世界まるごと2001年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
世界まるごと2001年
ジャンル クイズ番組
放送時間 木曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1990年4月12日 - 1991年3月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
演出 入野幸雄
監修 大橋巨泉
プロデューサー 山田尚(毎日放送)
久松定隆(電通)
波多野健イースト
角井英之(イースト)
出演者 山口美江
石坂浩二
ビートたけし
大橋巨泉ほか
ナレーター 小倉智昭
テンプレートを表示

世界まるごと2001年』(せかいまるごとにせんいちねん)は、1990年4月12日から1991年3月28日までTBS系列局で放送されていた、トークショーを兼ねたクイズ番組である。毎日放送イーストの共同製作。放送時間は毎週木曜 20:00 - 20:54 (日本標準時)。

概要[編集]

世界まるごとHOWマッチ』の後継番組で、『HOWマッチ』の特別番組版の元の企画として『世界まるごとHOWマッチ#HOWマッチスペシャル大橋巨泉のクイズまるごと20世紀~その時カメラは回っていた~』をレギュラー化したものである。セットも、『HOWマッチ』が使っていたセットを大型化したようなものを用いていた。ただ、司会者席と回答者席の位置が左右逆だった。

番組は、出演者たちが世界と日本それぞれの20世紀の出来事を収録したVTR(たいていは白黒の映像。カラー映像の場合もあり)を見て、「ここはどこ?」「これは何?」「これは何をしているか?」などをクイズやトークを交えながら振り返り、さらには21世紀はどうなるのかを考察しながら紹介するという形式で進行していた。

本番組では、山口美江が司会を務めた。女性単独によるクイズ番組の司会は前例がない。また週替わりの男性コメンテーター1人が山口のパートナーに付くというスタイルで進行していた。前番組で司会を務めていた大橋巨泉もスーパーバイザー兼コメンテーターとして携わっていた。コメンテーターという肩書は後に、巨泉の提案で「御意見番的なジジィ」ということから大久保彦左衛門から取って「今週の彦左衛門」と改名された。

この番組がシンキングタイム中に掛けていたBGMは、同じく毎日放送製作のクイズ番組『ダウトをさがせ!』の「ダウトマンがやってきた」のシンキングタイム中に流れるBGMとして使われた。

出演者[編集]

司会[編集]

今週のコメンテーター(→彦左衛門)[編集]

担当者は毎回変わっていた。おおむね20世紀の出来事に詳しい人物をコメンテーターに招いていた。

レギュラー解答者[編集]

2人1組の4枠制。1枠は石坂浩二チーム、2枠はビートたけしチームで、3枠と4枠はゲスト席に割り振られていた。

石坂とペアを組むゲストは必ず女性で、森口博子松本典子喜多嶋舞が石坂の相手役を務めるケースが多かった(ほかだと伊藤智恵理中村綾など)。たけしとペアを組むゲストは殆どが男性で、松尾雄治田中義剛高田文夫川合俊一ねじめ正一芹澤信雄中村橋之助などが務め、女性と組む場合には加賀まりこがペアになっていた。

ルール・賞品[編集]

オープニングクイズ
各チームに1問ずつ出題。当初は選択肢無しで口頭で答える形式だったが、後に三択もしくは四択(三者もしくは四者択一)になった。正解すると10点を獲得。また、ペアで正解すると20点を獲得できた。
通常問題
3問出題され、フリップに書いて答える。得点は1問正解で10点から20点。惜しい答えの場合には5点を与えることもあった。
逆転クイズ
正面にある4×4のテレビモニターに、問題のジャンルと各ジャンルの10点・30点・50点パネルが出される。この表示は、フジテレビの『クイズグランプリ』に似ている。

ジャンルボード
政 治 芸 能 スポーツスペシャル
10101010
30303030
50505050

点数の少ないチームからジャンルと点数を選び、問題のVTRが流された後、人物名を答える。この逆転クイズに限り、解答者が答えを言った後、山口が「(回答者が言った人物名)どうでしょう?」とコールして正誤判定され、正解時にはチャイムが鳴るが、不正解であればブザーが鳴った。視聴者へのプレゼントクイズもこの逆転クイズの問題の中から出題され、大抵は10点の問題が選ばれるが、今週の彦左衛門として出演した巨泉の一声で30点の問題にしたこともある。

小野ヤスシ中尾ミエなどがゲスト解答者として出演した際にはそのプレゼントクイズの正解がゲスト出演した本人だったり、林家こぶ平がゲスト出演していた際には父親の林家三平がプレゼントクイズの正解だったことがあり、山口が正解のヒントになることを会話の中で言っていたこともある。

殆どの場合、下記の4ジャンルだったが、稀にその日のゲスト解答者などに合わせたジャンルが設定された。一度、レギュラー解答者の石坂、たけし、司会の山口美江に因んで「こうじ」「たけし」「山口」というジャンルが登場したこともある。「こうじ」の10点の問題が視聴者へのプレゼントクイズとして選ばれたが、石坂ではなく鶴田浩二(つるたこうじ)が正解になるVTRであった。ちなみに「たけし」の10点はビートたけし、「山口」の10点は山口美江ではなく山口百恵だった。

