五箇公一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
五箇 公一
(ごか こういち)
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 生態学
集団遺伝学
研究機関 宇部興産宇部研究所
国立環境研究所
出身校 京都大学農学部卒業
京都大学大学院
京都大学論文博士
主な業績 生物多様性の研究
プロジェクト:人物伝

五箇 公一(ごか こういち、1965年1月 - )は、日本昆虫学者農学博士

人物[編集]

富山県生まれ。京都大学に進み、大学院修士課程修了後は宇部興産に入社した。

宇部興産では主に殺虫剤、殺ダニ剤の研究開発に従事し、同社在職中の1996年3月に京都大学で論文博士(農学)取得。論文の題は「ナミハダニの休眠性とアロザイムに関する生態遺伝学的研究」[1]

1996年12月からは国立環境研究所に転じ、『生物多様性の減少機構の解明と保全プロジェクトグループ』総合研究官などを担当し化学物質を規制する法律改正などに関わった。

国立環境研究所勤務の傍ら、東京大学東京農工大学お茶の水女子大学等で非常勤講師を務める

略年譜[編集]

公職[編集]

  • 中央環境審議会化学物質審査委員会委員
  • 環境省生態影響試験・評価技術検討会委員
  • 環境省水産動植物影響にかかる農薬毒性評価検討会委員
  • 環境省特定外来生物等分類群専門家会合昆虫グループ委員
  • 環境省水産動植物登録保留規準設定検討会委員
  • 環境省農薬による陸域生態影響評価技術開発調査検討会委員
  • 環境省地球環境研究総合推進費侵入種研究プロジェクト代表
  • 農林水産省農林水産研究高度化事業マルハナバチリスク研究プロジェクト代表

著作[編集]

  • 『クワガタムシが語る生物多様性』 創美社 2010年。

共著[編集]

  • 『ダニの生物学』 東京大学出版会、2001年。
  • 『外来種ハンドブック』 地人書館、2002年。
  • 『生態学からみた野生生物の保護と法律』 講談社、2003年。
  • 『環境科学 人間と地球の調和をめざして』 東京化学同人、2004年。
  • 『生態学入門』 東京化学同人、2004年。
  • 『いきものがたり』 ダイヤモンド社、2007年。

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]