OH!たけし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
OH!たけし
ジャンル バラエティ番組
企画 久松定隆
構成 北野武
高田文夫
高橋秀樹
原すすむ
川崎良
ダンカン 他
演出 吉田宏
西滝順二
小石川紀幸
出演者 ビートたけし
島崎俊郎
もたいまさこ
小林聡美
越前屋俵太
ビートきよし
刀根麻理子
オープニング 「宵闇スターダスト ON THE BEACH」(ビートたけし)
製作
プロデューサー 小田昭太郎
中江健一
渡辺立
富永正人
制作 日本テレビ(企画制作)
イースト(製作著作)
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1985年4月13日 - 1986年9月27日
放送時間土曜 22:30 - 23:00
放送分30分
テンプレートを表示

OH!たけし』(オー たけし)は、日本テレビ系列局の一部ほかで放送されたイースト製作のバラエティ番組日本テレビでは1985年4月13日から1986年9月27日まで、毎週土曜 22:30 - 23:00 (JST) に放送。

概要[編集]

その名の通り、ビートたけしをメインとしたバラエティ番組。毎回テーマを決め、そのテーマに沿ったコントやホームコメディ風のコントを中心に構成されていた。ホームコメディは、NHK朝の連続テレビ小説をモチーフにしたもので、本物同様、画面左上に時刻テロップが表示されていた。しかし、実際は15分ではなく、5分くらいネタのため、時計テロップの進み方が3倍程度早く切り替わっていた。また、越前屋俵太が、町行く人たちに軽いいたずらを仕掛ける「俵太の、みーんなおともだち!」なるコーナーがコントの合間に放送された。

前期のオープニングは、たけしによるタイトルコールに乗せて水着姿の女性がプールに飛び込むと思いきや、実はそのプールは水ではなくガラスだった、というものだった。後期はたけしがスーパーマン鉄腕アトムに扮して登場するアニメーション風の映像。エンディングは、毎回刀根麻理子がさまざまな歌を歌っていたが、その最中でもコントを演じたことがある。

主な出演者[編集]

その他、前川清などが数回ゲスト出演した。

ネット局[編集]


  • 日本テレビの土曜22時台はマストバイネットセールス枠で、民放が2局しかない地域の系列局または他系列とのクロスネット局では、他局の番組を放送するケースがほとんどのため、系列局でも放送していないところが多かった。また、福井放送(放送当時は日本テレビ系列)では金曜未明(木曜深夜) 1:05 - 1:35に放送されていた[1]
  • ただ、その一方で日本テレビ系列ではない沖縄テレビではゴールデン枠(19:00 - 19:30)で放送されたほか、北陸放送でも単発番組の形で、平日16時台に数回放送したことがある。さらに他系列ではあるがクロスネットという形で日本テレビ系列にも関わっていた鹿児島テレビでは、日曜17:00~17:30に放送された。
  • 沖縄テレビでは一時期、津村順天堂(現・ツムラ)の一社提供で放送されていた。

オープニング曲・エンディング曲[編集]

  • 「宵闇スターダスト ON THE BEACH」作詞:大津あきら/作曲:中村裕介/編曲:奥慶一/歌:ビートたけし シングル『I FEEL LUCKY』(1986年5月21日発売)のカップリング曲。アルバム『浅草キッド』(1986年8月15日発売)にも収録されていた。

スタッフ[編集]

  • 企画:久松定隆(電通
  • 構成:北野武、ダンカン高田文夫高橋秀樹、原すすむ、川崎良、河村達樹、谷雅徳、角英正、雫弘幸、相間加奈子
  • 技術:菊田英雄
  • カメラ:海老谷充
  • 音声:石川尚文
  • 照明:竹内留吉、金子信男
  • 音響効果:川崎恵介(東京サウンド企画)
  • TK:小宮高子、鈴木茂子
  • 美術制作:立原英生
  • 美術デザイン:金子幸雄
  • タイトルCG:岡本博
  • タイトル編集:山口牧人
  • 編集:田本秀明(六本木ビデオセンター)、小川範夫(クロステレビ
  • MA:林光伸(六本木ビデオセンター)、大沢豊
  • 演出:吉田宏西滝順二、小石川紀幸
  • プロデューサー:小田昭太郎(日本テレビ)、大久保晃(日本テレビ)、中江健一、渡辺立、富永正人
  • 技術協力:東通
  • 制作協力:太田プロダクション
  • 企画制作:日本テレビ
  • 製作著作:イースト

後日談[編集]

  • 「ビートたけしメイン」、「テーマに沿ったコントを並べる」というコンセプトは、後に同じ日本テレビの『ビートたけしの全日本お笑い研究所』にも引き継がれた。なお、『全日本お笑い研究所』の放送日時は、水曜21時台という、マストバイネットセールス枠ではない枠だったため、こちらは本番組をネットしていない日本テレビ系列局に加えて、当時とのクロスネット局だった青森放送山口放送(いずれもテレビ朝日系列とのクロスネット局)、テレビ長崎、鹿児島テレビ(いずれもフジテレビ系列とのクロスネット局)でも放送された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 北國新聞』1986年7月17日付朝刊、テレビ欄。

参考資料[編集]

  • ユリイカ」(青土社)1998年2月臨時増刊「総特集 北野武 そして/あるいはビートたけし」
日本テレビ系 土曜22時台後半
前番組 番組名 次番組
OH!たけし
(1985年4月 - 1986年9月)