教祖誕生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
教祖誕生
監督 天間敏宏
脚本 加藤祐司
田中秀子
製作 鍋島壽夫
田中迪
出演者 萩原聖人
ビートたけし
岸部一徳
玉置浩二
下條正巳
音楽 藤井尚之
主題歌 桃姫BAND神様お願い
撮影 川上皓市
編集 荒川鎮雄
配給 東宝
公開 日本の旗 1993年11月20日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

教祖誕生』(きょうそたんじょう)は、ビートたけし原作の小説、及び1993年公開の日本映画である。北野武監督の下で助監督を務めていた天間敏宏監督の第一作で、北野組のスタッフ、キャストが多く関わっている。本作品は有象無象の新興宗教団体への痛烈な皮肉が込められており、また教団内の凶暴性についても描かれている映画である。

あらすじ[編集]

一人旅をしていた青年、高山和夫(萩原)は新興宗教団体が布教活動しているのを見かける。その宗教団体は1人の老人(下條)を教祖に祀り上げ、インチキの限りを尽くしながらお布施を集めていたのだった。和夫は明らかに胡散臭いと思いながらもその宗教団体に同行してゆくことになった。祀り上げられている教祖が「教祖はもうやりなくない」とゴネると司馬(たけし)から虐待されるなど、和夫は団体の内面も知っていくことになる。また、純粋に宗教を布教させたい青年駒村(玉置)と、金儲けのことしか考えない呉(岸部)と司馬とで意見が徐々に対立していく。

団体は倒産した町工場を宗教施設として開設するが、司馬たちは教祖を追いだし、司馬は2代目教祖の後釜に和夫を祀り上げる。和夫は教祖の自覚が芽生えたのか滝打ち断食をやりはじめる。

ある日、駒村が団体スタッフで司馬の愛人の朋子(国舞)を寝取ったとして、司馬に叱責されていた。逆上した駒村はハサミで司馬を刺しに行くが逆に司馬が駒村をハサミで刺し死なせてしまう。

その後、和夫は身も心も完全に自分を神と思い込み、教祖を続けていくことになる。それから5年がたち刑務所から出所した司馬も初代教祖だった老人と再び手を組みキリスト教風の服を着せて布教活動を続けることになる。

キャスト[編集]

高山和夫
演 - 萩原聖人
どこにでもいるような平凡な若者。教団に出会った当初、安っぽいインチキ臭いなどと評している。暇を持て余していた所教団に興味本位で同行し、程なくして正式に入団し活動を手伝い、その後2代目教祖に抜擢される。どちらかと言うと目立つことは得意ではなく、根は真面目な性格でお人好しで周りの人の意見に影響を受けやすいタイプ。
司馬大介
演 - ビートたけし
表向きはただの信者。実は教団のリーダー的存在で、裏では教祖にも雑な言葉遣いで命令している。布教活動として行く先々の町で、教祖が起こす“奇跡”を町の住民に見せる時に場を仕切る役を務める。ふざけた性格と凄みのある雰囲気を持つ人物で、教団を自分の意のままに操ろうとする。普段から事あるごとに神や宗教について持論を展開している。金儲けが好きで競馬好き。

団体の上層部[編集]

呉(ご)
演 - 岸部一徳
信者。司馬に次ぐ教団のNo.2のような存在で。司馬とは、拝金主義という意味では似たような考え方をしており、親しく接している。布教活動では、教祖の貴重な体験を書いた冊子を販売して一般人からお布施をもらう役目を担う。飄々とした性格だがたまに怒ると怖いタイプ。作中の新教祖誕生の儀式では、司会進行を担当しアカペラで歌を歌う。
駒村哲治
演 - 玉置浩二
信者。教団のNo.3のような存在。司馬や呉とは対照的に信者の中でも特に敬虔な信者で、いつも初代教祖を気にかけている。入団した理由は、「神様に一番近づけると思った」とのこと。大人しく地味だがひたむきな性格で揉め事や面倒なことをは苦手。ただし、考えが対立する司馬に対しては恐れずに意見を言うことがある。普段は肩まである長めの髪の毛を後ろで縛っている。
初代教祖
演 - 下條正巳
教祖様。実際は司馬に拾われた元ホームレスで、お飾りの雇われ教祖。布教活動では、『お手かざし』(怪我や病気がある人の患部に手をかざして治すという行為。もちろんインチキ)をして“奇跡”を見せる。また、教団主催の講演会の講演も担う。普段は酒飲みでお調子者な性格。インチキな『お手かざし』をする内に実際に不思議な力が備わっていると思い始める。

その他の主な人たち[編集]

洋子
演 - 山口美也子
信者。司馬の妻だが、彼とは自身が初代教祖に救われて入信した後に男女の関係になった。他の女性信者とともに教団の活動を支え、教団本部では事務作業を担う。
久栄
演 - 南美江
信者。布教活動では「以前から足が不自由で歩けない人」のフリをして、教団のサクラとして信者勧誘の仕事を手伝う。もちろん演技なので普段は1人で難なく歩いたり走ったりしている。司馬によると「過去に実際に足が不自由だったのを教祖様の力で直してもらい信者となった」とのこと。
朋子
演 - 国舞亜矢
信者。洋子の実の娘。実は司馬の愛人で、司馬と付き合っていることは洋子には隠している。布教活動では、サクラとして久栄が乗る車椅子を押す孫娘の役を演じる。
運転する男
演 - 津田寛治
信者。教団が使うマイクロバスの運転を担当。駒村と共に教団が販売する冊子が入ったダンボールなどを運搬し車中で2人で教団の歌を歌う。
政子
演 - もたいまさこ
大きな屋敷に住む女性。末期ガンの父のために教祖に直接依頼して自宅に来てもらいお手かざしをしてもらう。
イチャモンをつける男
演 - 寺島進
ある時教団を見かけて、信者に面と向かって「インチキ臭い」とイチャモンをつける。
小川
教団本部に訪れる主婦。幼い子供を抱え夫の度重なる浮気に悩み、泣き叫びながら教祖に相談する。

スタッフ[編集]

  • 監督 - 天間敏広
  • 原作 - ビートたけし
  • 脚本 - 加藤祐司、中田秀子
  • 企画 - 森昌行、馬越勲
  • 製作 - 鍋島壽夫、田中迪
  • プロデューサー - 吉田多喜男、吉田就彦
  • 撮影 - 川上皓市
  • 美術 - 磯田典宏
  • 音楽 - 藤井尚之
  • 主題歌 - 桃姫BAND「神様お願い」
  • 照明 - 磯崎英範
  • 編集 - 荒川鎮雄
  • 助監督 - 北浜雅弘

関連項目[編集]

外部リンク[編集]