第1問から逆転クイズ前まで全問正解して50点を取り、なおかつ逆転クイズも50点の問題を選んで正解すると100点となって世界一周旅行を獲得できた。『HOWマッチ』と同様に、スタジオが暗くなって、達成した解答者にスポットライトが当たる演出があった。世界一周旅行は、石坂浩二チームと安部譲二小牧ユカチームとビートたけしチームが獲得している。後期にはルールが若干変わり、全問正解の賞品は変わらず世界一周旅行だったが、それ以下でも点数によってさまざまな賞品が出るようになった(100点/80点以上/60点以上/40点以上/39点以下の5段階)。

『HOWマッチ』とは違ってクイズの難易度が高かったため、逆転クイズの前の得点確認の際、20点から30点でトップということも多く、世界一周旅行も出にくくなっていた。トップ賞は、前期では週替わりの賞品だったが、後期は週替わりの海外旅行だった。視聴者プレゼントもその日のトップ賞の海外旅行および海外製品を各1名に用意していた。最終回では、100点が世界一周旅行、80点以上はカナダ旅行、60点以上はオーストラリア旅行、40点以上はハワイ旅行、39点以下は伊東一泊カラオケ付きという、いずれも巨泉に関係する場所だった。

上のジャンルでは「政治 芸能 スポーツ スペシャル」という例になっているが、ジャンルは週替わりとなっており、後期だと「大中小」、「東西南北」、「春夏秋冬」、「上下」、「松竹梅」、「千」、「動物」、「植物」、「そっくりさん」等もあった。これは、例として「大中小」の場合は名前に「大」「中」「小」いずれかの漢字が含まれる有名人、「動物」や「植物」の場合は名前に動物か植物の漢字が含まれる有名人が誰かを当てるものだった。

番組後期の特別ルールとして(巨泉のアイディアであったが)、3チーム目まで解答し4チーム目が不正解でもトップ賞が確定する場合「プッシュ」を宣言することができる。「プッシュ」を宣言した場合、残った50点の中から司会者とコメンテーターが選んだジャンルで答えてもらう。正解すれば世界一周旅行獲得、不正解なら0点となってしまう。(過去に石坂浩二がプッシュ成功、ビートたけしがプッシュ失敗したことがある。)

スタッフ[編集]

  • スーパーバイザー:大橋巨泉
  • 構成:恒川省三、司透、下尾雅美、高瀬真尚
  • 音楽:清水信之
  • ブレーン:森川英太朗、井上頌一、佐藤一彦
  • ナレーター:小倉智昭島津冴子
  • 声の出演:石丸博也真柴摩利ほか
  • アシスタント:牧絵美子、椎名亜希子
  • 技術:水越行夫
  • カメラ:足立篤己
  • 音声:藤井勝彦
  • 照明:原田正(ティエルシー
  • 音響効果:有馬克己(東京サウンド企画)
  • 美術デザイン:金子俊彦(アックス
  • 美術制作:丸山覚(アックス)
  • メイクヘアー:ユミ・ビュアクス
  • タイムキーパー:伊藤裕子
  • アシスタントプロデューサー:山本三四郎
  • ディレクター:善本真也、三浦真司、上西浩之、越真一、川瀬敏郎、柴田久仁夫、中山高嘉ほか
  • 演出:波多野健(イースト)、入野幸雄、洪龍吉
  • プロデューサー:山田尚(MBS)、久松定隆(電通)、角井英之(イースト)
  • 制作協力:東通、クロースタジオ
  • 製作:イースト、毎日放送

ネット局[編集]

※系列は放送当時のもの。

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
近畿広域圏 毎日放送 TBS系列 製作局
関東広域圏 東京放送 同時ネット 現:TBSテレビ
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ
岩手県 岩手放送 現:IBC岩手放送
宮城県 東北放送
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 遅れネット
山形県 テレビユー山形 TBS系列 同時ネット
福島県 テレビユー福島
山梨県 テレビ山梨
長野県 信越放送
新潟県 新潟放送
静岡県 静岡放送
中京広域圏 中部日本放送 現:CBCテレビ
富山県 テレビユー富山 TBS系列 同時ネット 現:チューリップテレビ
1990年10月開局から
石川県 北陸放送
福井県 福井テレビ フジテレビ系列 遅れネット
岡山県
香川県
山陽放送 TBS系列 同時ネット
鳥取県
島根県
山陰放送
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列 遅れネット
高知県 テレビ高知 TBS系列 同時ネット
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送

備考[編集]

1991年1月17日にも放送が予定されていたが、急遽湾岸戦争関連の報道に差し替えられたために休止になった。

毎日放送製作・TBS系列 木曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
世界まるごとHOWマッチ
(1984年10月4日 - 1990年4月5日)
世界まるごと2001年
(1990年4月12日 - 1991年3月28日)
敏感!エコノクエスト
(1991年4月11日 - 1991年9月19日)