総天然色バラエティー 北野テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
総天然色バラエティー
北野テレビ
ジャンル バラエティ番組
放送時間 金曜20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1989年4月21日 - 同年9月15日(16回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
プロデューサー 桂邦彦三角英一
出演者 ビートたけし
たけし軍団
ほか
テンプレートを表示

総天然色バラエティー 北野テレビ』(そうてんねんしょくバラエティー きたのてれび)は、1989年4月21日から同年9月15日までTBS系で金曜20:00-20:54(日本時間)に放送されたバラエティ番組である。全16回。

概要[編集]

ビートたけしが編成局長をつとめるテレビ局という設定で、内容はテレビ番組に模したコントが中心。最後には、「この番組はフィクションであり、実在するテレビ番組とは一切関係ありません」という、テレビドラマのような注意テロップが表示された。

痛快なりゆき番組 風雲!たけし城[1]の後番組として「開局」(スタート)したものの、結局5ヶ月で「閉局」(終了)。後番組は『たけしの頭の良くなるテレビ』。

出演者[編集]

コーナー[編集]

  • ジャッキー東
アクション映画スターに扮したそのまんま東が、たけしの監督で様々なスタントにチャレンジする。決め台詞は「当たっても、痛くないぜ!」
  • KNNニュース
  • 北野家の人々
  • たけしサブシロの時事放談
  • ダジャレタイムショック
  • インパクトじゃんけん
  • 剣豪列伝塚原卜伝

この他、テレビ局を模した設定だったため、「この後の番組紹介」(今夜8時からは○○を放送します)のパロディをするコーナーもあった。そこでは、仮面ライダーのパロディ等短めのコントがいくつか展開された。

サブタイトル[編集]

放送日
(1989年)
サブタイトル 備考
1 4月21日 遂に放送開始・たけしギャグの連続パンチ
2 4月28日 絶好調ギャグ大満開
3 5月5日 空前絶後、エキストラ300人車30台使用の一人ネタ
4 5月12日 (不明) プロ野球中継阪神×巨人」戦中止に伴い編成
5 5月19日 神出鬼没 恐怖の座頭市II大暴れ
6 5月26日 全身火だるま?ジャッキー東
(6月2日は「YKKスペシャル 第18回東京音楽祭」のため休止)
7 6月9日 アニマルの剛速球を顔面に
8 6月16日 一糸まとわぬ大熱演?コンドルは飛んで行く
(6月23日は単発ドラマ『重役室午前0時』のため休止)
9 6月30日 初公開 三バカ大将
10 7月7日 待望、感動巨編“フォークソング物語”
11 7月14日 たけしの毒舌放談“金と離婚と土地問題”
(7月21日はプロ野球中継「阪神×巨人」のため休止)
12 7月28日 遂にジャッキー東の髪の毛が燃えた
13 8月4日 超ハイレグ美女作戦?加賀まりこもあきれた
(8月11日はプロ野球中継「中日×巨人」のため休止)
(8月18日プロ野球中継「西武×ロッテ」のため休止)
14 8月25日 青春ドラマ決定版?“暴れん坊先生”
(9月1日はプロ野球中継「西武×近鉄」のため休止)
15 9月8日 話題騒然 たけし監督第2弾 映画“この男温厚につき
16 9月15日 本日閉局 爆笑コントの最後っぺ

(参考・ 毎日新聞縮刷版毎日新聞社、1989年4月21日 - 同年9月15日のラジオ・テレビ欄 

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 東京放送 TBS系列 制作局
現:TBSテレビ
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ
岩手県 岩手放送 現:IBC岩手放送
宮城県 東北放送
福島県 テレビユー福島
山梨県 テレビ山梨
長野県 信越放送
新潟県 新潟放送
静岡県 静岡放送
中京広域圏 中部日本放送 現:CBCテレビ
石川県 北陸放送
近畿広域圏 毎日放送
岡山県
香川県
山陽放送
島根県
鳥取県
山陰放送
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口
高知県 テレビ高知
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ レギュラー終了後も特別番組として数回放送された。
TBS 金曜20時台
前番組 番組名 次番組
総天然色バラエティー 北野テレビ