新橋ミュージックホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新橋ミュージックホール
ジャンル 音楽番組/バラエティ番組
放送時間 放送時間を参照(30分)
放送期間 1997年10月1日 - 1999年3月27日
放送国 日本の旗 日本
制作局 よみうりテレビ
演出 井上晃一(初期)
中村元信(末期)
プロデューサー 南中佑介
出演者 ビートたけし
トータス松本
ユースケ・サンタマリア
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

新橋ミュージックホール 』(しんばしミュージックホール)は、1997年10月1日から1999年3月27日までよみうりテレビ(読売テレビ)制作により日本テレビ系列の深夜番組枠『ZZZ』で放送されていた音楽バラエティ番組

概要[編集]

新橋にある架空の潰れかけたミュージックホールを舞台に、立て直そうと新たな出し物を探し求める若社長の松本亀吉(トータス松本)と企画部長の中山裕介(ユースケ・サンタマリア)が、謎の男おっちゃん(ビートたけし)と共に、様々なパフォーマーを発掘していくバラエティ番組

かつてスペースシャワーTVで放送されていた『夕陽のドラゴン』でコンビを組んでいたユースケとトータス松本にビートたけしを加えたスタイルの番組だった。途中から準レギュラーとして蛭子能収、新しいパフォーマーを紹介するアシスタントとしてバナナマンも加わった。

司会[編集]

内容[編集]

当初は音楽番組的な体裁を取り様々なジャンルのミュージシャンを取り上げてきたが、次第にゲストを招いてのトークや若手芸人のオーディションなど、エンターテイメント全般を色々な形で取り上げる様になった。基本的には「ミュージックホール」の舞台に呼べるパフォーマーをゲストに呼ぶスタイルだが、AV男優を呼んでの裏話特集や芸者遊びの仕方などで盛り上がる事もあった。

主なゲスト[編集]

エピソード[編集]

  • 番組内で司会により“ぢ・大黒堂”という音楽ユニットが結成され、その活動の模様も放送。楽曲もリリースされた。
  • 夢路いとし・喜味こいしを招いた際、たけしは「この師匠方は駆け出しの頃から雲の上の人。同じ舞台に立つと直立不動になる。」と漫才の大先輩に敬意を表した。
  • ダンディ坂野を全国ネットで取り上げた初めての番組。後のブレイクの数年前だったが「ゲッツ!」等の芸風は確立されており、たけしから好意的に評価されていた。が、ゲストの野口五郎からは「楽してるなぁ、僕らがカックラキンでコントやってる頃はいつも傷だらけでやってた」などと厳しく批評された。
  • 小田和正や竹中直人を招いた時には同じ異業種監督としての苦労話を披露した。
  • ピエール瀧がゲストに来た際は、ゲームソフト『たけしの挑戦状』をたけしの目前でプレイした。
  • 「こんなギターが欲しい」という企画でたけしが男性器のようなギターの絵を描いたところ、描いた絵そのままの形のギターが製作された(フェルナンデス製)。
  • たけしは最終回冒頭で「この番組は何で終わっちゃうの?」や「プロデューサーが謝りに来た」と発言。
  • 上記“ぢ・大黒堂”のレコーディングにて、小田和正に「よう、たけし」と挨拶されたたけしは思わず「はい」と返事してしまい、それ以降のレコーディング中、小田はたけしにタメ口、たけしは小田に敬語を使うようになった。
  • 番組終了直前にはゴールデンタイムに同番組の3人も出演した特番が放送された。放送当日のラテ欄には“ぢ・大黒堂”の企画が放送されるような表記があったが、実際はエンディングで曲が流れたのみ。
  • 番組終了後“ぢ・大黒堂”の第2弾「踊れ!ボンボン」が作られる。この模様を放送した特別番組は読売テレビなど一部地域で放送された。

放送時間[編集]

  • 第1期・ZZZ火曜2部(0:40~1:10)
  • 第2期・ZZZ金曜2部(1:10~1:40)
  • 特別版・たけしの浅草ブラブラ盆踊り(1999年8月14日15:00~16:00)

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

  • 読売テレビ番組の分野別一覧
  • ギンザの恋 - トータス松本主演のドラマ。ユースケ・サンタマリアも友情出演、番組スタッフだった南中・中村がプロデュース、構成作家の一人だった九条が脚本を担当。