桂邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桂 邦彦(かつら くにひこ、1942年6月5日 - )は日本テレビプロデューサー演出家。元TBSプロデューサー。神奈川県出身。東京都立新宿高等学校。趣味は相撲テニス

来歴・人物[編集]

1961年、TBS[1]に入社。以来、多くの番組を制作。主にビートたけし出演のバラエティ番組を手がけた。代表作は1986年に放送を開始した『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』。この番組の大ヒットでプロデューサーから副部長に昇進を果たす。野外で出場者に豚汁を振舞うサービスを見せた。この他に審査員や出演者としても活躍した。たけしがオールナイトニッポン担当時、桂の名前を実名でよく出して、いじっていた。

ネットチェンジによりTBSでネット開始された『ヤングおー!おー!』(MBS制作)[2]では、月1回行われていた東京収録でディレクターを担当。この時に同番組プロデューサーの林誠一(毎日放送)から「東京と二元中継でお笑い番組をやりたい」と言われ、林と共同で『サンデーお笑い生中継』を立ち上げた。MBS発ではあるものの、桂にとってこの番組は初のプロデュース作品となり、東京方司会に当時駆け出し中だったタモリを起用し、当時人気上昇中だったツービートなど浅草芸人を東京方レギュラーに抜擢した。番組そのものは7ヶ月で終了したが、この東西独特のキャスティングが後の漫才ブームにも繋がった[3]

その後、1996年から1年間のアメリカ留学を経て、2002年に定年退職、株式会社桂芸能社を東京都港区赤坂のTBSの近くに設立した。

エピソード[編集]

  • 長いプロデューサー生活でヒットした番組は『風雲!たけし城』だけだった。しかし担当した『風雲!たけし城』などにも相撲コーナーが作られ、1995年1997年の『オールスター感謝祭』では前任者であった蔵間竜也の病死に伴い『大相撲赤坂場所』の行司に起用された。 

主な担当番組[編集]

TBSテレビ[編集]

レギュラー番組

スペシャル番組

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 会社法人としては現在の東京放送ホールディングス(TBSHD)。放送局としては現在のTBSテレビTBSラジオ
  2. ^ 1975年3月30日までMBSテレビはNET(現・テレビ朝日)および東京12チャンネル(現・テレビ東京)の系列であったため、同番組は関東地方では1969年7月から3ヶ月間はNETで、1969年10月から1975年3月までは東京12チャンネルでネットされていた。
  3. ^ 『テレビがくれた夢 桂邦彦』(2013年制作、TBSチャンネル

外部リンク[編集]