マカマカBUNBUN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マカマカBUNBUN
ウルフルズシングル
B面 さんさんさん
リリース
ジャンル ポップ・ロック
オルタナティヴ・ロック
レーベル 東芝EMI
ウルフルズ シングル 年表
やぶれかぶれ
1992年
マカマカBUNBUN
1993年
世の中ワンダフル
(1993年)
テンプレートを表示

マカマカBUNBUN」(マカマカブンブン)は、1993年5月19日に発売されたウルフルズ2枚目のシングル

解説[編集]

デビュー2枚目のシングル。初のタイアップが付いた。

当時、ウルフルズはデビュー翌年にもかかわらず、セールスの低迷でレコード会社をクビになる寸前状態になっていた。これを危惧した事務所側はタイアップや諸々の事情を理由にバンド側に本シングル・次作「世の中ワンダフル」のリリースを要請した。

しかし、このバンドの意志に沿わないリリースにメンバーは納得がいかず、松本は歌詞の作成を要請された際「歌いたくない言うてるのに、歌詞書けとは何事や!」と激怒。代わりにウルフルケイスケが歌詞を書いた。歌詞が完成し、レコーディングが開始されたが、松本はどうしても歌えずに、ヘッドホンをしたままその場にしゃがみ込むという、極度のスランプに陥った[1]

セカンドアルバム製作時から伊藤銀次がプロデューサーになり、サウンドの毛色が変わったため、アルバムには表題曲・カップリング曲ともに収録されていない。「マカマカ BUN BUN」は「すっとばす」にリズム面のみで残され、「さんさんさん」はリアレンジされ、「SUN SUN SUN'95」としてシングル発売された。そのためベスト盤などにも収録されず、ライブでも長年演奏されることはなかったが、2008年4月12日に行われた武道館ライブでメドレー形式ではあるが演奏された。

収録曲[編集]

  1. マカマカ BUN BUN
  2. さんさんさん
    • 作詞・作曲:トータス松本、ウルフルケイスケ 編曲:ウルフルズ
  3. マカマカ BUN BUN(オリジナル・カラオケ)

タイアップ[編集]

出典[編集]

  1. ^ RO69::即日ライブレポート::4月12日(土) ウルフルズ”. ロッキング・オン (2008年4月12日). 2008年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月10日閲覧。