2012年3月25日に打ち切り。
2011年9月17日までは土曜 14:00 - 14:55、10月25日から2012年4月3日までは水曜 0:50 - 1:45(火曜深夜)、4月7日から9月29日までは土曜 9:25 - 10:18、10月6日から2分拡大して放送。また同放送日時に枠移動してから『世界ナゼそこに?日本人 〜知られざる波瀾万丈伝〜』を放送していたため、遅れ日数が拡大していた。また、休止の週があったり、日曜15、16時台に放送されることもあった。2015年11月1日(15:00 - 16:54)を最後にレギュラー放送を終了したが、その後も不定期に放送されている。
2015年9月12日までは土曜 12:00 - 13:00に放送。2016年1月12日をもってレギュラー放送を終了した。その後は不定期に放送されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 休止がなかった月は2009年7月、2010年2月、7月、9月、2011年10月、2013年8月、2015年7月、2016年10月、11月、2017年2月の10回しかない。
  2. ^ 2013年3月13日までは水曜 22:00 - 22:53の放送だった。
  3. ^ 2010年4月5日放送開始。2013年3月までは月曜 24:34 - 25:29。『たけしの誰でもピカソ』はテレビユー山形で放送された。
  4. ^ 2016年4月2日までは土曜 13:00 - 13:55の放送だった。
  5. ^ 2011年9月29日に一旦打ち切り。以降は不定期で放送されていた。2016年10月14日より放送再開。
  6. ^ 打ち切りと再開を繰り返している。2017年9月までの放送時間は土曜 13:00 - 13:55。
  7. ^ 以前は火曜 20:00 - 20:55に放送されていた。その後、木曜 20:50 - 21:45に放送される。
  8. ^ かつては水曜 22:00 - 22:55に放送されていた。
  9. ^ 過去に月曜 13:55 - 14:55で放送。2011年12月で打ち切りの後、2012年3月に「サタデースペシャル」枠に復帰。
  10. ^ 2014年5月4日からネット開始。
  11. ^ 2015年7月以前は日曜 14:00 - 14:54。
  12. ^ 2016年4月6日放送開始。
  13. ^ 2016年10月3日までは月曜 13:55 - 14:50。
  14. ^ 2010年9月28日放送開始。『たけしの誰でもピカソ』は沖縄テレビで放送された。
  15. ^ 2014年6月24日までは火曜 15:55 - 16:53、2016年3月28日までは月曜 15:55 - 16:53、同年6月27日までは月曜 14:55 - 15:53。

関連項目[編集]

参考資料・出典[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 金曜22:00 - 22:54枠
前番組 番組名 次番組
たけしの誰でもピカソ
【金曜21時台から移動】
たけしのニッポンのミカタ!
(2009年4月10日 - )
---