HANA-BI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HANA-BI
監督 北野武
脚本 北野武
製作 森昌行
鍋島寿夫
吉田多喜男
出演者 ビートたけし
岸本加世子
大杉漣
寺島進
音楽 久石譲
撮影 山本英夫
編集 北野武
太田義則
製作会社 バンダイビジュアル
オフィス北野
TOKYO FM
テレビ東京
配給 日本ヘラルド映画
公開 イタリアの旗 1997年9月3日VIFF
日本の旗 1998年8月24日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

HANA-BI』(はなび)は、1998年公開の日本映画。監督・脚本・編集・挿入画・演出北野武。主演はビートたけし岸本加世子

妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。

第54回ヴェネツィア国際映画祭にて金獅子賞を受賞しており、日本映画の受賞作品は『無法松の一生』以来40年ぶりである。

キャッチコピーは「その時に抱きとめてくれるひとがいますか」。

あらすじ[編集]

不治の病に冒され余命いくばくもない妻(岸本)を見舞っていた西(たけし)は、自分の代わりに張り込んでいた同僚の堀部(大杉漣)が犯人(薬師寺保栄)に撃たれたとの知らせを聞く。堀部は命こそ取り留めたものの、車椅子を使わなければならない体になってしまった。西らはその後犯人を追い詰め、捕らえようとするも抵抗する犯人が発砲、部下の田中(芦川誠)が犠牲になる。西は犯人を射殺し、その死体に何発も銃弾を撃ち込む。

刑事を退職した西はヤクザから金を借り、妻に不自由ない生活を送らせようとするが、返済が滞っていく。妻と子供と別れた堀部は絵を描き始める。

西は妻を最後の旅行へ連れて行くために銀行強盗を行い旅に出る。途中でヤクザが追いかけて来たが皆殺しにし、最終的には元同僚の刑事に追い詰められる。

エピソード[編集]

  • 作中に堀部泰助の描いたものとして使われる絵は、実際には北野武自らが描いたものである。点描画法でシュールレアリスティックな美を捉えたものが多い[要出典]
  • ラストシーンに無名の少女として北野の実娘が出演した。
  • この頃から「キタノブルー」が確立された。

キャスト[編集]

西佳敬
演 - ビートたけし
刑事だったが、部下たちが銃撃を受けて死傷者を出した責任を感じて辞職。以前は優秀な刑事で普段は熱くなった堀部を抑える役目だが、キレると何をしでかすか分からない性格。その反面口数が少ないが義理堅い人物で、愛妻家。
西美幸
演 - 岸本加世子
西の妻。不治の病に冒されている。自身の病気のこともあるが、それ以上に幼い子どもを亡くしたショックで、ほとんど話せない状態。刑事を退職した西と旅行に出かける。木製のパズルを静かに楽しむ。
堀部泰助
演 - 大杉漣
刑事時代の西の同僚刑事。西とは中学高校の同級生。凶悪犯に銃撃されて足が不自由になったことから人生が一変し、退職と同時に妻と子供に出て行かれる。仕事一筋で無趣味だったが、その後絵を描くことに興味を持ち描き始める。

警察関係[編集]

中村靖
演 - 寺島進
刑事時代の西の部下。西が退職後に自身の結婚が決まるが、泰助の家庭環境の変化から結婚観が揺らぐ。退職した西と堀部とは、その後も時々連絡を取り合う。
田中
演 - 芦川誠
刑事時代の西の部下。凶悪犯の銃弾を受け殉職する。生前は美幸の病状などを心配していた。
永井刑事
演 - 逸見太郎
若い刑事。中村の部下でいつも行動を共にする。西の退職後に刑事になったため、現役時代の西について中村に話を聞く。
刑事課長
演 - 田村元治
刑事
演 - 納谷真大小西崇之

西に金を貸したヤクザ[編集]

ヤクザの幹部
演 - 西沢仁
貸金業のを営んでおり、西が借金をした相手。債務者に契約時より高い利子をつけて返済するよう脅すなどあくどいやり方をしている。
東条正次
演 - 白竜
貸金業のヤクザの一味。怒ると花瓶で相手を殴ったり、銃で相手を撃ったり手荒い行動に出る武闘派。
チンピラ
演 - 鬼界浩巳森下能幸佐久間哲
貸金業のヤクザの下っ端たち。西に取り立てをした時にバカにした発言をしたため返り討ちにあう。その後も何度か西の前に現れしつこく取り立てに来る。

西と関わる他の人[編集]

凶悪犯
演 - 薬師寺保栄
自身を捕まえようとする刑事たちを銃で襲い、ほどなくして西に銃で撃たれて死亡。
田中の妻
演 - 大家由祐子
刑事だった夫の死後、シングルマザーとして弁当屋で働きながら子どもを育てる。その後も責任感を感じた西と会って、生活ぶりを話す。
悪ガキ
演 - ショー小菅ガンビーノ小林
青いつなぎを着た二人組。詳しくは不明だが駐車場に停めた西の車のボンネットの上で弁当を食い散らかしたのが見つかり殴られる。
板前
演 - 柳ユーレイお宮の松
休憩中らしく、刑事たちの張り込み現場近くの道路でキャッチボールをしていた時に西と出会う。
スクラップ屋の親父
演 - 渡辺哲
短気で気に入らないことがあるとすぐ相手に暴力を振るう。西のことを気に入り、商品である車(タクシー)を低価格で譲る。
銀行前にいる男
演 - 無法松
暇な建設作業員。気のいい性格で、モデルガンで撃つマネをする西に付き合って撃たれたフリをする。
車に当て逃げされたチンピラ
演 - 玉袋筋太郎
他の車に当て逃げされた直後に通りかかった警察官に扮する西に、当て逃げされたから調査するよう訴える。

西夫妻が出会う人たち[編集]

担当医
演 - 矢島健一
美幸の担当。病気の完治が難しく、また子供を亡くした精神的ショックが大きい美幸のことを考えて、入院を続けるより家で過ごすことを西に勧める。
石を投げるサラリーマン
演 - つまみ枝豆
湖らしき場所で石を投げる男。花瓶に湖の水をあげる美幸と出会うが、失礼なことを言う。
孫を連れた男
演 - ト字たかお
西夫妻と同時刻に孫とともに偶然寺社を訪れたおじいさん。
旅館の女将
演 - ふくまつみ
雪が積もる土地にある旅館で働く。訪れた西夫妻をもてなす。
凧を揚げる少女
演 - 北野井子[1]
冬の晴れた日に西夫婦が見つめる中、浜辺で一人凧を揚げる。

その他[編集]

取調べを受ける男
演 - 津田寛治
スナックでボーイに因縁を付けて大金をせしめようとしたため、中村から取り調べを受ける。すぐバレるような嘘をつく性格。
タクシーを売りに来る男
演 - アル北郷
20歳。スクラップ屋に訪れてタクシーを前に「自分のタクシーだ」と言い張る。不良っぽい茶髪にラフな格好をしている。
田舎の親父
演 - 関時男
軽トラを運転中に事故に遭い、相手の方が悪いのに理不尽な言いがかりをつけられる。
頭を撃たれるヤクザ
演 - 森羅万象
金を借りた相手であるヤクザの幹部を挑発したため東条に銃で頭を撃たれる。

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本・編集・挿入画:北野武
  • 音楽:久石譲
  • 撮影:山本英夫
  • 照明:高屋齋
  • 美術:磯田典宏
  • 録音:堀内戦治
  • 助監督:清水浩
  • 音響効果:帆苅幸雄、岡瀬昌彦
  • 特殊メイク:原口智生
  • ガンエフェクト:納富喜久男
  • プロデューサー:森昌行、柘植靖司、吉田多喜男
  • 協力プロデューサー:石川博(テレビ東京)、古川一博(エフエム東京)

受賞・ノミネート[編集]

公開[編集]

興行面で松竹系から独立系製作へ移行し、好転することになった。また、長く邦画が禁制であった韓国で初めて公開された。公開初日はテアトル銀座、新宿、池袋の順で舞台挨拶を敢行。北野武、岸本加世子、大杉蓮、寺島進が登壇した。

反響・評価[編集]

北野が敬意を表明している黒澤明監督は「黒澤 明が選んだ百本の映画」に選び絶賛している[2]。また、日本を含め世界各国で数々の賞を受賞した。フランスの映画批評誌『カイエ・デュ・シネマ』で北野が表紙を飾った特集が組まれた。

ロケ地[編集]

  • 光明寺 (鎌倉市)
  • 新潟県南魚沼市の温泉旅館「大沢館」
  • 横須賀市野比海岸周辺
  • 茨城県高萩市赤浜海岸(ラストシーン)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エンドクレジットでは松田井子名義
  2. ^ 『黒澤明―生誕100年総特集 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)』 河出書房新社増補新版 ISBN 4309977308

外部リンク[編集]